フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月28日 (月)

悪魔の嵐

本来5月は「五月晴れ」という言葉があるように
1年のうち最も爽やかで清々しい季節のはず。

しかし何なんでしょうね今年の5月は。
激しすぎる天気の急変に尋常でない風、雷、
雨、雹、竜巻 . . .

今日も悪魔が現れる予兆のような黒雲が
それを告げていました。

悪魔の嵐。

あっという間に窓の外が真っ白になって
見えなくなってしまいました。

雷音と同時にチェルシーはそそくさと
家の中心である洗面所へ避難。
(窓の近くにいると危険だと感知)

すると何やら玄関のほうでコツコツ?
というか何かが叩きつける音がする。

窓から見ているだけではよくわからず
(雨があまりにも激しくて白く煙っている)
そのうち音がひどくなって家の中にまで
「それ」が侵入しているのかと少し
恐怖を感じるような音になってきた。

「それ」って何かわからないけど、
もしや、と思い恐る恐る玄関を開けてみると

やっぱりまさかの雹でした。

この歳にして生まれて初めてリアルな
本物の雹を見ました。

雹に打たれながらのヘタクソ動画ですが、
興奮と恐怖と好奇心が入り混じる
リアリティをお楽しみいただければ幸いです。

http://youtu.be/lU8ykZYOAVs


こちらは北側の廊下なのですが、
南側もまた大変なことになっていて
雹が排水口に詰まったせいか
バルコニーに水が溜まって溢れてきて
みるみるうちに窓に迫ってきました。
11階なのにあわや浸水!
というギリギリのところでどうにか
悪魔の嵐が去っていったので
浸水は免れて水は引いていきました。

こういう水害もあり得るのだ!
と今まで浸水とは無縁だと思っていた
自分が甘かったと反省したのでした。

土嚢でも用意しとく~?

ところでその後1時間くらいは
雷がゴロゴロいって雨も降ってましたが
夕方にはまた例によって嘘のように
爽やかに晴れ、何事も無かったかのように
天使が輝いて飛び回っているようでした。


何やってんだよ。
何がしたいんだよ。

と、ツッコミたくなるような天の気紛れ。


そして玄関側の外廊下の端には
雹のふきだまりが残っていました。


120527_2

これは珍しい、と計測したところ
だいたい1つが1cm~1.5cm程度でした。


黙示録だよこれ . . .


.

.

.


2012年5月27日 (日)

ホラー猫

最近ちょっと暑くなってきたので
チェルシーが仰向けになって寝っ転がり
お腹丸出しでフニャフニャし、
目をしばしばしてそのまま眠ってしまう
パターンが増えてきた。

やはり長毛種はお腹に蓄熱されやすい
からでしょうかね。

なんかアザラシとかに見えるんですけどね。

まあ、それももうだいぶ見慣れてきて
でもやっぱり面白いから(可愛いからは
もちろんのことネ)写真に撮ってみたりするの
ですが、とんでもない瞬間を捉えてしまった!

これはまあ普通に伸びをしてるんですが

120519_001


次の瞬間 . . .!


120519_002


ひえぇぇぇ~

悪魔かエイリアンが入ってるかと思ったでしょ~~~

って、そういうの見すぎだから。

それにしてもすごいなぁ。

これがチェルシーの正体だった!ってこたぁないけど
やっぱ黒猫だからか強調されるよねえこの目が. . .
使い魔ホラー猫!

.

.

.


2012年5月25日 (金)

2012 SYBILLA India Collection&Summer Collection

この前の記事とのギャップがすごいことは
自覚しているのでありますが. . .

お待ちかねインド刺繍シリーズのDM来ました~happy02
っていうか、もう来ちゃいましたよ^^;


Dmjune1


4は圧巻。インド人もビックリ!じゃないでしょうか。
マハラジャ感が漂うわぁ。(コラコラまた勝手にcoldsweats01
これは実物をじっくり鑑賞したいですね~。
アクセサリー系も普通のエスニックと違って
エキゾチックリゾートな高級感がありますよね。

チュニックがあったらマズイな. . .

ちなみに3の生地のアップが裏面(表?)に

Dmjune2

このイスラム的というかアラベスク的というか
伝統的・歴史的な重厚さと洗練された高級感と、
なんかフラクタルじゃないけど
なんとなく精神世界に通じるトリップ感もあって
こういう模様好きなんです。


そして Summer Collectionのほうはコチラ

Dmjune3

左下のブラウス!こういうちょっとクラシカルな
雰囲気ありつつのシビラもいいんですよね~。
あまりにもスカート着ないからこれ買ったら
気が変わるかも. . .とかちょっと考えたりして。

ちなみにこちらの裏(表?)はこれ。


Dmjune4


これちょっと昔のシビラのカジュアルなタイプで
こういうのあったよね、って感じの懐かしさと
可愛らしさが素敵。これは左上のワンピとか
右上のスカートのシリーズの色違いなのかな?

そして今回のサプライズはこちら。

Dmjune5


なにぃ~~~、限定コレクションのアーカイヴ?!
しかも、カラーブロックが登場しちゃうの?!

このタイミングでカラーブロックがくるとは!!!

前回の秋冬受注会であきらめたばかりなのよ~
まだ未練もあるのよ~

と、一気に錯乱状態にまでテンションupしたのですが
いや、落ち着け、落ち着くんだ~
ジャージドレスだからね。私意外とジャージ素材って
苦手っていうか似合わないこと多いのよね。
とか自分に言い聞かせてみたりして。

いやいや、これは楽しみです。

しかしこれ、店舗限定って書いてあるので
イセタン限定なのかも。
あ、今は三越伊勢丹っていうんだった。

まあどっちでもいいけど、とにかく楽しみ!

.

.

.

2012年5月22日 (火)

メモ神様

神話=超科学

かつて科学が魔法と思われていたように
神話だと思われていたものが
超科学になる日が来るであろう。

神話にこそ
我々の未来への鍵が隠されている。

神話=超科学
すなわち未来のテクノロジーであり
次世代エネルギーであり、反物質、
ワームホール(亜空間トンネル)、
ダークマター、ブルーエネルギー、
第9光線. . .なのである。

.


「閃き」(ひらめき)は「煌き」(きらめき)。 

その瞬間、時間が止まる。
というか、時間を超越している。
あるいは永遠の一瞬といえるかもしれない。
分子、原子の回転が速くなりすぎて
静止しているのと同じ状態。

すべてがそこに集約されている究極の点のようでいて、
同時に無限に広がる地平のような。

一次元から∞次元までが同時にあるような。

あの瞬間こそ、
魂が大いなる光に触れた瞬間なのだ。

時間を超越したときに、
意識だけがアクセスしている。
すべての源であり、大いなる宇宙意志、
無限の意識の集合体...
とにかく、そこにすべてがある。

それは遠くにあるのではない。
距離や時間は関係ない。
常に近くに、いや常に共にあるのだ。
自分の中にあるといってもいい。

しかし普段は物理的な存在と概念、
また日常的な意識に遮られて
アクセスすることができない。
触れることができない。
濃い霧のかかったような状態で、
すぐ近くにあるのにわからない。

だからこそあの瞬間は奇跡であり、
そこに真理がある。


あの感覚は、曲が浮かんだとき、
それを実際に音にしているとき、
演奏しているときにも通じるものがある。

ぼうっとしているようでいて
集中と緊張とリラックスが
絶妙なバランスを保ちながら
黄金率を奏で紡いでいる
無我の境地。


...と、メモ神様のお告げをまとめると
このような感じになりました。

最初は夢を忘れないようにと始めたのですが
夜中や朝方に半分目が覚めている状態で
いろいろな言葉や考えが浮かんでくるので
それを覚えておこうと思うけど
絶対に忘れてしまうので
枕元にメモ用紙とペンを置いておくようにし、
半覚醒状態(単に寝ぼけた状態?)で
ふにゃふにゃと自動書記をするので
後で見ると読みづらいというか
ほとんど本人以外は解読不能なのですが
それでも思い出すきっかけにはなり
記憶の糸をたぐり寄せることはできるので
だいぶ助かっています。

私はこれをメモ紙ではなく
メモ神様と呼んでいます。


.

.

.


2012年5月18日 (金)

シビラ受注会受け取り&PLAYAなどいろいろ

夏のような暑さになった水曜日にシビラへ
MIYASHINワンピにMIYASHINストール
受注会の受け取りに行って参りました。

今回は事前に予習でだいぶ悩んでおいたので
チェックするポイントも明確でした。

ずばり、素材です!

やはり夏は素材ですよね。
私の場合、ワンピの着丈というのも
かなり重要なポイントではあるのですが、
とにかく夏は汗とシワを気にせず
オシャレを楽しめるものが欲しいのです!

で、受注会でハマッたニットワンピが
まさにそんな素材だったのです。


120513_023


コットンにレーヨンという、少し粗い
編み目のざっくりした感じのサマーニットで、
かといって肌触りがゴワゴワすることはなく
サラリと軽くて程よいフィット感が最高!

この黒ベースに不思議で可愛いパープル調の
アートっぽい配色が、試着したら意外にも
大人な雰囲気で、後ろのパッチワーク具合も
絶妙なバランスです。


120513_024


私にとってはチュニックワンピとして
うってつけの着丈だし、これはやっぱり
正解でした。同じく注文したキャミですが
発色の美しいプラム色がこのワンピの
襟や袖周りのお色とのコンビネーションが
またたまらなくいい感じなのです。
もともと私はボルドーやパープル系が好きで
冬物はその傾向が特に強かったのですが
春夏ものでそういう色ってあまりなくて
今回初めて夏物でこの色が来た!という
私としては興奮気味の組み合わせなのです。


120513_022


と言いつつ、ちょっとわかりにくいかも...
なぜかこのプラム色が画像にうまく出ず...


120513_021

これだとパープルに見えるんですけど、
実際もっと赤みがかった独特のお色なのに~

まあ、とにかくこのキャミも今年は
大活躍間違いなし!です。

そして、なにはともあれPLAYAです。

昨年も夏のPLAYAは大活躍でした。
(ちなみに冬のPLAYAもですが...)

手洗いできる素材が多いというのと
気軽に着られるけどオシャレのスパイスが
程よく効いている、しかもお値段が
普通のシビラよりちょっとだけお手軽
というもの嬉しいのであります。

でもそれにつられてたくさん買ってしまう
ので結果的には何ら変わりないかも^^;

とにかく今夏のPLAYAも欲しいのばっかり~

まずDM3枚目左の10のチュニックワンピ。

これよこの素材ですよまさに求めていたのは!
というくらい快適な柔らかくてさらっとした
麻のニットみたいな素材で、肌触りも良く
配色もバッチリ!

. . . しかし、袖口と肩周りに違和感が。

ドルマンスリーブだったのねえ~

私、どうもドルマンスリーブって苦手で
馴染まなくて。動きづらく感じてしまう。

っていうか、なんか肩とか袖口がキツイ?

腕が太くなった?(汗)

...ともかくシルエットとか素材は良いのに
肩から袖にかけてがしっくりこず、断念。

すると担当さんが同じシリーズの半袖
(フレンチ袖?)着丈長めのTシャツタイプを
持ってきてくれて、こちらはパンツとの相性
抜群なんだけど、シルエットがいつもの
シビラではなく、珍しいボックスタイプ
というかストンとした長方形な感じで
それが馴染まない感じでちょっと保留。

そして気になっていたお魚ワンピは
着丈が短くてあっさり断念。

同じシリーズのブラウスは大人気で
品切れ中。が~ん。

それから今回の一番大きな悩みの種の
DM2枚目中央の7のワンピ。

こちらはギリギリどうにかなるかなという
着丈で、やっぱりシルエットとか配色とか
かなり好きで心動かされたのだけど、
MIYASHINワンピと似ているタイプだし
またワンピっていうのもなぁ...と保留。

と、ここで「そうそう、半袖っていうか
5~6分の袖丈の、肘が隠れるかくらいの
そういう袖丈のチュニックが必要だった」
と予習のポイントその2を思い出して、
DM1枚目左の2のワンピをチェック。

すると、これが予想よりも軽くてさらりの
快適そうなニットで、袖はちょっとだけ
パフスリーブ気味の5分袖で、しかも着丈が
チュニックワンピとして理想的なバランス。

さらに最初はDM掲載のお色に気をとられて
いたけど、もう一色のグリーン×黒を
試着したら「あ、これ新鮮!」と見事に
ハマッてしまいました。


120513_027_2


このエメラルドグリーンみたいな、でも
シビラ独特のグリーンがなかなかありそうで
ないんです。しかも黒白ボーダー。
こういう色の組み合わせは初めてかも。

しかもお値段が、かなり嬉しい!
お得感ありました。

そうそう、なぜってエスパドリュが
やっぱりサイズが小さくてダメだったので
その代わりで買えちゃったのです。

ここで気が緩みました。

ここでやめとこうと思ってたはずなんですが

というか、やっぱ新鮮でハマるものに
出会うとテンションがUPして弾みが
ついちゃうんですよね。

要するに調子に乗ってしまったわけですが。

で、今日まで入荷を待っていたDM5枚目
真ん中の油絵タッチのようなシリーズ。

こちらはチュニックのほうのグリーン系が
かなり求めていたものに近かったのですが
素材が繊細すぎて躊躇してしまいました。
もったいなくて着ないかも...で、保留。

そこでDMの隣に掲載のニットシリーズは、
と思ったけどこれは受注会のにテイストが
似ているし..と担当さんが提案してくれた
ニットチュニックワンピが、欲しかった
7分袖よりは短い、でも肘が隠れるかどうか
くらいの袖丈でゆったりしたシルエット。

こちらもお色が最初はブルー×白系の
爽やかな春夏マリンイメージがいいかなと
思っていたけど、手持ちでブルー系が多いので
もうひとつのお色の黒×ベージュ系のほうを
試着してみたら、着心地とか全体のバランス
とかバッチリで、これは梅雨寒のときとか
秋口も活躍する重宝するタイプだわ、と
かなり気に入ったんだけど、どうも色味が
エスニックな雰囲気じゃない?などと
しっくりこないような気がして迷い、
でもそれを着たまま他のお品を物色して
いるうちに、だんだんやっぱり気に入って
結局は馴染んでしまったので決定。


120513_028


意外な選択でしたが、これ実は一番
欲しかったし実用性のあるタイプ。


120513_029


生地はこのように数色を使用し凝ってます。
かなりゆったりして見えますが、実際に
着用するとゆったりと楽な着心地なのに
すっきりしたシルエットに見えてお得(笑)

黒ベースで私の好きなクール系というか
近未来系(勝手に命名)なコーディネイトも
できてすっかり気に入ってしまいました。


120513_038


と、気づけばニットチュニックワンピ3着!

ええ~、どうなのそれって....

いやでも一番実用性あるんだって。
ワンピはいっぱいあるし。

しかし、やはりPLAYAの7のワンピが気になる...
それから、DM4枚目の中央右の五分袖でバイアス、
ラッセルストライプのワンピ、
この素材と配色とシルエットが大好きで
試着するも着丈が短くてダメ...
しかしすぐにはあきらめきれず、チュニック丈に
したりして、とか担当さんにまちばりで留めて
もらってシミュレーションしたりとかさんざん
やったけど、やっぱワンピのバランスだよね~
と、あれ?もしかして..と思い切って腰の辺り
までめくってみたら、つまり着丈長めのカットソー
みたいにしてみたら、パンツと相性バッチリの
クールでかっこいいけど、シルエットはシビラの
女性的な曲線美、というまさにこういうのが欲しい!
というイメージどおりになって、びっくり。
しかしさすがにこれカットソー丈に切るのはねぇ...

なので初秋あたりにそんな商品が出るのを期待!

念じてればなるかも?

というわけで、このワンピの素材と配色と
シルエットに魅了され、あきらめがつくまで
かなりの時間と労力を費やし、力尽きました。

と、お会計をしてもらっている間に
近くにあった傘が気になり...
実はこの日来店して最初に手にしたのが
傘だったのです。

4月のDMのレイングッズで気になっていた
傘の新色ブルー系が入荷しており、
これ開いてみるとこういう形の持ってない!
色合いもとても素敵で、やはりこれは...
と結局お買い上げです。


120513_016


この日はお天気が急変して雷雨に..
なんてことはなさそうだったので
こんなにきれいに梱包してもらいました。


120513_010


シビラのリボンテープ、いいですね~

でもって、開くとこんな感じです。


120513_017


って、チェルシーが乱入。じゃなくて参加して
くれました^^; モデル猫じゃないけど。


そして今回はなんと、PLAYA限定ショッパー


120513_018


これもビビッドなグリーンが素敵!
なにかと便利しちゃいそうです。

今日さっそくMIYASHINワンピを
クリーニングに出すのに使いました。
ちなみに受け取りもあったので
クリーニング屋さんでもらう
ビニール袋をもらわずに済みました。

これ、いいかも。
クリーニング用エコバッグとして
利用しちゃおうかな。

その時のおでかけスタイルは早速
PLAYAのニットワンピ!


120513_044


ちなみに、
帽子はこちらの記事で紹介していますが、

クロップド丈のスキニージーンズは
ベルメゾンかなんかだし、サングラスは
近所の商店街「アポポ通り」のお祭りの時に
露店で500円でgetしたものです。

ゆえに、なんちゃってセレブ気取り。

とにかくシビラは1点投入でも効く!

. . . でもまだPLAYAの7のワンピが
心残りなのでした。


6月はインド刺繍が炸裂するそうですよ~

.

.

.


2012年5月16日 (水)

トールのハンマーのような四駆

最近の季節はずれの不安定な天気。
ちょうど乗馬に出かけようという時に
怪しい雲行きになってポツポツ降ってきた
と思ったら実際に馬に乗る時間帯には
雨の止み間になって雲が切れ晴れたりして
そうかと思えば帰る頃にはまた降ってきて...

というパターンでここ3回くらい
電車+送迎バスという手段に切り替え
かなりラッキーなタイミングで乗れている。
しかも雨という予報なのでキャンセルが多く
混雑せずナザベルも落ち着いていてgood

昨日もそんな感じで、予報では雨だったけど
様子を伺っていたら山々が少し見えてきて
全体の雲の感じがそんなに分厚くなく
空の明るさの度合いと風の雰囲気から
「これは騎乗時間には雨は降らない」と
野生の勘が告げ、自転車ではなく送迎で。

駅からクラブまでは結構雨が強まってきて
こりゃダメかな..と思っていたら、なんと本当に
乗る頃には雲が切れて晴れ間さえ出てきた。

実は前夜に腰が痛くて寝苦しかったのだが
その日ずっとPCで作業していてストレッチや
ほぐし運動をしなかったせいだと思っていたのだが
今日は担当のmiccaさんも腰の調子が悪く、
なんか梅雨みたいだからかもねぇなどと話す。

で、ayaさんに下乗りしてもらったのだが
あれ?ずいぶん大きい鏡をつけたのね
と、森ではなく厩舎に面している方のラチに
姿勢をチェックするためにと取り付けられた
鏡にナザベルがびっくりして、ものすごい
今だかつて見たことのない爆走に...。

急な加速や跳ね飛びはもちろんのこと
なんていったらいいんでしょうね、
大地を踏み鳴らすどころか引き裂くような
まるで脚の1本1本がマイティーソー
(北欧神話のトール)のハンマーのような
破壊力を持って地面にめり込みながら
未知の恐怖から逃げようとする必死さゆえの
ある種の狂気をはらんだ、まさに野生そのもの。

タロットカードの「戦車」がチャリオットの絵
なのが妙に納得いきました。

一緒に馬場に出ていたベテランのYさん
Tさんも唖然としておられました。

「そこの鏡の前で止めろー!」とH氏が叫ぶも、
全然止まらない。スタッフさんでも止まらない。

いやー、これmiccaさん下乗りだったら完全に
腰ぶっ壊れちゃってたね。危なかった。

よほど鏡に映ったものが怖いのでしょう。

って、それ自分だよナザベル...^^;

何周かしてようやく慣れてきて、鏡の前で
止まってH氏が一緒に動いて見せたりして
何をどう納得したのかわからないけど
その後は落ち着いて過剰反応しなくなった。

一時はどうなることかと思ったけど、結果的に
集中力を切らさず、良い動きをしてくれました。

自分の黄金に輝く誇らしい姿を認識したのだろうか。

まあ単に爆走しすぎて疲れただけかもしれないけど。

ともかくレッスンの時すごく良い感じだったので
ayaさんも下乗り頑張った甲斐がありましたよ
と喜んでくれた。いや~、助かりましたよホント。

と、帰る頃にはまた雨が結構降り出して、
やっぱ送迎で正解でした。

そして気づいたら寝る頃には腰痛も消えてました。

ありがとうナザベル !!!


ゆえに今日は万全の体勢でシビラに行けたのでした。

そしてそして、その話はまた次回...

.

.

.

2012年5月13日 (日)

いるまの古道

今日は屋内にいるのがもったいないような
あまりにも清々しくて気持ちよいお天気だったので
ちょっと入間川沿いのサイクリングへ。

雰囲気が「熊野古道」っぽいお気に入りのコース
「いるまの古道」(勝手に命名しました)。
けやきの木らしいのですが、ものすごく古々しく
この1本1本がご神木のような存在感を放っています。

120513_001


この先に謎のミニ神社が2つあるのですが、
ひとつめ。神社というか祠というか、でも
祠にしちゃ鳥居もあるしやっぱ神社か?
全体にホビットサイズでまとまっています。

120513_004


そしてその先にあらわれるこちら。

120513_005

妙に小さな神楽殿がくっついている
不思議な佇まい。
「小さき神々の神殿」と命名しました。


120513_006


よく見ると「猿田彦神社」と書いてあるけど
どうしてこんなところに猿田彦が?
謂われも由来も何も書いていないところが
またまたミステリアスで気になるのです。


しかも、変なところに木があるなと思っていたら
よく見たらこんなことになっていて、

120513_007

うわー、何なんでしょうかここは。
ますます謎が深まる「いるまの古道」。

しかもその先に見えるのは普通の住宅街。
反対側はすぐ入間川で、ここだけ時間が
いや次元が違う世界になっている感じ。
道を挟んで結界になっているのでしょう。

夢に出てきそうだ~

.


.

.
.
.


2012年5月11日 (金)

せめてネットでは社交的になる努力を

先日ヤフオクで出品した商品を落札してくださった方に
このブログを見ていただいたところ、
シビラ&トールキン&猫好きということが判明、さらに
ジュエリーデザイナーさんとしてサイトをお持ちということなので
せっかくのご縁なので相互リンクしていただくことに。
右バーの「ウェブLINK」でご紹介しています。

これを機に、もしこのブログをご覧になっている方で
シビラ、乗馬、猫、トールキン、ラヴクラフト、等々
少しでも共通のテーマを扱っているサイトをお持ちの方は
ぜひ相互リンクをお願いしたいと思います。
右バーの「ウェブLINK」に掲載していきます。

CDお申し込み&相互リンクお問い合わせフォーム
からお申し込みください。↓
http://astromedia.cocolog-nifty.com/blog/cd.html


また、以下のSNSにアカウントをお持ちの方もぜひ!

■Facebook
http://www.facebook.com/nami.hotatsu?sk=wall
友達申請大歓迎です!

■twitter
https://twitter.com/#!/HotatsuNami
フォロー大歓迎です!

■mixi マイミク大歓迎です!「ホータツ」で検索してください。


せめてネット上では社交的になろうという
努力をしてみるのでありました。


ヤフオクのほうはまだ出品予定あります。
今回ちょっと思い切って里子に出すつもりです。
IDはgoldnazabelです。
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/show/mystatus?select=selling


2012年5月 9日 (水)

窓辺のチェルシー

窓辺の猫はなぜあんなに風情があるのでしょう。

家の中から外を眺める猫もいいですし、
ふと通りかかった家の窓からこちらを覗く猫と
目が合った時のあの嬉しさは何でしょうね。

ご近所の窓辺の猫の姿が見えないと
ちょっと心配になったりして。

うちのチェルシーもこの季節になると
鳥やら虫やらに興味津々です。

120506_001

てんとう虫を発見!


120506_002

あ、鳥が横切った!

120506_003


高所恐怖症の猫っていないんでしょうかね?


それにしても猫の生活は理想だ。
食べて遊んで眠って...の繰り返しの毎日。
子供の頃からどれだけ猫が羨ましかったことか。
1匹でも多くそのような猫が増えるようにと
願いながら今日もチェルシーを愛でる。

120506_005


Chelsea, Chelsea,gleaming black.
Chelsea ,Chelsea,yawning red.
Chelsea,Chelsea,blinking yellow.
Chelsea Chelsea sweetie cat !

.
.
.

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »