フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月25日 (火)

監督やスタッフの作品への愛と原作者への敬意を感じます「ホビット~思いがけない冒険」

映画「ホビット~思いがけない冒険」
いろいろ心配した私がバカでした。
3時間なのに全然長いと感じなかった。もっと見続けたかったよ~ 
いや~~~、素晴らしかった!さすがPJ。

「ホビット」に関しては私は英語原作だけで訳本は読んでいないのですが、
「この佳作をどう三部作にするんだろう...」と一抹の不安がありました。が、
原作を引き伸ばすんじゃなく、ドワーフとホビットの珍道中を軸に、
「指輪物語」の追補編や、「終わらざりし物語」など作品としてまとまっていない
中つ国のあの時期の歴史的事象をうまく織り交ぜて
壮大な物語に仕上げてあり、「さすが!」と本当に感動しました。

そう、こうやって「映画」にするんだよ!って。

 

「ロードオブザリング」のときもそうだったけど、
最初の前置きのお話というか、プレストーリーテリングが
簡潔明快にして完成度も高く、ある種贅沢な紙芝居的な
独特の魅力を持ってるんですよねえ。あれだけでもう感動的。
(ちなみに「ヘルボーイ」も同じく。)

特にエレボールやエスガロスの描写シーンがもう背筋ゾクゾクもの。
想像を遥かに超えていました。「ロードオブザリング」のときの
モリアのシーンを超えたよねあれだけで。(まあモリアは廃墟だったけどね^^;)
スマウグの全貌が明らかにならないところがまたいい。

プロローグというか冒頭ビルボの誕生会の設定で、
「ロードオブザリング」でフロドがガンダルフを出迎えに行く
シーンにつながっていくところがまたニクイよねえ~

 


そしてドワーフ。
トーリンはじめドワーフのキャラと配役も完璧です!
(トーリンって「ソーリン」のほうが実際の発音に近い気がする)
キーリはイケメンすぎるような気がするけど...(笑)
(キーリの役者さんは英国ドラマ「ビーイング・ヒューマン」の
ヴァンパイアの人なんだよね~)まあキーリとフィーリは
トーリンの甥っ子にあたるから、カッコいい系担当ってことで。

トーリンは原作ではプライドが高くて傲慢な印象のほうが強いけど、
映画ではアラゴルンのような自然と人がついていきたくなるような
人格とカリスマ的な魅力・気高さがわかりやすく描写されていました。
キャスティングも的を得ていると思います。

あとボフール、どっかで見た顔なんだけどな~と思ってたら
以前見て印象に残っていた英国ドラマ「ジキル」の主演
ジェームズ・ネスビットさんでした。なるほど、どうりで~。

 

って、やっぱり何よりビルボでしょう。

マーティン・フリーマンは「銀河ヒッチハイクガイド」でも
かなりいい味だしてましたし、BBCドラマ「シャーロック」の
ワトソンくん役でも大活躍でしたが、今回見てむしろ
「この人以外にビルボいる?」と思ってしまいました。

っていうか、彼ほんとにホビットなんじゃないかしら...?

ビルボが旅に同行しようって決意するシーン、
あれ原作と違うんだけどすごく説得力があるっていうか、
印象的だった。あとゴラムを殺さずに飛び越えていくシーンも同じく。
あんな表情、かもし出す空気感、ホビット以外無理だろ、と思う。
あっぱれマーティン・フリーマン!
中つ国的には、もう主演男優賞決定ですcrown

今回ゴラムとのなぞなぞのシーンもかなり楽しかったので
(ゴラムもすごいよねえ。あれ超えるCG生物いないでしょ)
今後作でのスマウグとのやりとりにも期待が高まります。

 

それからそれから~

旅の前半で一行が乗ってたポニーちゃん達が超かわいくて~!
アルパカみたいに毛がもじゃもじゃの子がいたけど、
あれって何か被せてるのかな?あんな毛の馬見たことない。

と思って乗馬クラブのスタッフさん達に話してみたら、
そういう毛の馬がいるんだって~!
いや~、わざわざそういう珍しい馬使うところとか
本当にこだわりを感じます。

もちろんエルフの乗ってる馬も皆美しくて誇り高く
素敵で憧れますけどね~。ナザベルが混じってても
違和感ないよね~と旦那さんと親バカ会話したり...

スランドゥイル王はヘラジカみたいなのに乗ってたよね~♪ 
そうそう、レゴラスのパパって感じのお顔と雰囲気で
さすがキャストも熟慮されてるな~と。

 

あと、あのドワーフの歌がいいんだよねまた。
ちゃんと原作の詩が歌詞だし。よくある要らんタイアップの
全然関係ない挿入歌とか一切ないところもさすが。

 

裂け谷のシーンも感慨深かった。
エルロンドがちょっと若い感じで自らオーク退治にも出かけますよ、
っていうのもよかった。指輪戦争の前の時代って感じで。

ガラドリエルとガンダルフのテレパシー会話みたいなシーンもいいよね~
(個人的にはガラドリエルは絶対シャーリーズ・セロンなんだけど)
サルマンの話なんか誰も聞いてないし^^; 
でもクリストファー・リーが見られて嬉しかった。

ラダガストもいい味出してたよね~。ロスゴベルのうさぎ!

 

と、まあキリがないです。トールキン作品読み漁ってる方と
話し込んだらマジで「終わらざらし物語」になりそう。

とはいえ、ケチョンケチョンにけなしている人もいますね。
でもまあそういう人の他の映画評を読むとある意味納得。
なんていうか、映画に求めるものや価値観というか
まあ言ってしまえば嗜好の問題っていうか、
ええ私はこの素晴らしきトールキン世界の映像化に
どっぷり浸かってあと2年は楽しんじゃいますから~って感じで。
今からDVDのextended editionとか楽しみですわ。

 

ああ、つくづく、ホビット村に住みたい。そしてローハンで乗馬、
裂け谷でスパリゾート、ミナス・ティリスで観光とショッピング. . .
イーグル航空でね。

 

 


 


 


 

2012年12月15日 (土)

一番乗りのシビラ

今年の夏、伊勢丹シビラだけなかった例のアレ、
例のリニューアル事件でテンション下がっていたので
冬もないんじゃないかと決めつけて、さらに本セールも
新宿伊勢丹は年明けではなく1月18日からクリアランス
ということなので、しばらくこのままやり過ごすか~
などとさらにテンション下がり気味のところへ、
ひょっこりDMが届き、えー、えー、嬉しいけど大慌て!

乗馬の予約しちゃってて、その日は珍しく空いていて
前の週1回しか行けなかったので絶対に行きたくて
例年なら乗馬あきらめてシビラに行っていたんだけど
今回はキャンセルするのは嫌だ...でも、かといって
シビラの初日をあきらめるのも同じく嫌だ...ならば
両方行くしかない!それには時間を計算するとかなり早く
シビラに行って帰ってこなければ乗馬に間に合わない。
以前ならどっちかをあきらめていたのだが
なんか今回は血が騒ぐというか燃えるというか
とにかく特急に乗って開店10分前にはスタンバイという
異例の事態に、自分でも何そんな気合入れまくって
張り切ってんの?とおかしくて。だってそんなに
「買うぞ~!」というテンションじゃなくて、あくまで
「う~んなんか重宝しそうなニットチュニックとか
あったら~~~」くらいの気持ちだったのに。

しかし、実はひそかにもしかしたら前回心残りの
総刺繍コクーンダウンコートがまさかの...!
~なんて淡い期待も抱いてはいたのでした。
あるいはあわよくば受注会のロングスカートと合う
暖かいコートがあったらいいな~ということで
こんなコーディネイトで参上。

 

20121214_01


上着は先日ヤフオクで見つけた、昨年のPLAYAの
カプセル3D中綿ジャケットですが、受注会スカートに
お色とシルエットがピッタリで、他にもジーンズや
チュニック+細身パンツに、と活躍中です。

 

さて、まだお客さんの全然いないフロアをつっきって
シビラに行くとスタッフさん達はミーティング中?
いつもだいたい午後のまったり時間帯に来ることが
多いので、みんなにびっくりされてしまい、午後から
乗馬に行くから~という事情を話すとさらに驚かれて
しまいました^^;

さてさっそく物色。と、な~んとなんと、まさに
総刺繍ダウンが急遽対象になったということで、
もう一気にテンション急上昇!さらにベージュ系と
黒系どっちも残り1点ずつということで、うわ、これは
特急乗ってお店に一番乗りした甲斐があったわ!と、
ベージュを試着してやっぱりいいよね~と即決!
と思いきや、黒系のほうがLサイズなんだけど、やっぱ
せっかくだから一応こっちも試着してみようかな、
なんて羽織ってみると...あれっ、え~、やっぱりこれ
カッコいい~!え~、なんか着ると印象が違うぞ~!
しまったーっ、なんたる不覚。軽い気持ちで試着すると
これだからシビラは恐ろしいのですよぉ~。
ああっ、またしても、というか例の如く予想外の展開。
まさかこっちの黒系がこんなに自分にハマるとは...

しかもLサイズだけどそんなにダブつかなくて
重ね着してもキツイ感じにならずゆったり着られるし、
むしろ着丈とかこっちのほうがいいかも..?とか、
いやでもやっぱりこのベージュの同色系総刺繍の雰囲気、
Mサイズのコンパクトなシルエットとこの着丈のほうが
コクーンの魅力ははっきり出るんだよね~とか、

もうどっちも本当に素敵で、選ぶ基準が見つからず、
これ別モノでしょう、などと、とっかえひっかえ試着しては
ぜ~んぜん決められず...

これって春のMIYASHINシリーズのワンピの時に似てる~^^;
どれを選らんでも選ばなかったものに悔いが残るという...

ああ、半額だったら両方買うのに。とか非現実的な想定をして
あがいてみたりしても何の解決にもならないので、
ワンピやチュニック+パンツなど合わせてみたりして、
さんざん悩んで騒いで結局黒系のほうを選びました。

 

20121214_02

そう、11月DMに掲載されていたものですが、着用すると
なんだか印象が違うんです。

 

なんといってもこのコクーンシルエット!
ダウンで総刺繍でこれはなかなかないですよね~。
ほぼ受注会レベルです。

横からみるとこんな感じです。

20121214_03

 

裾付近の大胆な切り替え↓

20121214_04

 

そして凝った総刺繍。ベージュ系は同色系の
糸を使っているのでまた違った雰囲気で素敵です。

 

20121214_05

 

この受注会マキシロングスカートとの絶妙なバランス。
ベージュ系でも全然アリのバランスだったのですが、
こちらの刺繍糸の白とスカートの白がジャストでビンゴ!

20121214_06

コクーンの丈とスカートのフレアと襟のボリュームが
見事に調和。しかもこれ最強に暖かい組み合わせです。


 

チュニック+パンツ+ニーハイブーツとの組み合わせだと
もっとモードでクールな雰囲気になります。その際に
合わせてみたチュニックワンピがこれまた油断していた
というか、まさかこれが!という10月に試着したけど
着丈が短くてあきらめたイエロー系のワンピースで、
10月の伊勢丹からのリニューアル特集DM
掲載されていたものです。

 

20121214_07

 

軽いツイードのような素材で、秋から1枚で着られて
冬も重ね着バリエーションが楽しめそうで、お色味も
ちょっと変わっていて、私の好きな近未来SFちっくな
雰囲気が漂うワンピなのですが、私には着丈が短くて
膝が思いっきり出ちゃうのであきらめたのですが、
今回細身パンツと合わせて試着したところ、
あれ?なんかバッチリなバランスじゃない?ということで、
チュニックワンピとして着用することにして購入です。

 

20121214_08

 

ちょっとだけ光沢のあるような、何色かの糸で紡がれた
凝った素材ですが、軽くて着心地が楽です。中心部から
斜めにバイアスのようになっていて、着痩せ効果も。
お袖は7分袖です。で、例えばこれに暖かめのカーディガン
羽織ってさっきの総刺繍ダウンコートを着ると、という
シミュレーションをしたのですが、ここで担当さんが
持ってきてくれたカーディガンがこれまた「え?これも
そうなの?いいんですか?」というわりと最近入荷した
お品で、軽いけど暖かく、何より形がマジカル~!!

ホールガーメントが織り成すシビラならではのカーデです。

 

20121214_09

ハンガーに掛けるとこんな感じで、袖付きストールの
ような感じ。裾や襟にあたる部分に小さなドット状の
空きがある凝った編み目になっています。

20121214_10

 

そしてこれが先ほどのワンピにピッタリ!

20121214_11

ちなみにインナーには昨年12月に購入したBLACKの
技ありキャミ
のシャンパンベージュを合わせています。


そしてこのカーデの素晴らしいところは、
襟が自由自在で、寒いときはこのように
タートル風にアレンジできちゃうところです。↓

20121214_12

 

また後ろの丈が結構長いのでワンピはもちろん
チュニックやパンツにもOKだし、受注会スカートに
合わせるとさらに優雅な雰囲気に。

20121214_13

 

 

こんなコーデも気に入りました。

20121214_14

 

というわけで、特急で一番乗りした甲斐が大いにあった
大収穫のシビラで久々にテンションかなりUP~up

新作のドットモチーフのワンピやニットチュニックなど
いろいろ気になるものもあったのですが、この辺で
退散しないと乗馬に間に合わないので大急ぎで帰宅。
大急ぎでちょっとゴハン食べて大急ぎでナザベルの
おやつ作ってどうにか間に合いましたが、馬装している
ときに足がつってこむら返りみたいになってちょっと
焦りました^^; でもストレッチしているうちに治り、
乗馬レッスンは空いていたし風もなく穏やかな晴れの
気持ち良い天気で、このところちょっとスランプ気味
だった駈足もだいぶいい感じになってきて、非常に
有意義な一日ではありましたが、やっぱりこういう
無理はたまにだからできるんだよね~、とあくまで
のんびりゆっくりが好きな私なのでありました。

 


 

 


 


 

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »