フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« ITOKIN MUSEE trippin' ~ Sybilla Summer Collection | トップページ | 馬の歯医者さんと基本確認乗馬 »

2013年4月 7日 (日)

トールキン・コレクション

映画「ロードオブザリング」をきっかけに
原作読破に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが
当初はその壮大な世界観と登場人物の多さに圧倒されてしまい
何から読んでいいやらわからず...と試行錯誤の結果、
そこでまずは自分が好きな時代や人物にフォーカスして
読み集めていくことにしました。

そうするうちに、気づいたらシビラと同じように
結構なトールキンコレクションができておりました。
今回それらを整理して左メニューサイドバーにUPしました。
http://astromedia.cocolog-nifty.com/photos/tolkien/index.html

トールキン世界の時間軸として、古い時代順にいうと、
第一紀「The Silmarillion(シルマリルの物語)」
第二紀 ヌメノールの盛衰、さらにゴンドールの盛衰など
第三紀「The Hobbit(ホビットの冒険)」、さらに
「The Lord of the Rings(指輪物語)」となっていますが、
いずれの時代もサイドストーリーというか
いろいろな人物を主人公とするエピソードが書かれていて
すべてを網羅するのは困難極まりないと、わかってきました。

しかし同時に、読めば読むほど、その世界に浸れば浸るほど、
奥深さ、素晴らしさ、普遍性と独創性に感動し、
飽きるどころかどんどん深みにはまっていく
決して一時的なブームで終わることのない本物の魅力に
その探索に一生をかける価値があると思えるほどです。

私のコレクションでは第一紀から第三紀までの
代表的な作品を一応網羅していますので、
これからトールキン世界に挑戦する方の参考になれば幸いです。

トールキン コレクションを見る

 


 

 

 

 

« ITOKIN MUSEE trippin' ~ Sybilla Summer Collection | トップページ | 馬の歯医者さんと基本確認乗馬 »

コメント

早速こちらにも参りました(^^)
でも、悲しいかな~~~、ちっとも読めていないのでした。
先にしなくちゃならないことが、あって。。。
読み始めたら、他に手が行かないくらい、ハマってしまいそうで。
心揺るがしながら、堪えているところです(TT)

関係ないのですが、この春休み中は、トールキンではなく!
DS9を、子どもと一緒に毎日1話か2話ずつ、観ました。
astromediaさん仰っていたとおり、本当に幅広い話題ばかり、すごいストーリーです。
面白くて、毎日が楽しみでした。春休みが終わってしまったので、また
週末ごとの上映会?になりそうですが、まだまだ楽しめそうなのが幸せです。

なんとなく嫌いだったフェレンギだったのが、いつのまにかクワーク大好きに
なってしまってます。いやだわ、今日は妙にいい男に見えるわ~とか(爆)

って、ごめんなさい、別話題にしちゃって。
また伺いますね(^^)

長い深い話なのでじっくり攻めてください^^
私は今「The children of Hurin」を読みながら
映画「ホビット」にちょっと出てきたスマウグの祖であるドラゴン
グラウルングの姿や声を妄想してます。

DS9を毎日!の春休み素晴らしいshine
フェレンギもカーデシアも他のシリーズにはない
意外な一面を見せてくれるのがDS9の魅力のひとつでもありますよね。
クワーク大好きって爆笑ですが、わかります。
なんか憎めないですよね~おちゃめなところもあるし。
オドーと珍道中みたいなエピソードも笑えると同時に
深いメッセージを感じました。と、ネタバレになると
楽しみが薄れてしまうのでこのへんで...sweat01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217288/51130643

この記事へのトラックバック一覧です: トールキン・コレクション :

« ITOKIN MUSEE trippin' ~ Sybilla Summer Collection | トップページ | 馬の歯医者さんと基本確認乗馬 »