フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« Sybilla ~COLOR ME HAPPY! | トップページ | 今度のシビラは格が違う?! »

2014年4月28日 (月)

ラテン語が楽しくて

自分でもなんでだろうと思うんだけど、ラテン語の勉強を始めました。
1年半くらい前からグレゴリオ聖歌に親しむ会(現在は「グレゴリオ聖歌復興委員会」)
に参加し始めたのですが、それをブログに書いてなかったような気がする...sweat02
FacebookにはUPした形跡があるので、それでブログのほうは忘れてしまったらしくcoldsweats01

さて、グレゴリオ聖歌の歌詞はラテン語です。神父様が意味を説明してくれるのですが、
英語の原型があったり、ヨーロッパの歴史と関わりが深く、知れば知るほど
もっと詳しく知りたい、理解して歌いたい、と思うようになりました。

ちなみにこれがグレゴリオ聖歌の楽譜(ネウマ譜)です。

Photo_4

しかしそれにはやはり文法を勉強しないと無理だなぁと。グレゴリオ聖歌では
祈りを歌うことが第一の目的であり、文法の詳しいことまでは踏み込めないので、
どこかで教えてくれるところはないかなぁと探しているうちに、見つけて
しまったのです。無料の講座を。

それで、週一で明治学院大学に通うことになってしまいました。

この歳になってなんだか恥ずかしいなぁ~なんて思いながら初日。
さすがに無料講座というだけあって、60代(70代かも?)の熱心な方々から
私くらいの年代、そして現役大学生?等々、まさに老若男女(陪審員みたいな
バラエティー)30人以上で教室が変更になるほどでした。
ラテン語を勉強しようなんて奇特な人も結構いるもんですね。

しかしテキストを見るにつけ、これ果たしてついていけるんでしょうかcoldsweats02
と、かなり不安。今のところ一応理解はできるし、いろいろな発見があって
楽しいほうが多いけど、毎週宿題が出て答えを当てられるので予習復習を
しなきゃならんし、こりゃ大変だ~。

まだ2回しか受講していないのですが、初回まず発音の段階ですでに
グレゴリオ聖歌とちょっと違うケースが出てきて混乱しました。
これは恐らくグレゴリオ聖歌が作られた時代はローマ時代よりずっと後なので
すでにラテン語が変化していたせいと思われます。古代と近代の違いみたいな
感じかな。言語は常に変容しているわけですね。と、混乱しつつ興味が
増してしまうのでした。さらにGはCから派生したとか、JはIから派生したとか、
VとUはもとは同じ文字で、W=VV=UU ダブルユー→ダブリューになったとか
scio(知っている、という動詞)の名詞 scientia が英語の science になった
とか、そういった先生曰くの「余談」が非常に面白いです。

言語学が専門であったトールキン好きが高じてこうなったって感じもするし
(ラテン語がわかるようになったらエルフ語もマスターできそう)

明治学院大学の校舎がなんとなく中世ヨーロッパ+近未来な雰囲気でいい感じ

Photo_2


しかも礼拝堂もあったりして、ここでグレゴリオ聖歌なんか歌っちゃったら
(しかもシビラの十字軍ワンピ着たりなんかして)もう至福かも~

Photo_3

...って、私カトリック信徒ってわけじゃないんですけどね^^;

 


それにしてもタダで好きなことが勉強できるなんて、ものすごい贅沢だな~
と思うのですよ。

しかも何か資格が取れるわけでもなく、何か仕事になるとかお金になるとか
そういうこととは全く関係ないわけで、こんなに純粋な動機で何かに夢中に
なれるっていうこと自体になんだかものすごい幸せを感じちゃうのでした。

 

 

 

 

 

« Sybilla ~COLOR ME HAPPY! | トップページ | 今度のシビラは格が違う?! »

コメント

こんにちは!

ラテン語の学習!
素敵ですね(^^)
わぁ、大学! いいなぁ~、とうっとりしてしまいました。

私も語学大好きです。
でも、好きなだけで、あれこれかじるばかりでちっともモノにはなっていません;
それでも、いつも新しい何かを学ぶことは楽しいと思っています(^^)

私も実は、ちょっと勉強したいことがあって、資料を取り寄せたりしているところです。
またしっかりと決まったらお知らせしますね~。

ラテン語の面白いこと、また教えていただけると嬉しいです!

お久しぶり。ラテン語という表題にひかれて。
私もしばらく前から、ラテン語を勉強しています。(と断言できないほどサボりがちですが。理由はありません。敢えて言えば、馬術も、ラテン語も、日常生活にほとんど役に立たないから。趣味とは一義的にはそういうものと考えて。

私のラテン語学習法は、どこかのラテン語先生は小馬鹿にしていましたが、文法は、ほとんど暗記しない。読めれば良い。これは、私がドイツ語を学習したときの窮余の一策で編み出した方法です。もっとも、ある程度読めるようになると、もう一度文法の勉強をした方が良いのは、当然ですが。

いずれにせよ、全体像がよくわからないのに、格変化や時制を覚えるのは、味気ないです。当面の目標は、カエサルの「ガリア戦記」をラテン語で読むことです。
いつのことやら???

桂さん、こんにちは^^

わぁ、やっぱりトールキン好きだとそうなりますよね~。
エルフ語、ヌメノール語、ドワーフ語、エント語、等々ありますものね。
中つ国のどこかでラテン語が使われてても違和感ないなあ(笑)
っていうか、第四紀以降に西方語から派生したのがラテン語なのかもしれませんね。

桂さんのお勉強何なのか興味津々ですeye


iwaomaさん、こんにちは^^

グレゴリオ聖歌の歌詞で「なんでこれがこっちではこうなるんだろう?」
って不思議に思っていた謎が格変化によって解明されて、
暗号の解読してるみたいで面白いです。今のところ。
まあこれからどんどん複雑に膨大になっていくので
ホントついていけるか不安なのですが、まあそれこそあくまで「趣味」なので
じっくりどっぷり楽しんでいこうと思います。

こんにちは!

連休も今日でお仕舞いですね。
今年のお休みは、前半はびわ湖ホールのクラシックのお祭り(ラフォルジュルネ)で
音楽三昧。後半は奈良の古墳めぐり(息子の趣味に付き合いました;)と
信楽の陶器まつりで陶器お買い物。と、近場でちょこちょこと楽しみました。
今日はおうちでのんびりです(^^)

そうなんです! 指輪物語の中の言語や文字、素敵ですよね。
彫金を始めて何を作りたかったかというと、指輪物語の1つの指輪、の模造品です。
本物作ったらエライことになりますからね!(笑) 指輪に浮き出てくる言葉の文字が
すごく綺麗で、あれを彫り込むのが未だにできそうになくて保留し続けています。

現実にはルーン文字なんかもちゃんと勉強したら奥深くて面白そうです。
これまた息子の趣味に付き合って、ヒエログリフは読んだり書いたり時々します。
古代エジプトの絵文字で、これもとても綺麗なので好きです。

今ふと思ったのですが・・・
スタートレックのクリンゴン語も文法などちゃんと作りこまれているんでしょうか。

私が勉強しようと模索中なのは、心理学です。昔から気にはなっていて、ちょくちょく
かじったりはしていたんですが、きちんと体系的に学んだことがなくて。
今年度で子供が小学校卒業で、私もなにか始めるいい機会かと思っているんです。
でも長いこと何も勉強していないので、急に受験とか無理そう~~~;と
今になってまた弱気になっていたりして(^^; だからまだ未定です~~~;;

ラテン語のお話から外れてしまって、ごめんなさい。
私も声楽大好きなので、自分でもいつか歌をやれたらいいなと思っていますが
なかなかあれもこれも出来ないですね~。

シビラのお店にもちょっと行けていません。
また今月の新作DMが届きそうです。盛夏シビラの展開が楽しみです(^^)

桂さん、こんにちは^^

うはは、one ringは作っちゃダメですよ~ しかもあれは普段は文字は見えなくて、
火にくべると文字が浮き上がるんですよね~
言語としては黒の言葉(オーク語)だけど文字はエルフの使っている文字
というトラップもあったりで、文字としては美しいけど発音すると忌々しいのです。

ルーン文字は私もちょっとかじってます^^
「ホビット」に出てくるトーリンが持っていた地図に書かれていたルーン文字の
解読やってみたら本当に英語であの通りになったのでテンション上がりました!

トールキンはエルフ語の発音や文法もかなり詳細に構築していましたが、
スタトレのクリンゴン語やバルカン語なんかもある程度は文法とか
設定がちゃんとされてると思います。関連エピソードがいくつかあったような。
といいつつ「カプラ!」「ストボコー」くらいしかわかんないけど(笑)

確かピカード艦長のシーズンで、初めて遭遇した種族の言語体系が難解で、
言葉に翻訳はできても常に比喩的な表現だけでコミュニケーションするので
直接的には意味を解さない文章ばかりで意思の疎通に苦労する、
みたいなエピソードがあって印象的でした。やはり言語は文化の中枢ですね。

ところで心理学は確かに興味深いですよね。
私は海外ドラマいろいろ見てますがクライムサスペンスに
かなり心理学が取り込まれていて面白いな~と楽しんでます。
私の場合は資格とか試験とかいうレベルではないので気楽ですが^^;

そういえば今日伊勢丹新宿から情報誌みたいなのが届いて、
その中にシビラのイベントは5/21から一週間と記載されていました。
DMが楽しみです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217288/55973851

この記事へのトラックバック一覧です: ラテン語が楽しくて:

« Sybilla ~COLOR ME HAPPY! | トップページ | 今度のシビラは格が違う?! »