フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月24日 (金)

ナザベルの気遣い

最近ではだいぶ馬術の域に入ってきた乗馬。
しかしひとつ峠を越えたらさらに高い頂が連なっているのが見えるように、
どんどん次の課題が見えてくる。以前言われても言われてもわからない
というか言葉や頭では理解できても実際にはできなかったことが
たまにではあるけど「おおぉ!これだ!」と実感できることが増えてきた。
駈足コンプレックスもほぼ解消され、今まで何となくしか掴めていなかった
正解の騎座、体の使い方が意図的にできるようになってきた。
まあ、まだまだではあるが。

ナザベルとの意思疎通もかなりスムーズで、言葉が使えない分逆に他の
手段方法に敏感というか、それをこちらがだいぶ汲み取れるようになった。
そしてナザベルもこちらのことをかなり理解している、いや~よくわかってるね
ということが増えてきた。今日なんか、運動後の手入れが一通り終わって
さておうち(厩舎)に帰りましょうか、とおうちに入ると夕ご飯が用意されていたので
いつもなら無口をしたまま一目散に餌桶にダッシュしてちょっと食べてから
無口を外すんだけど、今日は餌桶の手前で「ハッ」として止まったのです。
まるで餌を前に「待て」の指示でじっとするワンちゃんのように。

え?ナザベル、私が無口外すの待ってるの?と、すぐ無口を外してやると、
素早く餌桶に向かってごはんを食べだしたので、やっぱりそうなんだわ。

すごい!無口をおNEWにしたのもわかってるのね。

 

Dscn4206


 

 

 

 

 

2014年10月12日 (日)

ラテン語でちょっと哲学?

先日ラテン語の講座で出てきた問題文でこんなのがあった。

Qui parcit malis, nocet bonis.

関係代名詞と形容詞の名詞的用法の例文と言えるでしょうが、訳すと

「悪人を容赦する者は善人に害を与える。」

といった感じになる。

(ちなみに、それぞれの単語の活用は以下の通り。

Qui:関係代名詞の男性・単数・主格 「~するところの人は」
parcit:動詞 parco(容赦する/与格支配)の現在・3人称単数
malis:形容詞 malus(悪い)の男性・複数・与格
nocet:動詞 noceo(害を加える)の現在・3人称複数
bonis:形容詞 bonus(善い)の男性・複数・与格


と、文法の解説が終わったところで先生が「さてこれはどういう意味でしょうかね。
悪いことをする人を許す人は善いことをする人にどのように害を与えるのでしょうね。」
という質問というか投げかけをしたのだが、皆「えっと...」という感じで沈黙になって
しまったのだが、ここ何回か参加者の皆が少しこういった議論とはいかないまでも
意見交換のような雑談タイムに馴染んできた感じがあったので、ちょっと私も思い切って
「悪を見過ごすことで、」なんて言い出したものの、うまく後が続かなくて先生が
「善人がその犠牲になる」みたいな補足をしてくれて結局その場ではお茶を濁す結果と
なってしまった。ああ恥ずかしい。

しかし帰途の電車の中などでいろいろ考えているうちに、「悪を見過ごすことで
人の善なる部分が損なわれるというか害されていく、みたいな?」とすると、
この malis と bonis は形容詞の男性・複数なので一般的には「~(形容詞)な人」
と訳すのだが、これを比喩的に捉えてそれぞれ人の心の悪い部分と善なる部分みたいな
解釈もできるな、などと思い巡らしたりして。

要するに、悪は放っておくとたやすく蔓延り簡単に善を浸食してしまう。
悪いこととわかっていて見て見ぬふりをしてそのままにしておくのは
自他の善を汚し損なうのと同じことである。そのようにして善は害されて失われていく。


と、まあこのように例文でもいろいろ考えさせられることがあるので、単に問題集を
回答していくだけとは違う楽しみもあり、答えがひとつでないこともあるのも
ラテン語の面白いところであり難しいところ。

対格不定法とか分詞とか奪格の独立的用法とか、どんどんややこしくなってきて
グレゴリオ聖歌の歌詞の解明が進みつつ、わかったと思ったら次の謎が出てきて
これはほんと一生楽しめますな。とか余裕こいてる場合じゃないよ。宿題やらねば!

 

Dscn4277


 

 


 


 

 


2014年10月11日 (土)

Sybilla Winter Collection 2014

そうこうしているうちにもう次のDMが!

Img131


Img132

 

右から3番目のブロック?ワンピ!かなり気になりますlovely
しかし明らかに着丈が短い. . . sweat02
素材は圧縮ウールかしら?あー気になる。というか、すぐなくなっちゃいそうcoldsweats02

あと右から5番目のスカート、このシリーズのワンピはないのかしら~
この素材感とモチーフもかなり気になるのですeye

Img133

あ~またパンツ展開だ~。早く実物を見たいup

 


Img134

やっぱりこの↑素材&モチーフ気になりますheart04


 

 

 

 

 

2014年10月 5日 (日)

寄り道シビラ

ようやく体調が回復し元に戻りつつ、ラテン語講座の夏休みが終わって授業再開したら
やっぱり忙しくなり、というか暇があればラテン語の勉強という感じになってしまうので
なかなかブログを書くに至らず結局10月に突入してしまいました。うーんいろいろと
書きたいというか思うところが乗馬やら何やらに関してあるんだけど、どうも今は
とにかくラテン語に気が行ってしまうのでした。っていうかいよいよ難しくなってきて
宿題が大変なのと、同時にグレゴリオ聖歌やカトリック祈祷文で「???」と思っていた
謎の部分が解明されてきたので面白くなってきた、つまり難しいけど面白い、面白いけど
難しくて大変=時間を忘れてしまうというわけなのです。

しかし同時に気になってしょうがないのがやはりシビラなのであります。9月は体調不良で
後回しになっていた諸々の用事などでお店に行く余裕がなく、また無理して行く自信も
なかったので結局行けずじまい。。。最近ようやく体調も整ったので、ラテン語帰りの
シビラに再チャレンジ。今回はちゃんと途中で休憩をとってリベンジです(笑)

実はこの日はその後にグレゴリオ聖歌の自主練習会に参加するため、いつもよりは時間に
余裕はなく、寄り道シビラでした。とはいえ実際のお品を見るとやっぱり素敵~!と
一挙にテンションUP!ちょうど9月の初秋の商品と10月からの冬に向かう商品展開が
クロスフェードしているバラエティーに富んだラインナップでいろいろ楽しめました。
特にBLACKシリーズのドレスやコートが「うわわ~」という感じでシビラワールド炸裂
でしたが、その日はちょっと蒸し暑かったことも手伝って「いやいや、ここは冷静に、
あくまで実用性重視で」とクールダウン。ずーっと待ち続けている「気軽に着られる
軽めのナイロンとかのジャケット」「ボトルネックの五分袖カットソー」これらには
今回も出会えませんでしたが(昨シーズンはジャケットのつもりがマント風ストール
なってしまってとんでもない展開に^^;)、気軽に着られるチュニックワンピかワンピ
例えば昨シーズンのインクジェットプリントワンピみたいな...と漠然と思いながら
ワンピをチェックしていくとやっぱり着丈短いのよね~でもチュニック仕様にするには
シルエットが合わないし~などといくつか気になりつつも、おや?これ、いいねこの素材
手触りそして七分袖、そして地味なようでいてレトロというかクラシカルな雰囲気も漂う
不思議なモチーフ。見るとトリアセテート主体のいわゆるジャージー素材で、担当さんも
これは手洗いできちゃうしおススメ!ということで試着してみたら、おお、これは絶対
着てみないとわからないねこのまさに楽して美シルエットすなわちズルいシビラ。
何しろ肌触りも着心地も良くてシワにならないし手洗い可そして楽ちん美シルエットと
くればそれだけでもうほとんど心は奪われているのですが、意外というか新鮮だったのが
このお色味と細かい幾何学的?モチーフが醸し出すちょっとレトロクラシックな雰囲気。
こういうワンピは持ってませんでした。しかしなぜか今回しっくりきたのです。

 

(※画像はすべてクリックで拡大できます)

ハンガーに掛かってる状態だとこのようにあまりパッとしないのですが(^^;)

Dscn4219


 

着用するといとも簡単にシビラ得意の美シルエットのできあがり。

Dscn4237

 

デコルテからウエストにかけての絞りやタックの入り具合など、完璧です。

Dscn4241

 

バックスタイルもこのようにスッキリ。スカート部のフレアは程良く甘すぎません。
しかも珍しく着丈がちょっと長めで、私としてもギリギリ大丈夫な感じ。

Dscn4242

 

画像だと伝わりにくいのですが、この細かいモチーフ、よく見ると手描きタッチで色の
濃淡まで実に凝っています。これがシビラならではの演出というか、全体から醸し出る
独特の雰囲気につながっているのだなあと思いました。

Dscn4246

 

もちろん1枚で着てじゅうぶん素敵なのですが、これまた意外にも手持ちの羽織ものと
相性が良くていろいろ楽しめそうです。

深いブルーグリーンのようなお色のニットロングカーデや、

Dscn4252

 

明るめのグリーン系のフード付きロングカーデでカジュアルダウン

Dscn4255

 

もちろんボレロタイプのカーデもぴったり。こちらはスモーキーグリーンのようなお色の
ホールガーメントのニットです。定番ぽくなって毎年いろいろなお色で展開してますね。

Dscn4257

 

深めの襟の空き具合もシビラらしく計算されているのでそのままでもいいのですが、
インナーにデザインキャミをもってくるとお出掛け仕様ワンピに早変わり。
'11年購入のBLACKの技ありキャミを合わせてみました。


Dscn4260

 

この日着ていたBLACKのドレスコートが見事にハマりました。


Dscn4262

 


このように、コーディネイトでカジュアルにもお出掛け仕様にもできちゃうところが
シビラのすごいところだし、確かな品質を感じさせますよね。

Dscn4265

 

秋冬にこのようなお色味のワンピを購入するとは思いませんでしたが、とても新鮮かつ
手持ちのものとコーデしやすいし、これはちょうどこの夏に大活躍したダイヤ柄ワンピ
のようにヘビロテアイテムになりそう。(そういえばこのワンピもBLACKのドレスコート
と一緒に合わせたりしたな...)

 

 


そして気になっていたワイドパンツ。ウールとはいってもとてもしなやかで軽くて
実にエレガントなドレスパンツという感じで、またまた着ていたBLACKのドレスコートと
合わせて「うひゃ~カッコいい~」とか、さらにDM掲載の m のゴージャスコートとの
組み合わせをやってみたりして「きゃ~すごすぎてヴァンパイアのパーティーに潜入した
魔女みたい~」などと訳のわからない感想を言ってスタッフさん達を困らせたりしつつ
うーんほんとかなり欲しい気持ちでイッパイだったのですが、腰で履くタイプのパンツに
慣れてしまった私はどうもジャストウエストあるいはハイウエスト気味なのが気になり、
でもこのパンツのカッコ良さはそこがミソなんだけど、っていうか太った?そういえば
こないだ久しぶりに秋用の乗馬ズボン履いたらなんか「あれ?これもうちょっと余裕が
なかったけ?こんなピッタリだったっけ?」なんて思ったんだよね。やばい。やばいな
これは中年太りかいよいよ内臓脂肪か胃下垂かなんかわからんけどダメだこのままでは
どうにかせねば、と抑止力にこのパンツを購入!というのは避けて保留にしてきました。

しかしこの試着の際に一緒に合わせたトップスが大当たり。長袖で胸の辺りが絞られて
いるフィット感あるタイプをと思ったのですが、同じ素材シリーズでパフスリーブの
七分袖で大きなラウンドネックでウエストの辺りが幅広リブで絞られているタイプが
パンツのウエストのラインと合いそうだったので着てみたら、おおぉ、これこれ、この
なんというか優雅で大胆な感じいいね~しかもこの薄手の素材感は持っていないし
まさにジャストシーズンな感じで重宝しそう。お色はやはりこの季節ついつい選んで
しまうパープル。他に黒と赤がありました。

平置きだとこんな感じで、畳んで置いてあると目立たないかも。

Dscn4216

 

着用すると軽めの素材感が生かされてふわっとしつつウエストが絞られて
程良いメリハリバランスになります。

Dscn4222

 

かなり大きく空いた襟ぐりはそのままでもオシャレだし、アクセサリーでも遊べます。
夏のセールでGETしたネックレスもピッタリでした。

Dscn4224


 

また、技ありキャミをインナーに持ってきてバリエーションを楽しめます。

Dscn4227
 

Dscn4230

 

普段はジーンズ等と合わせてカジュアルにじゃんじゃん着るもよし、ただやはりあの
ワイドパンツとのコーデの印象が強いので、とりあえず手持ちのパンツと合わせて
みました。2003年頃のトリアセテート主体のセミワイドパンツですが、雰囲気的には
今回のワイドパンツに近い感じ。さらにニットロングカーデを羽織ってみると...

Dscn4225

 


ここでまたしてもBLACKのドレスコート。パンツとの相性も抜群でした。

Dscn4226

 

ということで、あまり持っていなかったこの時期に着られるアイテムを購入でき大満足です!

 

 

 

 

 


« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »