フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 冬のシビラ 春のシビラ(受注会レポート) | トップページ | Knit Knit Knit Sybilla special! »

2014年12月22日 (月)

ホビットとルーン文字とラテン語

ラテン語&シビラお友達から、サプライズクリスマスプレゼントをいただいちゃいました。
なんと、Hobbit の手帳!
装丁が凝っていて箱入りのハードカバー本みたい!

Dscn4607

 

中のイラストや本文からの抜粋文も素敵。

Dscn4610_2

 

さらに裏カバーの隠しポケットに地図が付いていて、その裏にルーン文字を発見。
その時は、Hobbit の原作にも載っている地図に書いてあってエルロンドが解読する
例の文章のルーン文字だと思ったのですが、よくよく見るとなんか変だな。。。

なんと、文字が逆向きに書かれている「鏡文字」ではないですか!

この仕掛けにまたまた感動。これはきちんと確かめてもう一度解読しなければ。
と、まず書いてある通りに一文字ずつアルファベットに置き換えて、
それから逆方向から読んだり、いや、もしかして全体を最後から読むのかな?
とか、いろいろ試してみましたが、?な部分が何箇所かあり、
自分が持っている Hobbit の地図に書いてあるルーン文字をもう一度解読したところ、
やはりその鏡文字のようです。

2つあって、まずこちら。鏡文字のほう。

Dscn4621


 

これの元はこっち。ね、鏡に映したみたいになってますよね?

Dscn4626

 


このルーン文字をアルファベトに置き換えて位置をそのまま記すとこうなります。

FIUE
FOT・HIGH
THE・DOR・AN
D・THRO・MAY
WOLC・ABRE
AST TH.TH.


本文に出てくるエルロンドの台詞を参考に解釈すると、次のようになります。

FIVE FEET HIGH
THE DOOR AND
THREE MAY
WALK ABREAST
TH(Thorinの父Thrainの略?)

出だしの「FIUE」が意味不明だったのですが、UがVの間違い?と思いきや、
アルファベトのVに対応するルーン文字がないのです。
だからUで代用しているのか!と。
それって、ラテン語のVがUを兼ねていたのと似てるっていうか逆だわ。おおぉ。
なんというつながり!

また3行目の「THRO」が「THREE」になるのは、Oを表すルーン文字の解釈に何通りかあり
使用された時代や地域で多少異なるためかと思われます。が、E に対応するルーン文字は
あるので、なぜそれを使わなかったのかなぁ?とちょっとスッキリしませんが...。

 

さて、2つ目のほうはちょっと長いです。
まず鏡文字のほうはこちら。

Dscn4625

 

元はこちら。私の持っている Hobbit原作ではちょっと見にくい位置にありますが^^;

Dscn4630

 

こちらもルーン文字をアルファベトに置き換えて位置をそのまま記すとこうなります。

ST AND・BY・THE・GREY・ST
ONE・HWEN・THE・THRUSH・CN
OCKS・AND・THE・SETTING・S
UN・WITH・THE・LAST・LIGHT
OF・DURINS・DAY・WILL・SH
IN・E・UHON・THE・CEYHOLE

 

解釈すると次のようになります。

STAND BY THE GREY STONE
WHEN THE THRUSH
KNOCKS AND THE SETTING
SUN WITH THE LAST LIGHT
OF DURINS DAY WILL
SHINE UPON THE KEYHOLE

2行目の WHEN のHとWの位置が逆になってるのは単なるミスなのかわざとなのか謎です。
3行目と6行目のCがKに置き換わっているのは、先ほどのVと同じくアルファベットのKに
対応するルーン文字がないために Cで代用しているものと思われます。
なんとこれもラテン語で似たようなことがあり、CはGを兼ねていたというか、GはCから
派生したので、名前等で頭文字がGの場合は略して表記する場合 C.と書くとか、
C の発音は Kになるとか、なんだかちょっと関係があって嬉しいというか楽しい♪

また、最後の行の UHON が UPON になっている、すなわち HがPに置き換わっているのは
実は Pを表すルーン文字が不鮮明というか、Hを表すルーン文字に似てるけどもしかして
違うのかもしれませんが、かといってPに対応するルーン文字には見えず、ここもちょっと
スッキリしないのですが、まあほぼ解明といっていいでしょう。

というわけで、この調子でこれまではさらりとしか読んでいなかったエルフ語について
詳しく研究するのがますます楽しみになってきたのでした。しゃべれるようになるかしら♪

 

 

 

 

 

« 冬のシビラ 春のシビラ(受注会レポート) | トップページ | Knit Knit Knit Sybilla special! »

コメント

こんにちは!
そして、メリークリスマス(^^)

あっという間にクリスマス。今年も残すところあと一週間となってしまいますね。
今日もドタバタと一日過ごしてしまいました。
今から部屋をババっと片付けて、(今から!)ツリーを出して、お料理をして
クリスマスの食事の準備です。パンも今ホームベーカリー君が焼いてくれてます!

それで、わぁホビットの手帳!!!
もう、拝見してから欲しくて、絶対にほしー、でも多分無理;
と思いながら、アマゾンで探してみたら。
あったのです!(^^) 感激~。
真似っこで申し訳ないですが、購入しました。明後日には届くそうで、嬉しいです~。

私はastromediaさんのようには文字を解読するとか出来ないので、
ちょっと値打ちを享受しきれないようで残念ではあるのですが、持っているだけで
幸せそうです(^^;;
素敵なものをご紹介くださって、ありがとうございます。

シビラの話題、またそちらでもコメントいたしますね。
とりいそぎ、ホビットの手帳のご報告まで(^^)

では、素晴らしいクリスマスイヴをお過ごしくださいね~★

桂さん、こんにちは^^

うわー早速購入ですか?すごい!
(自分にクリスマスプレゼント?いいタイミングでした)
私も何に使うかはまだ決めてませんし、使うのももったいない感じですが、
本当にとても素敵な手帳なので、持っているだけでもかなり幸せな気持ちになれますshine
文字解読は私のブログ記事を参照に、実物と見比べて楽しんでくださいねwink
こちらもお揃いで嬉しいですhappy01


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217288/58343981

この記事へのトラックバック一覧です: ホビットとルーン文字とラテン語:

« 冬のシビラ 春のシビラ(受注会レポート) | トップページ | Knit Knit Knit Sybilla special! »