フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月28日 (木)

続・シビラ受注会

はい。そうです。
続編があるのです。

つい一昨日に「カットソーだけで済みました」
とか言っておきながら、いえ、確かにあの時は
そうだったんですよ。試着したときには
ロングスカートすごく素敵だけど
なんかパンツの気分なんだよね~
スカートあんまり履かないし~

と、あっさりあきらめがついていたのに
あの日ブログを書いてほっとしたのも
束の間、寝る時に布団に入った途端、
あのロングスカートに黒いブーツでさ
黒いダウンが腰までの丈でなんか
こうたっぷりしてるようでいて
ウエストのところでキュッとなって
スカートの裾のところだけフレアで...

とか、なんかもう妄想がとめどなく
次々にあのロングスカートの
コーディネイトのバリエーションが
頭の中をチラついて寝付くのに
異常に時間がかかってしまい、

さらに昨日の乗馬のときは
乗馬に集中してましたが、
行き帰りや料理を作ってる時なども
油断するとすぐあのスカートの
イメージ映像がチラついて
も~気になって気になって

これは日常生活に支障をきたす
恐れがあると判断し、っていうか
今朝私としてはあり得ないくらい
早くに目が覚めてしまい、もう
こういうことならもう一度試着して
決着をつけてしまおう!と
今日また受注会に行ってきました。

本当に自分でも不思議です。
寝る前までは納得してたはずなのに。
なんか魔法にかかったみたい...。

とはいえ、やっぱりいいのよモノが。
そうそう、一昨日帰宅してまず
08年受注会のときのロングスカート
見てみたらやっぱり似ているとはいえ
違いますわ。もちろん08年のスカートも
あれはあの素材であの切り替え幅で
あのバランスであのお色だからこそ
とても気に入っているのですが、

今回のはやっぱりお値段分だけの
グレードアップ感たっぷり。素材が
違うし、あの素材だからこそのあの
切り替えの幅、そしてステッチの
立体感、さらにあのお色。
まさに冬ものだからこそできる
デザインの妙とテクニック。

そしてなによりあのロング丈。
微妙に08年のものより長い。
あれだけのロング丈はなかなかない。
しかも、ちょっと気になって「これって
もしかして馬にまたがれるんじゃない?」
と足を開いてみたら、ほんとそんな感じ!
っていうくらいたっぷり生地を贅沢に
とってあって、これはワンピかコートの分
くらいのお値段するわけだわ、と
納得してしまったのが致命的。

他のお色もそれぞれ素敵で、
紺もちょっとパープルがかったような
(これも素材感の効果)独特な紺で
こちらのほうが他のものと合わせやすく
実際、紺で一番短い丈のスカートが
人気があるようでした。

また、キャメルのようなお色も
ちょっとスエードのような感じで
変わっているけど意外と何でも
合いやすい感じで魅力的。

でもやっぱり私は今回、白。
DMの写真よりほんの少しだけ
グレーがかったような、これも
素材感の効果で独特の白なんです。
たぶん暖色系より寒色系のほうが
コーディネイトのとき向いているかな。
このスカートが主役になるような
他は黒だけというストイックな感じの
自分で言って自分でハマッた
アンティーク×近未来な

 イメージにとり憑かれた。

そんな感じで今回はもう降参です。

なんだよ結局カットソーとスカートの
2点買いじゃんよ...
でもまあ去年スルーしてるからいいか
っていう問題でもないんだけどね...

でも今回、いつもの自己嫌悪には
陥らず、なんかスッキリしたというか
もういいや、しょうがないや、って
開き直っちゃったのかな...
なんだかもうよくわかりませんわ。
でもきっとこの秋冬に「え~lovelyupwobbly
というものが出たとしても
「あのスカート買うんじゃなかったcrying
というふうには思わない
その確信が持てたので、
え、いや...確信、と言うほどまでではないけど
もうこれ以上ぐちゃぐちゃ悩むの
耐えられなかっただけかもしれないけど

とにかく、これが受注会です...

今回、DMはパッと見ちょっと地味
というわけではないけど、いつもなら
大胆だけどシビラらしいモチーフとか
もっとこうわかりやすい(?)テーマ
あるいはコート中心で選びやすい
っていうか、コートだと持ってるものに
合わせるのに想像しやすいとか、
とにかく今回は、ちょっと違う攻め方を
してきましたな
とか受注会談義はつきないのですが

とにかくシビラは試着すると危険なのです。
でも試着しないとその魅力、素晴らしさ、
奥深さがわからない。いや~参った。

というわけで、夏が来る前に
すでにもう冬の妄想ですよ。
ああ、太らないようにせねばsweat02

.

.


2012年6月27日 (水)

2週間ぶり病み上がり乗馬

よ~うやく体調もほぼ元通りに。
今日もなかなか清々しいお天気で
乗馬にはもってこいの日和。

2週間ぶりに見たナザベルは
さらに夏毛が進んでいて
茶色が濃くなりながらも
やっぱり毛の一本一本が光り
全身が黄金色に輝くのでした。

チェルシーもすっかり元に戻り
ワーワー ニャーニャーうるさく
いつものように騒ぐようになったので
やっぱり私が具合悪いのを察して
遠慮して静かにしていたのねheart01

と、その話をナザベルにもして、
ナザベルも今日は暴れないでね。
と、話しかけてみる。

しかし、2週間ぶりというだけあって
下乗りときは大暴れwobbly
担当のmiccaさんも途中でなぜか
馬場の真ん中で止まっていた馬に
突進していったナザベルに「ちょっ..!」と
半笑いで焦る始末sweat02
さらにつられて他の子たちも暴走。
賑やかな下乗りで馬場が一変。

でも一通り暴れたら気がすんだようで
そのうちだんだんおさまって
丸まっていい感じに。

さて2週間ぶりに馬にまたがると、
おお、視界が高い。広がる景色。

馬の動きに合わせてすぅっと背筋が伸びる。
あぁ~、気持ちいい。

いや~、やっぱいいわ~。

久しぶりで病み上がりなので
並足を多めに。
鐙を外して身体をほぐす。
ナザベルが首を使って歩くように動かす。

軽速足は、最初やっぱりついつい変に
力が入って前屈みになってしまい
騎座のいい感覚が戻るまでぎこちなく、
さらに脚の力加減が控えめすぎたようで
miccaさんに「もっと積極的に」「そんな
遠慮しないでいいんですよ」とか言われ、

うーんやっぱり体力・筋力共に
落ちたな~と思いつつ、だんだん
感じを取り戻してきたら
ナザベルもいい感じに動いて
ハミとってまとまってきた。

そのまま駈足発進もバッチリ。
なんだか前より駈足が軽やか。
前ほど頑張って推進しなくても
ナザベルが動いてくれる感じ。

しかし左はそういうわけにはいかず
例によってバランスが崩れそうになるが
わりとすぐ修正できてどうにか駈足維持。
積極的に前に出せたのがよかった。

駈足後の軽速足と速足はかなり
いい感じ。ハミの手ごたえがあった。

ナザベルちゃんとお話わかって
言うこと聞いてくれたんじゃないかしらheart04

と思ってしまいたくなるような
いや、そうでしょうほんとに。

思えばナザベルが具合悪くなるよりは
自分がなるほうが全然いいのだ。
(ならないのが一番いいけど)

ほんとに変な気候だけど
元気なのでありがたいです。

それにしてもまだ夜は冷えるので
いつもなら馬着をとっくにひきとって
家のストッカーがいっぱいになるはずが
まだ数着必要とのことで
今年はなんだかいつにもまして
変な気候ですね~ と話しつつ
帰り道で田植えがしてあるのを
見つけて季節感をリセットする。

夏はこれからなんだよなぁ...

.

.


2012年6月26日 (火)

'12シビラ秋冬受注会レポート

今日も秋のような爽やかなお天気で
秋冬受注会にはピッタリの雰囲気。
何しろ梅雨とは思えないような
カラッとした風が気持ちよくて
もう夏は終わったかのよう...
(まだこれからなのに^^;)

というわけで、今日のコーデは
レトロエレガント
ニットボレロ
重ね着してちょうどよい感じでした。

さて、受注会のほうはというと...

まず驚いたのが、DMには掲載されていない
インポート素材の豪華なマントコート(?)

こちらは受注数が非常に少なく
それだけに素材もデザインも作りも
何もかも「特別」で「至上」というのが
ふさわしいお品でした。

素材がウール主体なんだけど
高級なヌバックかスエードのような
なんともたとえようもなく独特で、
後ろから見るとマントだけど
前から見るとほんのりAラインで
お袖がたっぷりしているコート
だけど袖はマントにつながっている
という摩訶不思議でありながら
実に上品で高級感溢れる
見て惚れぼれ、着てうっとり

これがDM1枚目左下の右ワンピ
(黄色の立体的なワンピ)と合わせたら
自分が全く違う人になったような
平行世界の誰かになったような
そんな錯覚にとらわれるのでした。

もう一型のほうはボタンなしで
袖にファーが付いていて
このファーがそこらのファーとは大違い
これだけでおいくらかしらというような
さらに羽織っただけなのに
襟のあしらいがさりげなく高級。
ちょっと何これ~ カッコよすぎ~
もう、どこの何の人が何しにどこ行くのよ!

などと、せっかくの雰囲気を台無しにしつつ

いやしかし素敵でした...
まさに夢のような時間というのでしょうか。

さすがにこれだけのお品だけあって
お値段がどう頑張っても無理
っていうかこの冬これで終わりみたいな
それで済むわけないし

と、ちょっと現実というか日常に戻り
やっぱ実用性を考えねば!

ということで、最初から気になっていた
DM2枚目右上のハイネックカットソー

これは黒が欲しい!と思って
最初に黒を試着したら、「あら?」
というイメージの違和感があって
なんだろう、いいんだけど何か
思ってた感じと違うんだよね...

とか言いながら、ちゃっかり
DM1枚目右下の左のロングスカートの白
(といってもちょっとグレーがかったような
微妙なお色で素敵でした)と
同じくDM1枚目右上右のハーフコート
(こちらはマントでした!)を
合わせたらやっぱり私としては
近未来×アンティークな感じで
おおおぉ~ これは新しい!
とやっぱりテンションup

しかも白×白というのがまた新鮮。
ハーフコートタイプのマントは
写真よりずっと立体的で優雅で
素材も高級感があって素敵でした!
独特の存在感にかなり魅了されました。
またロングスカートと合うんですよね~
そのロングスカートも、08年の受注会で
購入したもの
よりも切り替えの幅と
フレアがたっぷりしていてさらに優雅。
このマーメイドのようでいてちょっと違う
何ともいえないシルエットが実にシビラ。
切り替え部分のステッチも凝っていて
ぬかりないなぁ~という作品です。

しかしこのコーディネイトそのままだと
冬が半分くらい終わるようなお値段impact

それと、ほんとにスカート素敵なんだけど
何かどうも気分的にはパンツなんだよね...

ということで、結果的には、なんと
予定通りハイネックカットソーだけで
どうにかこの関門を突破できました。

お色はDM掲載のブルー(このブルーも
シビラ独特の水色ともミントグリーンとも
なんともいえない微妙なお色ですよね)
こちらのお色を試着したら、ハイネックの
ドレープの見え方や全体の素材の
上品な光沢感も素敵で、やはりとても
気に入ってしまいました。

ロングスカートとマント(ハーフコート)も
すっごく素敵で、かなり迷ったのですが
というか、また夢に出てきそうですが
ここはぐっとこらえて、この秋冬の
コレクション展開に期待することに...

あと、黄色のワンピも素敵でした!
やっぱり受注会ならではの素材の
高級感と立体的フォルムの美しさ、
プレタポルテかオートクチュールか
って感じで、

でも予想通り着丈が短かったので
こちらはすぐあきらめがつきました。

それから、アンティークレースのコート。
色の組み合わせやレースのテクニック、
糸の光沢感とかもうそれはそれは
着るのがもったいないというか
一見の価値ある素敵なお品でした。

それにしても、注文したハイネックの
あのお色、帰宅してクローゼットを
見てみると、かなり新鮮というか
ああいうお色は持っていませんでした。

でも意外にこれと合うかも...とか、
こういう感じのパンツと合わせたら、
とか、今からいろいろ妄想です。

これからうんざりするような暑い夏が
やってくるというのに、もうすっかり
気分は秋冬モードです。


.


.


2012年6月25日 (月)

変な気候を逆手にとる

バイオハザードな風邪ウイルスとの闘いも
ようやく峠を越えたようで、
今日はようやく外出らしい外出をしました。
実に12日ぶりの社会復帰(笑)です;

2,3日前からちょっと感じていたのですが
今回の風邪で寝込んで以来、
味覚や聴覚が敏感になったみたいで。

味覚に関しては、たぶん毎晩のように
夕食の時に飲んでいたワインを
1週間以上摂取しなかったことが
関係あるかも...。

もともと薄味好きで、外食だと味が濃いと
感じることが多いのですが
味や匂いにより敏感になっています。

オタフクソースの、
なんとシナモンの効いていることか(笑)!

そして今日電車に乗ったら
いろんな音が
いろんなふうに聞こえてきて
ちょっとキョロキョロして
挙動不審な人に見えたかもsweat01

とにかくなんだか新鮮な感じで
ただ電車に乗って
ちょっと用事を済ませて
帰ってきただけだったのですが
なんだか面白かったnote

そして、この時期にしては
妙に涼しいというか肌寒くて
何を着たらいいんだ?!
といろいろ物色しているときに
「もしや」と思って羽織ってみた
昨冬シーズンのSybilla BLACKのジレ
これがなんとも不思議で
初秋モードな雰囲気たっぷりに。


120625_004_2

外では風が冷たいし
電車や建物の中も
変に冷房が効いていて
この素材(薄手の圧縮ウール?)でも
全然暑くなく、むしろちょうど良くて

途中でアームホールのところから
内側に折り返してボレロというか
ケープみたいに羽織ってみたら
これまたカッコよくて
このチュニックワンピとのバランスが
絶妙ですっかり気に入ってしまい
この変な気候を逆手にとって
全体的に初秋モードな感じで
明日の受注会への気分が
さらに盛り上がるのでしたup

ところで、私が寝込んでいる間
チェルシーもなんか元気がなくて
ちょっと心配していたのですが、
昨晩あたりから少し調子が戻ってきて
今日はだいぶ表情も普段の感じに。

もしかして、私につられたというか
私が元気ないからおとなしくしてなきゃ
とか思って静かにしていたのかしら
などとちょっと思ったり...

いつもなら
ゴハン!ゴハンちょーだい!
ブラシ!ブラシして!
ねえねえ!ねえねえ!遊んで!
といった具合に
私の顔を見ると
真ん丸の目をさらにくりっとさせて
ワーワー ニャーニャー
かなりうるさくいってくるのが
私が寝込んで4日目くらいから
あんまりいわなくなって
ひたすら寝てるばかりで
でもゴハンはちゃんと食べてるし
なんだろうねぇ どうしたんだろうねぇ
と旦那さんと心配していたのですが

今日はちょっと鳴き方が
遠慮ない感じ(笑)になってるし
とにかく表情が違います。

チェルシーも気を遣ってくれてたのかなconfident


.

.


2012年6月23日 (土)

バイオハザードな風邪ウイルス

実は、ここ10日間ほど
1年半ぶりに風邪でダウンしておりました。

え?ダウンしているわりには
ちゃんとシビラのUPとかしてるじゃん
という程度のダウンなのですが。

なんというかシビラに関しては
元気が出るから大丈夫なんですよね。

しかしちょっと頑張らないとできないことは
やっぱり辛くていろいろ後回しにして
寝たり起きたりの状態でした。

おそらく12(火)にシビラに行った際か
13(水)の乗馬に行った際のどちらか
あるいは両方かもしれませんが
とにかく13(水)の深夜に急にいきなり
咽喉が痛くなって「これはヤバイ!」と
すぐ市販の風邪薬を飲んで寝て
いつもならだいたい治るのですが
今回は遂に1年半ぶりにやられました。

でも1年半も風邪ひかなかったのって
私としては最長記録なのです!
(とはいえ、1年半分の長引き具合ですが)

で、翌日いつもの病院がお休みなので
別の病院で抗生物質など処方してもらい、
土曜日にはだいぶ治ってきた感じになり
翌日には復活かな~、なんて思いきや、

その日の深夜に咽喉の痛みがぶり返してきて
今度は最初よりさらに強烈~!!!

ほんとに唾を飲み込むのも一苦労で
拷問に近い感覚でした...

さらになんか信じられない濃度の痰
(汚い話でスミマセン;)が出るので
いちいちそれを洗面所に
流しに行かなくてはならず
ほとんど一睡も出来ない状態。

しかも翌日は日曜なので
病院にも行けずぐったり。
さらに声までかすれて出なくなる始末。

月曜になって今度はいつもの病院で
診察を受けたのですが、
どうも抗生物質が効かなかったというか、
一度は症状が治まったのに
また新たに症状が出たということで

部分的には効いてるけど
もっと広範囲に効く抗生物質を
新たに処方されて様子を見ることに。

でも私としてはなんかこれって
一度は薬が効き始めたのに
そこで耐性を持つウイルスに進化しちゃって
自分の体内で培養しちゃったみたいな

なんかバイオハザードみたいじゃん!

と変に喜んだりして
(好きなんですミラジョボ)

とにかく次の抗生物質は効いたみたいで
水曜には咽喉の痛みはおさまったのですが

今度は水曜の深夜に咳き込みで目が覚め
それからものすごい咳き込み地獄。

熱とかはそんなでもないのですが
とにかく咳が止まらなくてぐったり。

なんだよ~、また進化しちゃったの~?
なんつー風邪ウイルスじゃ~

で、木曜は休診日なのでおとなしくし、
昨日また再診を受けて
肺や気管支などには問題なしということで

3種類目の抗生物質に、今回はスパイの道具
みたいな吸入器を処方され
これがなんか薬を装填するところがカッコよくて
テンションUPしちゃいました。

120622_001


などとふざける余裕が出てくるほど
回復してきてるし、咳もおさまってるので
あともうちょっとの我慢だと思います。

でも、ぜんぜん乗馬に行けなくて
ナザベルにあげようと思っていた
野菜類をダメにしちゃったり
チェルシーもなんだかつられてか
この気候のせいか
ちょっと元気がなくて心配です。

でもまあ食べてるから大丈夫かな。

とにかく健康は普段は当たり前だけど
とてもありがたいことなのだわ~
と痛感しております。

あ、それと、コメントをくださる皆様、
決して無理して返事を書いてはいませんので
あくまで無理ないペースでやっておりますので
どうぞ気になさらずコメントくださいませ^^


.

.

.


2012年6月22日 (金)

Sybilla 2012秋冬受注会DMより

今年の秋冬受注会のDM来ました~

正しくは「特別ご予約会」とか
「早期承り会」とか言うみたいですが
やっぱり「受注会」が馴染んじゃってます^^;

今年の印象は キュートなアンティーク!
という感じです。これまでは受注会というと
コートが中心だったのですが、今回はワンピ?
↓クリックで拡大できます↓

Dm1

Dm2


1枚目の右下のロングスカートは
08年の受注会で購入したスカートに似ていますが
今回のほうがよりたっぷりと贅沢なフレアと
切り替えの幅も大きめみたいですね。
さぞ優雅な佇まいなことでしょう...

ジャケットのモチーフと一体化したウエストの
リボン仕様なんかも、とても受注会らしい。

2枚目左上のアンティークなレース使いは
映画に出てきそうな雰囲気ですね。

右上のドレープのテクニックも、これぞ
シビラマジック。実物のお色も素敵そう。

左下のニットドレスは、'10年の受注会で
購入したニットチュニックワンピ
と同じ
タスマニアンウール!

右下のジャケット&パンツスタイルが
自分には一番しっくりくる感じがする
ようでいてニットジャケットはどうもうまく
着こなせないというか活用できない私の
現実があるのでした^^;

と、一通りじっくり見ているうちに
最初はさらっとスルーした
1枚目左下の黄色のニットドレスの
ウエストあたりの立体裁断の感じや
袖とか、全体のフォルムなんかが
じわじわと気になってきた...

これ、すっごいオシャレじゃない...?!

アンティーク×近未来な感じがする
とか勝手にいろいろ妄想しております。

すると右上のハーフコートのデザインや
シルエットもそんな感じに見えてきたりして、

ヤバイヤバイ、これはきっと昨晩
たまたまザ・シネマchでやってた
イーオン・フラックスを見たせいだきっと

などとすぐ映画に影響されるのですよ。

まあ、とにかく実物を見るのが楽しみです。


.

.


.


2012年6月14日 (木)

予知夢のシビラ

その夢を見たのは
たぶん今年の2月頃だったと思います。
受注会のお知らせまだこないなぁ
とかちょっとヤキモキしていたせい
だと思ってました。

いつものようにシビラに行くと
なんだか様子が変なのです。

まず場所が変わっていて
しかも「え?これだけなの?」
というくらいスペースが縮小され、
陳列されている商品を見ているうちに
別のブランドのコーナーに入ってしまう
みたいな状況で、店員さん達もすごく
やりにくそうな感じ。

そして試着室が遠い。
いろいろなブランドのコーナーを
かいくぐるようにして進み、
奥まったところに仮設トイレとまでは
いかないにしても、いくつかの
カーテンで仕切られたブースが並び
なんか事務的な感じで雰囲気ゼロ...

というような話を、
この5月だったと思うのですが
お会計の時に「も~、悩みすぎて夢見る
くらいですからねぇ」などと何気なく
担当さんなどに笑いながらお話していたら、
だんだん担当さんの顔色がおかしくなり
黙り込んでしまったので何かと思えば、
新宿伊勢丹の秋のリニューアルオープンに
向けての改装に伴い、シビラのこのお店も
5月いっぱいで見納めになり、6月からは
場所が移動になるんです~!
ということで、もちろん私は知らないし
担当さんも知らされて間もないので
お客さんには誰にも伝えてなかったそうで、
ものすごく驚いていましたし、
私も本当にビックリしました。

そして、先日「夢で見た通りだったら怖いな~^^;」
とか思いながら行ってみると
. . .

まさしくそんな感じ!
っていうか、これが夢なんじゃないか
っていう感じの妙~な配置になっていて
部分的に塞がれていたり、エスカレーターの
場所が変わっているような錯覚に陥ったり
お店の場所はまるっきり違っているし
周囲のブランドも同じくなので
こりゃダメだ、とそこかしこに設置された
ご案内係ブースに助けを求め、係りの人に
シビラまで誘導してもらったのですが、
その係りの人まで途中でわからなくなって
別の係りの人に聞いたりして、その間
いろんなお店のコーナーの中を突っ切り
仮設の通路みたいなところを通ったり
うわ~夢で見た通りだよ~と思いながら
インド刺繍のワンピを遠目に発見!
(シビラの服はすぐわかりますよね!)
ようやくシビラへ到着。

そしたら本当にスペース的に半分以下
(3分の1くらい?)に縮小されていて
あら、ここからもうお隣のブランド?
という陳列で、まさしく仮設の状態。

そして試着室に至っては、夢で見たほど
遠くはないもののやはり殺風景で(笑)、
なんか裏のスペースに無理矢理に設置した
みたいな感じで、一人でいると怖いような。

また照明も暗くはないんだけど
変な薄青白い明るさで気持ち悪い
っていうか、これも夢の中みたいな...。

とにかく、そんな感じなので
いつものあのシビラの服や小物に囲まれて
シビラの世界を楽しむ時間
というわけにはいきませんでした^^;

しかし今回はコメントを下さる皆様の
最新レポートにより、予習がしっかり
できていて幸いでした!

というわけで、結局試着しまくりです。

まずお目当ての限定カラーブロックワンピ。

一目見るや、懸念していた着丈がやはり...
と言う感じで、試着したらもう全然
短くってダメ!膝上何センチですよぉ。

配色とか全体のシルエットバランスで
この着丈なのはわかるので、これは
私には縁がなかったのだわ、と
あっさりあきらめがつきました。

でも、丈やバランスがハマッたら
すごく素敵ですよ~☆

そしてこのワンピがNGになったので
次に気になっていた噂の着痩せ効果の
DMの左上のワンピです。


このシリーズのジオメトリックな
全体のモチーフと色の組み合わせが
レトロな感じでちょっと昔のシビラを彷彿とさせて
いいな~と思っていたところへ
着痩せ効果抜群の評判で
しかも実物はさらに可愛くて
素材が猛暑対応の軽さと心地よさ。

試着したらもうほぼ即決でした~

噂どおりのバスト下からウエストにかけての
ダーツが絶妙ですっきりシルエット。
これならリボンベルトなしでもいけそう。

スカートのフレア具合も甘すぎず
着丈もこれならOKの長さで文句なしです。

この手書き風のジオメトリックな
モチーフと、白ベースに赤×黒の
組み合わせが新鮮です。


120614_001


しかしやはり人気のようでMサイズは
品切れ状態だったので
こちらのお色はLサイズを試着し、
Mサイズはもうひとつの色展開の
グリーン系のほうを試着しました。

グリーン系も爽やかな高原の
避暑地のイメージで素敵でしたが、
もともと好きな赤×黒のほうの
Mサイズを取り寄せてもらいました。


そしてさらにもう一つ気になっていた
新素材の霊感 じゃなくて冷感ブラウス。

120614_004


これを羽織ったらイメージ通りの
レトロエレガントなコーデになり
これも即決です~


120614_016

この素材、確かに最初はひんやり
しました。まあ着てるうちによく
わかんなくなったけど、いずれにしろ
肌触りがよくて手洗い可なので
まさしく求めていた夏の羽織です。

これまで夏の羽織ものはカーデが
多かったので、こういうちょっと
軽いジャケット的な雰囲気のが
欲しかったんです。この袖丈も
イメージどおり。また透かし刺繍の
テクニックとセンスが抜群です。

120614_017


120614_018


黒も欲しかったな~


いつもなら担当さんが「これにこれを
合わせてもいいですよね~」
とかバリエーションを楽しんだり
するのですが、試着室が殺風景で
他に合わせるものが手元にないので
なんだか物足りない感じ...

でもせっかくだから、とインド刺繍
シリーズも試着させてもらいました。

DM3のアラベスクモチーフのワンピ
DMのベージュ系、もうひとつの
ブルー系どちらも素敵でした!
意外にベージュ系が新鮮で
よりエキゾチックな雰囲気。
そして、なんといってもデコルテの
これぞシビラのカッティング。
これにアラベスクの大きな刺繍
モチーフが見事に配置されていて
計算されたテクニックとセンスが光ります。
着丈といい全体のシルエットのバランス
といい、私にはジャストだったのですが
着用する機会や頻度を考えると
やはり 楽々着痩せワンピ
じゃなくて、レトロジオメトリック
モチーフワンピのほうが
はるかに多そうなので見送りです。

でもMIYASHINワンピの時同様に
後ろ髪をひかれるものがあります。

そして、4のマハラジャワンピ
(結局マハラジャワンピになってる^^;
実は担当さんも公認です)
試着させてもらっちゃいました!

これ、着用すると意外とそんなに
派手じゃないっていうか、
脇からウエストにかけてのシルエットが
実に美しくシェイプされていて、
独特の優雅さと上品で高級な
リラックスムードが漂います。
思ったより大袈裟な感じではなかたのですが、
かといって気軽には着られないし
それじゃもったいなさすぎるので
やはり見送りました。

でもインドシリーズやっぱり
シビラならではのテイストで
今回も魅力的でした~


他にも、麻とレーヨン主体の
クロップドパンツを白ブラウスや
マハラジャワンピに合わせたり
いろいろ楽しませてもらったので、
いつもだったら2時間フルコースで
ぐったりするところが、なぜか
今回は「あれ?なんでこんなに
疲れてないんだろ?」と思って
時間を見ると1時間半弱でした。

要するに、試着室が殺風景だから
っていうのと、シビラの商品に
囲まれていないからなんでしょうね。

やっぱりお店のディスプレイとか
雰囲気とか、大事ですよね~

まあ、こちらとしては予定通りに
プラスアルファがなく済んだので
助かったのですが^^;


というわけで、ブラウスは早速
昨シーズンのPLAYAワイドパンツに
合わせたりしてます。


120614_009


それにしても、あの仮設状態のシビラ、
7月のセールまで続くそうです。
そしてセールの後はまた別の場所に移り
9月どういう形で落ちつくのかまだ
未定だそうです。あの状態でセールって
かなり壮絶なことになりそうです^^;


しかしその前に!

今月の最終週に早くも秋冬受注会です!
私は初日に行くつもりです。
なんだかまた夢見そうだわ~


.


.


.

2012年6月 7日 (木)

赤ちゃんを口であやす馬

一昨日のH氏レッスンでの鐙外しての速足で
輪乗りやS字手前変えなどいろいろやったのが
効いたのか昨日からおそらく背筋と思われる箇所
(背中の下のほうで腰の上のほう)が
今だかつて経験したことのない筋肉痛になっていて
今日はどうなることやらと思っていたけど、
その筋肉痛の甲斐はあったようで
スムーズな駈足発進と、苦手の左駈足での
輪乗りとその修正など、最近のレッスンの中では
かなりいい感じ。特に右駈足の輪乗りでは
メリーゴランド的にくるくると軽やかに何周でも
できちゃうかも、なんて思っていたら、
ナザベルが前につんのめって
一瞬膝をついてしまい
危うくそのまま落馬するところだったけど
どうにか踏みとどまってセーフ。

旦那さんも私もH氏レッスンでしごかれ
ナザベルもかなり真面目に頑張ったので
ちょっと疲れちゃったみたいで^^;

私ももうちょっと後ろでじっとしていられると
いいんだけど、脚力がついていかない。
あの骨盤のポジションと騎座をキープしたまま
上半身に力が入らずに有効な脚を入れられると
だいぶ安定した駈足ができるようになるのになあ。

まあ今日は最初は「無理!」と思った
輪乗りでの左駈足ができたので、
まあ良しとすべし。

ところで今日は会員さんが赤ちゃんを連れて
遊びに来ていて、小さい子が好きなナザベルは
もう興味津々。赤ちゃんも馬を全然怖がらずに
ナザベルにタッチ!ナザベルはちゃんと
赤ちゃんだからとわかっている様子で
優しく口であやしていました。
子供の相手が私よりよほど上手なのです。
動画をYou TubeにUPしました↓
和みます~^^

http://youtu.be/PEMM4hopCk4

http://youtu.be/j0v5o814OWk


.


.


.


2012年6月 5日 (火)

ナザベルも衣替え

ニュースで、6月は衣替えの季節ですねとか
いってますが、確かにチェルシーとナザベルの
換毛期も終わりに近づいた様子。

でもまだ毛抜けるけどね。

特にナザベルは冬毛の白い毛がまだまだ
抜けます。それでもだいぶ夏毛の濃茶色
というか濃いベージュというんでしょうか、
いわゆる栗毛とは全く違う茶色になるのです。

馬の毛の種類としては、月毛(つきげ)と
いうそうですが、まさにそんな感じ。

しかも母親のハフリンガーだけでなく、
父親のアハルテケの黄金色が入ってるから
さらに独特な色合いなのです。

そしてこれがなかなかうまく写真に撮れません。

が、挑戦してみました。

(写真はすべてクリックで大きくなります)


120605_001


120605_004


120605_003


だいぶ茶色くなってるんです。


そこで冬毛のときの写真と比較。

120313_010

光の加減もあるでしょうが、だいぶ
違いますよね?

ちなみに鬣の生え際はまだ白い冬毛が
このように混ざって残っています。


120601_003


もっと暑くなって夏毛が濃くなったら
また写真撮って比較してみようっと。


そして本日はここ何回か私のバランスが悪く
座りが浅くなりつつあったのを修正するように
心がけ、H氏レッスンで鐙外して速足や
軽速足→駈足→軽速足→駈足で、号令が
かかったらすぐ切り替える練習など
最後のほうはハミとって丸まってきたので
だいぶいい感じに戻ってきました。

骨盤を真っすぐに立てる、というのを
常に意識するようにしたらだいぶ改善。

ナザベルもH氏レッスンだとなんだか
すごく真面目にちゃんとやるんだよね。


そして下馬後手入れの後は、クラブ犬の
はなちゃんとお散歩。今日は川原方面を
メインで川に入って水飲みながら
パシャパシャして嬉しそうでした。


動物は素晴らしい。

.

.

.

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »