フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 黄色の陰謀のシビラ | トップページ | らくちん乗馬 »

2015年7月28日 (火)

まさかの熱中症

各地で記録的猛暑となったこないだの日曜日、魔夏の狂気を感じながら
その中を徒歩、電車、屋外、屋内と出歩いた結果、体温調節機能がおかしく
なったらしく、夜にお風呂から出た後いつもなら汗が出てくるのになぜか寒気を
感じて鳥肌まで立ったりして、外が涼しくなったんだと思いつつ今日は長時間
クーラーにあたりすぎて風邪ひきそうなのかなとか思って、窓を少しだけ開けて
寝たのだが風が当たると鳥肌が立っちゃう感じだったので、いつもの氷枕を
しないで寝た。しばらくして、妙に下半身がだるいというか足腰の節々に痛みを
感じると同時に、両手が痺れているのに気づく。しかもなんだか息苦しい。

暑いのかな?と思うんだけど、そんなに暑さは感じず汗もかいていない。
とにかく手のしびれが酷くて心拍数が上がって息苦しい。なんだこれは。と
思いながら足腰の節々が痛いのでストレッチしつつ、しばらく様子を見ていると
手のしびれの他に、みぞおちの辺りがきゅーっと収縮するような感じがして、
ますます息苦しくなってきて、あれれれ?なんだかヤバイぞこれは...と、
もしかして暑いのかな?暑くなってるのにわからない...熱中症?と焦って
体温を測ってみたら37.5度。さらに焦る。風邪の時でさえ36.8度くらいでもう
ヘロヘロの私なのに!どうりで腰とか痛いはずだよ!ただ、頭が痛いとか吐き気が
するとかはないので、氷枕を慌てて出してきてクーラーをつけて体を冷やそうと
するのだけど、なぜか寒気を感じて鳥肌が立ってしまう。あ、そうだ水飲まなきゃ
と水飲んだりもして、しばらく熱が下がるのを待ってみたけど、手足のしびれは
いっこうにおさまらず、そのうち今度はみぞおちより上の胸の辺りがぎゅーっと
締めつけられて、ちょうど仰向けに寝ていると胸と手足をぐわーっと下にすごい
力で押さえつけられるような感じで、これはこのままだと動けなくなる!という
くらい酷くなってきたので、無理矢理起き上がってまた熱を測ってみたらなんと
38.1度!普段37度でヘロヘロの私にとってはとんでもない高熱だ。その時になって
初めて自分の頭と首がものすごく熱くなっていて、それなのに汗をかいておらず
さらに腕や足の表面は冷たいという異変に気付いたのだった。

これはマズイ。これはもうダメだと旦那さんを起こして近くの総合病院の救急に
電話してもらい、その間胸が苦しいのと足腰が痛いのと手のしびれが酷いので
ワケわかんなくなったのかなんだか自分でもよくわからないのだが、とにかく
じっとしていられなくて、上半身が前に傾いたまま、まるっきりゾンビみたいに
フラフラと歩き回って、ヒーヒー言ってるうちになぜか胸の締めつけがだんだん
なくなってきた。呼吸も少し楽になってきたので、もしかしてフラフラと少し
歩き回ったことで酸素と血の停滞が改善されたのかも?!その間に病院のほうは
循環器専門の医師が今いないとかで他を当たってくれと言われ、救急車だとまた
あの病院(一昨年に急性腸炎で救急搬送されてそのまま入院した)になるので
それは嫌だし、呼吸と手足のしびれはさっきより楽になってきてるのでとにかく
熱を下げようとまずシャワーで水浴びして、それから水じゃなくてスポーツ
ドリンク。ナザベル用に買い置きしてある粉末のポカリでドバッと大量に作って
15分か20分おきくらいに少しずつ無理にでも飲んで、クーラーつけて氷枕して
ひたすら熱を下げる。手足のしびれと呼吸が普通になったので、ちょっと浅く
眠りつつ、ポカリを少しずつ飲み続けて約1時間ごとに熱を測り、しばらくは
38度のままだったけど、早朝5時頃に37.5度まで下がってきた。その後も続けて
朝8時頃に36.9度、10時頃には36.5度にまで下がったので、病院には行かずに
家でそのままおとなしく療養して、夜には36度まで下がった。やれやれ。

いやー、危なかったな。というか、恐ろしいわ。まさか自分が熱中症になるとは
思わなかったし、しかも夜に。暑いのか寒いのかわからなくなる、汗をかけなく
なる、というのが実際にこんなふうになるというのが。同じ熱中症でも、日中に
屋外で発症するのとはちょっと違うのかもしれないけど。

今週末からまた猛暑らしいので、本当に気をつけなければ。


« 黄色の陰謀のシビラ | トップページ | らくちん乗馬 »

コメント

暑いですね。牧場の馬場は、世間で35度と言っている時に48度です。牧場で用意しているポケット付きのゼッケン(のような布)に薄めたポカリなどをいれた柔らかい水筒をいれ、途中で給水タイムをとって乗っています。
そのほか、乗馬には自家製の飲料(ポカリなどは甘いので嫌い)を500cc4本を持って行きます。帰るまでにほとんど飲みきってしまいます。
自家製の飲料は、500ccの水に対して蜂蜜(ぽたり)、塩(ひとつまみ)、苦り(ぽた)、酢(ぽちゃ)でつくっています。要するに、塩と苦りで海水を復活させているわけです。

毎年の夏の乗馬は、これで乗りきっています。

iwaomaさん、こんにちは^^

乗馬は汗をかくし適宜休憩もとるし水分補給等できるのですが、日曜は都心に出て屋内と屋外の気温差を何回も繰り返し、クーラー効きすぎの電車に長時間乗ったりしつつ、今考えると水分補給もあまりできていなかったので、むしろ乗馬より熱中症になりやすい条件が揃っていたと言えるでしょう。もちろん乗馬でも無理は禁物だし、しっかり対策してこの狂暑を乗り切りたいです。

astromediaさん、大変でしたね!
大事に至らなくて何よりでした(;;)

ヒトゴトではなくて、私ももともと体温調節が下手で(息子にも遺伝しました!)
ネオ変温動物と自分でも思っているんですが、昨夏、astromediaさんほど酷くは
なかったものの、熱中症の一歩手前という体験をしました。
知識ではわかっているものの、実際にはどうしても「このくらいダイジョウブ!」って
思って行動してしまっていて、あとになって慌てるっていうの、
我が身にも起こることなんですよね;
私も気持ち新たにして気をつけようと、記事を読ませてもらって思った次第です。

にしても、昨日はこちらは蒸し風呂のような暑さでした。
降って晴れて降って晴れて降って晴れて。。。というジャングルかここは!という一日で
エアコンが効かなくて(14年ものという古さにも原因はあるんですけど)
でも来週早々に学校の家庭訪問があるので部屋の片付けをめっちゃしてて(苦笑)
汗だくでほこりまみれで自分でも怖ろしかったです; でも仰るように、
汗かいて只管暑い! って時は気をつけて水分やらミネラルやらを摂取するので、
案外大丈夫だったりします。気づきのない状態のときですね、問題なのは(^^)

ではでは、シビラ話題もありますので、またそちらにも投稿いたします。
お互い、色々気をつけながら、良い夏をすごしていきましょう~★

そうなんですよ~、まさか自分がなるとは思いませんでした。
今思い返すと帰りの電車の冷房が結構強かったのに、そんなに感じてなかったというか、いつもならすぐにカーディガン等羽織ったのに、なぜか「ちょっと寒いような気もするけどいいや」とそのままだったんですよ。あの時すでに感覚が鈍ってたというか、体温の調節機能がおかしくなってたのかもしれません。
お子さんの場合も、本人がどう感じているかこまめにチェックしないと心配ですよね。ちょっと不安な時は熱を測ってみて、平熱の範囲かどうかチェックするといいかもしれませんね。
今後もまだまだ猛暑が続くようなので、ほんとに気をつけてくださいね!
それにしても毎年暑さが酷くなる一方で、5年後この中オリンピックやるんですか?って思いますがsweat02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217288/60927641

この記事へのトラックバック一覧です: まさかの熱中症:

« 黄色の陰謀のシビラ | トップページ | らくちん乗馬 »