フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月25日 (水)

自業自得のシビラ

いや実はね風邪が長引いて土曜に行くつもりが月曜祝日に行ってきたのですよ。
しかもいつも一緒のラテン語&シビラ友達のKさんも時間差で風邪になって
今回は久々に一人で行ってきました。まだちょっと鼻声で咳こむことがあるし
一人でささっと済ませよう。な~んてわけにはもちろんいかず、むしろ今回
私にとってはビンゴ続出!ドンピシャの連続で、元気でKさんと一緒だったら
テンション上がりまくりで炸裂してもっと大変なことになっていたかもcoldsweats01

というのも、今回のFREEDOMのテーマカラーについてシビラご自身がDMのメッセージ
「私はベージュ、黒、赤ともに好きです」(nanimarquina:ラグコレクション)
と言っているのですが、この配色は私も大好きなのです!(13年の受注会バッグ
いい例。)ラグとかタイルとか、いわゆるモードやモダンスタイルとも違う
シビラ独特のどこかノスタルジックで温かみのある、かつ洗練され高級感漂う
"すぐにシビラとわかる、あの雰囲気"に満たされつつ、インポートドレスや
コートのその色、素材、デザインすべてにおいて唯一無二の圧倒的存在感を
堪能しつつ、まずこれは絶対買うでしょうというタイルモチーフのバッグ。

と、その前にちょっと通常のショップスペースにもチラッと寄ったのですが、
またバッグの新作が入荷していて、今年はバッグの当たり年?というほど
バッグ豊作年ですね~。私も春と秋に2つ買っちゃいましたしねえ。しかし
その代りにというわけではないだろうけど、今年はブーツが一型だけ。
しかも非常にスタンダードなジョッパーブーツで、なんでこれシビラで?と
思ってしまいましたが、これでブーツも欲しいのあったら完全に予算オーバー
になるので助かったわ。持ってるのがもう何年も前のものが増えてきたので
来シーズンはブーツを予算に入れとかないとな~。

おっと脱線しましたが、タイルモチーフのバッグです!2種類それぞれの
魅力があってどっちにしようか迷いつつ、黒白赤の配色は受注会バッグ
あるから、中心黒の白サークルのほうにしようかなーと思ってたんだけど
その日着ていった昨年購入の配色ブロックワンピや手持ちのアイテムと
相性が良いし、ほぼ同じと言っていいモチーフのお財布を持ってるしで、
あれだけ両方ともなんてことにならないようにしなきゃとか言ってたのに、
結局どっちも!ってことになってしまいました。

 Dscn5257


でもこれ30cm×30cmくらいで思ったより大きくてインパクトあって実際に
持ったり肩から下げたりしてみるとほんとカッコいいのよ~
軽いしたくさん入るし、なんと白い部分は外側のポケットになってるのです。
わかりやすくするためにバースデープレゼントのフェルトパッチワーク
入れてみました。

Dscn5259

 

赤白黒の似ているモチーフの財布はこれです↓

Dscn5328

これはやっぱ買わないとね。。。でも白サークルのほうもモードな雰囲気で
モノトーンのコーディネイトに映えるしやっぱり2つとも買ってよかった~♪

そういえばこのバッグの購入を迷っているお客さんがいて、スタッフさんが
おススメしていたのですが、よっぽど後ろから「両方買うバカもいます」とか
言って一緒におススメしようかと思っちゃいましたが、ぐっと我慢しました。

さてお次は、ラグモチーフのニットシリーズ。これが...全部いい!
というのも、白ともベージュともつかない、限りなく白に近いベージュ?
その白黒の幾何学模様に襟、袖、裾に赤が縁取りされているところが実に
シビラらしく、ありそうでないのよねえ。そして、微妙にふかふかしたような 
むくっとしているというか、厚手のガーゼのような?とにかくとても着心地が
気持ち良いこのニット素材がこれまたちょっと他にはありませんぜ着てみて
くださいよという、そして着てみたら体に密着しすぎず適度な伸縮性で自然な
美しいシルエットが形成されるのです。

まずワンピースから試着。 丈が短いので私の場合はチュニックワンピ仕様で
細身パンツかパギンスにブーツといういつもの冬のあったかスタイルで
ちょうどいい着丈でした。(もちろんワンピースとしても綺麗なシルエットで
スタッフさんは普通にワンピとして着用されていました。)DM左端の菱形の
モチーフを試着したら、おや?珍しく七分袖ではなく長袖。なので、「なんか
こいのぼりみたいじゃない?こいのぼり人間になってない?」などと言いつつ
スタッフさんが「こいのぼり?..(ああ、なるほど:苦笑)いえ、大丈夫です!」
と言ってくれたけど、ほんと赤の縁取りが効いててよくある幾何学模様とは
ちょっと違うのよね。で、もうひとつ気になっていたDM右から3番目の模様の
ワンピースを着てみたら、これまた違った魅力があって特に動いた時にこの
模様(スタッフさんは「風車みたいな」と言っていました。なるほど。
バイオハザードとか言ってるのは私だけだなきっと^^;)の見え方が変わって
面白いのです。え~え~どっち~?うーんうーん、ダメだこれ選べないドツボに
ハマるパターン、と、わからなくなってきたので、じゃあ気分転換に
トップスとパンツの組み合わせをやってみましょうということに。

今月いくつかまたパンツが入荷するということで、先月パンツは保留にしたの
ですが、今月入荷したもののうちサイドにスリットが入っていて、裏地が
プリーツになっているというワイドパンツにしました。

平置きだとこんな感じなのですが

Dscn5263

サイドのスリット&プリーツはこのようになっています。

Dscn5266


丈も思ったりより長めだし、トリアセテート主体でちょっと重さのある
しっかりした生地でジョーゼットのような高級感があって、ようやく
しっくりくるシルエットに出会えた感じ。でもお値段がちょっと高めなので、
どーしよーかなーと迷いつつ、他の候補をもう一度チェックしてみようかと
歩き出した時に「あ、え?うわぁ...ぁあ~~!」歩くとプリーツが!
重みのある生地のスリットから軽い裏地のプリーツという組み合わせの意味は
ここにあったか!という感じで、歩くと実に優美な展開をするのですよ。
これ単にサイドにプリーツを入れたのではこうはならないと思うのですよね。
いや~、これにはやられました。画像だとイメージだけですが...

Dscn5285


これはなかなかないなと久々にパンツ購入です。皆さんもぜひ試着して
歩いてみてください!(お色違いは白ベージュがあります。)

 

で、トップスですが、最初はDM左から2番目がしっくりくるかなと思ったら
確かにいいんだけど、さっきのワンピで迷っている右から3番目の風車
(バイオハザード)を着てみたら、あっ、これいいかも~なんかツボに
はまった気がする~これかも~ とこっちに決定。


Dscn5262

うん、やっぱこう見るとバイドハザードじゃないね。風車ね。いや本当は
どっちでもないと思うけど、これこれ、着ると意外にいろんなふうに見えるの。
こちらはシビラ定番の七分袖で、着心地と美シルエットも文句なしです。

先程のパンツと組み合わせると 

Dscn5287

 

バッグも一緒に 

Dscn5310


 

実はこの時に、インポートのコートを羽織ってみましょうよ!とスタッフさんの
お言葉に甘えてテンションUPしたところでノリでDM中央のコートを記念試着!
きゃぁ~もぉ~なに~?この素材からして違うし思い切ったカッテイングと
立体裁断の迫力。ああ、こういうの、もうこれパリコレとかのレベルだよね~
と、盛り上がりつつ、あれ?、え、じゃあワンピは?と急に現実に戻る。

ワンピかトップス+パンツのセットかどっちか迷うだろうなとは思ってたけど
ワンピはワンピでいいよねえ~ やっぱ冬はチュニックワンピ+細身パンツ+
ブーツが暖かくて何気に出番が多いのよね~っていうか、そっか、ワンピを
こいのぼり柄じゃなくて菱形モチーフにすればいいんだ~!というわけで
結局またどっちも!ということになってしまいました。

Dscn5260

Dscn5269

長袖でVネックというのもちょっと珍しいかも。襟ぐり、袖口、裾の赤が
さり気ないけど確実に効いています。今回はシルエットもしっくりきました。

 

ここでスタッフさんがDM右端のニットコートを持ってきてくれて羽織って
みると、なんと裏地が先ほどのインポートコートと同じような白黒赤の
配色になっていて、襟の形や雰囲気も似てる!おおぉ~
うーん、でも、かっこいいんだけど着丈長いのはあるしなあ、もっと気軽に
っていうか、要するにカーディガンのほうが欲しいんだよね~などと言ったら
持ってきてくれたのが今回の大穴でした。

アルパカ主体の軽くて薄手だけど暖かそうな微妙にフワ&モコな独特素材で
さらに着てビックリの肩と袖の独特のデザイン。しかもワンピースにも
パンツにも両方合ってしまう絶妙な着丈とデザインバランス。

平置きするとこんな感じで折り紙っぽいのですが

Dscn5267

 

着用するとこの立体感!

Dscn5271

 

実は密かにこういう尖がり肩のようなクラシカルデザインのブラウスとか
ジャケットとか憧れがあって、シビラで出ないかな~なんて思ってた時期が
あったので、これはビックリ!まさしくこれですよ。

Dscn5274

 

実際に試着した時には黒のパギンス+ブーツを履いていたので
もうちょっとスポーティーというかアクティブな雰囲気で、さらに私の髪型が
ベリーショートなのもあってか何だかリボンの騎士みたいとか言って
盛り上がってしまい、すっかり気に入ってしまいました。

パンツとも合っちゃうっていうか、違う雰囲気になるのです。

Dscn5288

おおぉー これリボンの騎士改め「ブレードランナー」のレイチェルだわ!
やばい!レプリカントになってしまう!などと一人でテンションUPしております。

 

Dscn5290

実は前の合わせがリボンなのがちょっと躊躇があったんだけど、素材感と
全体の雰囲気やリボンのバランスからして、これはアリだなと納得。
dos riberasのネックレスを買うつもりだったんだけど、そっちを諦めて
こっちにしました。

タイルモチーフのバッグと合わせてみたら...

Dscn5296

 

Dscn5298


ハマッた~!ある種90年代っぽい雰囲気というか何でしょうねこの感じ。。
もろに私の好きなモード×クラシックエレガントに近未来SFも入ってる感じ。

 

ちなみに'12年購入のホールガーメントのカーディガンと合わせると

Dscn5300

 

このカーデを先ほどのワンピと合わせると

Dscn5278

これにコート着たらかなり暖かいね。

 

さらにワンピは'11年購入の白ベージュ系の‭ニットロングカーディガン
合わせると、柔らかで優しい感じにカジュアルダウン。この雰囲気もいい感じ。

Dscn5330

 

ところで、パンツスタイルの時のアウターは?というのも、ここ数年は
膝下丈のワンピースかチュニックワンピ+細身パンツ+ロングブーツという
スタイルで、こういうパンツスタイルは久々なので、手持ちのコートとか
着丈バランスとか合うかしら?とちょっと不安になりつつ、その日着ていった
'10年の受注会コートをその場で羽織ってみたら、色も赤黒で合ってるし、
着丈バランスも大丈夫でしたが、家に帰ってきてからさらにチェック。

06年の受注会コート。今の季節にピッタリ。

Dscn5306

 

13年のダウン

Dscn5309

コレがなかなかいいバランスで、カジュアルダウンできるし暖かそう。

ちょっと雰囲気を変えて、カスタマイズしたマント風ケープ

Dscn5325


そんなわけで、今回大収穫でしたが、タグを外す際に気づいたのですが、
ワンピース、ニットトップス、パンツ、カーディガンジャケット、すべて
赤ラベルの商品じゃないですか!どうりで予算オーバーするわけだよ。。。

そして、買ってきたアイテムを収納する前にちょっとこんなふうに飾って
みたりして。

Dscn5327

ちょっとシビラショップみたいじゃない?
なんて言っていられるのもほんの一瞬でした。いざしまおうと思ったら、
クローゼットが!引き出しが!バッグが!帽子が!
これを自業自得というのですよねえ。。。
このクローゼットの中はとても見せられないカオス詰め状態なのです。。。
クローゼットのハンガーものを詰めて引き出しのニットカーディガンも
詰めてどうにかなったものの、さすがに今年4つも買って増えてしまった
バッグがどうにも収まりきらない。ああ、これはさすがにバッグ整理して
収納スペースもちゃんとしないとなあ。それにはバッグを全部出して並べて
大きさとか形を考えて収納方法をもっと合理的にしなければ。うへ~


 


 


 

2015年11月11日 (水)

FREEDOM selected by Sybilla 2015 WINTER

来たーーーなんか年に2回のFREEDOMが恒例化してきたな。
DM封筒が分厚いので覚悟はしてましたが、開けてビックリ。
これは. . . 今度こそヤバイ!!!

Img198


Img199


Img200


Img201

まあ、インポートのドレスとかは鑑賞するとして、Dos riberasのネックレスと
HUGUETタイルモチーフのバッグとか、もうすでに魅了されております。

プロパーのコレクションのほうも引き続き白攻めに始まり、
これでもかこれでもかと畳みかける~

Img202

Img203

Img204

Img205

Img206

Img207

Img208

Img209

Img210

Img211

 

まだまだあるんです、魅惑のニットコレクション!

Img212

Img213_2

うわぁー.このシリーズ、ツボだなぁ。。。左から4つは全部気になる~~~
(一緒に合わせてる黒のパンツも)ヤバイ。。。どれを選んでも心残りが
ありそうな「選べないパターン」かも。すでに。

 

そして仕上げはBLACKシリーズ!

Img214

Img215

毎度のことだけど、ほんと楽しみなんだけど怖いよぉ~

 


 


 

2015年11月 6日 (金)

大人の駆足

日中と朝晩の気温差が激しかったせいか、ナザベルが久々に疝痛に。
クラブではいっぺんに5頭も疝痛になって大変そうでした。幸いなことに
ナザベルはそんなに深刻化せず、2日くらいで回復したのでダメージも
少なくてすみました。

で、先日クラブの馬で楓(かえで)ちゃんという子に乗ったのですが、
以前に障害飛越をやる会員さんが乗っているのを見て、「うわ、なんか
すごい駆足だな..」という感じで密かに「この子だったらヤだな」なんて
思ってた子に大当たりしてしまったのでしたsweat02

しかし指導員さんの話によると、テンポが速いだけでそれ以上のことは
何もない(物見する、跳ねる、暴走して止まらなくなる等)とのこと。
拍車も鞭もなしで、軽速歩を始めるとまあ軽い軽い、反動もないので
スイスイ。速足をやってみたら、これまた反動がなくて楽ちん!
そして駆足はかなり速いテンポだけど、これがこの子のリズムで
ちょっと後ろに起こすと軽速歩に落ちてしまう。このリズムに軽く
(ポップなロックとかテクノな感じ)乗っていって慣れちゃえば
確かに見た目ほど怖くはないというか、動きが小さいのでわりと
コントロール効きやすいことが実感でき、後半はだいぶ楽しめた。
いやー、やっぱBGM作戦すごいわ。以前の私だったらビビッて
腰の引けた中途半端な乗り方(特に駆足)しかできなかったよなー。

そして、10日ぶりくらいにナザベルに乗ったら、うひゃ、やっぱ太いし
何なんでしょうこの重量感とダイナミックな動きは。乗った後に腕の
下側や背中、肩甲骨周りが筋肉痛になって、ヒーヒー言ってました。
しかも、ナザベルが病み上がり甘えんぼモードになって、駆足の
前になるとグズって後ろに下がったり他の馬のほうへ寄っていったり
してゴネゴネ。駆足やっと出たと思ったら急に頭をふりながら下げて
止まったりして、怒ってお尻に鞭入れても後ろ足蹴ったりしてイヤイヤ。

でもここで諦めてはならんのです。根競べみたいなものですから。
で、この状況でも以前なら私が弱気になったり挫けたりして結局
指導員さんに乗り替わってもらったりしていたのですが、最近は
自分一人でどうにかできるようになって、どんなにゴネても絶対
駆足!で、駆足自体もだいぶまとまりつつある雰囲気で、でも
あともう一段階後ろでじっとしていられるといいんだよなあ、
うーんという感じが3回くらい続いて、今日ついにその時が!

空いていて、2頭だけだったというのもあり、Katskeyさんによる
ちょっといつもと違ったレッスン展開で、まず軽速歩で背中を
伸ばすようにひたすら前に出し(わざと丸めない)、その後早めに
駆足を入れて後ろ足が動いてくるよう促し(BGMはぶりぶりのロック)、
その後の軽速歩ではハミとらせて丸めて、さらにその丸まった状態
からの駆足。

そう、今まで軽速歩でいくら丸まってても、駆足になった途端に
バラけちゃうのが課題だったんだけど、今日はなんだかそのまま
ハミとってまとまった駆足しかもゆったり優雅な(これこそワルツですよ)、
かつ躍動感ある(後ろが動いてないとこうはならない)理想の駆足ができた。
私もKatskeyさんも「おおぉーーー」とつい声に出てしまうほど。
いやーもう、何って、これがやりたかったのよー!

でもそれは左手前だけで、右手前は前進気勢が強いのでその分
後ろでじっとしていられなくて左手前に比べるとまとまりが弱かった。
でも今までの中ではかなりの上出来。この感触が大事なのよね。
軽速歩でも同じだけど、こうなると自分も楽だし馬も楽。なんだか
ちょっと「大人の駆足」じゃない?これを毎回できるのが目標。

Dscn5206


2015年11月 5日 (木)

ついに寝言がラテン語に

「夜なんか寝言でラテン語の呪文みたいなの唱えてたよ。」
と起き抜けに旦那さんが言うので「ええー?どんな?」と驚いて
聞き返すと、「なんかわかないけどあれはラテン語だった」という。

なんでラテン語だってわかるのよ。とか思ったけど、私が散々
グレゴリオ聖歌だ悪魔祓いの呪文だラテン語読本だなんだって
音読しながら解読したり、海外ドラマで出てきたラテン語を詳しく
聞き返したりしているので、まあそりゃつられて響きを覚えちゃう
でしょうね。さすがに何を言っているかハッキリとわかるまでは
いかないにしても。まあ、寝言だしねえ。

って、寝言でラテン語ですか。うーん、そう言われてみれば、あ、
そうだ!思い出した!そうそう、なんかね、暗~い道があって
どうしてもそこを通らなければならないんだけど、そこには
悪霊だか魔物だか悪魔が潜んでいるから、悪魔祓いしながら
進んでいくんだけど、その道に足を踏み入れた途端に物凄い
風が吹いて、私は懸命に右手を上にかざしながら " In nomine
Patris, et Fili, et Spiritus Sancti ! "って言おうとするんだけど
風にかき消されて声がなかなか思うように出ない。それでも
何度も言い直して、そのうち叫ぶような感じになっていく。
それだわ。それが実際に声に出てたんだわ。

なに夢の中で悪魔祓いなんかやってるんでしょうか。。。


Photo


2015年11月 2日 (月)

シビラ カスタマイズ作戦

'13年購入のマント風ケープ&ストールの改造とまではいかない
ちょっとホックを付けてマントコート風のカスタマイズに挑戦しつつ
元来こういった手芸作業は苦手なので何回もやり直したりして
ようやくどうにか完成しました。

このマント風ケープ&ストールはもともと前開きで羽織るタイプで、
ゴージャスなジレといった印象なのですが、実際に着用して
北風が吹き付けたりすると、やはり前を合わせて閉めたくなり、
ベルトをしたりしていたのですが、そうすると今度は腕の部分が
寒いのでロンググローブをしたり等、何かと着る機会が限られて
もうちょっと違う着方をしてみたいなあと思っていたのでした。

そこへあの10月DMのマントコートが登場。これをヒントに
2か所ホックを付けて前面を閉じてみたところ、うまい具合に
襟みたいなヨリができて、素材感と雰囲気はそのままに。

Dscn5221

 

また、背中の折り返し部分がズレやすかったので、ちょこっと
縫い付けて中心を固定し、いっそ腕はアームホールに通さず、
裾の部分に袖口ができるようにちょこっと縫ってみました。
(画像だとわかりにくいですが)
(もちろん元通りにアームホールに通して着用もできます)

Dscn5223

素材的には結構暖かいので、これからじゃんじゃん着ます!


 


 


 

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »