フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月28日 (土)

ラテン語帰りのシビラ

毎週土曜のラテン語講座、どんどん複雑に難しくなってきて、
最近は1時間半の授業時間を15分くらいオーバーするのが恒例になり
今日も終わる頃にはかなりぐったり。(いや、おかげでグレゴリオ聖歌の
歌詞や祈祷文についてだいぶ「なるほど!こういうことだったのか!」と
理解できるようになってきたのですが、まだまだようやく主要な文法の
半分くらいきたところみたいで、この先さらに難解になるようです^^;)

しかし今日は今日こそはシビラの受注会もあるし新作も見たいし。。と
ちょうど寄り道コースにもなるので新宿伊勢丹シビラへ向かいました。

すると入荷したばかりの例の洗えるシリーズが!気になっていた
DM上段左端の襟付きワンピを試着。とても軽い着心地で涼しげな麻100%!
でも軽いコットンぽい感じで変にシャリシャリせず、でもサラサラしていて
これで洗えるとなれば夏に大活躍間違いなし!という感じ。
お色はブルー系もありましたが、私はDM掲載のベージュ系を試着。
清楚というか、どこかレトロ、クラシックな雰囲気で、フレンチ袖がおしゃれ。
単品だと「赤毛のアン」の世界のような、カーディガンなど羽織ると
'30s'40s'50s...というか、とにかく最近の私の傾向にはない新鮮さで
かなり気に入ってしまったのですが、ああ。。。着丈です例によって。
短いのです。やっぱり。あと5cm欲しいのです。やっぱり。
あと、ウエストの切り替えがいつもの感じではなく、あえてふんわりさせて
ウエストリボンで絞るタイプなので(そこがまたレトロちっくなのですが)
どうも私にはなかなかしっくりこない感じ。。。でもたまにはこういうのも
いいかな、とか思ったりもするのですが、何しろ着丈が短いのが難。
なので来週スペインフェアの時に再検討することにして保留にしました。

あと6月DMのストライプ系配色ジャージーブワンピ(右から3つめ)の
黒×紺を勧められて試着したのですが、こちらは切り替えマジックが
炸裂して見事な美シルエット。ジャージー素材は本来苦手なのですが、
とても着心地がよくてこちらも夏に活躍しそう。しかもこのバイカラーが
クールでシックかつエレガントな私の大好きな(得意な?)タイプで
これいいね~!と思ったのですが、こちらも着丈が...やはり短くて。
(あくまで膝を隠したい私にとって短いので皆さんの参考にはならない
かもしれませんので念のため^^;)

ああ、でも今シーズンはチュニック+パンツじゃなくてワンピの気分
なのよ~でも着丈が~ と、未練ありありですが保留に。

と、この辺でラテン語の疲れが一挙に押し寄せてグッタリしてきたのと、
受注会のほうはいつもの受注会部屋ではなく隣接したちょっと狭めの
スペースだったのと、試着しているお客さんもいらしたりで、
DM中段右端のカットレースのロングジャケット(コート?)の黒地を
ちょっと羽織らせてもらい、うわ~ぉ~ やっぱり素敵!
いや~でもこれは贅沢すぎるわ~ などとやってるうちにどんどん
疲労が酷くなってきて、ああやっぱラテン語帰りはダメだわ~
しかも昨日久々にナザベル乗ったら筋肉痛だし~、頭も体もヘロヘロ~
などと退散してきました。ああ、あまりの自分の軟弱さにショック。。。

来週はラテン語が休講なのでスペインフェアはゆっくりじっくり
楽しんでこようと思います。

 

 

 

 

2014年6月26日 (木)

Sybilla スペインフェア

えぇ~ これから受注会に行こうと思ってたのにその前にもう7月のDMが!
(画像はすべてクリックで拡大できます)

July1

ぬぁにぃ~?洗えるシリーズですって?こんなワンピが洗えちゃうっていうの???
上段左端のワンピすごい気になるんですけど~なんか最近こういう襟付きの'50s
っぽい雰囲気に惹かれるんですよなぜか。下段左から2番目の襟付きワンピの
襟が凝っててこれも素敵だけど~ これ洗えちゃうの?
上段右のお花シリーズは刺繍?プリント?いやお値段からして刺繍だと思うけど
これも洗えちゃうなんて革命ですよほとんど。下段右の細かい幾何学模様っぽい
シリーズもちょっとレトロな雰囲気で着やすそうでこれからの暑い夏に活躍しそう。


 


July2

さらになぜこのタイミングで限定モデルバッグがきちゃうのですか~
一番上の素敵すぎる~ 下のBowlタイプもシビラならではで魅力的~


 


July3

しかもスペインフェア!マヨルカシリーズ!夏はやっぱこれですね~
お座布団かわいいけどチェルシーに占領されそうだしなぁ。

July4


シビラさんのランドリールームのイメージなんて、それだけでも見に行きたいわ~
しかし受注会と連続で毎週シビラになってしまうsweat02
どっちかっていうわけにもいかないし、ああ困った。
。。。って、結局どっちも行くんだろうけどsweat01


 

 

 

 

 

2014年6月23日 (月)

もう10年 まだ10年

自分で言うのもなんだが、私は物事の理解が早いというか
たいていのことはすぐに情報を整理解析して合理的に無駄なく
適切な対処ができるというか、まあ要領がいいと言える。

しかし、その分飽きっぽいというか、ちょっとやって結構うまく
できちゃったりすると、それでわかったような気になってしまう。

また、自分が興味あることに関してはものすごい集中力で
徹底的に追求するんだけど、興味がないことに関しては
まったくもって真面目に取り組まない。取り組もうとしない。

そのような極端な性質で今までなんとかうまいことやってきたが、
唯一の例外に遭遇した。

乗馬である。

好きなのに、すごく真剣に精力的に取り組んでいるのに、
なかなか要領を得ない。身につかない。上手くならない。

まあ、もともとスポーツとは無縁の生活だったので
人並み以下の筋肉や体力だから当たり前といえば当たり前なのだが、
何度同じことを言われて同じことを繰り返したことか。

指導員さんたちもよく呆れず、あきらめず教え続けてくれるよなあ、
忍耐強いよなあ、とこっちが感心しちゃうくらい。

私が教える立場だったら「何度言ったらわかるんだよ!
なんでこんな何度もやってるのにできないんだよ!」って
嫌になると思うくらい。

そんなこんなで気づいたらもう10年も経ってました。

最近ナザベルの右前足の調子が悪くて、代馬で違う子に何度か乗ったら
やっはり最初は脚の力加減とか要領得なくて、ぎこちない感じだったけど
途中から何か掴めた感じがして、スランプ気味だった駈足も久々に
軽快に爽快に乗りこなしちゃった気分。面白かった、とか言う余裕。

やっぱりナザベルすごいんだわ~。ナザベルに鍛えられていた。

ナザベルだからここまで続けられたんだよな~と思う。
そしてこれからもナザベルと一緒だから続けられる。


好きこそ物の上手なれとはよく言ったものだ。

 

 

 

 

 


2014年6月15日 (日)

美についての見解

私ちょっと美容とファッションにお金かけすぎだよなーとか思うけど、
それは全体の支出における割合であって、総合的な支出額を考えると
自分の世代の平均額とそんなに変わらないので、まあいいことにしている。

支出の内訳が偏り過ぎているというか特殊というか。子供がいない分、
乗馬は趣味ではなくナザベルの教育費みたいなことにして、美容と
ファッションが趣味みたいな感じで(とはいえ、いわゆる高級ブランド好き
ではなくシビラonlyなので総合的に見るとこれも一般平均内かも。って、
そんなことないか^^;)その分外食や旅行費が極端に少ない。

まあライフスタイルの変化がそのまま浮彫りにされてるわけだけど、
時系列での配分として考えても、若い頃は美容に関心がなかったから
今美容の比重が多くなっていてもバランスがとれていることになる、
などと都合のいい考え方をしてみたり。

美容に関心がないというか、美に関して妙な抵抗があったのだ。

美人とか、美しい、可愛い、そういったものよりも、斬新で独創的、
個性的なもののほうに価値をおいて崇めては追従していた。
特に10代後半から20代前半はパワフルな分トンガリまくっていて、
美人などと言われるより個性的と言われるほうが嬉しかった。

しかしいつ頃からだろうか。徐々に自然体になると共に気づいたのだ。
真に美しいものに接すれば接するほどよくわかる。
真に美しいものには斬新さと独創性が備わっており、まさしく個性的なのだ。

ああ、私はその個性を重視するがあまり美を正しく理解していなかったのか。
表面に現れた個々の個性にだけ囚われて美の本質を理解していなかった。

などと思ったのだが、これまたふと気づいた。

ただし、美を真似たもの、美を模倣したものには斬新さも独創性もなく、
まったく個性的ではない。

つまり私は表層的な美を装ったものに嫌悪感をおぼえ、無意識のうちに
独創性や個性を持たないものに抵抗、反発をしていたのだ。

しかしもはやそんな必要はない。私は真の美を知っているし、
真に美しいものに囲まれているのだから。すなわち真に美しいものは
愛を生み出し育む。そして愛こそが人の心を満たし魂を輝かせるのだ。
まさに人間の究極の目的ではないか。

壮大な言い訳か、美についての哲学か、まあ両方ですな。

 

 

 

 

 

2014年6月 8日 (日)

mid summer collection&2014秋冬ご予約会

あぁ~なんという雨だ。ずーっと降り続けてるじゃないか。昨日なんか
電車が止まって帰宅するのにいつもの倍以上の時間がかかってぐったり。
そこへシビラからDMが届いていてなんだか妙なテンションに。。。coldsweats01

まずは受注会~!


Img102

※クリックで大きくなります

Img103

うわぁー むっちゃくちゃ肌触り良さそうで暖かそうなカシミヤ!「繊維の宝石」ときましたよ。
中段のカットレース刺繍のロングジャケットもぜひ実物を鑑賞したい!


Img104

きゃ~っ、なんというキュートな!この形、着丈、おしゃれですね~

そしてコレクションのほうは。。。

Img105

右のブラウスシリーズは5月のイベントの時にもちょっと気になってはいたのです。
左のワンピースも涼しげでいいな~heart01

※すべてクリックで大きくなります
Img106

出た!これです↑私がはまったKENLANDリネンシリーズ。
これは袖を通してみる価値アリですよ~


Img107

Img108

夏に活躍しそうなワンピが勢ぞろいですね~

イセタン限定カラーもあるそうです。

Img109

梅雨入りして一気に湿気が酷くなってきたので、アイテムを選ぶ際に「素材」が重要な
ポイントになってきますね。そのへんもちゃんと考えてあるところがニクイ☆


« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »