フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 最強寒波だけど春の予感 | トップページ | 春色のシビラ »

2016年1月31日 (日)

シビラ'16春夏受注会(ご予約会)で躁鬱になる

暖冬から一変した厳冬の中、シビラで防寒装備を整えつつ
春夏の受注会(どうも「ご予約会」って馴染まないな~)に
参戦して惨敗してきました。というのも、早くも2月の新作も
含めてこの春のテーマ ART なワンピースや羽織ものや靴まで
入荷していて、そのような春全開のお膳立てができている中に
受注会商品がメインディッシュのように飾ってあって、そりゃ
テンションもUPしますわよ~。思えば昨シーズンはニット特集の
黒のタブレットドレスとイエローグリーンのロングカーデ
始まり、その後もモノトーン系モードな雰囲気にイエローが差し色
という傾向が続いたのだけど、今回はDMを見た瞬間から色の展開
炸裂で、上段左2つのドレス特に左から2番目はビンゴ!の予感。

そしたら予感的中というか、それ以上。実際のお品は画像よりも
全体的に明るめで、特に左端のブルー系はもっと鮮やかな感じ。
左から2番目のオレンジ/イエロー系は実にシビラらしい配色で
南欧の光と風みたいな、もうとにかく試着したらジャージーの
ような素材が着やすくて、ゆったり美シルエットなので着心地も
楽なうえに、私にとって理想とも言える絶妙な着丈。これはもう
文句なしで即決です。

と、その時に合わせた新作のパンプスが、絶対に無理だろうと
思ったらなぜかスルッと入ってきつくもなく、むしろちょうど
いいフィット感。あれ?おかしいな。足が小さくなったのかな。
デザインによってほんと全然小さくて履けないのもあるというのに
どうしてこれ大丈夫なの?と、そのまま履いたまましばらく
他の店頭商品を物色したり、羽織ものを合わせてみたり等々
それでもなんだか大丈夫みたい。えー、これいいねえ。なかなか
シビラのパンプスで自分の足に合うのって難しいので、これは
ちょっとチャンスかも...と、お色は黒がいいかと思ったんだけど
ずっと履いてるうちに、むしろこのヌーディーベージュのほうが
足が綺麗に見える?自分がこの色を選ぶとは思いもしなかったけど
実は春から初夏にかけての絶好の新アイテムかも。

Dscn5491

ピンクともベージュとも言えない、まあヌーディーベージュと
言うのでしょうか。自分の足とほとんど変わらないようなお色味で
私にはとても新鮮。

ヒールが高すぎず低すぎずちょうどいい感じで、安定感があるので
足が疲れにくいのだと思います。

Dscn5493


この爪先の形がシビラですよね~。ストラップも凝っていて
足の甲から足首にかけてとても綺麗に見せてくれます。

Dscn5494


思えばブーツかサンダルのどっちかばかりで、パンプスって
ほとんど履かなかったんだけど、これはデザイン的にサンダルに
近いパンプスという感じなので、ワンピースにもパンツにも
どちらにも合いそうで、意外な色合わせも楽しめそう。

実はDM掲載の他にも別の配色展開が2色あって、イエロー系に
ちょっと似てるけど、グリーンや黒が入っていて全体的にもっと
ハッキリしている感じの、そちらも試着したらこれはこれで
ちょっとワイルドというかプリミティヴな雰囲気があって素敵。
迷いましたが、やっぱりイエロー系かな~。と、もう一つの
パープルや白、茶などが入っているお色味のほうは、見てすぐに
Kさんに似合うと思い、試着したらピッタリだったのでKさんも
ほぼ即決だったのですが、私もちょっと着てみようかな~
なんて担当さんが他の商品のサイズ違いやお色違いを持って
きてくれる間に試着してしまったのが大きな過ちでした。

配色としてはすごく好きだけど、自分にはそんなに似合わないかな
って思っていたのに着てみたら、おやおやー?何この不思議な
今までにない雰囲気。というのも、例のヌーディーベージュの
パンプスのせいか、ちょっと(だいぶ)想像と違う印象なのです。
着てみないとわからないものよねホントに。と、そこへさらに
担当さんがこれまた微妙なお色味の、グレイッシュピンクベージュ
のようなニットロングカーディガンを持ってきて、それを羽織ったら
ええぇー?何この感じ。リゾートっぽくもあり、都会的なクールな
雰囲気もあり、これはちょっと私にとってはかなり新鮮で斬新。

えーーー?こっち?いや、でもやっぱ最初のイエロー系も
やっぱりシビラらしくて素敵だし、自分が持ってるアイテム
(イエローサンダルとかイエローやベージュ/白のカーデとか)
とも相性がいいからいろいろ楽しめるし、まあ今までの流れや
傾向でいったら絶対イエロー系のほうなんだけど、こっちの
パープル系の特に例のパンプスとの組み合わせがなんだか
衝撃的で新しい何かが垣間見えてしまった感じで、でも新しく
始まるとまたいろいろ羽織りものとか買わなきゃならないし
いやまあそういうのはしょうがないとして(え?しょうがないの?)
でもイエロー系をやめてパープル系にするとそれはそれで
受取りの時にうーんやっぱイエロー系にしとけば良かったかなー
とか未練残りそうだし、かと言って両方なんていう暴挙には
出たくないし、いやーんもうどうーしよーどーしよーどーしよー
ああーもう着てみるんじゃなかった。。。試着しなければこんな
悩むこともなかったのに。。。あああ~~~

こういうのを「墓穴を掘る」というのでしょう。まさに。
一体どれだけの間悩んでいたのか定かではありませんが、
珍しく担当さんが「こっちです!」とハッキリ言ってくれた
こともあり、やっぱり最初の印象=直観を信じてイエロー系に
しました。もちろんこっちもあきらめられないので、どっちが
あきらめやすいというか、あきらめられる要素が少しでもある
方を選ばなければならないとして、とかいろいろ考えているうちに
だんだんネガティヴ思考になって鬱みたいになってしまうよ~。
こうして書いている今でもまだパープル系をあきらめきれた
わけではなく、2着いってしまおうかしらなどという悪魔の囁きに
耳を傾けつつ、そうこうしているうちに申込期限がきてしまえば
いいような後悔しそうな、あーもうどっちなんだよまったく。

ここ数年は鑑賞スルーでやり過ごしていた受注会ですが、
ツボにハマる時はいっぺんにきちゃうのがシビラなのよね~。


 

 

 

 

 

« 最強寒波だけど春の予感 | トップページ | 春色のシビラ »

コメント

astromediaさん、みなさん、こんにちは
立春を過ぎてからむしろ冬らしくなりましたね。
私も今日受注会に行ってきました。
が、見事鑑賞スルーです。
DMを見たときから、「今回は私のラインではないな」と
思っていましたが、こう思っていてもどこに落とし穴があるかわからないのがシビラ…
グリーン系の刺繍ニットが少しだけひっかかりかけましたが、
暑がりの私には夏のニットはムリなので、スルーできました。
新作も眺めつつ、セールになったタイツだけを買って退散ですbleah
ひと山越えた感じです。まだまだ春の新作も来るので、油断はできませんが…とりあえずの安心です。
みなさま、風邪などひかれませんようにお気を付け下さい。

はにしなさん、こんにちは^^

私の場合はここ何年かの鑑賞スルー分が一気に来た感じで、
パープル系もいってしまおうかとかなり悩んだのですが、
シビラ&ラテン語友達のKさんにクローゼット問題を思い出させてもらい、
ハッと目が覚めてどうにかあきらめることができ、
イエロー系1着だけでやり過ごすことができました。
はにしなさんのおっしゃる通り、まだまだこれからですものね~
今回購入したパンプスと合いそうなものを買ってしまいそう。。。
また来週後半からかなり暖かくなりそうなので、
春気分が盛り上がって新作要注意ですね。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217288/63728555

この記事へのトラックバック一覧です: シビラ'16春夏受注会(ご予約会)で躁鬱になる:

« 最強寒波だけど春の予感 | トップページ | 春色のシビラ »