フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 制御不能の暴走から一転 ... | トップページ | Sybilla 2012 July Collection »

2012年7月13日 (金)

謎の皮膚病と乗馬と早起き猫

数日前に瞼がかゆいなと思っていたら
右目の瞼に赤い腫物ができて
モノモライじゃないんだけどとにかく
かゆくて目は腫れるわで醜いし
さらに例のバイオハザード風邪の後半に勃発した
薬の副作用と思われる顔のブツブツが
またぶり返してきたみたいで
しかも首周りには湿疹が多発するしで
とりあえず皮膚科に行ったんだけど

原因はよくわからんけど
とにかく薬出しときますからと
副腎皮質ホルモンだ抗生剤だ
目に入っても大丈夫な塗り薬だ
かゆみ止め飲み薬だって
やたら薬をたくさんよこし、

それ塗ったら余計にかゆくなって
瞼は赤く腫れる上がるわ
飲み薬は時差ぼけのような猛烈な眠気に
襲われるのにかゆみはおさまらずで

こりゃダメだって感じで
今度は眼科に行ってみたら
やっぱり原因はよくわからんけど
じゃあ違う薬だしますねと
やっぱり目に入っても大丈夫な薬と
点眼薬を処方され、

そしたら瞼のほうは
今日になってだいぶ腫れが引いてきた。

でも顔のブツブツは悪化して
かゆくてどうしようもないので
前に処方された弱めの副腎皮質ホルモン薬を
ちょっと塗ったら今度はかゆみがおさまり
だいぶ楽にはなりましたが

しかし醜い。
鏡を見るたびに憂鬱。
顔を洗うたびに震撼。

でもこれも毒出しの一環として
薬の使用は最小限に留めて
なるべく何も塗らずに
我慢して耐えるしかないな。

というわけで今日は乗馬はキャンセル。
かなり蒸暑いし混雑してたようなので
まあちょうど良かったかもしれません。

といいつつ、一昨日は空いていたので
行ってきちゃったんです乗馬。
瞼腫れて顔ブツブツ、さらに私としては
微熱という感じの36.7度でなんとなく
体に力が入らずダルかったんですが
いざ乗ってみたら余計な力が抜けて
特に駈足がなんかすごくいい感じ。

あらかじめ体調がイマイチなので
軽めのレッスンで、とか言ってたのに
私含めて3人だけだったので
馬場を広く自由に使えて
三湾曲、輪乗りからのS字手前変換、
斜めに手前変換、速足なんかも含め
結局いつもより密度濃いレッスンに。

でも下馬したらやっぱりヘロヘロで
いつもより動作が遅くて手入れとか
やたら時間がかかってしまった^^;

だからまあ今日はいいや...と
簡単にあきらめがつきました。

それにせっかく治ってきたのに
日焼けとか汗とかでまた症状が
ぶり返しちゃって長引くの嫌だし。

で、昨日とかやっぱり乗馬疲れか
ぐったりして寝たり起きたりしてたら
なんだかチェルシーがいつもより
静かでおとなしい。

あれ?やっぱり私が具合悪いと
気をつかっておとなしいのかなeye


で、このところ微妙に夜の気温も
高くなってきているので、(まだ
窓は閉めてても大丈夫だけど)

普段チェルシーは、欧米の子供が
自分の部屋のベッドで一人で寝るように、
ケージの扉を閉めて寝ているのですが
(そうしないと部屋に入ってこようとして
ニャーニャー泣き叫んだ挙句に
ドアや襖をガリガリしちゃう...)

暑い夏のこの時期だけは
こちらも部屋のドアや襖を開け放して
風通しよくして寝るので
そうするとケージから出たがるし、
チェルシーが自分で涼しい所を
選んで寝られるようにと
ケージに入れないでおくのです。

そうすると、他に涼しい場所が
ありそうなのにわざわざ私の枕元に
やってきます。というか、首もとに乗ります。
それで、顔(特に口)を舐めようとするので
今特に薬がいろいろ塗ってあって
危ないからどうしようと思案し、
顔じゅうにガーゼを貼ってみたら
梅図かずお氏の漫画に出てきそうな
「恐怖!包帯女」みたいになってしまったshock

でもこれ、寝ている間に無意識に自分で
掻いてしまうのを防止できていいかも。

今朝は日の出と共(5時頃?)に
首元にチェルシーが乗ってきて
ぐぇぇ~
苦しくて目が覚めましたwobbly

顔が包帯女なのにその上から
舐めようとするので、慌てて顔の上に
タオルをかけてブロック。嬉しいけど
ダメだってば。そのままベッタリと
私のお腹の上に箱座りとかして
ああこのスタイルのときって
後ろ足はこういうふうにしまってるのね
と、お腹の上でチェルシーの足の動きが
よくわかって面白かったけど

. . . 重いsweat02

しかも暑いsweat02

20分くらいしたらさすがに
チェルシーも暑くなったようで
パッと降りて枕元に落ち着きました。

数時間後、私が起きるまで
そこにずーっといたみたい。

そういえば普段も私が見える所で
寝てるなあ。

今まで猫は3匹ほど飼いましたが
こんなにべったりの子は初めてかも。


090630_001


.


.

.

« 制御不能の暴走から一転 ... | トップページ | Sybilla 2012 July Collection »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217288/46316218

この記事へのトラックバック一覧です: 謎の皮膚病と乗馬と早起き猫 :

« 制御不能の暴走から一転 ... | トップページ | Sybilla 2012 July Collection »