フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

駆け込みシビラ

だぁぁ~なんだか忙しくなってしまって全然ブログ更新できませんでした。
「ホビット~竜に奪われた王国」などのトールキン関係とか、
ナザベルやチェルシーのこともいろいろあるんだけど、予定外のお仕事が
入ってしまって駆け込みまとめ買いの出費がかさむこの時期には非常に
ありがたいけど、最近では忘れてしまっていたこの「忙しい」感覚に慣れず
どうもうまくペース配分ができないままもう3月が終わってしまう。。。
とは言え、ちゃっかりシビラには最終チェックに行って駆け込み買いして
きちゃいましたので、とりあえずUPしますdash

 

真冬と初夏を行ったり来たりするような寒暖の差が年々激化するのを
今年も実感しつつ、その日はまさしく春!という感じだったので
ようやく1月購入したオパール加工の花柄ワンピのデビューとなり、
07年の伊勢丹限定スプリングコートと合わせたコーデがはまりました。

さて、前回購入したフラクタルバッグに何がどれくらい入るか
試したところ、最近よく見かける軽量コンパクトサイズの折り畳み傘
まで入ってしまうことが判明!でもある時雨に降られて100円ショップで
買ったものしかないので、こういうのシビラでも作ってくれないかなあ
な~んて思ってたら、なんと店頭に並んでいるではないですか!しかも、
「今日入荷したばかりですheart02」とのこと。とっても軽くて作りも良いし
配色も好きだったので即決しちゃいました。

Dscn3983

お色展開は他にピンク(?)系とグリーン系がありました。

このドット柄も単なる水玉模様ではなく、手描きの色ムラというか
水彩画のような風合いがシビラ独特のもので他にはちょっとないんですよね。

Dscn3984


広げるとこんな感じで、サイズ的には普通の折り畳み傘と変わりません。
昨日の雨で早速活躍しました^^

Dscn3988


しかもこれ、UVカット機能付き!夏のお出掛け用日傘として活躍しそうです。

 

 

さて店内をグルグル物色してどうしても気になってしょうがなかった
アートコレクションの水彩画ドレスのシリーズに襟付きワンピがある
じゃないですか!DM掲載のノースリーブタイプは着丈が短すぎて無理^^;
だけど、襟付きのほうは着丈が長めで試着したらもうピッタリで
あの水彩画のモチーフと大きめの襟、フレンチ袖、ウエストの布ベルト、
デザイン的には'50年代っぽい感じに全体的には洗練されたヨーロピアンな
洗練された雰囲気が漂って、お色味が自分には新鮮なのも相まって
すっかり魅了されてしまいました。

しかしもうひとつ気になるのがあって、前回見落としたのかたまたま
売り切れで店頭に出てなかったのか(たぶんそう)探していた「気軽に
着られる7分袖のニットワンピ」まさにそんな感じでしかも家で洗える!
だからかやはり人気のようでシビラ公式HPでも紹介されてますし、
店頭にはLサイズしかなくて、とりあえずそれで試着してまあたぶんMの
ほうがジャストでしょう、ということでお取り寄せしてもらいました。

 

Dscn3996


シンプルなAラインのワンピですが、例によって楽な着心地で美シルエット
という私の大好きなラインです。コットンとポリエステルの素材は
ちょっとホワッとするような肌触りでどこか麻が入っているかのような
サラッとシャリッとするような感覚もあり、気温差が激しいこの季節に
最適。ちょっと楕円気味の大小のドットのモチーフは画像だとハッキリ
しすぎて見えますが、実際にはもう少し優しい雰囲気です。

Dscn3997


この着丈とシルエットだと私の場合はパギンスとか合わせてチュニック
ワンピ仕様になりますが、昨シーズンの幾何学模様(通称 NEWダダ星人)
ワンピ
のような感じで大活躍しそうです。

 

というわけで、水彩画モチーフ襟付きワンピは保留にしましたが、
あの着丈は貴重だし襟付きワンピもなかなか出ないしとにかく
あの水彩画の雰囲気がね~ と頭の中でグルグルまわってます。
ああでも忙しくてシビラ行けないから悩んでもしょうがないわとか
5月のイベントもありますしね~ っていうか他にもいろいろと
駆け込みまとめ買いしてもうこれ以上無理だしほんとしばらく
おとなしくしてなきゃ。。。って反動がひどくならない程度にね。。。


 

 

 

 

 

2014年3月 8日 (土)

すでに先が思いやられるシビラ

いつまでも風が冷たくて、もう冬物しまいたいんだけどまだ
ちょっと無理よね~という日が続き、でもどうにかして春っぽい
感じでお出掛けしたいので、ウール花柄ワンピ受注会ツイードコート
それにファースヌードやらストールやらぐるぐる巻きで防寒しつつ
リフレッシュオープンした新宿伊勢丹シビラへ。

リフレッシュオープンというけれど、売り場が微妙に移動しただけ
という感じで、でも位置的に前よりはちょっと落ち着ける雰囲気かな~
やっぱり11月のイベントの時の"シビラの不思議な王国"みたいなのは
期待しないで正解でした^^;

さてまずは2月に逃がしたオーダーパンプスの敗者復活戦です!
私の足は変に細長い形のようで、同じサイズ表記でもデザインや
素材によって合ったり合わなかったりが激しいので心配でしたが、
24.5cmでほぼ大丈夫な感じでした。というのも、最初左足の親指が
当たって痛いと感じたのですが、右足のほうが大きいはずのなのに
どうして?と思いきや、左足のほうが小さい(細い)から踵から
前にズレて親指が本来の指先の位置より前にめり込んじゃってる
感じで(そこまで酷くはないけど)、だったら部分中敷きみたいの
入れて調節できるかもね、右足はピッタリだし。ということにして
いや~ やっぱいいわ~ コレ~ と結局ずっとそのまま他の服の試着も
それを履いたままで、いちいち全部に合うし、そんなしてるうちに
履き慣れるというか馴染んできちゃったので、もうこれは決定です。

革の質もかなり上質なものと思われました。なんか色の光沢というか
色の存在感が違うんですよね。そう、色でも迷いましたが、黒は
持ってるし、赤はちょっと合わせるものが限られてくるし、白や
ベージュ系を持っていないので、ベージュかなと思ったら、これは
どちらかというとグレージュのようなお色で、それだったらサンダルを
持ってるので、意外にもゴールドがシャンパンベージュのような
上品な輝きで、インソールも黒でカッコいいし、肌馴染みも良いので
ゴールドに決まり!実は24.5cmはライトグリーンしかなかったので
それを履いたままいろいろ試着してたのですが、これがまたこの日
試着したものに全部ハマってしまってちょっと心揺れました。
本当にどのお色もそれぞれ個性的で上品で素敵でした。
普段ほとんどパンプスを履かない私ですが、これはもう特別な機会の
ための靴、ここぞという時の隠しアイテム!という位置づけで
購入することにしました。とかいって意外と結構履いたりしてね。
とにかく受け取りが楽しみです♪

さて、店頭は春のワンピース祭りみたいなことになっていて、しかも
ノースリーブばかりでビックリ。(7分袖は一型しかなかったような)
気になっていたアンティークワンピはとっても繊細で素敵なのだけど
私にはなんだか似合わず、っていうか着丈短いし、やっぱり全体的に
着丈短いんですよねえ。。そんな中、こちらのコメントでも話題の
DM4番のダイヤ柄のワンピ。「ロングドレス」と書かれていただけ
あってこちらは着丈OKでした。しかも、素材の手触りや着心地が
とってもよくて、シルエットもシンプルなのにどうしてこんなに
美しく見えるようにできてるの?という感じで、特に後ろの腰から
ヒップにかけてが素晴らしい!しかしちょっと油断するとお腹の
ポッコリが隠せなさそうなのでいい具合に抑止力になりますな。
また手描きタッチのダイヤ柄がいろんな風に見えて、色合いの微妙な
ムラ感がちょっとテラコッタのような雰囲気で、洗練された
エキゾチックさみたいなのもあって、私はお色違いの赤系?を
試着したのですが、これがいろんな色のアイテムに合っちゃって大変。

でも配色ブロックワンピも待ってました!って感じですごく好きな
タイプでお色違いのブルー系もどっちもそれぞれ完璧でまさに
シビラカラーの代表という風格でかなり魅力的~ しかし例の問題
そう着丈が短いというのがネックで、やっぱりダイヤ柄のほうを
購入しちゃいました。

Dscn3968

 

トリアセテート主体の素材がとても肌触りと着心地良く、
シワも気にならないし微妙なフレア具合がツボ!

平置きするとこんな感じで前面は脇から胸元への切替が少しだけで
非常にシンプルな作りですが


 

Dscn3950

 

後ろは背中、ウエスト、腰、ヒップにかけてシビラ得意の
切替マジックが施されており、これが美しいシルエットを
形成してくれるのです。

Dscn3953

 


まあ着丈がピッタリなのは私にとって貴重なので、しょうがないか。。
。。。って、何がしょうがないのか深くは追究しないことにして、
あと気になっていたDM14番の立体ニットスカート。こちらも着丈が
さらにピッタリでウエストから腰にかけてのシュッとしたスリムライン
から風雅に広がるフレアが、ニットの素材感とボリューム感そして
動くたびに変化する立体感と相まってもう~たまらなく好きなツボ!

しかしウエストがゴムなんですよねぇ。そのほうが好きという方も
いらっしゃると思いますが、どうも私はダメなんですよねぇゴム。
あとこの素材だけあってお値段が^^; ダイヤ柄ワンピと同じなので
うーん、やっぱ同じ値段ならワンピを選んじゃうかなぁぁ。。って
いうわけじゃないけど、やっぱりダイヤ柄ワンピのほうがたくさん
着そうなのでこちらのスカートは一応あきらめました。が、これも
例によって未練ありあり。。。

っていうか、っていうかさぁ、今春私が欲しかったのはハーフ丈
くらいのコートというか気軽に着られるジャケットなんですけど~
ところが今春はいわゆるコート丈のスプリングコートばかりで
ハーフ丈はないしジャケットはニットか、スーツで合わせるタイプの
いわゆるジャケットしかなくて、うーんうーん、あっ何これ、この
オストリッチみたいな加工の合皮コート、これのハーフ丈があったら
即決だったのに!とか、前回もかなり気になった伊勢丹限定のピンクの
レザーパンチングジャケット、これやっぱいいよね~ これの着丈が
もうちょっとあって色が黒だったら即決だったのに!いや、でも
これはこのピンクがいいんだよね~ とかなんとかやってるうちに、
ん?何これ、おやおや?え?あ~ぁ、BLACKか。どうりで。。。

 

そう、完全に油断してました。このタイミングでのSYBILLA BLACK。
っていうか、BLACK=ドレスって決めつけてたんですね。ところが
今回は意表をついて羽織ものが登場。それがもう素材といいデザイン
といいシルエットといい佇まいといい、もう。もう、です。はい。
羽織ったら最後、もうシビラの魔法は解除できません。先ほどの
ダイヤ柄ワンピと合わせたのですが、それがまたツボでした。

 

Dscn3959_2


 

要するにこういうことです。はい。写真だと素材感がいまいち
伝わらないので歯がゆいのですが、実物をご覧になった方は
うなずいていらっしゃることと思います。ハンガーラックにかかっている
状態ですでにもうその存在感と高級感のオーラ全開で、手に取る
あるいは試着する方もたくさん見かけました。こちらもトリアセテート
主体の実にしなやかで優雅で軽い着心地の、もう羽織った瞬間に
「うぅわぁ~~~ カッコいい 美しい 素敵 素敵すぎますってば!」
って、これ何?コート?なんかもうワンピースっていうかドレスみたい。
出ましたね~ BLACKのドレスコートですよ。も~ぉ、たまりません。
特に襟から胸元、ウエストにかけてのこのドレープ!

Dscn3956


Dscn3961


Dscn3962


 

もちろんベルトなしでさらっと羽織ってもやっぱり素材がいいのと
襟のドレープが完璧だからサマになっちゃうんです。

Dscn3963

 

しかもこのベルト、後ろがこのようになっていて長さ調節可能なのです。

Dscn3957


 


さらに、これにDM7番のバッグの黒を合わせてみたら、もう、
心臓に命中というか、とどめを刺されました。撃沈です。
ほんとにあまりの完璧さに絶叫してしまいました。

Dscn3969


 

でもこれ、どうせ中身は小さくてたいして入らないんでしょう?
なんて開けてみたら、意外にもまあまあ入っちゃうんです。

Dscn3970


私はあまり荷物多くないのでこれならいけちゃうわ~しかも
黒いバッグずーっと探して待ってたしね。うん。などと自分を
納得させつつ、やっぱこのフラクタルみたいな模様というか
全体がこれっていうのがすごい。フラクタルバッグと命名です。

Dscn3973


 

また例によって写真だとイマイチなのですが、バッグの持ち手の
輪っかの部分に腕を通して持つと、バランスがすごく良くて
ドレスコートとバッグの素材感が引き立ち、見事に調和します。

Dscn3975


 


しかし実はピンクのパンチングレザージャケットとピンクのバッグ
の組み合わせもかなり気に入っていて、このダイヤ柄ワンピを
着たまま上着とバッグの組み合わせを変えてみたら、これはこれで
また旬のスタイルというかキュート&モードで全然違う雰囲気で
こっちもいいよね~ とかなり迷ったのですが、フラクタルバッグの
ほうが使う頻度が高いかな~と思い、やっぱコレ買うんだったら
あのBLACKのドレスコートも買わないとダメだよねえ などと
自ら墓穴を掘るようなこと言ったりして、スタッフさんに大ウケ。
ほんとはジャケットが欲しかったのに、また違う展開ですよ~。
そういえば昨秋も、サッと羽織れる軽いレザーかポリエステルかなんかの
ジャケットとか言ってたのに、全然違うマント風ストール&ケープ
なっちゃったし、なんだかなー。。。まあそこが面白いんだけど。

というわけで、この先も思いやられるシビラなのでした。
ノベルティーのタオルもGETです。

Dscn3980

 

 

 

 

 

 

2014年3月 3日 (月)

Sybilla Art Collection

先日新宿伊勢丹シビラのリフレッシュオープンと、オーダーパンプスの敗者復活戦に
挑んできましたが、やっぱり大苦戦というか波乱の展開に...
詳しくは今週中にUPしたいと思っていますが、そうこうしているうちに3月のDMが
届いちゃったのでそちらをとりあえずUPしつつちょっとご報告...

オーダーパンプスはやはりオーダー品だけあって革質が上質で高級感があり、
どのお色もそれぞれ素敵で何にでも合ってしまう感じでとっても迷いましたが、
ゴールドを選びました。ゴールドといってもギラギラしてるわけじゃなく
シャンパンベージュのような感じですごく上品でなかなかないお色味です。
迷ってる方にはついおススメしたくなるシビラの希少アイテムだと思います。

で、店頭には先月から気になっていたものや新作もたくさん入荷していて
こちらのアートコレクションのワンピもいくつかありました。

Img072

Img073

Img074

Img075

Img076

Img077


Img078


3つ目のブロック柄お色違いのブルー系もどちらもシビラらしい配色とタッチで
かなり魅力的でした。4つ目のアンティークワンピと5つ目のバッグは先月から
存在感放ってますね~。どれもまさしく "アート" って感じで本当に芸術品のよう。。。

 

 

そして通常の店頭展開はというと。。。

Img079


Img081


やっぱりお花モチーフが炸裂~ 春先に何気に活躍しそうなニットとかも続々と。。。
そしてこれだけではなかったのです。

 

 

Img082

そう、BLACKですよ。ここでSYBILLA BLACKがきちゃうんですよぉ~
でね、このDM以外にも数着あるんですわ。それがね、もうね、やばいんです。素敵すぎて。

しかも、伊勢丹限定の2WAYみたいなドレスも入ってくるんだって~

Img083

もう、刺繍とか炸裂しまくってますね。。。
なんなんでしょうかこの春のシビラの炸裂ぶりは。
ただでさえ4月の消費税引き上げ前にいろいろ買っておくもので大変だってのに
これにシビラが加わるともう。。。bomb

 

 

 


« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »