astromedia.cocolog-nifty.com > シビラ名鑑(春夏)

ネオクラシックロマン

ネオクラシックロマン

■'11年 スパニッシュガーデンロングスカート
まさに春にいっせいに咲き出す花々(小さき神々)が全面に
描かれた絵画のような見事な生地。麻混の上質なコットン素材の
軽さと気品に、久々のマキシ丈のロングの迫力が加わって
圧倒的な存在感と魅力を放ちます。

■03年頃のパフスリーブカーディガン
高級ラインの白黒ラベルです。
主張しすぎないパフスリーブ、ウエストが高めの位置でシェイプ
されたクラシカルなボレロ風のシルエット、繊細に編み込まれた
生地など、普通のカーディガンではあり得ない、細部にこだわりの
感じられる羽織ものです。

■11年のデザインキャミソール
以前はこのようなループテクニックのカットソーやニットが好きで
よく着ていましたが、'10年のあやとりキャミソールあたりから
ループのキャミ+ワンピあるいはブラウスやチュニックという
スタイルに移行してきています。11年春夏はまさにその傾向
通りのコーディネイトが増えて大活躍です。

| トップページ |