フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月26日 (金)

Sybilla Fair SPRING/SUMMER 2016

これはこれは...大変なことになってきましたね...


Img232

Img233

Img234

Img235_2

Img231_2

やばい。特に11~19にかけての黒のシリーズ。13のスタイルなんかもう完全にツボ!
7~10の白シリーズも新鮮で魅力的。。。パンツもいろいろな着丈やスタイルがあって
迷いそう~。ってワンピースも着丈長めで試着したらハマりそうだし。。。しかも最後の
ONLY MI COLLECTIONも手描き風ドットとブロックボーダーという大好きなシリーズ。
今シーズンも波乱の幕開けになりそうだわ。。。


2016年2月13日 (土)

春色のシビラ

日差しや風の微妙な変化からちょっと春を感じさせる日が多くなってきた
と思ってたら早速シビラからSPRING COLLECTIONのDMが到着です。
おおぉ、昨秋からの「絵巻物」が引き続いてますね~。今回掲載の
「1月発売」の商品は先月の受注会の時に店頭で見かけましたので
ちょっとご報告。(画像はすべてクリックで拡大できます)

Img228

1と2のシリーズは実際のお品の素材感や質感に高級感があり、
お色違いでモノトーン系もあって、そちらはシックな雰囲気でした。
スカートの着丈が長めなのが新鮮でした。

4~8のベージュ/オフホワイトのグラデーションも昨年の秋冬の流れを
彷彿とさせつつも春のテイストが感じられ、この色合いに先月購入した
ヌードベージュのパンプスが相性抜群な予感で、特に6及び7のパンツ、
ようやくフルレングスのワイドめが出た!と、これにハマりそうで非常に
危険を感じておりますbomb

8のブラウスは襟ぐりがちょっと変わっていて素材感も今から着られる
感じです。私は似合いませんでしたが、持っていると重宝しそうです。

 


Img229

新緑を感じさせるような絶妙なグリーン、上品で高級感あるネイビー、
さすがシビラです。10と13のロングカーディガン、こちらのお色違いの
ピンクベージュが先日の受注会で私が悩む大きな要因になった犯人です。
カジュアルなようでいて、素材感や独特のお色味、長めの袖丈、さらに
長~い着丈などによりコートというか今流行りのコーディガン?でも
シビラだとちょっと違うのよねといった感じで、これが受注会のドレス
パープル系と先月購入したヌードベージュのパンプスと絶妙にマッチして
私にとって新鮮で衝撃的でさえあったのでした。あの時は「着丈が
長すぎる~」とか言って回避できたのですが、パンツとパンプスと一緒に
合わせたら回避不可能になりそうで怖いです。

11のスカートのシリーズでお色違い黒のスプリングコート的な
ロングジャケットもモードな雰囲気でかなり心揺れました。素敵です。
13及び14のワンピースもとてもシビラらしいモチーフと色使いで、
試着はしていませんがたぶん楽ちん美シルエットタイプと思われます。
15のスカートはジャガード織りのような高級感がとても素敵で
ウエストまわりのカッティングもハート型っぽくて凝っています。
16のコートはヨーロッパの品格が漂う大人の雰囲気がたまりません。

そして、これ↓このサーモンピンクというかピンクベージュというか
実際にはもう少しベージュっぽい柔らかめのお色味なのですが、
この色にこの春のシビラのテーマを感じました。

Img230


 


 


 

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »