フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 呪文の効かないシビラ | トップページ | 2013 Sybilla PLAYA & SUMMER COLLECTION »

2013年6月 4日 (火)

ほったらかし駈足

最近のナザベルは「ほんとお兄さんになったよね~」と
言われることが多いし私も実感することが多々。

まず何より暴走が減った。

以前はスタッフさんの下乗りのときに
ぶっちぎりで「ひえ~~~coldsweats02状態で
それがどうにかおさまったところで騎乗しつつ
でもやっぱり気分が盛り上がっちゃったり
何かをきっかけに暴走&爆走&跳ねて落馬shock
というパターンだったのだが、
最近は下乗りのときのぶっちぎりの時間が短縮され
おさまるのが早くなったし、私が騎乗してからも
そんなに以前のようにブリブリに張り切って
怪しい雰囲気で恐る恐る乗るということがなくなった。

まあ、なるべく混んでいるときを避けて乗ってる
っていうのもあるけどsweat01
でも、それなりにちょっと混んでる馬場でも
以前よりは集中できるようになって
だいぶ周りに左右されなくなった。
(しかし油断して気を抜くと最近は後ろから他の馬が
近づいてくると急に止まるという悪癖が発覚sweat02

そして先日すごく実感したのが、レッスン中盤で他の馬が
駆足をしているときに、馬場中央でじっとして待っていられる!
以前(特に子供の頃)はとにかくじっとしていられなくて
頭は振るわ前掻きは激しいわ何やらで、ナザベルだけは
いつも中央で並足して待っていたのだが、なんとまあ今や
おとなしくじっとしているではないですか。

てな具合に成長を実感しつつ、先日もそれなりの頭数が
馬場に出ており、初心者さんを乗っけたウォッシャーという子が
すぐ止まってなかなか発進しないということを繰り返していたら
オーナーのH氏が長鞭を持って馬場に入ってきたので
あ、これは気合いを入れるからさっさと通り過ぎてしまおう、と
内側から抜かしてやり過ごしたと思ったらちょうどそのときに
H氏がバチン!と鞭で気合いを入れたらしくナザベルが
いきなりバコン!と跳ねて「えーっ、そんな~うわーダメだ落ちる」
と思ったらどういうわけかうまいことスタッと鞍の上に戻って座れた
けどそのままナザベルは暴走気味に走り出しのでうりゃと起こして
どうにか半周くらいで止めて「ナザベルじゃないのよ怒られたのは。」
と話しかけて落ち着かせ、ちょっとしてまたすぐ軽速歩を始めたら
以前だったら数周は怪しい感じで怖かったのに、数歩でハミとって
丸まってくるではありませんか!

と、感動しつついやしかしさっきは危なかった、というかもう
ダメだと思ったんだけどね。なんか踏ん張れたんだよね。
バッチリ目撃したO会員さんに「いや~やっぱりナザベルは
迫力ありますねえ。結構高く飛んでましたよ(笑)」と言われて
うわやっぱ跳ねてたのねbearingと青ざめたのだが同時に
なんか知らんけど踏ん張れたのが不思議だけど嬉しい!

というわけでやっぱ油断ならんのですがsweat02

でもその後の落ち着きようが素晴らしくて、以前はそういうことが
あった後の駆足はおっかなかったんだけど、すぐに集中力が
戻って落ち着いてくれたので駆足も積極的にできた。

というか、目下の問題は駆足。ナザベルの左後ろ足の
調子がまだ万全ではないので左手前はやらずに右手前だけ
なんだけどなんか正解ではないバランスで乗ってる感じが
ずーっとしていて、すぐ反対姿勢になっちゃうし、それを
修正しようとすると余計にこっちのバランスが崩れて
上半身と下半身がバラバラになっちゃうし。。。というか
まず前に出してトモを踏み込ませなければならんのに
パワーにもっていかれて前に出せないというのが元凶。
頭でわかっていても体が勇気を持てないというか。。。
とかなんとか言ってないでとにかくやるんだ!と最近は
前に出すことを第一目標に駆足コンプレックスに挑んでいる
つもりなのだが、今回はH氏が「はいナザベルは駆足!」と
指示を出してそのままずーっとほったらかしにされcoldsweats01
でもラッキーなことに馬場には私だけだったので
周りを気にすることなく前に出してみたり輪乗りを入れたり
いろいろ試すことができた。こういうほったらかし駆足ならいいね~
しかしさすがにだんだん疲れてきてすぐ軽速歩に落ちたり
輪乗りのときに思いっきり体重が外側に振られてしまったり
うーんやっぱ駆足難しいdespair

ところでまだ肌寒い日があったあれは5月上旬くらいのこと
いつものようにナザベルが着ていたフリース馬着を脱がせ
いつものように無口をつけようとナザベルの顔に触れた途端
バチッimpactとものすごい静電気ショックが起こってしまい
私もナザベルもビックリ&痛いweep ナザベルはかなり
ショックなようで「なんでこんな痛いことするんだよぉ!」みたいな
目つきで私を見るので「ごめんごめん。わざとじゃないのよ。」と
冬からこの静電気問題に悩まされつつ気をつけてたのに
最近では久々にこういうショックが起こったので、もうすっかり
ナザベルは警戒してしまって、もう一度無口をつけようと
近づくと嫌がって顔をよけてしまう。がーん。

まあでもそりゃそうだよなぁ。と、ゆっくりそっと近づいて
「もう痛くしないよ。さっきのはね、わざとじゃなくてお洋服を
いじったせいでなっちゃったの。ほら、ね、大丈夫でしょ?」
と話しかけながらそっと手をナザベルの顔につけると、
もう静電気はどこかにいっちゃって今度は大丈夫。ほっ。
ナザベルも「ああ、な~んだ。」と納得の様子。ただここで
また急に無口を出すのは早いかなと思って、しばらく
手でナザベルの顔を撫でるというのを繰り返してから
話しかけながら無口を出したらなんと!自分から顔を
無口のほうに近づけていったではないですか。

これもちょっと感動しましたね。これ以来、以前よりも
意識的に話しかけるようにしています。そしてなんとなく
この出来事以来ナザベルと気持ちが通じてるような、
なんとなくナザベルの気持ちがわかるようになった気がします。
考えてみれば、チェルシーのほうが2年後に出会ったけど
家にいるので一緒にいる時間も長くて話しかける機会も多いわけで
ナザベルは乗馬クラブにいる時間だけだからね。
もっと濃密にコミュニケーションを取らないとね。

でも駆足のときはそんな余裕ないんだよなぁgawk


 


 

 

 


 

 

 


 


« 呪文の効かないシビラ | トップページ | 2013 Sybilla PLAYA & SUMMER COLLECTION »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217288/51907328

この記事へのトラックバック一覧です: ほったらかし駈足:

« 呪文の効かないシビラ | トップページ | 2013 Sybilla PLAYA & SUMMER COLLECTION »