フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月 7日 (日)

'13シビラ秋冬受注会(ご予約会)その他いろいろレポート

今年もやってきました。
梅雨明けと共にいきなりの猛暑そしてその中の受注会。。。
私は梅雨明け直前に行ってきたのですがそれでもかなり蒸し暑くて
しかも通常の店頭スペースで新作商品などと一緒の展示だったために、
つい夏物に目が行ってしまっていまいち集中できないというか
いつものように別室(通称「受注会部屋」)のキンキンに冷え
かつ厳かな雰囲気で秋冬のイメージが炸裂!とはいかず。。。
しかし!
DMに掲載されていない商品でかなり素敵なアイテムがたくさん。
まず総刺繍ダウンコート。シビラらしいお花のモチーフがエレガントで
刺繍糸もモヘヤのようなフワフワした感じが個性的かつ豪華。
黒地に白の刺繍と白地にグリーンの刺繍という2色展開。さらにロングと
ショートの2パターン。ロングのほうは昨シーズン私がGETした総刺繍
コクーンダウンコート
にシルエットが少し似ていて、もう少し柔らかく
エレガントな印象で素材はさらに軽い感じです。ショートのほうは
後ろのほうが少し長くなっている独特のシルエットがとてもキュートで
かなり心惹かれました。どちらもシビラらしいダウンで素敵でした。

そして圧倒的だったのがシャギーのような毛足長めのノーカラーコート。
グレーから黒のグラデーションとグリーン系のグラデーションの2色
どちらもすごく素敵で、高級感と存在感がもうパリコレとかミラノとか
そんな雰囲気で別格な感じでした。同素材のワンピースも溜息もの。

それからカシミアのセーターやカーディガンも受注会ならではの
素材感の良質さが際立っていて、お色や手触りの良さは格別です。
発色の美しいパープルが印象的でした。シンプルなだけに素材の
良さが光っている感じ。ニットチュニックも可愛らしかったです。

そして一番気になっていたDM上段右のワンピ
この腰のあたりの謎の素材感は、起毛&カールしているような感じで
この素材と色のグラデーションそして全体のコクーンシルエットとの
バランスが見事。試着したら「えっ、こんな?!」とビックリです。
かなりツボだったので「うわ~heart02」と一瞬テンションが急上昇したけど
余韻に浸る間もなく「暑い^^;」そして夏物が目に入り、、、sweat01
ここでいつもの受注会部屋だとニットとかコートとか合わせて秋冬の
イメージが高まって「これはもう。。bomb」という流れになるのですが
どうもやはりショップスペースの雰囲気が好きになれないのもあり
注文までテンションが上がりきらず今回は鑑賞だけでパスしました。
でももし受注会部屋だったらかなり危なかったと思います。だから
今回はこういう形で助かったとも言えるわなどと変な納得の仕方をしつつ
やっぱこれから暑くなるんだからさぁ~~~と、新作のチェック。

草木染めシリーズの素材感と微妙なお色の魅力は、これは実物を実際に
見て手に取ってみないと、なかなか写真だけでは伝えるのが難しいですね。
あの素材だからのシルエット、そしてなんとも言えない淡い色合い。。
私は薄いラベンダーのようなお色のノースリーブのほうにheart01でしたが
いやーだからワンピはもういいんだってば。もっと気軽に着られる感じの
チュニックとかカットソーとかのほうがね~と、PLAYAを物色。

DM左の配色ボーダーはかなり好きなタイプで最初はやっぱコレかな~
とか思いつつ、ちょっと素材感と配色の感じが違うもうひとつのタイプで
フレンチ袖、ウエストが絞ってあるチュニック丈で手洗い可!試着したら
ほとんど即決な感じで気に入ってしまい、お色は最近ブルーとか寒色系
ばかりだったので暖色系にしてみました。


Dscn3349


この配色やシルエットもかなり好きなのですが、一番気に入ったのは
素材です。麻混のコットンでとにかく肌触りと着心地が抜群で、これなら
猛暑&酷暑に対抗できると確信が持てました。もうひとつのブルー系の
配色のほうも素敵で今までだったらそちらを選んだかもしれませんが、
受注会ニットワンピと似た感じになっちゃうし、今回はこちらの暖色系で
決まりです。暖色とはいえグリーンやライトブルーなども入っているところが
とてもシビラらしくて気に入っています。

試着の際に一緒に合わせたやはり麻混のパンツも良かったのですが
手持ちの白いパンツがあるので保留しました。でも素材的に真夏でも
涼しそうだったのでちょっとまだ後ろ髪ひかれてます。だいぶ。


そして一番欲しいと思っていたカーディガン。昨シーズン購入した
冷感素材5分袖ブラウスがループキャミやノースリーブワンピなどの
羽織ものとして大活躍し、今年はロング丈の羽織ものが欲しいなと
思っており、DM左のカーディガンがイメージに近かったのですが、
同素材でもう一つのポケット付きロングタイプを一緒に試着したら
これぞジャスト!かなり完璧といってもいいコーディネイトになり
一気にテンションUP!こちらも素材感がサラサラで最高。さらにこの
ルーズなようでいてちゃんと裾が絞り気味になっていたり、ラグラン&
ドルマンのような肩から袖にかけてのゆったりシルエットから袖は
キュッと細くなっているあたりはさすがシビラの黄金バランス応用編と
言った感じで、さらに脇のあたりに余裕がある作りに夏の羽織ものとして
実用性の高さを実感しました。

Dscn3351

この商品も写真だと「とってもシンプルな薄いカーデ」という印象ですが
実物を試着すると驚きの変身を遂げるのです。かなりおススメです。
お色は他にピンク系とブルー系がありました。

Dscn3350


Dscn3355

またDM下段の初秋モードのお花モチーフのワンピなどもクラシカル
というかアンティークな雰囲気で素敵でした。しかしこの辺で時間的にも
体力的にもリミットが来てしまったので今回はチュニックとロングカーデの
購入で退散です。個人的には「奇跡の受注会スルー!」とか言って
妙な達成感を抱いたりしてますが、夏が猛暑だと秋冬物への反動が大きいし
「今年は受注会受け取りないから」とか変な余裕をかまさないように今から
気をつけなきゃと思ったりしますが、暑さでそんなの忘れてしまうことで
ありましょう。ああぁ遂に今年も猛酷暑がやってきた。。。

 


 

 


 

 


« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »