フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« mid summer collection&2014秋冬ご予約会 | トップページ | もう10年 まだ10年 »

2014年6月15日 (日)

美についての見解

私ちょっと美容とファッションにお金かけすぎだよなーとか思うけど、
それは全体の支出における割合であって、総合的な支出額を考えると
自分の世代の平均額とそんなに変わらないので、まあいいことにしている。

支出の内訳が偏り過ぎているというか特殊というか。子供がいない分、
乗馬は趣味ではなくナザベルの教育費みたいなことにして、美容と
ファッションが趣味みたいな感じで(とはいえ、いわゆる高級ブランド好き
ではなくシビラonlyなので総合的に見るとこれも一般平均内かも。って、
そんなことないか^^;)その分外食や旅行費が極端に少ない。

まあライフスタイルの変化がそのまま浮彫りにされてるわけだけど、
時系列での配分として考えても、若い頃は美容に関心がなかったから
今美容の比重が多くなっていてもバランスがとれていることになる、
などと都合のいい考え方をしてみたり。

美容に関心がないというか、美に関して妙な抵抗があったのだ。

美人とか、美しい、可愛い、そういったものよりも、斬新で独創的、
個性的なもののほうに価値をおいて崇めては追従していた。
特に10代後半から20代前半はパワフルな分トンガリまくっていて、
美人などと言われるより個性的と言われるほうが嬉しかった。

しかしいつ頃からだろうか。徐々に自然体になると共に気づいたのだ。
真に美しいものに接すれば接するほどよくわかる。
真に美しいものには斬新さと独創性が備わっており、まさしく個性的なのだ。

ああ、私はその個性を重視するがあまり美を正しく理解していなかったのか。
表面に現れた個々の個性にだけ囚われて美の本質を理解していなかった。

などと思ったのだが、これまたふと気づいた。

ただし、美を真似たもの、美を模倣したものには斬新さも独創性もなく、
まったく個性的ではない。

つまり私は表層的な美を装ったものに嫌悪感をおぼえ、無意識のうちに
独創性や個性を持たないものに抵抗、反発をしていたのだ。

しかしもはやそんな必要はない。私は真の美を知っているし、
真に美しいものに囲まれているのだから。すなわち真に美しいものは
愛を生み出し育む。そして愛こそが人の心を満たし魂を輝かせるのだ。
まさに人間の究極の目的ではないか。

壮大な言い訳か、美についての哲学か、まあ両方ですな。

 

 

 

 

 

« mid summer collection&2014秋冬ご予約会 | トップページ | もう10年 まだ10年 »

コメント

はじめまして。
私もシビラ大好き。きれいなもの、自然なものが大好き。シャーマン大好き。先日、フェイスブックにメッセージしました。ぜひみてくださいね。

まきまきさん、コメントありがとうございます^^

そう、自然は真に美しいものの代表ですね。
facebookへメッセージありがとうございます。
お名前が一致しないのでどの方かなぁ。。。とcoldsweats01
こちらへもお気軽にコメントくださいね。
特にシビラの話は他の皆さんとも盛り上がれるのでぜひ!

コメントありがとうございます。

フェイスブックはまき まきです。

奈巳さんのCDが欲しいのです。

よろしくお願いしますm(._.)m

まきまきさん、こんにちは^^
facebookのメッセージ欄をチェックしてみましたが、まき まきさんからのメッセージが見当たりません。FBもあまりあてにならないですねgawk

CDをご希望とのこと、どうもありがとうございますhappy02
RADIANT SHOPからぜひお申込みくださいませ!
コチラです↓
http://radiant6393.cart.fc2.com/?ca=1

こちらで試聴などもできます↓
http://radiant-osc.com/?page_id=208

こんにちは!

美についての見解。
私の思いがastromediaさんのそれにとっても近いということを知って
すごく嬉しいです。
なんて素敵なの~~~! とひとりで盛り上がってしまいました(^^)

私も自分の審美眼に叶ったもの、個性がきちんとあり、美しく、確りとした裏づけの
ある絶対的な美しさ、そういったものにこそ執着をしますが
そうではないものに関しては、本当に興味がなくて、多分それが極端なので
一般的な人からは不思議な生活をしている人と思われてマス(きっと! ^^;)

そして、人に於いての美は飾り立てて作るものではなく、自然と湧き出ずるもの、
引き出して生じさせるべきものと思っていて、その源は「知力」であると信じています。

なんだか語りだすといくらでも続けてしまいそうなので、はしょってしまっていますが。

私もお金の使い道はかなり特異で、シビラのお洋服と書籍がトップで、それ以外は
贅沢していないんですよ~。もちろんそれが贅沢と言われてしまうと
それまでですが(^^) 

なんでも手作りが好きなのは、元々は自分だけの個性のあるものに拘る気持ち
からのことですが、結果的には節約やら自然に対するエコロジーやら
自分や家族の健康へとなって戻ってきているのも、最近意識するようになりました。

自然と、美と、知と、そしてastromediaさん仰るように、それらの先には
愛という壮大かつ身近な概念へと集約されていくように思います。

とはいえ、普段は些細なことに怒ったりいらいらしたり、決して雄大な心持で
いつもいられはしないのですけど。。。

なんか、まとまりのないコメントでスミマセン;
またゆっくりと来ますね。

あ、明日またシビラのショップに行ってきます。
リネンシリーズのどれかをゲットして来るかもしれません~(^^)

桂さん、こんばんは^^

きゃ~嬉しいです!
私のほうこそ桂さんのコメント内容に「そう!そう!そうなのよね!」と
一人で盛り上がってしゃべってます(笑)

やっぱりトールキンを読んでいても、同じことが感じられますよね。
(確かシルマリルの物語に「彼らの美しさを見るうちに愛を感じるようになった」
というような記述があったと思います。もちろん他にもいろいろな表現をされていますが..)

もうね、まがいものには興味ないしどうでもいいですよね(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217288/56507301

この記事へのトラックバック一覧です: 美についての見解:

« mid summer collection&2014秋冬ご予約会 | トップページ | もう10年 まだ10年 »