フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月30日 (土)

クリニックに便乗乗馬

駆足BGM作戦が功を奏してようやく「ただ馬に乗って駆足する」だけでなく、正しい
姿勢でハミをとらせるような技術的な向上を目指せる状態になってきた。先日は
輪乗りで馬を丸めてちょっとハミをとってくる感触が得られた。以前は駆足で輪乗り
自体が難しくて軽速歩に落ちてしまって駆足を維持できなかったので大した進歩だわ
などと思いつつ、駆足から並足に落とす時に左手前だと座りきれずにボヨンボヨンと
お尻が鞍の前にずれていってしまう。それにまだまだ駆足の中でも前に持っていかれて
しまうし、もっと後ろに重心を安定させられるはずなんだけど、まだ定まらない。

さて今回通常レッスンの前後に馬場馬術のクリニックが入るので、いつもの馬場に
白い棒やアルファベット表記が配置されて長方形に区切られて、競技用のアリーナ
仕様になっていた。(20m×40mのほう)

Baba

 

いつもと違う形、狭さ、雰囲気でナザベルもちょっと最初テンション高めだったけど
軽速歩で輪乗りを何周かしたり巻き乗りを入れたりしていつものようにハミをとらせ
「なかなかない機会ですから、この馬場ラチにきっちり沿って回ってみてください」
とmiccaさんの指示でやってみると、「もっと」「もっとギリギリまで」と、これが
結構難しいというか、普段も真っ直ぐを意識してやってるつもりだったけど、いかに
馬(と自分)の姿勢を真っ直ぐに保つのが難しいか、思い知らされた。ひえーこんな
ギリギリだとぶつかりそうで怖いな、と内側に避けるとそれだけラフなスペースが
できて多少ブレてもごまかされてしまうのだが、きっちりギリギリ沿って進むと
それこそブレたりよれると危ないので真っ直ぐ進まなければならない。なんだか
平均台にでも乗ってる感じ?それくらいシビアなのだ。それには、馬の動きが一定で
なければならないし、正確なコントロールが必要になる。

軽速歩でC点を起点に輪乗り、B点を起点に輪乗り、巻き乗り等を両手前で何度か
やってアリーナの全体バランスとアルファベットの起点を感覚で掴んだら、駆足。

え、駆足この中でやるの?^^;

と、一瞬弱気になったけど、最初区切られていないいつもの大きさのテイセキに出て
駆足のリズムが整ったらこっちのアリーナの中でやってみましょう、ということで
挑戦。まず左手前。こっちは右手前より前に出にくいので軽速歩から駆足発進。
最近、左手前の駆足の前にナザベルがゴネて内側にいる馬に寄っていったりするのだが
今日はなんだか様子が違うなと感じたらしく、わりと素直に出た。3周くらい外側の
テイセキでリズムを整え、アリーナ内に入れる。CからHのところで急に左に曲がる
感じだけど、その前から準備。おお、できるじゃん!と、KからA、さらにFに向かう
ところがやはりいつもより短いので注意。馬が伸びると曲がりきれないし、軽速歩に
落ちてしまうので、リズムを変えずに前に出す、自分は前に持っていかれないで座る、
と、2周くらいできたところで「はい、じゃあ頑張って輪乗り!Cを起点にここまで」
えー!と、また一瞬焦ったけどそれ以上躊躇する暇なくC点に来ちゃったので、えい、
とやってみたらできたよできた。どんどん出してぐるぐる回る。おおおぉ~

しかしやっぱ疲れが出てきて「輪乗りを解いて」の号令で軽速歩に落ちてしまった。
ひぃ~体力が~ じゃあ右手前!とすかさず号令がかかって「Cから駆足!」こっちは
並足から駆足発進。おお、なんだかナザベルもやる気満々というか、状況がわかって
いるようでポン!と出たよ。ひゃ~、右手前は左手前より勢いがある分推進のための
脚とかそんなに大変じゃないんだけど逆にちゃんと座ってコントロールしないと
危ない感じっていうか、おおぉーギリギリを真っ直ぐに走ってるーとか思ってるうちに
FからAさらにKのカーブ地点がやってくるー 「Kの入りが甘いです。もっと寄って。」
うん確かに^^; なんか難しいなここ。同じ右カーブが4つあるはずなのに、なんか
違うのよね。はい、また回ってきました。今度はもっと寄ってから...あっ、いかん、
ブレた。はみ出ちゃう!あ~、ダメだヤバイ、ぶつかっちゃう!

案の定、Kのブロックをナザベルが後足で蹴っ飛ばしたかぶつかったかわかんないけど、
コースアウト。同時に暴走!と、思いきや、なんとナザベルすぐ止まってくれました。

これにはビックリ&感動。普通、こんなアクシデントがあったら絶対暴走するけどね。
ナザベル的には「あれっ、なんか危ないから止まったほうがいいな」みたいな感じで。
いやーほんと大人になったよねえ、とmiccaさんや他の会員さんもしばし感嘆。

と、気を取り直してもう一度挑戦。これも以前だったら躊躇してたけど、そんな暇も
なく、よし!行ってみよう。いつも右手前の時にナザベルの右腰が内側に入って
左肩が外にあぶれていくのを指摘されていたけど、これでそのことが明瞭に理解できた。
右腰が内側に入るからもっと外(左)に出さなきゃと思うけど、そうすると今度は
左肩が外にあふれちゃうからどんどん左にブレていってしまうわけだ。それでさっき
はみ出てしまったのだ。だから左手綱をしっかり持って外にあふれないようにして、
右腰を右脚で内側にいれないようにして、右手綱を下に下げるクセを直して右肩を
後ろに回して回転。ひぃ~ 今度はなんとかできた。けど難しいねやっぱ。そうとう
気を配って丁寧に回転しないと。で、これで終わりではなく、Aを起点に輪乗りも
やって、駆足でこれだけいろいろやったの初めてじゃないかしら。まあ、前は駆足
するだけでも大変だったからねえ。

その後他の方が駆足をしている間、並足で円を小さくしていったり巻き乗りをしたり、
なんだかナザベルは自分もクリニックを受けているつもりなのか、ものすごく真面目に
スムーズにスイスイ動いて、だって並足で巻き乗りってなかなかですよ~。後半も
絶好調で速足の輪乗りもちゃんと軸足中心にバランスとれて一体感があった。うーん
でも速足はまだ洗練し足りないというか、改善の余地あり。もっと疲れないというか
大変じゃない騎座ポイントと安定姿勢があるはず。

というわけで、すっかりクリニックに便乗していろいろ勉強になったのでした。

 


 


 

 


 


 


2015年5月26日 (火)

あれもこれも洗えるシビラ

ちょっと遅くなってしまいましたが、先日の新宿伊勢丹シビラのイベント"FREEDOM"の
レポートです。いつものようにKさんとラテン語勉強会の後、Kさんは受注会の受取も
あるのでまず通常のショップスペースに行ってからイベント会場を覗いてみましょうか
などと言いつつ、通りがかりに担当さんを発見し、結局まずイベント会場のほうへ突撃。

最初目に飛び込んできたのはベッドカバーやクッション、カトラリー等のシビラ雑貨。
それらの存在でシビラワールドの空間と雰囲気がたっぷり充満しているところへ
夏らしいPLAYAやニットドレスが華やかに軽やかに咲き乱れているような感じ。その中
でも異質な光彩を放っていたのがインポートドレスのコーナー。何なんでしょう、この
超シンプルなのに、圧倒的な存在感。色と素材が違うのよねやっぱり。特に、DM左端の
ドレープドレスは超軽量で、最高級シルクならではの質感が ノーチェ を彷彿とさせ、
しばし夢の世界に浸ったのでした。

で、今回事前に悩んでおいたのでまずは気になって仕方がないDM 6のケープから。
こちら、なんと襟ぐりというか首回りに紐が通っていて長さ調整が可能なのです!
DMでは斜め掛けで中心にドレープがくるように生地を手繰っているわけで、他にも
背中側から両腕を通してボレロのように着たり様々な着用方法が可能で、その日
着ていったタブレットドレスにも見事にハマり、ほぼ即決。素材も高級感がありつつ
軽くてタグを見ると「指定繊維:紙」と書いてあり、独特の風合いと手触りです。

Dscn4899

 

Dscn4901_2

 

次に気になっていた順で Wave Dressですが、やはり実物は本当に素敵。配色といい
WAVEのデザインといい、もうたまりません。しかし、試着したらやはり着丈が短い!
ゆったりめのAラインシルエットなのでフレアの具合でもしかして大丈夫かも?と
いう感じがしないでもないけど、いや、やっぱこれ短いって。というわけで事前に
悩んで諦める方法も予想していた通りに。でも着丈やシルエット等が大丈夫な方には
超おススメの一品です。

それからPLAYA。夏といえばPLAYA!事前に悩みに悩んで今回はDM 3のカシュクール&
パンツ
だわというところまで詰めておいたので、他のワンピ等で悩む時間は省けました。
さらに、DM掲載のパープルネイビーか黒かで悩むのも事前に妄想シミュレーションして
今の髪型と色(赤っぽいボルドー系)だと黒かな~と予想していたのですが、やはり
実物と合わせてみたら、パープルネイビーはすごく綺麗なお色だけど髪の色と相性が
良くなくて、黒のほうがしっくりきました。しかし、カシュクールのほうがどうも
自分だと綺麗に着ることができず、なんかちょっとイメージと違うなあと断念。
さらに、パンツのほうも思っていたワイドパンツとは違って、丈が短いタイプしかも
嫌いなウエストゴムなので、一瞬「もしかして今日はケープだけで済んじゃう?」
なんて思いがよぎりましたが、なにしろ洗えるし着心地が楽で肌触りが良く、夏は
やっぱこういうのがいいのよねえ。さらに、先日購入したイエローサンダルとの
相性が抜群で、それもこの短めの着丈とたっぷりしたシルエットとのバランスが
いいからかも、なんて思えてきて、そうねえ、なんかワイドパンツっていうか、
ロングスカートみたいだよね、ガウチョなんかとも違うし、独特だよねこれ、などと
急にレア感が出てきて、でもなんかこれお尻大きく見えない?とか諦め要素を出しつつ
カシュクールをやめたので他のトップスを試すことに。

Kさんも色違いのパープルネイビーのほうを試着していたので、PLAYAのマルチカラー
ノースリーブというかフレンチスリーブ気味のトップスを合わせたらかなりいい感じ!
私もパンツがパープルネイビーだったら即決してたかも。でもイエローサンダルと
合わせてみたかったので、4月DM 3の変わったプリーツのイエローのブラウス
合わせてみたら、これが意外にも絶妙なシルエットバランスで、しかも新鮮。いつも
トップスは体にフィットするタイプのものだったので、こういうゆったりめの感じも
いいねえ。なんか新しい。しかもこの素材、洗えるんだって!しかもしかも、アイロン
要らないんだって!おぉ~なんか近未来ちっくにも見えてきてしまう~。

さらに、ニットコレクションのほうでちょっと気になっていたDM 4のプルオーバー
こちらの黒を合わせてみたら、これはもう私の好きな近未来SFの雰囲気たっぷりで
ぐっとモードな感じでかっこいい~!え~、え~、いいな~これ~ う~んでも
お値段もそれなりというかむしろ高いよねえ。じゃあやっぱイエローブラウスのほう?
などとリアルタイムに悩んでいる間に、Kさんがいろいろと試着。その中で、自分では
まったくノーマークだったDM 1のニットドレス、KさんがDMと同じお色のネイビーを
試着して1と3のボレロを合わせたのですが、とっても素敵だったのでついつられて
私も黒を試着してしまったのです。(つい、じゃないでしょーに^^;)

そしたらこれ、なんていうか、究極の楽ちん美シルエットというか、もっとフェミニン
ていうかフォーマルな感じなのかと思ってたんだけど、全然違って実にエレガントで
ドレッシーさの度合いが絶妙なんです。しかも、着丈がズバリ私の理想通り。この
絶妙な着丈は貴重。さらにさらに、なんと、洗えるというのです!ええぇ?こんな
ドレスが洗えちゃうの?ひえぇぇ~、すごい~。しかもしかも、お値段が実際よりも
高く見える。いや、決して実際安くはないんだけど、もっと高くみえる、それくらい
高級感あるの。それなのに洗えちゃうって。。。

というわけで、やっぱりお持ち帰りしてしまいました。
うーん、黒なので写真だと実物の良さがなかなか伝わらないのですが...

Dscn4890

 

シンプルなのですが、これぞシビラの真骨頂!という美シルエットなのです。
ちょっと驚いたのが、背中が結構深く空いていて、これがまた変にイヤラシくなく
あくまで上品で優雅で美しく、エロくならないところが素晴らしい。

Dscn4893

 

この少し伸縮性もあって全体が鱗じゃないけどモコモコしている素材感によって
体にフィットしつつもラインが出過ぎないようにうまい具合にぼかしてくれるのです。

Dscn4896

 

先ほどのケープとも相性抜群ですが、やはり黒なのでこれまた写真が難しく...
ケープのアレンジとしてこんなふうに襟元を手繰り寄せてボレロカーディガン風に。

Dscn4903

 

昨年春に購入のBlackのドレスコートと合わせればフォーマルな雰囲気に。

Dscn4915

 

というわけで想定外のニットドレスが入ってしまい、さあどうしましょう!
これにPLAYAのパンツとイエローブラウスあるいはニットプルオーバーだと完全に
今までのパターン。うーんそれじゃあ進歩ないよなあ。うーんうーん。と散々悩み
まだ6月7月も油断ならないしねえ、と、トップスを両方とも保留にしてPLAYAの
パンツだけに。「だけ」といっても結局ケープとニットドレス、合計3点だけど。

PLAYAのパンツは平置きするとこんな感じで、ほんとスカートみたいですね。

Dscn4905

 

さて合わせるトップスどうしようかなと、ここで元祖PLAYAの登場。初めてPLAYAが
登場したのが2009年夏で、その頃は「プラヤ」ではなく「プライヤ」と言って
いました。家で洗えるシビラは本当に珍しく貴重で、衝撃でした。PLAYAのカットソー
単品の画像がなくてわかりづらいかもしれませんが、とりあえずこんな感じ。

Dscn4909

 

さすがPLAYA同士。着丈長めなのでウエストゴムの辺りも気にならずいい感じでラフ。
なんだか最近夏みたいに暑い日が多いので、もうこんなコーデもありですね。

それにしても今回は黒ばっかりだ!昨年5月のFREEDOMでは白ばっかりだったのに(笑)


ということで、2012年受注会のプラム色技ありキャミと先ほどのケープを斜め掛け。

Dscn4910

 

この雰囲気かなり好き。今まではこういう雰囲気のパンツは洗えなかったけど、
PLAYAのパンツは洗えちゃうのでこんなコーデも気軽に楽しめます。

このケープは後ろにドレープを寄せても素敵。他にもいろいろアレンジ可能なので
おススメです!こういう巻き物アレンジが苦手だった私もシビラのアイテムならOK。

Dscn4913

 

ところで6月はもう秋冬の受注会があるそうで、洗えるシビラも続々出てきそうだし
引き続き警戒しつつやはりイエローブラウスとニットプルオーバーどちらも気になって
未練アリアリなのでした。。。

ちなみにKさんとはニットドレスとPLAYAパンツが色違いお揃いです♪

 


 


 


 


 


 

2015年5月14日 (木)

事前に悩んでおくシビラ

4月は毎日シビラのDMというかパンフレットを眺めてはショップに行きたい衝動に
駆られつつ、ゆっくり時間が取れないしとかあれこれ理由を見つけてどうにか
誘惑に打ち勝ったものの、5月に入ると初夏のような陽気続きだしもうどうにも
我慢ならなくなって、先日ちょっと用事の合間に池袋で時間が余ったので西武の
シビラでさらっと見るだけ偵察。本当に時間がちょっとしかなかったので、ものの
15分くらいの間に着丈や素材をチェックしただけなので、なんだか後になって
余計に気になってしまい逆効果だったかも^^;(というか、もともと何の効果を
狙っていたのかもわかりませんが)DM1枚目のシリーズはちょっと見当たらず
ケープがどんな感じなのか余計に気になり、2枚目 3.のWAVE DRESSはとても
高級感のある生地で、写真でも素敵だったけど実物はもっともっと素晴らしく、
お値段にも納得がいきつつ着丈がやっぱり短そうで、でも短すぎて無理!という
感じでもなさそうで、これは試着したら微妙で迷うかも~、いや、ダメよそれじゃ
今までと同じで進歩がないじゃない!う~でも配色とWAVEのデザインと素材感が
たまらないよね~ いやーでももっと気軽に着られるほうが...とループに陥る。
そしてPLAYAシリーズはDM掲載品以外にも遊び心が感じられるワンピ等いろいろ
あってこれはじっくり見るのが楽しみ。DM3枚目のワンピはたぶん着丈が短すぎて
無理!と諦められそうだけど、形が面白いので試着してみたい気もしつつ、
4枚目右下のカシュクール&パンツが麻100%なのに柔らかくてウォッシャブル、
軽くてシワとか気にせず気軽に着られそうで、これは試着したら即決だろうなと
自己申告しつつも、ブラックかパープル(ネイビー)で迷いそう。というのも、
DMの写真より実物が明るめな印象で、ネイビーというかパープルブルーみたいな?
でも素材感と相まって独特の雰囲気で魅力的。とても綺麗なお色です。でも黒も
また違った雰囲気で、ベーシックでありながらもよりクール&エレガント。
自分には黒のほうがしっくりきそうな予感がするけど、また黒ですか?って感じが
するし、パープルのほうが旬というか、なかなか他にないお色&素材だし新鮮かも。
でも単品使いを考えると黒のほうが手持ちのアイテムと合いそうだし、長く着られる
かなー。逆に単品使いでパープルを投入すると新鮮な組み合わせを発掘できるかも
とか、うわーこれ試着したらものすごく迷いそう。っていうか、今の段階でもう
悩んでるんですけど...^^; あ~どうしよう。どーしよー。どーしよーかなー

などと言ってるうちに、遂に5月のイベントのDMが到着。
出た! FREEDAM~ selected by SYBILLA

Img169

きゃ~ シビラの現代アートっていうか"シビラワールド アート編"って感じ。
「シビラの展覧会にお出掛け」みたいで楽しみ~

 

Img170

わお~!インポートドレスのお目見え!これは溜息と共に鑑賞に浸る宣言。

 

Img171

ぬぁにぃ~?この期に及んでまだニット出すの?!今年はニットの当たり年?
早速 1のニットボレロが気になってるんですけど~

 

Img172

あ~、どうしたってテンションUPしちゃう状況で囲い込みするんだからもう...
もうこれは白旗宣言。降伏条件の話し合いに行ってきますって感じ。
シビラXデーは近い...?!

 


 


 


 


 


 

2015年5月 5日 (火)

海外ドラマに出てくるラテン語~初級編

いわゆる犯罪捜査クライムサスペンスというか検死ミステリーになるのかな?
「ボディ・オブ・プルーフ~死体の証言」を見ていたら、検死部屋の出入り口の
上のほうに大きく書かれたラテン語が意識的に映されるシーンがありました。


HIC LOCUS EST UBI MORS GAUDET SUCCURRERE VITAE


これはわりとわかりやすい!

HIC:this/これ (男性・単数・主格)
LOCUS:location/場所(男性・単数・主格)
EST:is/~である(3人称単数)
UBI:where/~であるところ,場所
MORS:death/死(女性・単数・主格)
GAUDET:rejoice/喜ぶ(gaudeoの三人称単数)
SUCCURRERE:help,succor/助けること(succurroの不定詞)※与格支配
VITAE:live/生命 (女性・単数・与格)
vitaeが与格なのは succurrere が与格支配の動詞だから。
ちなみに succurrere はグレゴリオ聖歌にもよく出てきます。

直訳すると「これは死が生を助けることを喜ぶ場所である」となります。

英語にすると
This is the place where death rejoices to help the living(life).
という感じかな。

要するに、死/MORS(つまり死体)が生者を助けること/SUCCURRERE VITAE
(つまり事件解決に導く証拠を提供する)を喜ぶ/GAUDAT 場所/LOCUSだ
ということですね。

というわけで、ドラマに深みが出るとういか、違った楽しみ方もできたりして、
ちょっと自慢もしたいところだけど、これくらいじゃ自慢にならないな^^;


 


 


 

 


 


 


« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »