フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月27日 (金)

ナザベルのスプリングコート

さてナザベルも春コーディネイトに新アイテムを導入です!
というか、大きく(長さと幅がね^^;)なっちゃったんで、今まで着ていた薄ラグが
小さくなっちゃったので、冬の厚ラグと同様に一番大きいサイズに買い換えです。

厚ラグが人間でいうとダウンコートなら、薄ラグはスプリングコートという感じ。
メーカーによって形やデザイン、前身ごろにスリットが入ってるか入ってないか
とか素材の良し悪しなんかもあっていろいろ検討した結果、今まで着ていた
ものと同じくESKADRONの新色に決定。ネイビー主体でブラウンがアクセントに
配色されたタータンチェックのようなかなりオシャレなデザインで素敵heart04

Dscn4816

 

さすがXLだけあってナザベルの大きなお腹とお尻もちゃんとカバー。

Dscn4814

防水加工された新素材も洗練された雰囲気があって何気に近未来馬着。

収納バッグの持ち手が赤でカワイイ!

Dscn4812

しかし、XLだと定価に2000円プラスされたお値段になるということで、
先日のシビラでのバッグ&サンダルのお会計と同じような金額になり
妙なシンクロを感じてしまったのでした^^;

ところで肝心の乗馬のほうはというと、なんだかここ何回か駆足がいい感じ。
BGM作戦が功を奏したのかナザベルの駆足にようやく体全体がついていける
ようになって、一緒にダイナミックに動けるようになってきたみたい。
なんかちゃんと座れてる感覚もあるし、この調子で軽速歩のようにちゃんと
ハミとって丸められるようになれればいいな。焦らず着実に。

 


 


 

 


 


 

2015年3月18日 (水)

シビラの春コーディネイトいろいろ

なんだか急に春爛漫な陽気が続いて春気分が盛り上がってきたところで、
冬物と春物の入れ替え整理を兼ねて、今シーズン購入したアイテムの活用
コーディネイトをいろいろシミュレーション。

まず合わせてみたかったのが、ネイビーの襟付きワンピ(通称シビラ・ツインズ)。
シビラ名鑑の「お出かけ日和」のバリエーションとしてこんな感じや、

Dscn4786

 

ニットロングカーデとサンダルでこんな雰囲気も新鮮。何か「お話」に出てくるような...

Dscn4788

 

同じブルー系で統一して、'10年のノーカラージャケットスーツもいい感じで
カジュアルダウン。

Dscn4798

 

もうちょっと季節が進んだらこのようなスタイルにもバッチリはまるでしょう。
ハイパーナチュラル

初夏のクールエレガント

ブルー系チュニックブラウス

タウンリゾートマリン

爽やか高原リゾート

涼風グラデーション

 

とここで、夏物は意外にブルー系を持っていると自覚し、サンダルやっぱり
ネイビーにすればよかったかなぁ...とか思いつつ、でもあえてイエローで、
このコーディネイトがやりたかったの!というのがこちら。

Dscn4792

昨夏の襟付き水彩画ワンピをリゾートっぽく。やっぱり足元のイエローは
強烈で個性的(でも上品なのがシビラ)なアクセントになりますね。

 

ところでこんなに暖かいのは今週いっぱいまでで、これからまだ肌寒い日とか
あるだろうし、これからの季節何を着るか結構難しいんだよねえ、ということで
ロングカーデの活用をいろいろ試してみると、10年以上前の総刺繍
ワンピ
と意外にも合っちゃいました。これがシビラのすごいところ!

Dscn4780

 

あと、昨秋のジャージーワンピも着やすくて何かと便利だし、同じお色味系
ということで合わせてみたら、あら不思議!秋物が春物に早変わり?!

Dscn4800

ワンピは7分袖なので、これにスプリングコートなら結構暖かいから活躍しそう。

 

やっぱこのロングカーデ使えるわ~、と、ふと思いついてやってみたら
これまた意外にもアリだし新鮮に思えたのがこちら。

Dscn4803

08年のモザイクチュニックに09年のクロップドパンツにロングカーデと
サンダルのイエローがなぜかしっくりきちゃって上品に斬新。このロング
カーデのお色味が不思議と何にでも馴染んでしまい、しかもチュニックの
モザイクに絶妙にいろんな色が配色されているので、これってシビラでしか
あり得ない色合わせだわ~と、DM k の色合わせに似てるかも!

 

これによりさらにまた閃いてやってみたのがこちら。

Dscn4807

タブレットニットワンピが私にはワンピ丈としては短すぎて絶対に無理なので、
今までは得意のチュニックワンピ仕様+細身パンツ+ブーツでよかったんだけど、
もう冬じゃなくて春モードにしたいけどレギンスとかじゃまだ寒いしなあ、と
思っていたところへ08年のクロップドパンツを合わせてみたら、ロングカーデ
とのボリュームバランスもよく、ちょっとセミワイド気味のカットがサンダルに
馴染んでいい感じ。全体的にらず、はからずもラグジュアリーカジュアルな雰囲気に。

というわけで、これでもう春の準備は万端!もうこれ以上何も買わなくても大丈夫!
と新たなる呪文を唱えつつも、それがいつまで新作の誘惑に効き目があるかは不明。。。


 


 


 


 


 


 

2015年3月16日 (月)

瞬殺のシビラ

相変わらず気温差が激しいながらも、冬の寒さとは違う春独特の空気感を実感しつつ、
DMも早々と届いちゃったことだし、そろそろラテン語の自主勉強会もやらないとね、
だったらその後にシビラに行って..などとラテン語&シビラ友達のKさんと共謀し、
かつ前回のニットドレス炸裂等の反省も踏まえ、今度はナザベルの薄ラグの新しい
(一番大きいサイズ)のを買わなきゃならないし、お互いに楽しみながらもなるべく
散財しないようにしましょう!と結託し、お店に近づくにつれ「ノースリーブの
ワンピは買わない!」「持ってるのに似てるのは買わない!」とか呪文を唱え、あっ、
何このワンピ(DM jのブロック柄)ったらコートタイプもあるの?と焦りつつも
いや、コートはもういらないから!春のアウターはね、黒のナイロンかなんかで
スポーティー&クールエレガントな腰下丈のをずっと待ってるんだけど、今年も
出会えないねこれは、よしよし。とか言ってたら、担当さんのちょっと後ろに見えた
バッグに「えっ?あっ!あ~ え~~~?!これこれ、コレよ~」と狂喜乱舞。

 


Dscn4761_2


Dscn4769

 

実はブルー系のバッグを持っていなくて、こういうの待ってたんです!このシビラ
独特のマルチカラーの配色といい、大きさといい、形といい、持ちやすさといい、
軽さといい、布製だからお値段の手頃さといい、もう即決というか、瞬殺!たぶん
最短記録でしょう。ついさっきまでのあのストイックな言い草はどこへ?つい数十秒前
まで「買わない」とか言ってたのに、このバッグを目にした途端にあっさりと別人の
如く買う気満々でよく見もしないうちに買うことにしてるし...あまりの変わりように
自分でも呆れつつ、Kさんも爆笑。ああ、こりゃ見事に出ばなをくじかれたなあ...

いや、気を取り直して、むしろ「これだけにしよう!」という意気込みに。すると
今度は担当さんが「こういうのもありま~す♪」と、やっぱりブルー系のレザーの
バッグを持ってきた。え~っ、え~っ、これもいい!(って、おいおい!)こちら
黒もあって、いつものシビラのレザーバッグより大き目だけど決して大きすぎず、
実用性に優れつつデザインもやっぱりシビラならではだし、ちょいとこりゃまた
迷いますな~。うーん、でもやっぱりこの配色の感じやお手軽なところが魅力だし
ということで、布製のトートバッグにしました。(でもレザーのほうも未練あるなあ)

Dscn4763

これならラテン語のお勉強関係もグレゴリオ聖歌のネウマ譜なんかも入るし、ほんと
ちょうどいいというか、私にはうってつけです。

 

Dscn4772

布製だけどちょっと立体感があるし、やっぱり洗練された佇まいがどこかしら高級感を
漂わせます。もうひとつの暖色系の配色もとても魅力的でした。超おススメです!

 

さて、それはさておき、今回の懸念材料であるDM gのギリシア神話モチーフのワンピ
の実物はどんな?と、こちらはまだ未入荷ということで、ほっと一息。いやでもまあ
あれウエストのふわりとした感じが好きじゃないし着丈も短いだろうしね、などと
言いつつもやっぱり実物がどんなかは気になる。素材感とか。あ、あと例のウエッジ
サンダルは?と、お色がイエロー、グリーン、ネイビーの3色で、どれも春夏らしく
そんなにリゾートっぽい感じもしすぎず、履いてみたら見た目より全然軽くてビックリ。
そしてウエッジの安定感と程良いヒールの角度がとても楽ちんで、Kさんはグリーンを
ほぼ即決。私もサイズ的にどうかと思ったけど、ちょっと親指がはみ出し気味では
あるけどまあ履き心地といい、歩きやすさといい、これなら大丈夫かなという感じで、
本当はベージュ系が欲しかったんだけど、まあイエロー系のアウターも持ってることだし
イエローにしちゃおうかな、でもネイビーも素敵でちょっと迷ったけど思い切って
イエローに。ああ、結局こちらも最初から買うことになっていた感じ...ああ、恐るべき
シビラの小物たち。

Dscn4774

このジュートの素材感とビビッドなお色味による光沢がキュートかつ上品!

 

しかも、踵の部分にこんな気の利いたことをしてくれちゃってます。

Dscn4775

このパープル大好き!シビラのロゴも全体デザインのアクセントになってる感じ。

 

Dscn4776

Dscn4777

うーんなんだか一挙に春気分になってきました。

そこでせっかくだからとワンピースをいくつか試着しつつ、やっぱり着丈が短いし~
とか、こういうの持ってるしな~とかいろいろ自分を説き伏せて、でもちょっと
心揺れたのが、昔のシビラを彷彿とさせるバストのところが渦巻き模様みたいになってる
シンプルな半袖のワンピース。佇まいはBLACKなんだけど、そこ確認するの忘れました^^;
しっかりめのジャージーのような素材に高級感があリ全体にクラシカルなシルエット。
試着したらウエストから上が「うわっ」と身も心も引き締まるなんともタイトな作りで
ものすごく美しくて素敵なのですが、着てるほうは動けないくらいの緊張感があり、
だからといってLサイズにしちゃうとちょっと違うんだよねきっと、というこれまた
昔のシビラの魅力が詰まった一着でした。う~ん、やっぱLサイズ着てみるだけ着れば
よかったかなあ。などと今もちょっと気になる。。。赤も素敵でした~

今日のところはこのへんにしておいて、明日かなり暖かくなるみたいなのでちょっと
真冬物と春物の入れ替えや整理なんかしつつ、今回のバッグやサンダル、先月のニット
ロングカーディガン等とのコーディネイトをいろいろ試してみて、またUPします。


 


 


 

 


 


 


2015年3月 8日 (日)

ナザベルのリズム

春は三寒四温というけどこの気温差ほんとキツイな。古傷の箇所が不調になるのは
覚悟していたけど今回なんだか右肩の痛みがしつこい。日常生活に支障をきたす程
ではないので、気がつくと「痛いなあ」というのがなんとなくずっと続いている。
まあこの季節はしょうがない。ナザベルの足の状態も似たり寄ったりで、これ以上
悪化はしないものの、とりたてて良くもならないという感じ。しかし、そのわりに
なんだか全体の動きが良いというか活発というか元気で、こないだは久々に下乗り
の時に飛びながら捻って跳ねて暴れん坊モードになりかかり、担当のMiccaさんに
怒られていた。私も旦那さんも久しぶりに跳ね飛びナザベルの迫力を目の当たりに
してちょっとビビリつつ、怒られた後は「しまった。やりすぎちゃった。」という
表情でちゃんと真面目モードになっていたし、乗り代わってからも落ち着いてて
いい感じ。さすがもうすぐ13歳になるだけあって、精神面の成長を感じます。

まず並足の段階でどんどん動かしてハミをとらせる。まとまったところでそのまま
軽速歩へ。時々ナザベルが「これでいいんでしょ。」的に頭だけ下げてハミを
とっているフリをするので、あくまでトモ(後ろ足)がちゃんと動いていて、後ろから
前への動きの中でハミをとってるのかをチェックしつつリズムを整える。

丸まってきたら姿勢のチェック。自分の体重が左右どちらかに偏っていないか、
ナザベルが真っ直ぐか、手綱の上下が違っていないか、左右が開きすぎていないか、
確認して適宜修正しながら輪乗り等でさらにまとめていく。(以前はこの修正までで
かなり手こずっていた。ナザベルは左肩が外にあふれやすく、右腰が内に入りやすい。
馬体がとにかく長いので、体全体を使わないと修正できない。これがなかなか。)

馬場に出ている頭数が多かったり、元気な馬がいるとつられて盛り上がる傾向が
あって、そういう時は前足だけで急いで走って不安定になる。以前はつい手綱に
ばかり力が入ってちゃんと座れないまま結局おさめられずに跳ねたり暴走したり
していたけど、最近は座っておさめられるようになってきた。手じゃなくて騎座。
これが速足の洗練にもつながって、より深く座れるようになって、より少ない力で
馬をコントロールできるようになってきた。

見た目的にも「すごーいナザベル丸まっててかっこいい~」とベテラン会員さんに
言われたりしてかなり嬉しいんだけど、問題は駆足なのである。

以前のような「左手前の駆足ができない」ということはないんだけど、いまいち
ちゃんと座れていない。それをわかっていつつも動きのダイナミックさと重量感に
持っていかれてつい膝でつかまってしまう。さらに最近動きが軽快なのでちょっと
ビビりも入り、いやこれが本来のナザベルの駆足なのよ、これに乗っていかないと!
と、頭ではわかっていても体がついてこない。

で、ふと気づいたというか思ったんだけど、リズムのテンポが私が思ってるより
速いんだわ。というか、私が自然にカウントするテンポってゆっくりなのよね。
で、前はナザベルの動き的にもそれで合ってたというか合ってないかもしれないけど
そんなにズレが気にならなかったのが、今や体格や体重なんかもパワーアップして
軽快さも加わってきたので、リズムのとり方やテンポの数え方も変えないと
ついていけなくなったのだわ。

で、Miccaさん下乗りの駆足の時にいろんな曲を頭の中で流してみて「よし、今日は
これでいこう!」という選曲をして、駆足を始める前に頭の中でその曲を再生し、
そのリズムとテンポに乗ってからやってみたら、おお、いい感じ。

とはいえ、まだまだこっちが不安定で、ちょっと油断すると前に持っていかれるし
少しでも消極的な気持ちだと腰が引けて膝でつかまって何もできなくなっちゃう。
もっとちゃんと座れるはず。もう一段階深く座れると、きっとそこが正しい騎座
ポイントで、そこにハマると「うわ、何これ?」というくらい楽で爽快な乗り心地
なんだろうな。あの、軽速歩や速足で「今まで何をあんなに苦労していたんだろう」
と思えるような乗り方ができてる時みたいな。

とにかくナザベルの駆足のリズムに慣れなければ。本来の動きとリズムに。


 


 


 

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »