フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« Sybilla 2013 AUTUMN Collection | トップページ | 魔夏の終わりの黒猫 »

2013年8月23日 (金)

雷エイリアンの攻撃

「大気の状態が不安定」「局地的に大雨」「あちらこちらで雷雨」
とか何とかさんざん脅されながら結局降らないことが多いし
これまでうまい具合に雷雨に遭遇することなくやり過ていたので
今日もネットのピンポイント予報をチェックしつつ、
ギリギリ雨雲がかすめる感じだからまあ大丈夫でしょう
といつものように自転車で乗馬クラブへ。

念のため電車+送迎車で行ってもいいんだけど、
今日はナザベル用お酢(夏はりんご酢)をまとめ買いして
持って行かなきゃならないし、送迎で行くと馬装準備の
時間が少なくてバタバタするしいろいろ面倒なので
やっぱり準備運動も兼ねて自転車の気分。

しかし途中でお酢を買ったところで雨がポツリポツリ...
え~、今から戻って送迎で行くの面倒くさいよ~
まあこれくらいだったら大丈夫じゃない?と強行。
傘をさすほどでもない感じの雨。しかしクラブへ着いた途端に
急にザーッと降ってきた。あらら。こりゃダメだわ。。。

でもあっちのほう空明るいよね、と、とりあえず
ナザベルを出してきてブラシでお手入れ。まあ今日は
お酢届けてお手入れだけでもいいか。自転車でクラブ往復する
だけでも結構な運動になるからね。とかなんとか言ってるうちに
あれ?雨が止んで明るくなってきたよ。。。

じゃあせっかくだからやっぱ乗りますか。
と、馬装準備。鞍をつけて頭絡つけて、さあ下乗りを、
という時になって何やらまた怪しい雲行きになってきて
雷が鳴りだした。しかもその雷の音が異様な響きで、
宇宙人が攻撃してくるみたいな、ただならぬ気配。。。
いや、これマズイよ。この雷はヤバイでしょ。
おっと、光ったよ。いやいや、これはヤバイよ。
来るよ。これは来るよゲリラ雷雨。やばいやばい。
やめよう。やめやめ。

そうするうちにもだんだん雷と稲妻が頻繁になってきた。
ナザベルはこれから馬場に行くんでしょ?と思ってたら
鞍外して頭絡も取っちゃったもんだから、「???」と
きょとんと不思議そうな顔をしていたので「雷が怖いから
今日はもう終わり。」と言って厩舎へ連れて帰る。
もうお夕飯の時間なのでそのままご飯に夢中。

しばらく厩舎から雷見物。だんだん稲妻がハッキリと
見えるようになり、光ってから雷鳴までの時間が短くなってきた。
そして雨もだいぶ激しくなってきて、いや~これは乗るのやめて
正解だったわ~とか言ってるうちに本当に雷が激しくなってきて
稲妻が「あっ、あそこに落ちた!」と思ったらすぐに
「ガーン!」と激しい雷鳴がするようになってきた。
しかも数秒おきに、前の雷の余韻が残ってるうちに
次の激しい雷が落ちてくる感じでひっきりなしに。
ご飯に夢中の馬たちもいなないたりバタバタ騒ぐようになり、
さすがのナザベルも周囲を見回したりするようになった。

と、物凄い雷鳴と共に頭上の天上に近い部分が「バチバチッ」と
強力な静電気みたいな音と振動を発したので、一瞬「えっ?」
雷が落ちたのかと思うほどだったけど、近くに落ちた雷の影響で
帯電したようだ。ひえぇぇ。スタッフさんたちが慌てて
厩舎の扇風機など電気系統の電源を落とす。
気づくと雨が止んで妙に静かになっている。
その中、ひっきりなしに稲妻が光り鋭い雷鳴が不気味に響き渡る。
すごい衝撃と振動。すぐ近くでいくつも落ちている。
自然と身を屈めて低い姿勢になってしまう。動くのも躊躇してしまう。
でもここは安全なんだろうか?下手に動かないほうがいいのか?
そうするうちにも目の前の森に稲妻が光り轟音。
まるで雷を自在に操るエイリアンの攻撃で、完全に包囲されて
狙い撃ちされているような、身の危険を感じる恐怖だった。

そしてようやく雷が少し遠のいていくのを察知し、
いやでもあのへんの黒い雲が気になるなあと思っていたら
今度はもんのすごい雨。猛烈な雨。雨っていうか何これ。
滝ですか。あっという間に周りが真っ白になって
数メートル先も見えやしない。馬場は沼に。通路は川に。
ひゃああ~。もう呆気にとられて言葉を失うってこのこと。
おそらくこれまで体験した中で一番凄かった。
今まで自宅から高みの見物ばかりだったので、この地面に近い、
しかも開けた場所での臨場感は真に危機迫るものがある。

しかしこれちょっと帰れるのかな。。と本当に心配になってきた頃
雨もおさまってきて、雷もだいぶ遠のいた。空が明るくなって
みるみるうちに雨が小降りに。恐怖の雷攻撃から1時間弱。
ナザベルはまだご飯を食べていた。

 


 


 


 


 

« Sybilla 2013 AUTUMN Collection | トップページ | 魔夏の終わりの黒猫 »

コメント

ビデオかせめて写真をみたかったなー。特にナザベルのきょとん顔みたいなものを。今度はよろしくお願いします。

何しろ自転車なものですからね~毎回(特に雨が降りそうなときは)カメラとか持参するって感じでもないんですよね~。で、持ってないときに限ってこういうことが起きたり、あと乗馬のほうもやたら上手くいったりしてね~。まあ、たまたま撮れたらラッキー☆くらいな感じで今後に期待。っていうかもうあんな雷体験はしたくないcoldsweats02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217288/53005496

この記事へのトラックバック一覧です: 雷エイリアンの攻撃:

« Sybilla 2013 AUTUMN Collection | トップページ | 魔夏の終わりの黒猫 »