フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月19日 (土)

「あーあ」の一言が物語るシビラ

そもそも今回は1月購入のパンプスにピッタリの昨年に丈詰めお直しした
ギリシア神話風ドレスワンピに合わせる羽織ものをメインに、というか
それだけで済ませるのを目標に、もしかしてDM13のトップスとか
あるいは7~10の白のパンツとか、まあそういう路線のつもりだったのに
寒くてパンプスじゃ足元冷えてしまいそうだったので断念。まったく
この時期は寒暖の差が激しくて着るものに悩みますよね。何を着ていくか
悩んだ挙句に昨シーズンのお気に入りイエローグリーンのロングカーデに
タブレットニットドレス
のセットに細身パンツ+ブーツ、イエローの
モヘアシャギーコートで行きました。この段階ですでに計算が狂った感じ。

店頭はもちろんもう春全開で、やっぱり気になるパンツを試着するも
どうも私が着るとなんだか'60sというかファンキーというか、なんか
しっくりこなかったのですぐあきらめがついたものの(友人Kさんが
DM9のコーディネイトを試着したらとっても素敵でした!)担当さんが
私が以前から欲しがっていた「薄手の長袖か7分袖でボトルネックの
重ね着用インナー的なカットソー」的なものが入ってきましたよ♪と
一緒に合わせて試着したら、こちらはホントこういうの欲しかったのよね
という手触り抜群でテロッとした素材感が何にでも馴染む感じの優れもの
ベーシックアイテム。ボトルネックのさり気なさもこれからの季節や
梅雨寒、初秋などに活躍しそう。平置きだとこんな感じで地味ですが...

Dscn5516

 

ボトルネックが着用すると意外にも新鮮なバランス感。

Dscn5518

 

 

さらに本来の目的である羽織ものを物色し、ビビッときたのがこれ。
平置きだとこんな不思議な形。

Dscn5498

 

Dscn5499


シビラお得意のリブ編みの組み合わせテクニック炸裂で、着用すると
不思議な立体感がちょっと近未来ちっくな雰囲気もありつつ、繊細かつ
メリハリのある美シルエットを形成してくれます。
 

Dscn5533

 

ウエストシェイプでヒップをカバーする微妙なフレア加減。パンツスタイル
にもワンピースにも合うので、これもかなり重宝しそう。

Dscn5513

 

早速その日着ていくはずだったギリシア神話風ワンピに合わせてみました。

Dscn5551

 

Dscn5555

例のパンプスともピッタリでした。最近モノトーン中心のクール&モードな
スタイルが多かったので、そろそろこういうエレガントテイストな気分に。

 

さて、ここまではまあ予定通りというか想定内というか、これで済む(と
いうか、済ませる)はずだったのですが、実はDMを見た時点でかなり
気になりつつも「これはちょっと似た感じのドレスワンピを持ってるから
鑑賞スルーね。試着もなしね。」と決めこんでいたDM27のワンピース
黒の実物を見たら、思ってたよりも生地がしっかりしていて高級感があり、
持っているワンピよりも厚手で今からの季節や晩秋などにも活躍しそうな
予感。そして試着したらもう...「う~ん、That's エレガント!」などと
ワケのわからない迷言を口走ってしまいそうになりつつ、いやぁ~、
私ってこういうのにホント弱いんだよなあこれがまた。

昔のシビラを思わせるアーカイブ的なシルエット、しかもストレッチが
効いていて楽な着心地なのに独創的な美シルエット。いやこれはさぁ、
もちろん私ツボのラインですよ。え~、そんな~、ワンピとか買うつもり
全くなかったんですけど~、とか散々騒いでも結局は瞬殺でした。。。

Dscn5505

 

これぞシビラの立ち上がった後ろ襟からの深いVネックライン。ラグラン
&バルーン気味の袖のバランスが絶妙。ウエストの切り替えも見事です。

Dscn5506

 

平置きだとこのような感じで、袖の形が特徴的なのがよくわかります。
膨らみと絞りの要所が的確で、袖口やウエスト、膝部分はわりとタイト
ですが、切り替えや後ろ側に施されたシャーリングによって着用すると
女性らしい自然な丸みを帯びた実に優雅で繊細で美しいシルエットが
形成されます。

Dscn5563

 

Dscn5508

さすがイタリア INWOOL社のインポート素材を使用しているだけあって、
高級感あふれる佇まいといい、優雅な気分になれる着心地といい、シビラ
アーカイブ的なアイテムと言っていいでしょう。

そして迷って悩んでいる間、友人Kさんに一旦試着をバトンタッチ。その
対応をしている担当さんに代わりスタッフAさんが追い打ちをかけるように、
「同じ素材のロングジャケットが超おススメなんです!」と、持ってきて
くれたのですが、「えー、コートみたいな?っていうかもう長い羽織ものは
いいよーいっぱいあるしー」とか言いつつ、何度もすすめられたので、つい
羽織ってみたら、これがもうビックリ!着てみたら驚きの圧倒的存在感。
え~、ハンガーにかかっている状態だと、シンプルなロングジャケットだなぁ、
くらいの感じだったのに、何これ何これ~カッコいい~!この雰囲気って、
昨年11月のFREEDOMのインポートコートを思い出させるわぁ~。
やっぱこの素材ですな。このインポート素材とこのお色の風合いというか、
そして着用した際の体の形を計算し尽くしたうえでのシンプルな美を追求
したフォルム。シンプルだからこそ問われる素材とデザインの質、みたいな。
この生地をよーく見ると、細かい織模様になっています。

Dscn5541

 

しかしこの独特の佇まいというかシルエットやフォルムが写真だとなかなか
うまく伝わらないのです。うーん難しい。先程の同素材のドレスワンピと
合わせたら本当に素敵だったんだけど、うちのトルソーに着せたらちょっと
なんか違うんだよね、って感じですが、なんと'14年のオーダーパンプスと
お色がピッタリ!なので一応載せますね。

Dscn5575

 

ボトルネックのセーターと昨冬のサイドプリーツパンツに合わせてみました。

Dscn5547

 

Dscn5536

この襟の形や細めの袖、全体のシルエットがやはり昔のシビラを彷彿とさせ、
クラシカルな優雅さと洗練されたモードな雰囲気がミックスされた、まさに
私のツボなのでした。最後の最後まで迷ったのですが、その日に着ていった
タブレットワンピに羽織ってみたら細身パンツ+ブーツのバランスにも
ピッタリでやっぱりカッコいい~。ちょうど今くらいの季節に、コートだと
ちょっと大袈裟だけどカーディガンじゃ寒いし、という時にちょうどいい
かもしれない。この「カーディガン以上コート未満」なところが新鮮だし
意外と重宝するかも。なに、最近流行りの「コーディガン」だか「ジャコット」
ってやつ?それがシビラの手にかかればこうですよ。ねー。そうそう、うん、
何年も購入していないスプリングコートってことにしよう、と都合のいい理由を
思いついてしまい、一気に予算オーバーです。しかもかなりオーバーです。
あーあ。せっかく昨年ついに予算内におさまって(何年越し?))達成感に
浸っていたというのに。あーあ。束の間だったな。もうそんなに欲しいものも
ないし!とか思ってたのに、やっぱそういうわけにはいかないか~。あーあ。
何いきなりコートとワンピ買ってんのよ~。何やってんのよもう~。ああ、
終わりなき物欲というよりは美の追求ということにして、手持ちのワンピ等と
合わせてみました。

Dscn5571

2000~2001年頃の総刺繍ワンピに。15年前の商品とも難なくマッチ。

 

Dscn5558

ギリシア神話風ドレスワンピと合わせるとエレガントラインに。やはり
インポート素材の高級感がこういうドレッシーな装いにも合います。

 

Dscn5502

昨年秋冬のラグモチーフニットワンピに合わせると大人の洗練カジュアルに。

ついでに衣替えクローゼット整理をしたら、ホントに入りきらないものが
出てきてしまい、一時途方に暮れました。ニットやカットソーの畳みものの
もうちょっと合理的なしまい方を考えなければ。。。って、ハンガーものも
ぎゅうぎゅうで、こっちもどうにかしなきゃならんのですがねぇ。。。

 


 


 

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »