フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« ついに寝言がラテン語に | トップページ | FREEDOM selected by Sybilla 2015 WINTER »

2015年11月 6日 (金)

大人の駆足

日中と朝晩の気温差が激しかったせいか、ナザベルが久々に疝痛に。
クラブではいっぺんに5頭も疝痛になって大変そうでした。幸いなことに
ナザベルはそんなに深刻化せず、2日くらいで回復したのでダメージも
少なくてすみました。

で、先日クラブの馬で楓(かえで)ちゃんという子に乗ったのですが、
以前に障害飛越をやる会員さんが乗っているのを見て、「うわ、なんか
すごい駆足だな..」という感じで密かに「この子だったらヤだな」なんて
思ってた子に大当たりしてしまったのでしたsweat02

しかし指導員さんの話によると、テンポが速いだけでそれ以上のことは
何もない(物見する、跳ねる、暴走して止まらなくなる等)とのこと。
拍車も鞭もなしで、軽速歩を始めるとまあ軽い軽い、反動もないので
スイスイ。速足をやってみたら、これまた反動がなくて楽ちん!
そして駆足はかなり速いテンポだけど、これがこの子のリズムで
ちょっと後ろに起こすと軽速歩に落ちてしまう。このリズムに軽く
(ポップなロックとかテクノな感じ)乗っていって慣れちゃえば
確かに見た目ほど怖くはないというか、動きが小さいのでわりと
コントロール効きやすいことが実感でき、後半はだいぶ楽しめた。
いやー、やっぱBGM作戦すごいわ。以前の私だったらビビッて
腰の引けた中途半端な乗り方(特に駆足)しかできなかったよなー。

そして、10日ぶりくらいにナザベルに乗ったら、うひゃ、やっぱ太いし
何なんでしょうこの重量感とダイナミックな動きは。乗った後に腕の
下側や背中、肩甲骨周りが筋肉痛になって、ヒーヒー言ってました。
しかも、ナザベルが病み上がり甘えんぼモードになって、駆足の
前になるとグズって後ろに下がったり他の馬のほうへ寄っていったり
してゴネゴネ。駆足やっと出たと思ったら急に頭をふりながら下げて
止まったりして、怒ってお尻に鞭入れても後ろ足蹴ったりしてイヤイヤ。

でもここで諦めてはならんのです。根競べみたいなものですから。
で、この状況でも以前なら私が弱気になったり挫けたりして結局
指導員さんに乗り替わってもらったりしていたのですが、最近は
自分一人でどうにかできるようになって、どんなにゴネても絶対
駆足!で、駆足自体もだいぶまとまりつつある雰囲気で、でも
あともう一段階後ろでじっとしていられるといいんだよなあ、
うーんという感じが3回くらい続いて、今日ついにその時が!

空いていて、2頭だけだったというのもあり、Katskeyさんによる
ちょっといつもと違ったレッスン展開で、まず軽速歩で背中を
伸ばすようにひたすら前に出し(わざと丸めない)、その後早めに
駆足を入れて後ろ足が動いてくるよう促し(BGMはぶりぶりのロック)、
その後の軽速歩ではハミとらせて丸めて、さらにその丸まった状態
からの駆足。

そう、今まで軽速歩でいくら丸まってても、駆足になった途端に
バラけちゃうのが課題だったんだけど、今日はなんだかそのまま
ハミとってまとまった駆足しかもゆったり優雅な(これこそワルツですよ)、
かつ躍動感ある(後ろが動いてないとこうはならない)理想の駆足ができた。
私もKatskeyさんも「おおぉーーー」とつい声に出てしまうほど。
いやーもう、何って、これがやりたかったのよー!

でもそれは左手前だけで、右手前は前進気勢が強いのでその分
後ろでじっとしていられなくて左手前に比べるとまとまりが弱かった。
でも今までの中ではかなりの上出来。この感触が大事なのよね。
軽速歩でも同じだけど、こうなると自分も楽だし馬も楽。なんだか
ちょっと「大人の駆足」じゃない?これを毎回できるのが目標。

Dscn5206


« ついに寝言がラテン語に | トップページ | FREEDOM selected by Sybilla 2015 WINTER »

コメント

いつもお久しぶりですね。
私の場合は、ラテン語が寝ています。馬の方は、銜を感じることがテーマのひとつ。馬の口角に長い手で指をいれているつもりで。。。脚を使わずに、銜でそーっとリズムをとって推進。常歩でならして、速歩・軽速歩、そして、内方をそっと強めにひいて、内腿で合図、駈足へ。これが難しいけど。問題は、上半身の保持。やや内方、やや前方に体軸をたもっていないと、駈足発進の時にがくんと上体が揺れ、失敗。
百練自得と言いますが、百回ぐらい繰り返すとようやく筋肉が覚えてくれて、無意識に出来るようになるそうです。まだまだ、練習。
下旬に、京都に能を鑑賞しに行きます。

そう、ようやく理想の駆足を体感できたけど、一度できたからといって次もできるとは限らないbearing
何度も繰り返してようやく無意識的にできるようになるのですよね。
そのための第一段階の、「これだ!」という感触を実感できて目標がより明確になりました。
さて次回はできるかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217288/62393846

この記事へのトラックバック一覧です: 大人の駆足:

« ついに寝言がラテン語に | トップページ | FREEDOM selected by Sybilla 2015 WINTER »