astromedia.cocolog-nifty.com > シビラ名鑑(春夏)

桜物語

桜物語

■'16年リブ組み合わせカーディガン
シビラお得意のリブ編みの組み合わせテクニック炸裂で、着用すると
不思議な立体感がちょっと近未来ちっくな雰囲気もありつつ、繊細かつ
メリハリのある美シルエットを形成してくれます。ウエストシェイプで
ヒップをカバーする微妙なフレア加減。パンツスタイルにもワンピースにも
合うので、何かと重宝する羽織ものです。

■'16年ピンクベージュパンプス
ピンクともベージュとも言えない、まあヌーディーベージュと
言うのでしょうか。自分の足とほとんど変わらないようなお色味で
私にはとても新鮮。ヒールが高すぎず低すぎずちょうどいい感じで、
安定感があって履き心地が良いです。爪先の形がまさにシビラ!
ストラップも凝っていて足の甲から足首にかけてとても綺麗に見せてくれます。
デザイン的にサンダルに近いパンプスという感じなので、
ワンピースにもパンツにもどちらにも合い、意外な色合わせも楽しめ、
この一足のおかげでコーディネイトスタイルが広がります。

■'11年ギリシア神話風ドレスワンピ

ピンクベージュにちょっと薄紫がかったような上品で絶妙なお色味、
繊細な素材そして全体のプリーツによる優美なシルエットはそれを
物語っているようです。
シビラお得意のデコルテの立体裁断はプリーツ素材によって、より
高級感が増し、高度なテクニックが施されています。バックスタイルも
同様に、プリーツのドレープ具合というかラインが美しいく、
繊細でありながら大胆なカットが見事です。
見た目よりゆったりとした着心地で楽なのも素晴らしく、
ハイウエストの切り替えと素材感によって絶妙な美シルエットが
生み出され、座ってもシワなども気になりません。
まさに流行に関係なく着られるシビラの魅力が凝縮された一着です。

| トップページ |