フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« Sybilla Autumn Collection | トップページ | Sybilla FAIR & AUTUMN 2014 »

2014年8月27日 (水)

「お話の絵」のお話

先日私の部屋の壁に飾ってあった絵がいきなり落ちた。
留め金はしっかりしており、引っ掛けてあった紐も異常なし。
かなり古いものなので額の木枠が劣化して崩壊したらしい。
というのも、その絵は私が子供の頃からとても好きで、実家からもらってきたもので
思えば40年近く前のものになる。実家にあった絵の中でもダントツでこれが好きで
どういう絵なのかよく知らないけど、とにかく何か物語っていて世界に引き込まれる
この雰囲気が大好きだった。絵自体は無事だったので、これは額縁を新調してまた
飾ろうと思い、額の残骸から絵を取り出すと何やらもう一枚紙が出てきた。

と、ここで驚くべき事実が発覚。
読むとどうもこれは故人のお香典返しというか、そういった思い出の品らしい。
1965年出版「しんせつなともだち」(福音館書店)村山知義氏・画の、
1974年に「故人が家族のために新たに描きのこした」ものがこの絵ということで、
最後に、"1977 年村山 浜 村山 亜土"という記載があった。

調べてみると、村山知義氏はマルチな才能に溢れたぶっちぎりのダダイストでは
ないですか!ああ、どうりで素敵な絵のはずですよ!当時私はこの本のことも
村山氏のことも全く知るよしもありませんでしたが、子供ながらに強烈な何かを
感じ取ったのでしょうね。それにしてもこんないきさつのある絵だということを
本来の持ち主である両親はなぜ教えてくれなかったんだろうか。。。と思いつつ、
そういえば「お世話になった人の絵」「本の挿絵」とか言っていたような。

今になって母に聞いてみたら、「あら、そうよ、トムさんはうちの劇団のボス
だったんだから」と軽く言ってのけた。ひぇー、もっと早く知りたかった^^;

ともかく、無事に新しい額縁におさまって、また私の部屋に飾りました。
ますますお気に入りというか、宝物になりました。

Dscn4201


 

 

 

 

« Sybilla Autumn Collection | トップページ | Sybilla FAIR & AUTUMN 2014 »

コメント

村山和義といえば、「忍びの者」。懐かしい。
多分彼と会った(というよりは、見かけた?という方が正確かも)ことがあります。

ああ、私もぜひお会いしたかった!
多くを語るこの絵をさらに大事にしていきたいと思います。
つくづく、ずっと見ていたい、見てしまう絵です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217288/57203313

この記事へのトラックバック一覧です: 「お話の絵」のお話:

« Sybilla Autumn Collection | トップページ | Sybilla FAIR & AUTUMN 2014 »