フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月28日 (火)

秋気分満喫のシビラ

空の色と雲の様子、月の見え方、
夜の虫の音、そして朝夕はだいぶ涼しく
そこかしこに秋を感じるものの、
日中の殺人的な日差しと猛暑は相変わらずで
花火は名残惜しくてもこの暑さだけは全く
一切何の未練ないので早く涼しくなって!
と、切に願い続けて気づけばもう8月も
あと何日で終わろうかという今日この頃...
久々に新宿伊勢丹シビラへ行ってきました。

またお店の場所が移動していて、ちょっと
迷いつつ到着すると、以前よりはだいぶ
広くなっていて、さらに奥に何やら魅惑の
夏物半額コーナーがズラリ。

ええ~!と、一応チェック。まだ暑さが
続きそうなのでちょっと心惹かれましたが
秋冬特に9月の伊勢丹イベント関連に備えて
我慢。麦藁風の帽子はその日着用していた
受注会ニットワンピにピッタリでかなり心揺れました^^;

しかし!もう夏は終わったのよ!っていうか
終わりにしたいし!ということで、7月のDMから
気になっていたパンツをまず試着。その際、
同じく気になるダダ星人ワンピがワンピだと
着丈短くて全然ムリなのでチュニックとして
合わせてみることに。

と、パンツの素材が思っていたよりとても
薄くてツルツルしていて、グレーがかった
光沢のあるようなダークブルーや形はとても
素敵なんだけど、どうも素材感が合わず、
ダダ星人ワンピも、チュニックとしては長すぎ
ワンピだと短すぎという、私には難しいバランス
なのでした。パンツはもう一型、もう少し
厚みとストレッチ性のある素材でほんの少し
濃いグレーブルーのようなお色の、スリム
ストレートなシルエットのものも試したのですが
どちらもトップスにもっと秋の素材感とお色味を
合わせないともったいない感じで、でもそれには
まだちょっと気分的に(気温的にも)早いかな~
ということもあって、今日はパンツの気分のはず
だったのに実は違ってたみたい...と、リセット。

そこで担当さんが持ってきてくれたのが
蜘蛛の巣(スパイダーマンじゃなくて^^;)
みたいな全面模様のニットワンピ。
白×黒とキャメル(茶?)×黒の2色で
白×黒は目がチカチカしちゃう感じだけど
キャメルのほうは一見地味なようでいて
着るとシックというか大人のおしゃれカジュアルな
感じで蜘蛛の巣模様もほどよいスパイスで
袖も5分丈くらいで今からの季節にちょうど
よい感じではあったのですが、これまた
着丈が短いのよ~ タイツ履けば大丈夫って
言うけど~ そういう問題でもないのよ~
って、つまりシルエットや素材感の微妙な
違いからか、OKなバランスとNGなバランスが
あるんですね自分的には。これはもう他人
から見たら「どこが違うの?」という程度の
どーでもいいこだわりかもしれないのですが、
このポイントを軽視すると結局着なかったり
まあホントに個人的な嗜好の問題なのですが
ここが重要だったりするのです。

ということで、保留。ちなみに後ろの模様は
ボーダーになっていてこれもさりげなくて
オシャレ。インナーにハイネックとか
重ね着もできるし、なにかと重宝しそうで
おススメです。

と、ここで担当さんがアウターに持ってきた
レザージャケット。8月DMの上段左から2番目と
同じものだと思うのですが、実物の印象が
全然違うのです!なんというか、もっと
ケープやマントに近いAラインのシルエットで
袖の長さが着丈と同じなので8分袖くらいで
後ろの襟付け根中心部からフレア気味に
広がっていて、とても柔らかいレザーの
素材感と相まった独特のエレガントさは
まさにシビラならではの逸品。これが
ニットワンピと相性抜群で、しかもレザーの
イエローが素敵!なんという存在感!

でもこれ、今までにないシルエットで
しかもレザーのイエローってことで
いったい自分の手持ちの秋冬ものとの
相性はどうなんだろ?とちょっと
シミュレーションするも、これはやはり
全く新たに開拓する路線になりそう...
しかも受注会のロングスカートとは
色の相性がイマイチ...ということで、
というか、やっぱり実際に着るのが
あまりにも先になりそうなので保留。
しかしこれはかなり気になる逸品です。

で、これもしかしてこのまま撤退?と
思いきや、担当さんが何気に「こういう
ゆったりしたシルエットで素材がちょっと
変わったワンピもあるんですよ~。」
と、手に取ったのが一見なんということは
ないというか、確かにゆったりしたワンピ。
カーキと黒の2色展開で、黒のほうを
ちょっとあててみたら「これ、もしかして..」
と、何かピンときちゃったんです。

試着すると案の定私の好きな近未来SFの
雰囲気ありあり!トリアセテート主体の
ハリ感のある素材がちょっと高級感もあり、
バルーン袖がキュートだけど全体はごくごく
シンプルと見せかけ、実は後ろの方にかけて
着丈が長くなっていて、また後ろから見ると
全体にフレア気味でマントを羽織っている
ように見え、前はゆったりしていつつも
身体のシルエットが美しく醸し出され、
なんともいえない魅力と雰囲気にすっかり
魅了されてしまいました。

トルソーに着せてもなかなか実物の良さを
伝えるのが難しいのですが...
 

120827_011

 

120827_008

 

ちょっと BLACK 的な雰囲気もあります。

 

120827_013

 


しかしこれまた着丈が短い!
でもこれの場合はシルエットや素材、
また後ろが長いせいもあって、この
バランス感ならOK!と納得がいったので
やっぱり購入してしまいました^^;

これなら今からすぐ着用できるし、
涼しくなってきたらインナーに重ね着で
結構長いシーズン活躍しそうです。
ちなみに、インナーに赤いハイネックの
定番カットソーを合わせたら、意外に
しっくりきて一気に秋気分が盛り上がり、
先ほどのイエローのレザージャケットを
合わせたらこれまたバッチリで、前から
見たらシンプルだけど、後ろがマント
みたいに広がっているシルエットもお揃いで
今シーズンはこのバックスタイルが
マントみたいなシルエットが旬というか
ひとつテーマとしてあるようです。

さらにDMのウールリバーのマントを
羽織ったら、これはもう決まりでしょう、
季節と気温が10月とかだったら...という
ハマり具合で大変危険な組み合わせでした。
マントは思っていたより軽くて、ロング
カーディガン的に扱えそうだし、着用の仕方で
ポンチョとしても使えていろいろ楽しめそう。

そしてさらに気になっていたDM下段左の
ショートブーツ(ブーティ)。これがもう
こういうの欲しかったの!しかもこれも
近未来SFちっくなスタイルにバッチリ!
と、本当にこれは欲しかったのですが、
何しろサイズが小さくて、履いて立っている
のも我慢ならない感じだったので断念。
ああ~もう1サイズ大きいの作ってぇ~

ということで、レザージャケットや
ウールリバーマントが気になって
未練たらたらなのですが、9月の伊勢丹
イベント関連に備えて(?)今回は
バルーン袖の2シルエットドレスワンピ
のみの購入で無事帰還いたしました。

9月は12日から2週間シビラワールドが
大々的に展開されるそうです。お店とは
別コーナーでミュージアム的にシビラの
アーカイヴの展示があり、オンリーアイ
やBLACK(受注会のスペシャルマント
コートに似ているものあり!)シリーズも
入荷し、インテリアのクッションや
スツールの展示販売、別館のカフェでは
スペイン料理なども楽しめるそうで、
これは期間中2回は行かないとすべてを
網羅できそうにないな...と今から
すごく楽しみです!

特に、オンリーアイの商品について
少し資料を見せてもらったのですが、
すんごく気になる帽子があるのです。
帽子といっても、ターバンのような形で
でもそういうの欲しかったので、一瞬
「やった!出た~!」と思ったのですが、
よく見ると何やら頭の上に大きなコブが..
いや、コブじゃなくて、こういう飾り?
おだんごヘア風?...ってそれにしちゃやけに
大きくありませんか?夏のナザベルおだんご
ヘア
みたいな可愛いアクセント的なもの
ではなく、えらい主張してますなこれ。
え~これ取り外しできないの~?
とかつい言ってしまったら店長さんが
会社に問い合わせたりなんだか大騒ぎに
なってしまい、店員さんたちもまだ
実物をみていないのでいろいろな憶測が
飛び交って、すっかり「問題の帽子」に。
(おそらく9月のイセタン通信かなんかで
写真を発見次第すぐUPします!)

 

 

 

 

 

2012年8月24日 (金)

SFな料理

料理はセンスだ。

まあ、商売としてやってるプロはさておき、
日常的な家庭料理は材料や道具が同じだから
あとはセンスと好みの問題だと思う。

で、私は自分の料理をきれいに写真にとって
ブログに掲載したりするほどの自信もないし
そういう傾向はもちあわせていないのですが、

あるこだわりというかテーマがありまして。

たまに、ちょっとこれ面白いな
って思う見た目というか出来栄えのものや
材料の組み合わせとかありまして

それをSF風に仕立て上げちゃったりして
勝手に楽しんでおります。

例えば、これ。

「ヨグ=ソトースのパスタ クリンゴン風」

120803_013

まあ、言っちゃえばイカ墨のパスタです。

でもなんか見た目がエグイというか(笑)
クリンゴン(スタートレック参照)料理っぽいな~と。

ヨグ=ソトースはH.P.ラヴクラフトの作品に登場する
異形の神というか、外宇宙の神というか...
私のイメージとしては「イカ」なので、
というかイカを見るたびに思い出すので(笑)。

 

 


そしてこちらはわざとこんなふうに並べて

「手羽先のクトゥルフ焼き エイリアン風」

 

120717_002

 

 

また、こんなとりあわせも
 

手前
「ダゴンとショゴスの前菜 辛子味噌添え バルカン伝統料理風」
メイン
「ダゴンのジェノベーゼ スパゲティ ベイジョー家庭料理風」

 

120824_011

 

ダゴンもラヴクラフト関連の海の古代神というか,,,
私としては「タコ」がこれのイメージなんです~
ショゴスもラヴクラフト参照でゼリー状の擬態生物みたいな...
これは「おきゅうと」といって東北では「えご」という
海草が原料で寒天に似ていますが夏にだけ出回るものです。
この地味な感じがバルカン(スタートレック参照)っぽいなぁと。

 

てな感じで今後もSFっぽいのができたら
UPしようかなと思ってます☆

 

 

 

 

 

2012年8月20日 (月)

独創性と普遍性

昔から私は
「独創性と普遍性を同時に兼ね備えたもの」
にだけ魅力を感じていました。

単に「独創的」というだけではなく、
その背後あるいは根底に
普遍的なテーマや存在を感じることができるものには
何の説明もなしに圧倒的な魅力と説得力と存在力が伴い
それを目の当たりにした時に我々は
ただ「すごい」「素晴らしい」とか言うだけで、
畏敬の念を抱きひれ伏すしかないのです。

(ところで普遍性というのは大衆性とはまったく違うのに、
ごっちゃにされていると感じることが多いです。)

それらは存在すること自体に意義があり、
存在そのものに価値がある。

そのバリエーションや形態が様々であるように
人の嗜好や傾向も様々であって、その種類が
多いほど文化も豊かなのではないかと思う。


私としてはこれまで全般的に
「楽しい・気持ちいい・美しい」
というのが三原則でしたが、
最近「レアでコアでピュア」に変わりました。
私が共感したり共鳴するものについての共通項、
あるいは私のモットーというか存在価値基準
あるいは人生の意義というか。

以前とは住環境や生活パターンが変わったせいもあるし、
最近また自分の音楽について
客観的に分析する必要に迫られたのも
関係しているかもしれません。

レアでコアでピュア

これもやはり「独創性と普遍性」を同時に
兼ね備えているものです。


ということで、(?)
試聴ミニムービーの最新作をUPしました。
 
旦那さんとの共作です。
 
旦那さんいわく
「私は以前から自分の音楽をつくっていました。
笙で新しい試みをとか、そういう動機ではなく、
ただ永久に夢観ていたい音楽を創ることが必要だったのです。
この夢を皆様とわかちあえたら、とてもうれしいです。」

笙(electoric effected,)、Drawing(描画): 石川 高

Voice(声)、動画編集:宝達 奈巳

CD 「STAY FOREVER in this DREAM」より

 

 


 


前に告知した花火とのコラボ
「真夏の夜の瞬き~Live in circle」
 
音楽、演奏、動画 :宝達 奈巳

※ 曲は CD「16 years later」収録の「Live in circle」です。

 

 


 

 

 

 

 


2012年8月16日 (木)

今年は特にすごいギャップのSybilla Aug Collection

すべてを猛暑のせいにするつもりはありませんが
ここのところ旦那さんとの公式サイト
オンラインショップ、試聴サンプル用ミニムービーなど
PCやネットでの作業をいろいろやっていたら
ブログの更新が久々になってしまいました。

作業に必要なソフトなどをいろいろダウンロード
しまくっていたら、なんか余計なツールバーとか
いらんものがついてきて、異常に動作が遅くなったり
フリーズしたりと、ちょっとPCの調子がおかしくなり、
もしやこれは無理をさせてしまったかしら...と、
いらないプログラムをアンインストールしたり
なんだかんだで妙に時間がかかってしまいましたが
どうにかストレスなく(私もPCも)作業できる
環境を整えられたようです。

ということで、作業のほうは起動に乗ったかな?
くらいのところです。これから、試聴サンプルや
ミニムービーをどんどん作ってUPしていく予定です!


さて、7月にシビラに行き損ねていたので
本当は8月前半にはお店に行くつもりだったのに
あまりの暑さにズルズル延期していたら
8月のDMが来てしまいました^^;


Dmaug1


Dmaug2


ああ、8月ってもうすっかり秋冬なんだよね。
そうでした。毎年のことでわかってはいるけど
今年は特に実際の季節感とのギャップがすごい。

とてもシビラらしい、受注会のマントコートを
彷彿とさせるマント+ワンピも一瞬ときめくものの、
「暖かいっていうか暑そう」とか思ってしまう
この現実のどうしようもない蒸し暑さ...

しかしさっき担当さんから電話もらっちゃったし
やっぱりそろそろシビラに行きたい気分だし...

さらに、新宿伊勢丹では9月に何やら
「アート」をテーマにした企画があって
シビラも大々的に様々に展開するそうで
そちらもすごく楽しみです。
9月ならもうちょっと秋の気分にシフトできそう。

しかしそちらは9月中旬くらいからなので
それまでには絶対行きたくなるだろうし、
7月の展開も見ていないので
近々行ってみようと思っています。

どうせしばらくずっと暑いみたいなので
いくら延期しても同じだ~

 

 


 

 

 

.


2012年8月 5日 (日)

あまりの暑さに猫がフラを踊る

もう暑くてどーしよーもないですね。
容赦ないです今年の魔夏も。

あんまり暑いんで、チェルシーがフラダンスを踊り始めました。

120801_003


今年は夏バテする様子もなく
食欲旺盛で今のところ元気です!


こんな感じで怪獣になったりもしてますが^^;


120801_001


人も猫も馬も、とにかく健康第一ですね~


この辺りでは夕方4時を過ぎると
わりと涼しげな風が吹いてきてだいぶ楽です。
ほぼ270度に渡る7箇所同時パノラマ花火包囲網も
満喫しつつ、オリンピックも見なきゃでなんだか
忙しい夜が続きそう。

でもひぐらしも鳴き始めたし
夜には虫の音も響いてきているので
もう夏も後半戦に入った感じです。


ところで先日の花火横動画をちょっと編集して
曲をつけてみたら結構いい感じになったので
試聴サンプル用ミニムービーとしてUPしました。

http://youtu.be/1BiSC1j7gUo

こういう試聴用ミニムービーをもっと作ろうと思います。
っていうか、実はもう他にもできちゃってたりします。
旦那さんの絵とか、月の映像とか、いろいろコラボです。

でもって数ヶ月前から遅々として進まなかった
旦那さんとの共同サイトのほうも
ようやくちょっと形になってきました。

http://radiant-osc.com/

こちらはまだまだ、これからもっと試聴曲とミニムービーの
リンクを増やしたり、曲ごとのダウンロード販売とか
あ~なんだかやることいっぱいあるんだけど
花火とオリンピックの誘惑が~
ってな感じで、今年の魔夏も楽しくやり過ごせますように。

.

.


.

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »