フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月29日 (日)

シビラのバッタもんまかり通る

気のせいでしょうか。ここ数年で巷にシビラもどきの
ファッションアイテムを数多く見かけるようになりました。

ワンピース、ブラウス、チュニック、
ハンカチや日傘、傘など
花柄モチーフとその色づかい...

また、ジャケットやコートは襟の形や
開き具合、シルエットなど...

「あれ?なんかシビラっぽくない?」
と、思わせるものが通販雑誌や街の雑貨屋、
百貨店等の婦人服売り場でよく見かけます。

それにしてもですよ、
それらはまあ「シビラっぽい」「シビラ風」
という範囲のものなので「ふ~ん」と
涼しい顔して通り過ぎてましたが、
昨日近所でとんでもない「バッタもん」に遭遇し
一瞬どころかしばらく目を疑いました。

いわゆる婦人服飾雑貨店のトルソーに
堂々とディスプレイされていたのです。

あの、ツインズワンピが!

そのお店は他にも雑貨屋やメガネ屋など
いろいろなお店が入っている複合施設の
一角にあって、まあ40代~50代向けと
思われるちょっとハデ目というか個性的というか
普段はちょっと面白がって通り過ぎる感じの
セレクトショップ?なのですが、
ん?何か見覚えのあるワンピが...

「あれっ?!なんでここにこれが?!coldsweats02
と、ちょっとパニックに。え?ここリサイクルショップ?
中古品?それともアウトレットかなんかで間違って
こんなところに流れてきちゃった?んん?

と、近寄って見てみると、
いや、襟が微妙に違う。袖の形も微妙に違うね。
そして素材感も色(紺)も違いますねえ。
全体的なシルエットも微妙にやぼったいというか(笑)

でも襟の絞りっていうかあのピンタックっぽい仕様、
フレンチ袖、ウエストリボン、両サイドにポケット、
そして麻混の素材感に紺色という、まったくもって
ツインズワンピの特長をすべて真似しているではないか。
ここまでくると、もう「シビラっぽい」とかいうレベルじゃなく
立派なパクリでしょう。盗作ですよ。悪質ですよ。

そして微妙に細かい(ここが肝心という)ところで
真似できてないっていうか追いついてないので
見事に「バッタもん」になっちゃってるのね~

値段も20040円という微妙な数字で...
一緒にいた旦那さんも驚いてました。

タグも見たけど聞いたことない、っていうか
まあ適当にフランス語つけとけばいいでしょう
みたいなメーカーかブランドか知らんけど、
一体どういう人がこういうことを考えて商品化して
この値段で売ろうって思ったんだろうとか、
イトキンこれ許すの?とか、知らないでこれを買った人が
本物のツインズワンピを見たらどう思うのだろう、とか
いろいろ考えてしまいました。

それにしても何か神聖なものを汚された気分で
非常に腹立たしかったです。

まあ、いろんな商品や、音楽とか映画とかそりゃあもう
パクリとかバッタもんは数知れませんが、
一言でいって、

オリジナリティのかけらもないのね。

という憐れみの言葉を送ってやろう。


。。。なんかイマイチ後味悪いので
全然関係ないけど先日の花火の映像の
ちゃんとしたクライマックスシーンをUPしたので
こちらを見て気分スッキリさせましょう↓
http://www.youtube.com/watch?v=9YDuWCtILO8&feature=g-upl

.

.


.

2012年7月26日 (木)

そしてまた魔夏がやってきた

先週前半の猛暑のときは
結構強い風が吹いていたせいか
夕暮れ空が壮大で美しかった. . .

うちの窓からでもかなりの絶景good

120716_001


↓左下に富士山が見えます^^
120716_008


120718_001


しかし先週末から一変してまさかの涼しさ。
涼しいっていうか、朝晩は寒いくらいで
いきなり秋になっちゃったかのような。

ここまで極端なのって初めてじゃない?
さすがに。

かと思えば一昨日あたりからやっぱり
思い出したかのような猛暑のぶり返し。
一度涼しい思いをしたのでいっそうこたえます。

しかも風がない。暑くて重苦しい空気が
じわっと停滞したまま、実に息苦しい暑さ。
これだと空も全体的に靄がかかったような
巨大サウナのような状態になり
夕焼けもぼんやりぼわっと空の色が
妙な灰色ピンクになるだけで
これによりまたさらに魔夏感が増すのです。

まあうちの辺りは夕方から風が出て
いくぶん過ごしやすく夜も楽なんだけど
どうかすると風がぱたっと止んで
どーしよーもない熱帯夜のひと時も
たまにあってこれがまたこたえるのよね。

チェルシーもこんな感じになっちゃうし。

120719_001


熱中症や夏バテにならないように
自分より気をつかってます^^;
(今のところ食欲旺盛で心配なし^^)

心配といえば、急に涼しくなったときに
ナザベルがお腹冷えたり風邪ひかないか
ちょっと(だいぶ)心配だったのですが、
ぜ~んぜん元気で、昨日も下乗りのとき
ノリノリでブッ飛ばしてました。
まああれだけ立派な体してるなら
大丈夫でしょうとの獣医さんのお墨付き。
たくましく丈夫になったねえ。

一角獣スタイル↓

120725_001


魔夏対応おだんごヘア

120725_003


そして今日はすぐ近くで盆踊りと花火があって
特に花火はほぼ目の前なのですごい迫力!
興奮して動画撮ったものの、カメラを縦にしていたので
再生したら期せずしてSF映画みたいな映像に!
宇宙人の攻撃?みたいな(笑)↓
http://youtu.be/3YNNRFGt3V4


.

.

.


2012年7月16日 (月)

猛暑を楽しむシビラのハンカチコレクション

猛暑っていうか、むぉ~~~しょ。
今日もあづかったでずね。みたいな暑さでした。
それにしてもまたもや強風なので
今日はPLAYAワイドパンツと冷感ブラウスで。
風の強い日でもパンツならめくれる心配もないし
リネン(麻)素材がサラサラ気持ちよくて快適~。

ところでまあこんだけ暑いとどうしたって
汗をかくし、かかないのは不健康ですよね。
でも汗をかいたままにしておくと肌に悪いし
不衛生でもあるので、この季節は日傘などと共に
大きめのハンカチが活躍する機会が増えます。

近所のまるひろ百貨店でシビラのハンカチも
SALEになっていたのでちょっと買い足して、
気づけばけっこうなコクレションになっていたので
新しめのものをご紹介。まだ他にもあるのですが
かなり使い込んでいるのでちょっと掲載するのは
お恥ずかしい感じ。まあとにかく、愛用しております。


120627_012


上段は旦那さん用のシリーズですが
もったいながってまだ未使用が多いです。
私はもうひとまわりくらい小さいサイズのが
好きなのですが、この季節はこのサイズで
ちょうどいいですね。でも小さいサイズのも
作ってほしいなと思っています。

それにしてもこの暑さ...。うちのほうは今はまだ
日が沈むと風が涼しくなって過ごしやすくなりますが
もっと湿度が上がって猛暑が本格化すると
夜でも風がなくてまったり暑くてどーしよーもない、
あれがキツイんですよね... あれは勘弁してほしい。
今日なんかも乗馬予定してた方々は乗ったんだろうか...
なんだか今年はちょっと体力に自信がないなあ。

大雨も猛暑もそこそこに切り上げて欲しいですね。


.

.


.

2012年7月14日 (土)

Sybilla 2012 July Collection

いよいよ耐えがたい暑さがやって来ました。
あ~ 暑い... 梅雨明けまだだけど
もう魔夏は始まっちゃう感じ...despair

そして、7月のDMも来ました~

↓クリックで拡大できます↓

Dmjuly


出た~
ダダ星人ワンピ!(上段左端)

これニットでしょうかね。なんだかとっても
着やすそうで長いシーズン活躍しそうで
もしチュニックOKの着丈でパンツとの相性が
よかったりしたら、かなりかなり危険ですbomb

一番気になっているのは上段右から2番目の
パンツです。これは素材がどんな感じなのか、
あと裾の広がり具合がどの程度なのか
秋冬に向けて慎重に緻密に検討したいと
思っています。

とか何とか言って、そんな前置きはいっぺんで
どこかへ吹っ飛んでしまうのが常なのですがsweat01

下段左から3番目のグレーのワンピ、
受注会のレースワンピをイメージさせる
モチーフで、お色も珍しくて素敵ですね~

あと下段右から2番目のワンピの
モチーフというか絵画作品のような
全体の雰囲気にも心惹かれるのですが
これは私には似合わないなwobbly
でも実物をぜひ見てみたいです。

そして店頭展開にどんな罠や落とし穴が
待ち受けているのか... 恐ろしくも楽しみな
シビラの秋冬が始まります...


.

.


.


2012年7月13日 (金)

謎の皮膚病と乗馬と早起き猫

数日前に瞼がかゆいなと思っていたら
右目の瞼に赤い腫物ができて
モノモライじゃないんだけどとにかく
かゆくて目は腫れるわで醜いし
さらに例のバイオハザード風邪の後半に勃発した
薬の副作用と思われる顔のブツブツが
またぶり返してきたみたいで
しかも首周りには湿疹が多発するしで
とりあえず皮膚科に行ったんだけど

原因はよくわからんけど
とにかく薬出しときますからと
副腎皮質ホルモンだ抗生剤だ
目に入っても大丈夫な塗り薬だ
かゆみ止め飲み薬だって
やたら薬をたくさんよこし、

それ塗ったら余計にかゆくなって
瞼は赤く腫れる上がるわ
飲み薬は時差ぼけのような猛烈な眠気に
襲われるのにかゆみはおさまらずで

こりゃダメだって感じで
今度は眼科に行ってみたら
やっぱり原因はよくわからんけど
じゃあ違う薬だしますねと
やっぱり目に入っても大丈夫な薬と
点眼薬を処方され、

そしたら瞼のほうは
今日になってだいぶ腫れが引いてきた。

でも顔のブツブツは悪化して
かゆくてどうしようもないので
前に処方された弱めの副腎皮質ホルモン薬を
ちょっと塗ったら今度はかゆみがおさまり
だいぶ楽にはなりましたが

しかし醜い。
鏡を見るたびに憂鬱。
顔を洗うたびに震撼。

でもこれも毒出しの一環として
薬の使用は最小限に留めて
なるべく何も塗らずに
我慢して耐えるしかないな。

というわけで今日は乗馬はキャンセル。
かなり蒸暑いし混雑してたようなので
まあちょうど良かったかもしれません。

といいつつ、一昨日は空いていたので
行ってきちゃったんです乗馬。
瞼腫れて顔ブツブツ、さらに私としては
微熱という感じの36.7度でなんとなく
体に力が入らずダルかったんですが
いざ乗ってみたら余計な力が抜けて
特に駈足がなんかすごくいい感じ。

あらかじめ体調がイマイチなので
軽めのレッスンで、とか言ってたのに
私含めて3人だけだったので
馬場を広く自由に使えて
三湾曲、輪乗りからのS字手前変換、
斜めに手前変換、速足なんかも含め
結局いつもより密度濃いレッスンに。

でも下馬したらやっぱりヘロヘロで
いつもより動作が遅くて手入れとか
やたら時間がかかってしまった^^;

だからまあ今日はいいや...と
簡単にあきらめがつきました。

それにせっかく治ってきたのに
日焼けとか汗とかでまた症状が
ぶり返しちゃって長引くの嫌だし。

で、昨日とかやっぱり乗馬疲れか
ぐったりして寝たり起きたりしてたら
なんだかチェルシーがいつもより
静かでおとなしい。

あれ?やっぱり私が具合悪いと
気をつかっておとなしいのかなeye


で、このところ微妙に夜の気温も
高くなってきているので、(まだ
窓は閉めてても大丈夫だけど)

普段チェルシーは、欧米の子供が
自分の部屋のベッドで一人で寝るように、
ケージの扉を閉めて寝ているのですが
(そうしないと部屋に入ってこようとして
ニャーニャー泣き叫んだ挙句に
ドアや襖をガリガリしちゃう...)

暑い夏のこの時期だけは
こちらも部屋のドアや襖を開け放して
風通しよくして寝るので
そうするとケージから出たがるし、
チェルシーが自分で涼しい所を
選んで寝られるようにと
ケージに入れないでおくのです。

そうすると、他に涼しい場所が
ありそうなのにわざわざ私の枕元に
やってきます。というか、首もとに乗ります。
それで、顔(特に口)を舐めようとするので
今特に薬がいろいろ塗ってあって
危ないからどうしようと思案し、
顔じゅうにガーゼを貼ってみたら
梅図かずお氏の漫画に出てきそうな
「恐怖!包帯女」みたいになってしまったshock

でもこれ、寝ている間に無意識に自分で
掻いてしまうのを防止できていいかも。

今朝は日の出と共(5時頃?)に
首元にチェルシーが乗ってきて
ぐぇぇ~
苦しくて目が覚めましたwobbly

顔が包帯女なのにその上から
舐めようとするので、慌てて顔の上に
タオルをかけてブロック。嬉しいけど
ダメだってば。そのままベッタリと
私のお腹の上に箱座りとかして
ああこのスタイルのときって
後ろ足はこういうふうにしまってるのね
と、お腹の上でチェルシーの足の動きが
よくわかって面白かったけど

. . . 重いsweat02

しかも暑いsweat02

20分くらいしたらさすがに
チェルシーも暑くなったようで
パッと降りて枕元に落ち着きました。

数時間後、私が起きるまで
そこにずーっといたみたい。

そういえば普段も私が見える所で
寝てるなあ。

今まで猫は3匹ほど飼いましたが
こんなにべったりの子は初めてかも。


090630_001


.


.

.

2012年7月 4日 (水)

制御不能の暴走から一転 ...

昨日は予報ほど雨が降らなかったので
なんだ~こんなことなら予定通り乗馬
行けばよかったよ~涼しかったし
空いてたし~sad

と言ってももう遅いのです。
今日に延期したので行くしかない。
いよいよ夏ですよという日差しと
湿気もでてきて本格的に暑い。
しかも混んでる。ああ、天気予報
うらめしや。

早めの下乗りだったので
ナザベル1頭だけ。この状況だと
普通にいい子ちゃん。しかし、さあ
レッスン始めましょうと皆で馬場に
出て軽速足を始めたら、やっぱり
ちょっとノリノリで頭振ったりして
時々ハミがはずれると今にも
ブンブンいきそうになりながら

輪乗りやらでどうにかこうにか
興奮状態をおさめて、途中から
まあまあいい感じになってきた。

幸いH氏もいなかったので
そんなにワサワサした雰囲気では
なかったのもラッキーだった。
で、駈足は久々の2頭駈足。
右は特に問題なし。いや、発進が
今日はあまりよくなかったな。
私がもう1頭のほうを気にしすぎて
ナザベルに集中してないのが
いけなかったんだきっと。
でも途中から体勢を立て直して
最近は駈足でも騎座で馬の
バランスを修正できるように
ようやくなってきた。

そしてちょっとまだ不安の残る
左の駈足。こちらは発進はすごく
良かった。今日はH氏の奥様の
marchan先生が指導してくれたのだが
お褒めの言葉が出るほど良い発進
だったのも束の間、

出たよ。いきなり止まってグズグズ
後退。これは後ろからもう1頭が
やってくるタイミングをナザベルが
はかってグズって私を困らせて
走らなくてすむようにサボる兆候。

そしてまんまとナザベルの策略に
はまった。駈足だと、しかも左だと
自信がないから強い脚を入れられず
ナザベルのやりたい放題になってしまう。
しかしここで前に出さねば動かさねば。
すかさずmarchan先生も「ほら!それは
ダメダメ!駈足をやらせなきゃ!」と
もう1頭との距離をはかりながら
思い切って駈足を出すと、案の定
途中でギアチェンジして暴走モードに。

ちょうどもう1頭が内側からやってきて
重なるところでスイッチが入ってしまった。
やっぱりそうきたか、と少しは覚悟して
いたけど、久々だったのでやはりこの
スピードと制御不能な状態は恐怖。

これはちょっと止まらないなと思い
途中で鞭を落とす。とにかく落ちないで
乗っているだけで精一杯。もちろん
止めようと手綱を引いてるけど
全然効きませんsweat02

すると森側のラチに向かって直進。
ええ?どうするつもりよナザベル
ああ、前みたいにあそこで急に
止まってゴネゴネするのか...

とかいう考えが甘かった。
いきなりぐわっと右に曲がって
いつのまにか手前変換して
外側の一番奥の馬場のテイセキを爆走。
ええ~っ、そっち?!そっちはマズイよ
しかもさらにスピードが増す。
まさしくこれが制御不能の暴走。
やめて~~~っ、ひぃぃ~~~
と、奥の馬場で下乗りをしていた
スタッフさんと2頭をかすめながら
体の右側が地面につくんじゃないか
っていうくらいスレスレでカーブを曲がり
鏡の前を通過していつもの馬場に
戻ってきたら、少しスピードが落ちて
あ、止まってくれるかも、っていうか
もう1周は耐えられないから
ここで止めねば、と、思いながらも
ナザベルは馬場の真ん中に避難
していた馬たちに突進していく...

あわやというところでどうにか
止まったけど、かなり危なかった。
乗っていたのがベテランの会員さん
だったのでうまくあしらってくれて
非常に助かりました。

で、いつもだったらこういう時は
担当のmiccaさんに乗り代わって
もらったりするんだけど、今日は
H氏と化したmarchan先生が
「そのまま!今度は軽速足でいいから
1周続けてごらん。」と続行。

一瞬「え~coldsweats02」と思ったけど
まあ軽速足なら...と始めるとさっきより
騎座が安定してナザベルもいい感じ。
「愛撫してあげて」とここでよい
コミュニケーションがとれたからか
2周したら「はい、そのまま駈足!」の
指示。またもや「えっcoldsweats02」と思ったけど、
なぜかその時私も大丈夫な気がして、
駈足を出したら「ああこれなら大丈夫」
というハミの感触があり、
騎座もやたらちゃんと座れてて
ナザベルもトモが入りながらハミとって
今度はちゃんと制御できている
かなり良い駈足。そしてまた軽速足に
落として、さらにもう1回駈足。おお、
いい感じ。marchan先生も「なんだか
馬も人も別人のように素晴らしいぞ!」
と、まあ結果オーライだけど、とにかく
落馬しなかったし、暴走の後も乗り代わり
なしでいい状態にもっていけたので
今日は実り多かった。と思います。

終わってから皆さんに「すごいわ~」
「あんな暴走してるのに、よくバランス
崩さずに乗れるわね~」とか「よくあの
暴走の後に駈足やれましたね。」とか
さんざんいろいろ言われ、いやすごい
っていうか、暴走させないのが一番
ですよ。でもまあ今日はしょうがないか。

それにしても、今回ばかりは途中で
何度も「落ちる~shock」とか思ったけど
体起こしてじっとして耐えればどうにか
なるもんなんだなぁ。とか思ったり。

miccaさんとも話したんだけど、
ナザベルがああいうふうに爆走して
いるときって「走っている」っていうより
「フワフワ浮いている」感じなのです。
重力と浮力がせめぎあっているような...
あの感覚が恐怖から快感になったら
たまらんでしょうね~happy02 
いやでも危険です。あの状態でも、
あのフワフワしつつあのすごいスピードと
パワーに持っていかれずに、しっかりとした
騎座で座っていられるようになれなければ。
すなわち制御できるようになれば
話は別だけど。
って、ちょっと落ちないで大丈夫
だったからって...まだまだよ。

でも今日はあの暴走の後
乗り代わりなしで、私もナザベルも
わりとすぐ、すっといい状態に
もっていけたのが以前より進歩。
少しずつだけど、やっぱり進歩してる。
と、思える日でした。


2012年7月 2日 (月)

結婚相手より出会うのが難しいベストパートナー(?!

先日(例の、バイオハザードな風邪で寝込む
直前の日のこと...っていうか、この出来事の
せいで具合悪くなったんじゃないかっていう)
乗馬クラブに、ナザベルとお父さんが同じで
2歳年上のお兄さんにあたる馬を持っている
という方がいらしていて、「うわぁ、うちの子と
目が似てるわ、首の辺りも、尻尾もheart01
と、見せていただいた写真(携帯画像)が
むっっっちゃくちゃカッコええ~~~shine
葦毛?と思うような、でも葦毛ではなく
ナザベルのお父さんの持つアハルテケの
まさしく黄金色に近い月毛だそうで、
尻尾の先はナザベルのような黄金色で、
ものすごく風格が合って優雅で立派な
惚れ惚れするようなお馬さんでした。
馬場馬術の大会か何かに出場した時の
写真のようでした。騎乗しているのは
馬場で有名な某クラブの先生?らしく
それはそれは誇らしげなお姿でした。
ナザベルのお父さんは、アハルテケと
トラケーネンのMIXというだけでなく、
馬場馬術のほうの名馬で、同じく
兄弟がなんとかっていう馬場の大会で
(詳しくは覚えておりませんの^^;)
優勝したそうで、まあそりゃそうでしょう
という血統なのですよね実はsweat02

で、最初は私も嬉しくて、ナザベルを
出してきて馬装前の手入れとかしながら
いろいろお話したりしてたのですが、
「もう3科目とか、やるんでしょ?」
と言われ、言葉に詰まってしまい...

5歳になる前に死にそうになったので
それ以来あまり無理させないように
してるんですcoldsweats01 みたいな
まあ事実しかりの言い訳ですが、
私も当初は「自馬を持つなら競技会に
出るのは当たり前」と思っていたけど
ナザベルにも自分にもわざわざストレスや
プレッシャーを与えることないか、と
だんだん考え方が変わってきて

っていうか、実際問題何がって
お金かかってしょうがないんでshock
その余裕ありませんsweat01てのが
一番大きな理由でもあるのですが

まずナザベルの体調を整えることが
第一だったので、様子を見ながら
少しずつ新しい課題に挑戦して
今10歳でかなりいい感じにはなって
きてると思っていたのです。

が、いきなりあらわれた兄弟は
バリバリの英才教育を受けた
超エリートさんimpacthorsefuji

そのうち他の会員さんたちが
続々やってきて「あの人誰?」
みたいな話になり、私が事情を話すと
「え~?じゃあ何?ナザベルだけを
わざわざ見に来たの~?」とcoldsweats02

「私なんかしょぼいからこれから
乗るの嫌ですよ~」と、緊張しまくり。

そして不思議なことに
ナザベルもいつもと様子が違う。
普段、知らない人でもわりと
おちゃらけてすぐうちとけて
甘えたりするんだけど、

なんか緊張気味というか
その兄弟のオーナーさんが
撫でたりしてもシャン!として
妙にお行儀がよいのだ。

いつぞやの、旦那さんの関係の
撮影隊の方々が来たときに似ている。
あの時は皆背が高くて身体の大きい
外人さんたちだからかな?と思ったけど
今回はまた別の何かを感じ取ったらしい。

で、事情を察した担当のmiccaさん
下乗りをすごく丁寧にやってもらい
その間ずっと、そのオーナーさんと
お連れの方はナザベルから目を離さず
何やらお話されている様子。

そしてレッスンは馬場がぐちゃぐちゃで
状態が悪いうえに混みあっていたので
軽速足中心で輪乗りで図形運動など。

驚いたのが、ナザベルの優等生ぶり。
あれだけ馬場が混み合っていたら
盛り上がってブンブンしたりするのに
「見られている」状況を理解してか
指示に的確に応答して、その通りに
動いてくれました。(なんかお客さん
来るとやけにいい子ちゃんなんだよね。
もしかして競技会出てもちゃっかり
しっかりやってくれるタイプかも?)

しかしまあ3科目には程遠い内容だし
まあガッカリされたことと思われますgawk

同じ兄弟で素質もあるのに
もったいないねぇ~

なんて思われたかなぁ...

などと会員さんたちと話していたら
最近よくご一緒するようになった
ある方に「いや、でも拝見していて
すごくいい関係だなって思ってました」
と、お話を伺うと、その方はこれまで
いくつか乗馬クラブに入っていろいろ
見てきたけど、自馬とオーナーの
関係ってすごく難しいんだそうで。

その人の技量や性格などトータルで
相性が良くて、しかも馬にとっても
ベストなオーナーであるということが
実は結婚相手を見つけるよりも
出会うのが難しいと言われているそうで。

なるほど確かにいくら自分が好きで
気に入った馬でも、合う合わないは
もちろんのこと、その馬にとっては
そのオーナーどうなの?っていうことも
あるんだよね。成長の過程もあるし。

そう言われると、普通は5歳くらいに
なってからオーナーがつくところを、
ナザベルは2歳半から私たちと一緒で、
私も最初はほんとにへこかったし
ナザベルもちっちゃくって体力なくて
軽速足を続けて1周できたら大拍手!
くらいのところからスタートしてる。

そしてあの危篤状態から奇跡の回復
を経て、その後はぐんぐん成長して
私がようやくナザベルのパワーと
バランスに追いついたと思うとまた
ナザベルが成長して..の追いかけっこ。

でもそれが「え、それ素晴らしいじゃ
ないですか。ずっと一緒に成長し
続けられるんですから。最高ですよ~」
とその方に言われて、そうかflair確かに
すごい体験させてもらってるよね、と
ナザベルの一生に関わっていることに
あらためて自覚を持ったのでした。

そしてこれは非常に稀なことだと。

担当のmiccaさんともお話して
もちろん競技会を目標にして出場したり
経験を積むということもあるけど
確かに輸送とか競技会の前後は
変則的になるのでストレスや
プレッシャーはかかるので
それはもう人それぞれだと。

ただナザベルと私の関係は
もちろん競技会に出るくらいの
信頼性は築けてますよ、とは
言ってもらえたけど、やっぱり私は
無理して出ることないよ~って
思ってしまうんだよなぁ。

miccaさんは、ナザベルのこの状況って
すごく幸せだと思いますよ、と言って
くれたが、まあそうだよね、いいよね
と旦那さんとも話したりして、
馬でもこんなに気をもむんだから
人間の子供の教育なんつったら
さぞ大変なこったろーなぁ
などと溜息ついてみたりして

というわけで、奥が深いのですよ
乗馬。

120509_005


« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »