フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月18日 (火)

夕暮れは確実に秋へ

台風が接近する直前に
肩や股関節の違和感がちょっとあって、
季節の変わり目に微妙に体に変調が出るし
ここ数日の風の感じや空の様子を伺うに、
この台風関連また前線に伴う不安定な天気が収束すれば
その後はようやく秋らしくなるのではないか
という予感というか野生の勘というか
まあ、もうさすがに魔夏にもお引取りいただかないと
秋分すなわちお彼岸きちゃいますしねぇ。

日の沈む位置は確実に左(西から南、東方面へ)へ動いている。

というわけで夕焼けを見るにつけ
秋を感じる今日この頃です。

どの季節でも夕暮れ時は情緒がありますが
特に夏の夕暮れに広がる壮大な光景が私は大好きです。

春の新芽から桜の大合唱、そして新緑への移り変わりや、
秋の紅葉で色とりどりに染まる木々と山々の交響曲、
また冬の宇宙まで透けそうな空と同じくらい好きです。

今年は例年にも増していろいろな光景が撮れました。
中でも気に入っているものを編集して、
自分でもかなり気に入っている曲をつけてみました。

記録的な猛暑と残暑となった今年の魔夏ですが
名残惜しいのは夕暮れの空と雲だけです。

"Enlightenment" (試聴サンプルミニムービー)
~晩夏から初秋の夕暮れに捧げる~
 

映像&音楽:宝達奈巳

CD「White Space #2009」収録 「Enlightenment」より

http://radiant-osc.com/?p=441

 

それにしても気づけば夕暮れ写真ばっかりたくさん
たまってしまった...
また違うバージョンも作ってUPしたいと思います。

 

 

 

 

 

2012年9月13日 (木)

シビラワールド珍道中

というわけで、World of Sybillaの初日、
saleのときよりも何よりも早起きして突撃~!

と思いきや、まず慣れない早起きしたもんだから
(しかも午前4時と6時にチェルシーに起こされて寝不足)
先日購入したバルーン袖2シルエットワンピを着たはいいけど
スリップを着るのを忘れ(インナー着てトレンカ履いたら
そこでもうスリップのことを忘れちゃったみたいです)
電車の中で突如マスカラを塗り忘れたことに気づき
焦って鏡を見ると案の定、目がショボイ!
お店に到着してもソワソワ落ち着かなくて
店員さんにマスカラ貸してもらったりして(感謝)
見事に出ばなをくじかれたのでしたdespair

しかし嬉しい偶然の遭遇などもあり、
(よくコメントをいただくsaraさんとバッタリ!)
気を取り直して、スペースが拡大されたお店を
まず一通りチェック。もうかなり秋が深まって
ニットやツイード、コートなどもチラホラ。

また、今回のイベント記念のスツールやクッション、
エプロン、エコバッグ、チャームなど、洋服だけでなく
いつもは見かけないような小物関係もたくさんあって、
スペシャルな雰囲気が充満。テンション上がりますup

最初に、一番気になっていた例のおだんご帽子。
これはアーカイブの資料にもあるのですが、
シビラ初期のショーで披露されたものの復刻版だそうです。
試着というかかぶってみたら、帽子自体の形はかなり
気に入ったのですが、やっぱり例のおだんごが巨大...
アーカイブのもうひとつの型のほうが商品化される
ことを期待してこれはちょっと保留。

そして、BLACKの黒地に白十字の十字軍ワンピ

昨シーズンまでの自分の傾向だと、DM1枚目の
お花モチーフワンピに飛びつく感じでしたが、
(もちろんお花ワンピも素敵で、まさにシビラらしい
美シルエットで着痩せ効果アリのタイプと思われます)
今シーズンはなぜだか色柄ものではなく
妙にストイックな黒とか単色で素材とフォルムが
特徴的なものに惹かれるようで、この十字軍ワンピは
まさにズバリ!の一目惚れタイプ。

実物を見ると、おや、この素材、想像と違う...
ちょっとビロードのような手触りの、でもわりと薄手で
テロッとしたタイプで、着易そうだけど身体のラインが
思いっきり出ちゃいそうだなぁ...もうちょっと厚手の
しっかりした生地を想像してたんだけど...とかなんとか
ブツブツ言いながら試着タイム。

ああ、短すぎず長すぎず、なんと着丈のピッタリなことよ。
これだけでも貴重なのですが、袖丈も肘が隠れる絶妙な
6分丈くらいでこれも珍しく、このバランスすごく好き。

しかし、ウエストの切り替え位置がいつものシビラ
ではなく、あえて下のほうになっていてそれが
白十字のモチーフと一体化しているので、なにか
どうもウエストから腰まわり、特にヒップの辺りが
素材感のせいもあってか、しっくりこないというか
これでいいのかしら、みたいな...みたいな感じで、
悩ましい堂々巡りのドツボにはまりそうになり、
ちょっと別の試着して気分転換しましょう、と、
同じくBLACKシリーズののマント一体型ドレス


こちらも着丈は短すぎず、とにかくドレープが素敵!
しかしこれはさらに薄手の素材で、しかもウエストから
タイトスカートになっていて、かなりのタイト具合。
でもなんかドレープでごまかせる感じだけど、
いやいや、これどういう時に着るんですか~と
自分にツッコミを入れていたら、担当さんが
例のおだんご帽子を持ってきたので
勢いでまたかぶって合わせたりして
何をやってるんでしょうかね~もう。
今日はもう完全にお祭りムードがお店スペース全体に
漂っていたので、つい調子に乗ってしまいました。

で、このへんから記憶の時間軸がもう曖昧です。
いつもは2時間が限界なのに、今回は途中のカフェタイムも
入れて約5時間くらいシビラワールドを彷徨っていたので、
情報量が多すぎてちゃんと処理できません^^;
なので覚えていることを適当な順番で綴っちゃいます。

で、BLACKの十字軍ワンピが保留になったので
他の新作を物色。担当さんがすすめてくれた
軽いポリエステル素材のコートが、私の好きな
ちょっと近未来SFちっくで、ツボ!

独特のカーブのついた合わせ襟や上品な光沢のある
イタリア生地の素材感がシンプルながらも洗練された、
まさにストイックで珍しいフォルムというタイプ。
羽織ったら案の定、カッコいい~up

. . . いやぁ、でもさ、こういうコートとかジャケットは
持ってるでしょ。まあ、厳密にいえば違うけどさ、そりゃ。
この素材とか襟とか。それにこの軽さ。この着丈。

ワンピースとして着用している店員さんもいました。
あと同じシリーズでスカートもあって、ふんわりしつつ
シャリ感と光沢のある素材感が独特で、キュートかつ
クールな感じでちょっとレアなスカートかも。もしもこれで
セミワイドなパンツがあったらセット買いしてたかもしれません。
ふぅ、危ない危ないcoldsweats02

と混迷が深まったところで、次の気分転換は
例のアーカイブ展へ!

と、場所がちょっと離れたところにあるので、
担当さんに案内してもらいつつ、これの後は
カフェで休憩してまたお店戻りますよね?
などと軽く打ち合わせしたりして。さて場所は
初期の頃の受注会が行われていた小部屋で、
インポートのドレスの展示とか、日本上陸時のショーの
スライド集や、初期の頃からの商品の絵型集とか、
ウエディングドレスのコクレションとか、蝋燭とか
とにかくシビラマニア必見の貴重な資料がいっぱい。
「シビラ博物館」まさに Sybilla Museum でした!
ああ、お店の横に常時併設してたらいいのに...
と思っちゃうシビラーさん、決して少なくないでしょう。

初期の頃の絵型を見ていて驚いたというか
感嘆したのですが、基本的には変わってないのです。
それこそマント一体型みたいなものもありましたし
(20年以上前のものなのに!)
素材やモチーフなどは時代の流れやテーマに
沿って取り入れながらも、カーヴィーなライン、
美シルエット、立体裁断、色使いなど、そういった
シビラ独特のテクニックや個性は通奏低音の如く
常に変わらず基底部を成している...

スライドの数々を拝見していて、まるでひとつの
テーマから壮大な交響曲へ発展していく音楽を
聴いているようでした。

まあ、でも考えてみれば「基本が変わらない」
というのはすごく共感できます。自分の好きなものや
作家、作品、そして自分自身もそうかもしれません。

...と、感慨にふけったところで、さてそろそろ
さすがに疲れてきたのでここらでカフェタイム!

え~っと、伊勢丹会館ってどこだっけ?(笑)

ほんと最近は滅多に外食もしないし、シビラ以外で
新宿をウロウロすることもないので、なんとなく
覚えているようで忘れてるんですね、実際の新宿。
でも隣接してるくらい近いはずだから、要はどこの
出口から近いかってことだよね、と伊勢丹の見取り図を
おのぼりさん丸出し状態で真剣に見つめ、一旦外へ。

暑い!!! ものすごい日差し。うへぇ~wobbly
やっぱり外はまだまだ暑いですよぉ~
と、ちょっとだけ道路を渡ってすぐの所にありました。
しかし!外の椅子に座って待っている人がいる。
そりゃそうだわ、ちょうどランチタイムでした。
こりゃだめだわ、とすぐに引き返すことに。

う~、また暑い。と、早く暑さから逃れようと
隣のメンズ館に入ってしまい、あれ?しまった!
と、そそくさと退散。別に間違えて男性トイレに
入ったわけじゃないんだけど、なんか気まずいgawk

で、お店に引き返す。平日の昼間なのに
化粧品売り場はデモやってもらってる人で大賑わい。
部分的に改装中なのでまたちょっと迷いながら
お店に戻ってカフェ満員でしたよ~、まあランチ
タイム終わったら行くことにしますわ~、と言うと
店長さんがカフェに電話して状況を確認してくれて、
ちょうど空きが出たというので、またカフェへ。
そしてまた担当さんがわざわざ同行してくれて
なんだか何度もあっち行ったりこっち行ったり
シビラ珍道中だなこりゃ、なんて思いつつ
こういうのもたまにはいいよね~と思いつつ
ちょうどお腹もちょっと空いてきたりして。

DMの写真からのイメージどおりのカフェで、
女性の店員さんは皆シビラのエプロン姿で
とてもキュートでした!ただ、男性の店員さんも
結構多いので、そちらにも何かシビラカラー的な
装いを取り入れたらもっとシビラカフェって
感じだったかも...でもすごく丁寧な対応でした。

しかし店内は、近くのOLさんや買い物客で大混雑。
ゆっくり楽しみたい方は12-14時は避けたほうが
いいかもしれません。シビラオリジナルメニューは
食器やカトラリーもシビラで、コースターを
もらってきちゃいました。

120913_005

これはこのカフェのためのロゴ(サイン)だそうです。

オリジナルメニューは結構たくさんあって、
ものすごく迷ってしまいました。最初はクロワッサンの
サンドイッチ等とコーヒーのセットにしようかと
思ったのですが、ふと目に入ったワインの付記
「干しいちじくとアーモンドが付いてきます」につられ
昼間っからワイン。ここはもうスペインのように楽しむ!
ということで、スパニッシュオムレツ(オリーブと
生ハムつき)。実は最終日に旦那さんと来る予定なので
他の誘惑メニュー(ガスパチョやデザート類など)は
そのときにゆっくり楽しむことにしました。

しばし休憩。catface
(読んでいる方もこの辺で一息いれてください。
今回スペシャルなだけあって、記事のほうも長いので...)

 


さて!エネルギーチャージ完了したところで
またお店に戻ってきてさらに物色。

いったい何往復してるんですか~coldsweats01

え~、で、やっぱりすぐ、なるべく早く使えるものが
欲しいよね、ということで、前回から迷っていた
マント&ポンチョの黒をもう一度羽織ってみると、
やっぱりいいわ~これ。この軽さと薄さとちょっと
伸縮性のある感じがまた使いやすそうだし。
色はやっぱりあえて黒。素材感と裏地のグレーが
絶妙なアクセント。このストイックさがいい。

 

120913_008

広げるとこのように「エイ」のような形で
前正面に微妙に3本切り替えが入っています。
この上の大きく空いたところを背にして
両手を入れると羽織ると...

 

Photo

ちょっとロングカーディガン的にも使えそうです。

 

Photo_2

横から見るとこんな感じ↑

 

そして、後ろから見るとやはりマントですが...

Photo_3

このスリットからちらっと見えるグレーが
「?この服どうなってるの?」という謎めきを
ちょうどいい具合にかもしだします。

後ろのスリットは結構上のほうまで入っています。

120913_010

 

また、このように上からすっぽりかぶって
ポンチョのようにしてから...

Photo_4


前面の長い部分をどちらかの肩にかけると...

Photo_5

このようにストールのようにも使えます。

 

 

さらに、上からすっぽりかぶってから
全体を斜めにずらして古代ローマ風に
横掛けにしてから...

Photo_6

 

長い部分を肩にかけると...

Photo_7

このようにドレッシーな感じにもなります。

 

中のワンピが黒なのでちょっとわかりにくい
かもしれないので、ちなみにトルソーに
そのまま着せてやってみたらこんな感じ。

120913_011_2


これはいろいろ楽しめそう!
(早く涼しくなってほしい...)
 

ということで、はい、お気づきの通り
このマントはお持ち帰りしました~^^

 


それから、やはり前回ちょっと気になった
着丈長めのマルチボーダーの薄手ニット。
8月DMの左端ニットドレスと同じシリーズかな?

ごく薄手で、7~8分袖くらいで、お尻が隠れる
くらいの着丈で、秋色配色とランダムボーダーが
いい感じの、大人のおしゃれ普段着でわりとすぐ
活躍しそう!と思ったけど、合わせるパンツが
思い浮かばず前回保留にしたけど、やっぱり気になる...

しかしやはり店頭には細身のパンツしかなく、
私のイメージではセミワイドなんだけど~
それに細身パンツは持ってるし~、と
ここで担当さんが提案してくれた薄手の
ショートパンツを試しに合わせてみたら、
えっ、あれっ?..これちょっといいねえ。

さらに先ほどの近未来系ポリエステルのコートを
羽織ったら、クール&キュートっていうか、
なにこのバランス、新しい!!!lovely

と、一瞬テンションがかなりUPしたけど、
いやいやいやいや、ショートパンツは実際どうよ。
と、クールダウンして冷静に熟慮して
そう、やっぱり欲しいのはセミワイドなパンツで
このシルエットじゃなくてよ、と保留。

しかしボーダーニットのほうはやはり未練ありで
また最終日に行ったときに購入してしまうかも。
今回のマントのように...

他にも、ざっくりニットのチュニックワンピなど
気になるものはいろいろあったけど、やっぱり
まだ暑すぎてギャップがすごすぎて保留です。

 

しかし今回はスペシャルなアイテムがまだまだ。
オリジナルチャームも可愛かったのですが、
私がハマッたのは予想外のエコバッグ!

まずエコバッグは、これエコバッグとか
そういう類のものじゃないでしょ、という
凝ったつくりなのにお値段はエコという、
ああ、そういう意味のエコバッグ?という
わけではないと思うけど、とにかく、
この冬の受注会のアンティークレースの
コートと同じレースのモチーフで、また
これも見たことあると思ったボーラーレース?の
ワンピと同じ素材とモチーフで作られてたり、
ちょっとミニ・アーカイブ的な面白い企画。
そしておや、これまたシビラの黒×白配色!
しかも素材がスエードのようで高級感があって
形も面白いし結構収納力があるし、何しろ
今の気分にピッタリだったので記念購入。


120913_023

 


サイドはこんな感じ

120913_024

 

しかも、何気に赤ラベルなんです!

120913_025

 

そして、中に物を入れると膨らんで
バルーンのような形になるのです。

120913_022

シビラらしいテクニックですね~。
なんという気の利いたオシャレな小物!
こういうの、なんちゃらラグジュアリーカジュアル
とかなんとかいうんですよね♪
DM掲載のバッグも素敵だったんですが、
こっちのバッグとの出会いに感謝!
昔のシビラのドレスやワンピの白黒模様を
思い起こさせる"アーカイブ・バッグ"と
命名しちゃいました。

 

ということで、まあ最終日また来るので
今日はマントとエコバッグで、とお会計を
してもらってる間、店内を何気なく見渡していたら
目に入っちゃったんです。最初にささっと見た
エプロンがなんかちょっと気になってきて
特にシビラお花モチーフの「割烹着タイプ」。
後ろボタンでゴム口のバルーン袖が可愛くて
実用的。ゆったりシルエットでエプロンという
よりもチュニックのような存在感。
ちょっと着てみたら、ええ、なんかいいなこれ。
と、店員さんの一人が気づいて「え!いいですね!」
さらにお会計を終えた担当さんも加わって
私が黒×ベージュを着たら担当さんは黒×赤、
「じゃあ私はこれ」と他の店員さんは白×黒、と
皆で割烹着スタイルに。しかし素材がしっかり
していてお花モチーフの部分はベルベットのような
高級感まであるのでかなりオシャレな割烹着。

すると、同じくお会計待ちしていたと思われる他の
お客さん(この方、受注会でもお見かけしたような...)
も、カフェで店員さんがしてたエプロン可愛かった
みたいな話になり、一気にエプロンブーム到来!

カフェの店員さんがしていたタイプは
一見普通のいわゆるエプロンだと思っていたら
これが大間違いで、やはり侮れないシビラ。

まず素材が軽くてさらっとテロッとしていて
大き目のドット模様が数年前の塩縮ドットワンピを
彷彿とさせる雰囲気。白×黒、紺×ピンク(?)、
そして私はグリーン×ブルーをつけてみたら
!!!

え、なんだろ、この感じ。ジャンパースカート
のような、ワンピースのような、エプロンにしては
オシャレすぎ!さっきのエコバッグと同じく。

ワンピよりも気軽に(もちろん洗濯機で洗える)
シビラを日常生活で実用的に楽しめる
とっておきアイテムという感じです。

120913_002

胸元の空きがポイント。丈もわりとたっぷり。
ウエストの絞りも素材の風合いで優雅に。

 

120913_003

後ろがこうなってる↑からなんですね。
実はシビラのエプロンは3つくらい持って
いるのですが、こういう素材とデザインの
エプロンは初めてかも。ロゴもちゃんとscissors

120913_004


これだったらゴミ出しも楽しくなっちゃう♪

割烹着タイプもかなり悩みました。なにしろ
どちらもお値段が魅力的なので...

しかし最後の最後でエプロンとは...
ああ、ほんとに油断ならないシビラ。

 

あ、そういえば、スツールとクッションも
あったんだった。シビラカラーのポップな配色が
可愛くて、特にクッションは担当さんに
チェルシーちゃんのベッドにいかがですか?」
などと言われたけど、こちらはお値段がそれなり
なのでちょっと保留ということで...

で、今度こそ無事にお会計も終了し、
今度こそ最後に記念ポストカードをいただきました。

Postcards

Postcard2


ああ、これらをよく目にする場所に飾り
このような素敵で年齢を重ねてもチャーミングな
女性を目指したいものです。

というわけで、シビラ滞在最長記録及び
試着数もたぶん更新!
あぁ、疲れたけど楽しかった~!!!
そして読んでいただいた皆様、お疲れ様でした~

 

 

 

 

 


2012年9月 8日 (土)

World of Sybilla 追加情報

今日になって今度は伊勢丹からのDMが届きました。
World of Sybilla がピックアップされています。
(画像はすべてクリックで拡大できます)

 

Isetan1

この帽子!
これ欲しいheart02って、前からずーっと思ってるんですが、
今回も商品化はないみたいですね,,,think

 

Isetan2

 

Isetan3


 

Isetan4

 

 

 


 

 

2012年9月 7日 (金)

その名も、World of Sybilla !!!

DM来た~~~!と、なにやら大きな封筒で分厚いゾ!
さすがに新宿イセタンイベントもあるので、今回はかなり
盛りだくさんです!まずは9月の新作ライナップから。
(画像はすべてクリックで拡大できます)

 

Dmsep1


Dmsep2


Dmsep3


Dmsep4


Dmsep5


Dmsep6


今秋は深いグリーンが基調なのかな?
1枚目のワンピはすごく好きなライン!
しかしえらく細く見えるんですけど....^^;
2枚目のニットなにか懐かしいような可愛らしさ!
この秋冬も多様なニットの展開を予感させます。
そして3枚目のボレロとワンピを見て思わず
「うわぁぁ~~~すごい!」と叫んでしまいました。
これはもう芸術作品のようです。ちょっと
受注会のお品のようなフォルムですね。
私には似合わないと思いますが(いや、でも
もし黒があったら危険かも...sweat02
これはぜひ実物をじっくり鑑賞したいです。

そして4枚目のワンピも独特の風合いと色合いが
魅力的でちょっとシビラでは珍しい感じ。
これも気軽に試着したら危険な類です。

5枚目のワンピは胸元のカットが実にシビラらしく
バックのグリーンと重なっても存在感を放つ
同系色で異素材の妙、そして肌の見え方まで
計算されたこのシビラマジック!

6枚目のバッグは久しぶりにこういった
しっかりした革で一目見てシビラとわかる形。
ストールは4枚目のワンピと同じシリーズかな?

 


続いて SYBILLA BLACK なのですが、
今回かなりしっかりした厚紙仕様で、
飾っておかないともったいないような
作品として仕上がっています。


Black1


Black2


Black3


Black4


うぉぉ~、なんだかすごいぞ~ 
って、ちょっと全貌がよくわからないところがまた
興味をさらにそそられるのです。
1枚目は、これ、マント一体型コートですよね。
受注会の例の限定販売のあれを彷彿とさせますが
ハイネック具合やベルトの仕様など
やはりBLACKらしくシンプルながら計算しつくされた
フォルムという感じがします。お色もちょっと他には
ない何ともいえない茶というかキャメルというか...

そして2枚目のドレス、この黒地に白で区切り模様
というパターンはこれまで何種類か出ていますが
今回BLACKで遂に登場!実は私の今の気分は
ズバリこれ。一目見て「カッコいい~lovely」と
なってしまいました。ただ似合うかどうかは別だけどsweat01

さらに3枚目、4枚目はこれはもう、これぞBLACK
というようなドレスですね~。って下のほうが
どうなってんのかよくわかんないけど、きっと
実物を見てサプライズ&溜息は間違いなし。
両手を広げると逆三角形のような形なのかな?
う~ん、ドレープとかシルエットとか優雅ですね。

 


そしてそして、ここからが新宿イセタン特集です。
(画像はすべてクリックで拡大できます)

Dmomi1


Dmomi


またもやマント~
今年はマントが大流行ですね。

マントと一体化したウールジャージードレス。
こちらはイセタン限定で、私は帽子のほうが
すっごく気になっているのですが、うう、やっぱ
これちょっと大きすぎない?おだんごモチーフ...
帽子について何も説明が書かれていないのも
ちょっと気になります。でもかぶってみたい...

 

 

そして、カフェ!
(クリックで拡大できます)

Dmcafe


このDMの写真だけでも、かなり「World of Sybilla」な
雰囲気が伝わってきますね♪別館の伊勢丹会館に
なるのですが、これはぜひ足を延ばさないと!

さらにアーカイヴ展。「特設ギャラリー」にて、となってるけど
もしかしていつも受注会やるところかな?いずれにしろ
インポートドレスとかすごく楽しみ~!

というわけで、見所がたくさんあって
どういう順序で楽しんだらよいものか
ちょっと計画を立てなければ。

今年の9月はいつにも増してシビラづいちゃいますよ~。


 

 

 

 

 

 


2012年9月 1日 (土)

満月とコラボ~ブルームーンにちなんで

ブルームーン。
ひと月に二度満月を見られるのは珍しいので
こういうネーミングだそうで。
昨晩はブルームーンの煌々とした明かりで
寝室が照らし出されて眩いばかりで
眠るというより月光浴。紫外線は反射しないので
日焼けの心配もなく、なかなか神秘的な夜でした。
次々と映し出される雲のいろいろな表情...
実はファーストムーンつまり前回の満月の時も
あまりにも見事な月と雲と光のハーモニーに
いくつか写真を撮りました。今回は少し靄が
かかっていて、前回のほうがクリアでした。

そしてその画像を組み合わせてみたところ
ある曲がハマッたので、また試聴サンプル
ミニムービーを作ってみました。

曲のほうは実は「Cold Bright Morning」というタイトルで、
冬の澄んだ朝の空気に投影あるいは反射される
様々なヴィジョンや、忘れかけていた何か大切なことを
思い出すような、懐かしさや安心感に似た感覚、
あるいはそれを含む空気感をイメージしたものだったのですが、
これが真夏の満月に照らし出される夜空になぜかピッタリ...^^;

対極的なだけに、これを見て&聴いていただいて、
猛烈な残暑の疲れが少しでも癒されれば嬉しいです!

ちなみにタイトルは、後にこの曲に詩を付け加えた
「Astral Tide」で、CD「16 years later」の1曲目です。

音楽&映像:宝達奈巳
CD詳細はコチラ→ http://radiant-osc.com/?p=173

 


 


 


 


« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »