フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月20日 (水)

これがあるから乗馬はやめられない

以前はものすごく頑張ってヒイヒイ言ってようやくどうにか
馬が丸まり始めるくらいのとこまで持っていけるくらいだったのが
このところ毎回レッスンの前半に丸められるようになってきた。

先日すごい強風で寒かった日、最初はどうもハミにつっかかって
丸まりそうになるけどすぐはずれちゃうみたいな感じがあって
う~ん、じゃあ歩度をつめたりのばしたりしてみようかなと
やり始めたところで別の馬が駈足になったので
こちらは馬場中央で並足に。

その並足でなるべくハミをとらせるように動かしてみるけど
できてるんだかなんだかよくわからない。けどそういう意識で
何週かやってみる。そのうち別の馬の駈足が終わったので
再び軽速足。

すると、何歩か出てナザベルの頭が下がった!「おや?
これはもしや...」と思ったらすぐにハミを取り出した。おお!
チャンス!とばかりにすかさずそれを外さないように持って
さらに脚で推進。するとどんどん丸まっていく。

ええ~、すごい。なんか知らんけど自然に丸まった!
このいい状態をキープしつつさらにいい状態へ持っていく。
外方手綱で馬の肩を内に入れ、内方脚で推進。
馬はまっすぐなんだけど、四本の足が輪線上にある状態。
こうなってくると、いわゆる Self Carriage効果で
馬が自発的にハミとりながらどんどん前へ出てくれるので、
もうこっち(乗っているほう)は鞍の上でバランスとってりゃいいだけ。
楽しくて気持ち良くて、このうえなき至福の人馬一体感!

しかも、初めて自分だけでこの状態に持っていけた。
これまでは自分だけではいまいちうまく馬をまとめきれず、
やはり誰かしかに指示を出してもらわないと
丸めるところまではいけなかったのだが、
今回たまたまインストラクターさん達が他の方々への
指示に集中し、私はフリーの状態が続いていて、
たまたまだったかもしれないけど、先述のように並足で
ハミを意識させて軽速足を再開したら自然にナザベルが
頭を下げてハミをとりだしたのだ。

そしてレッスンの前半でこんないい状態になったので
ちょっと低迷していた駈足もなんとスムーズなことよ。
速足からの駈足発進もあざやかに、
苦手の左手前で輪乗りとテイセキと交互にできちゃうくらい。
もう、ナザベル最高!
これがあるから乗馬はやめられんのよね~

で、それ以来レッスンの前半で丸められるようになり
ハミはずれても戻し方もだいぶコツをつかめ、
今日もハミはずさないで三湾曲や巻き乗りなど
もうかなり感動的にいい感じ!

しかし、駈足の途中でつまづいたかズッコケたかで
あわや人馬転! 一瞬もうダメかと思ったけど
ナザベルがぐっとこらえて膝ちょっとついただけで
すぐ起き上がってくれたので、どうにか大丈夫でしたsweat02

う~ん。もともとつまづきやすかったんだけど
どうも最近それが多くて気になってきてるんだよねー。
コケすぎでしょう、って。なんでかなー。

というわけで、今後の課題はもう何はともあれ駈足。
まだナザベルの駈足パワーに負けて前に持っていかれちゃってる。
軽速足、速足ではちゃんと座れてバランスを後ろに戻せる
ようになったけど、駈足でもそれができるようにならねば。
そうすればつまづくのも減らせるようになるかもしれないし。
これまで何度か駈足で体験した「ケンタウロスになったかの如き」
奇跡のような人馬一体感、あの騎座のハマりポイントが
なかなか見出せない。どこいっちゃったのかしら~
って、まずは馬を前に出して後ろ足が動いてこないと
あの状態にはならないので(これは軽速足でも同じ)
って頭でわかってても実際に駈足になるとナザベル
すごいダイナミックだから「ええ、これ以上出すの~?coldsweats01
とかちょっとビビッちゃうんだよねえ。
いやでもちゃんと座れてれば気持ちよいので大丈夫なんだけど。
ああ、だからやっぱちゃんと座るのが先だよな。
それにはやっぱ駈足もっとやらないとねえ。

以前Marchan先生に「それくらいさっさと丸める!」とか言われてたけど(笑)
その通りで、さっさと丸めて良い状態で駈足に持っていって
駈足のレベルを高めたい。さっさと丸められるようになってきたんだから。
あとはあんまり駈足を構えすぎずにリラックスしつつ
ちゃんと集中してコントロールできるようになりたいな~。


 

 


 


 


 


2013年2月 9日 (土)

'13シビラ春夏受注会(ご予約会)レポート

ようやく日中は春らしい日差しとぬくもりを感じることが
多くなったものの、やっぱりまだ朝晩は相当冷えるし
日中でも冷たい風に震えるこの春でもなければ冬でもない
なんとも中途半端な、というか毎日の服装選びが大変な
と言いつつ結構楽しかったりする2月。そして何といっても
シビラ春夏の受注会(最近「ご予約会」という言い方に
変わったようですが、やはり「受注会」のほうがしっくりきます)
がこの季節の楽しみのひとつでもあります。

今日は風が冷たくてやっぱりまだまだ冬モードだったので
近未来エレガント」に総刺繍ダウンコートで行きました。


今回は配色バッグがお目当てだったので、バッグ受付初日は
8(金)だったのですがこの日は乗馬へ。ものすごい強風(しかも
激寒)の中行った甲斐があったのですがその話はまた後日UP
するとして、混んでいるのを覚悟の上本日行って参りました。

案の定すごい混雑!

今回いつものような別室(通称「受注会部屋」)で厳かな
雰囲気ではなく、通常の店頭スペースに新作と同時展開。
アンティークレース風の総刺繍のシリーズや、サマーツイードの
シリーズ
は試着している方がたくさんいて見とれてしまいました。
やっぱり素材感が写真と実物とでは全然違って素敵でした。
特に総刺繍のノースリーブのワンピースは、両サイドの微妙な
フレアが独特のデザインで、着用すると立体的なフォルムになり
私も着丈が合えばかなり危険でしたcoldsweats01
(例によって私には短すぎる着丈だったのでセーフconfident

またバイカラーのブロックモチーフのカットソーや、
一見してPLAYA?という感じのスキッパーも発色が美しく
これにデニムとかさらっとシンプルに着こなしたらかなり
オシャレでカッコええわ~heart01などと妄想しつつ、
いやいやちょっと待って、まずはお目当ての配色バッグ~、
と、これは想像通りというか想像以上!

コロンと丸いんです。DMではもっと台形でかっちりしているのかと
想像していたのですが、もっとシビラらしい丸いフォルムで
気になっていた持ち手の長さも、まあそんなに短すぎもしないし、
ショルダーに出来るサスペンダーも付いていて、その長さも
かなり自由に変えられるので、これは実用性も高い!と
もうほとんど即決。お色もDM上段右のベージュ×白×赤と
迷ったのですが、やはり当初のインパクト通り中段右の赤×白×黒の
小さいサイズのほうにしました。
小さいといっても丸いフォルムなので結構容量は大きくて
ちょうどいい感じshine
欲を言えば、ブルー系のバッグを持っていないので、
上段左の配色で、ベージュ×白×ライトブルー(中段左の真ん中の
ライトブルー)のがあったらそれが欲しかった~などと
無理な要望を言ってみたりしつつ、ブルー系つながりで
危険性の高かったDM1枚目上段のニットワンピがやはり気になり、
しかも予想通りブルー系の色違いがあり、そちらを試着dash

と思いきや、混雑していたのでなかなか試着室が空かず....

まあ土曜だし連休初日だしねえ。それにしてもやっぱ
試着室が2つだけってほんとあり得ないですよ~shock

しばらくしてちょっと離れた別のブランドさんのスペースの
試着室を拝借。...ここもなんか無意味に広くて、これだったら
2つ分試着室スペース確保できるんじゃない?って感じで、
ったく現場のニーズをわかってないよな~ってbearing
もう文句不満言うのも疲れてきたよ っていうかそもそも
言わせないでほしいよね っていうかとか何とか言ってる
うちにシビラの試着室が空いたのでそそくさと移動。

で、ニットワンピのほうは、やっぱり着丈が短いので
例によってチュニックワンピとして着用。スカートの部分が
コクーンシルエットっぽくなっていてバランスもよく
ほんの少しパフスリーブ気味のお袖は肘が隠れるか
隠れないかの5~6分袖くらいでこれがまた絶妙なバランス。
襟の空きは広めで中に例のループキャミなどを合わせると
いろいろ楽しめそう。素材はコットン100%だけどちょっと
麻が入ってるような風合いの中厚手といったしっかりめの
サマーニットといった感じで肌触りがとても良く、これは
ヘビーローテーション間違いなし!とかなり気に入って
しまったのですが、問題はサイズとお色。というのは、
DM掲載のほうの暖色系は似合わないなと思っていたのに
寒色系がLサイズしかないので、Mサイズの確認ということで
暖色系を試着したら、あれ...? なんかこっちもいいじゃない?
なんか顔色が明るく見えるっていうか若く見えるっていうか(笑)
暖色系でもブルーやグリーンも入ってるシビラの絶妙配色の
おかげで単なる暖色系ではないからなのですね~
あ~迷う~ しかもMサイズのほうがコクーンシルエットが
はっきりしていてジャストな感じではあるのだけど、
Lサイズのほうが袖丈が肘が隠れてちょうどいい感じで、
襟の空きが広くてこっちのほうがしっくりきて、着丈もちょっと
長めでコクーンシルエットがゆったりしててさりげない感じで
いや~これもどっちもいいんだよねえ~ と、

昨年12月に購入の総刺繍ダウンコートと全く同じパターン
ではないですかcoldsweats02 この迷い方!
あの時はMサイズのベージュ系とLサイズの黒白系で
迷ったのですが、今回はM暖色系とL寒色系ですsweat02

なんか最近寒色系が多くなってきてるから、ここらで
暖色系もいいかな~とか、いろいろさんざん迷いつつ、
試着待ちのお客さんもいらっしゃるようで気になるので
そこそこに切り上げて、ん~、やっぱ寒色系かな~
重ね着もしやすいし、第一印象を信じて、ってこれも
総刺繍ダウンの時と同じじゃないですかぁ~
しかもベージュ系にまだ未練ある(しつこいsweat01)ように
まだ暖色系のほうが頭の中でチラチラしておりますが~

ということで、結局寒色系のニットワンピと赤×白×黒バッグの
2点注文で退散してきました。

新作の誘惑もあったのですが(レーヨンの少し光沢のある
テロッとしたカーディガンやスプリングコートなどなど)、
試着がまた時間かかりそうだし(ってこういう時は都合のいい
言い訳に使う)まだまだ寒い日が続きそうで「欲しい!」
という気分がいまいち盛り上がらなかったので保留ですcatface

それになにより今月は乗馬クラブの年会費という
大きな出費があるので~wobbly

そして最新情報です!
新宿伊勢丹シビラでは2月15日からフォーマル特集、
3月9日、10日にまたイベントで別スペースにオンリーアイや
ブラック、さらにランチョンマット、コースター、エプロンなど
いろいろなアイテムが展開されるそうです。これは楽しみ!

 


 

 

 


 


« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »