フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« まさかのハリウッドキャストで妄想する「シルマリルの物語」その3~ゴンドリン関連 | トップページ | 華麗なるキャストで妄想する「シルマリルの物語」その5~ドリアス関連 »

2013年6月13日 (木)

華麗なるキャストで妄想する「シルマリルの物語」その4~麗しのフィナルフィン家

その1~フェアノール家
http://astromedia.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-1ae4.html
その2~フィンゴルフィン家
http://astromedia.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-8178.html
その3~ゴンドリン関連
http://astromedia.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/3-38e4.html
の続きです。
 

フィンロド ・・・ ジュード・ロウ
オロドレス ・・・ ベネディクト・カンバーバッチ
フィンドゥイラス ・・・ ナタリー・ポートマン
アングロド ・・・ マット・ボマー
アイグノール ・・・ トビー・マグワイア
ガラドリエル ・・・ シャーリーズ・セロン
 

フィナルフィンとその子孫だけがノルドールの中で金髪だった
というところがキモ。そもそもフェアノールの母ミーリエルが早死にしちゃって
フィンウェが2番目の妻に金髪ヴァンヤール族のインディスを迎えるところから
様々なドラマが展開されていくわけですが、じゃあフェアノールの母ミーリエルは?
というと「300(スリーハンドレッド)」でレオニダス王を支える気丈な妻を、
「ターミネーター・サラコナー・クロニクルズ」(TVシリーズ)で
ジョン・コナーの強すぎる母を演じたレナ・ヘディじゃないですかねえ。
この人「ブラザースグリム」の時から独特な雰囲気出してましたよね。
黒髪だし芯の強さや内に秘めた情熱とか、イメージぴったりですし
フェアノールを産むことで自分のすべてを使い果たして死んじゃう
ところとか、サラ・コナーに重なる部分もあったりして。
別れを告げて横たわるレナ・ヘディ(ミーリエル)の傍らで悲嘆に暮れ、
至福の国ヴァリノールでただ一人喜びを奪われたショーン・コネリー(フィンウェ)。

2番目の妻インディスは「ミーリエルとはすべての点で似ていなかった」ので
最初はとにかく綺麗でどっちかっていうとお人形さんみたいなタイプかな?
なんて思ってたんですが、いやいやフィンゴルフィンやフィンロド、ガラドリエル
なんかのことを考えるとやっぱり強い何かを持っていたはず。で、ああそうだ!
この人がいた!ユマ・サーマンです。

金髪で背が高いっていうのもハマりますね。「キル・ビル」じゃなくて
「ガタカ」のイメージですけど。私としては「パーシー・ジャクソンと
オリンポスの神々」でМおばさんことメデゥーサで登場したときは
興奮しましたけど、あくまで「ガタカ」のイメージで。あと意外なことに
1998年の「アベンジャーズ」(最近のマーヴェルのやつじゃなくて、
近未来SFとイギリスのスパイものが融合したような妙~な映画)で
ショーン・コネリーと共演していて、美しく気品があり洞察力に長け
しなやかで強靭な女性を演じています。また「宮廷料理人ヴァテール」では
貴族としての優雅さや気高さも放っているので、イメージぴったりです。

こうなってくるとフィンウェと共に最初にヴァリノールにやってきた
ヴァンヤールの上級王イングェも気になるのですが、リーアム・ニーソン
かな~。。。まあ脱線はこれくらいにしてフィナルフィンさんちにいこう。

で、そのフィナルフィンですが、中つ国には戻らなかったんですよね~。
途中で嫌になって。。。なのであまり登場しないのですが、ヴァリノールで
フェアノールとフィンゴルフィンの諍いが激しくなると「まあまあ。。」と
間に入ってなだめたり、なんか優しくて繊細な感じするんです。
で、なんとなくリチャード・ギアの顔を浮かぶのですがさすがに年齢的に合わない。。
そこでいろいろ妄想したところ、TVシリーズ「メンタリスト」で大ブレイクの
サイモン・ベイカーがヴィジュアル的にも雰囲気的にも年齢的にも合ってるんだけど、
ただ息子たちの気質を考えると、ノルドールの戦士としての雄志さがどうしても
足りないというかそういう方向の人じゃないかな~という気もする。。。
そこでTVシリーズの「クルーソー」で主演、「キャメロット」 「フリンジ」にも
出演していたフィリップ・ウィンチェスターなんてどうでしょう。
基本優しいけどやるときはやるよ!っていう勇ましさもあるし。迷うところですが。。

フィンゴルフィンさんちが濃い~系なら、フィナルフィンさんちは
ひと言でいって美形です。エルフの中でも特に美形で繊細であったと思われます。
そして特に長男のフィンロドはエルフの中で人間(エダイン)を最初に発見して
友となり、エダインはフィンロドを神々(ヴァラール)の一人と思ったくらい
智慧と美で光り輝いていた。。。ここでジュード・ロウの出番です!
(エルフの長髪カツラつけるから髪の毛のほうは大丈夫です。)

ここで偶然=必然に「シャーロック・ホームズ」シリーズでのシャーロック・
ホームズ:ロバート・ダウニーJr(トゥアゴン)とワトソン博士:ジュード・ロウ
(フィンロド)の名コンビが復活! 2人が一緒にシリオン川沿いを旅して、
ゴンドリンとナルゴスロンドというノルドールの重要な拠点を築くに至る
ウルモのお告げをそれぞれの夢に見るというエピソードとか想像しやすいです。

また第四の合戦ダゴール・ブラゴルラッハで命を救われたバラヒアとの約束を
果たそうという律儀さゆえに、結果的にベレンの身代わりに死んでしまう
そういう悲運なところもこの人には似合ってるかも。。。

さてそのようにベレンと共に死に行くような絶望的な使命を果たすべく
ナルゴスロンドを後にしたフィンロドの王位を継承した弟のオロドレス。
しかし当時ナルゴスロンドではケレゴルムとクルフィンが権力をふるっていて、
王とは名ばかりで事実上は乗っ取られてしまう。ちょっと情けないというか
優しすぎるんでしょうねきっと。この人のイメージはなかなか難しいのですが
生きてたらヒース・レジャー。「ブラザーズグリム」でのあのダメダメな弟、
応援したくなります。どうせ妄想だからヒース・レジャーでもいいのですが
現役の俳優さんでと考えてみたところ、BBC製作のTVドラマシリーズ
「シャーロック」主演のベネディクト・カンバーバッチが浮上。
この人実際は金髪だし長身だし、雰囲気的にもピッタリな感じ。
「つぐない」「ブーリン家の姉妹」でも独特の存在感を放っています。

そしてこのオロドレスの娘フィンドゥイラスはまさに悲劇のヒロインのイメージ。
とくれば、ナタリー・ポートマンです。この人は笑顔よりも悲しみと苦悩に
歪んだ姿のほうが魅力が光ると思うんですよね。「エピソード3」のあの
可哀想すぎる顛末といい「ブーリン家の姉妹」の処刑台に向かうシーンとか
この人に悲劇のヒロインやらせたら右に出るものはいないと思うのです。

ただフィンドゥイラスもまばゆいばかりの金髪なので黒髪のナタリー・ポートマン
だと無理があるかもしれませんが、まあそこはエルフ長髪カツラでね。。。
ここでフィンドゥイラスに関わってくる重要人物グウィンドールについて少しだけ。。
(後でトーゥーリン関係のところでたっぷりと)

第五の合戦ニアナイス・アルノイディアドでアングバンドに捕えられ、拷問により
誇り高き勇士の見る影もなく変わり果てた姿でナルゴスロンドに戻ってきた
フィンドゥイラスのかつての恋人グウィンドール...不遇による哀しみとくれば
イーサン・ホークです。「ガタカ」「ヒマラヤ杉に降る雪」「ハムレット」
「デイブレイカー」など、いずれも不遇による不利な状況と心の闇を抱えながらも
自分の道を見出して行く姿がこの人独特の魅力だと思うのですが、グウィンドールの
切なさも見事に表現してくれそう。もう戦うことのできない身となってしまった
自分はフィンドゥイラスには相応しくないとわかっていても、彼女への愛を止める
ことはできずに苦悩し、その愛ゆえにトゥーリンとの関係にも苦しむ。

そんなイーサン・ホーク(グウィンドール)の愛と、叶うことのないトゥーリンへの
愛の狭間で苦悩し絶望するナタリー・ポートマン(フィンドゥイラス)の姿なんか
もうたまらないです。輝きが失われていく様なんか見ごたえあるだろうな。。。
しかも最後もやっぱりかなり可哀想な死に方。。。

さて、美形で繊細だけど、父フィナルフィンと別れてしまうことになっても
中つ国に行くことを選んだ彼らは、フィンゴルフィンの息子たちと
仲が良かったということもあるけど、やはり強固な意志や情熱また野心も
持っていたと思われます。特に中つ国で自分の統治する王国を夢見たのが
末の妹ガラドリエルです。

ガラドリエルはすでにケイト・ブランシェットのイメージが固定されていますが
私としては「ロード・オブ・ザ・リング」公開当初から「うーんなんか違うと
思うんだけどー」とモヤモヤしていました。(ケイト・ブランシェットがどうこう
っていうことではなく、あくまでイメージの問題なので誤解のなきよう。あと
この際言っちゃうと、ケレボルンも違うと思う。かなり違うと思う。。。)
でもじゃあ誰?というと当時は思いつかなかったんだけど、今なら声を大にして
叫びますよ。シャーリーズ・セロンでしょ絶対!

金髪で長身、美しさ、優雅さ、誇り高さ、雄々しさ、佇まい、もうどれをとっても
まさにガラドリエルです。とにかくこの人は本当に美しい。ぶっちゃけ私の一番
好きな女優さんなのでえこひいきしまくりかもしれませんけど、ほんと綺麗です。
「モンスター」はさておき、「スタンドアップ」「告発のとき」なんかでは役柄
ほとんどノーメイクに近いのに、美しいのですやはり基がね。「ノイズ」とか
「イーオン・フラックス」みたいなSFにも出てますが、歴史大河ものの出演がない
のが意外。でも「スノーホワイト」の悪い女王様は圧巻。白雪姫よりぜ~んぜん
美しいし圧倒的な存在感で、私なら女王様についていってしまう。人は美しいものに
弱いというか、崇めたくなるんですねえ。って私だけかなぁ^^;

と、脱線がキリないのでこのくらいにして。。。とにかくドリアスでメリアンと
心の探り合いをする会話とか生唾ものでしょう。自分たちノルドールは、
フェアノールの誓いとマンドスの呪いによってヴァリノールを追放され
中つ国にやってきたということを隠しつつそれ以外のことを事実として話す
なんてことは(しかもマイアのメリアンに)賢いうえに策略家でなきゃできません。

結果的にフィナルフィン家では彼女だけが生き残り、第二紀、第三紀へと
エルフ文化を継承し保持していくのですが、そのような永続性、普遍性を象徴する
美しく強い女性としてのイメージもピッタリだと思います。

さてアングロドとアイグノールに関してはエピソード的には少ないので
イメージするのが難しいのですが、金髪で美形となるとだいぶ限られてきます。
なかなか思いつかなかったのですが、TVシリーズ「ホワイトカラー」主演で
「タイム」にも出演したマット・ボマー、「スパイダーマン」シリーズでお馴染みの
トビー・マグワイアなんてどうでしょう。

シンゴル王にアルクアロンデでのテレリ族殺害について問い詰められた時に、
ジュード・ロウ(フィンロド)はフェアノールの息子たちとフィンゴルフィン
たちを裏切ることになるから黙秘してたんだけど、以前アーロン・エッカート
(カランシア)に罵声を浴びせられたことのあるマット・ボマー(アングロド)は
なんであんな奴と一緒に責められなきゃならないんだよー!ともう耐えられなくて
シンゴルに全部暴露しちゃうとか、その繊細さが裏目に出るあたり合ってるかも。

というわけで麗しのフィナルフィン家は悲運の家系というか。。。
唯一の女性で唯一行き残ったガラドリエルが実は一番強かった、みたいな。

次回はノルドール以外の主にドリアスのエルフや関連したエダインについて。


 

 


 

 

 

 

 

 


« まさかのハリウッドキャストで妄想する「シルマリルの物語」その3~ゴンドリン関連 | トップページ | 華麗なるキャストで妄想する「シルマリルの物語」その5~ドリアス関連 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217288/52025426

この記事へのトラックバック一覧です: 華麗なるキャストで妄想する「シルマリルの物語」その4~麗しのフィナルフィン家:

« まさかのハリウッドキャストで妄想する「シルマリルの物語」その3~ゴンドリン関連 | トップページ | 華麗なるキャストで妄想する「シルマリルの物語」その5~ドリアス関連 »