フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 夢の中のあの大きな木は何の木だったのか | トップページ | ナザベル10歳の馬の気持ち »

2012年3月11日 (日)

何も触れないまま通り過ごせない

大地震が大津波を呼んで大勢をさらい
ルシファーの偽りの光を解き放った


今日は各地で追悼の祈りが捧げられています。
やはりこの日何も触れずにやり過ごすことはできませんね。
TVで被災地の様子を見ていると雪で寒そうです。
やはり去年より寒いし遅い春の訪れです。
1年前のあの時私は旦那さんとナザベルと一緒で、
やはり何か運命的なものを感じました。


いつも弱いものが犠牲になるのは
人間に共感性があるからこそなのだろうか?


笑いが伝染するように、
強い感情や思いは力を持つ。
小さな音でも何かに共振すると
何倍もの音量になって聞こえるように。

だから一斉に黙祷して祈りを捧げるのは
確かに意味があることだと思う。
具体的に何とわかっていなくても、
このままではいけないと誰もが思っているはず。

そしてそれが常に一人一人の心の中に
深く刻まれていって
無意識のうちに行動や考えが変わっていったとき
ようやく社会も変わるのだと思う。

"There is always hope."

「ロード・オブ・ザ・リング」(しつこく出します)にも
この台詞は何度も出てきます。


希望の光をイメージして祈るだけでも
多くの人の祈りの思いが共振すれば
それはエネルギーとなって
一人一人の心(潜在意識)に刻まれていき、
具体的なアイディアや行動をもたらすことにつながる。

思考が現実を作っているのだから。

絵を描いたり、曲を作ったりするのなんか
まさにその通りでしょ。
頭の中に浮かんだ映像やイメージを
絵という具体的な形にして現実の存在にする。

頭の中で鳴っている音を
実際の楽器を使って現実で音楽という存在にする。
物理的現象と言ってもいいでしょうが。

まあ一番身近な例としては、料理。
レシピどおりにやってもいいけど、
イメージができてないとうまくいかないですよね。
美味しい味や見た目なんかを想像できないと。

私はレシピどおりに作ることはほとんどないんだけど、
(レシピどおりにできない、と言ったほうが正解)
頭の中で「あれとあれをこうしてああしたら美味しそう」
といろいろ想像してから作ります。
そのとき手順なんかもシミュレーションしておいて。

このように、思考から現実が生まれるのですよ。

まあ、そんなすぐに変わるのは無理だけど、
でも少なくとも毎日を、一瞬一瞬を
変化と進化の過程としてとらえて過ごすだけでも
ただ日常生活の繰り返しの一部として過ごすより
よっぽど充実した人生と感じられるはず。

要するに、感謝して楽しむことが一番大事!
という結論に達したのでした。

今さらながら、「ありがとう」っていい言葉だよな、と。


.

.
.
.
.
.


« 夢の中のあの大きな木は何の木だったのか | トップページ | ナザベル10歳の馬の気持ち »

コメント

さっき近所のスーパーで買い物中に例の時間になってしまい、普段えげつない売り文句しか言わないおっちゃんが神妙に黙祷を呼びかけていたので、一緒に黙祷しました。
が、やはり日本いや世界中であの瞬間に黙祷していた人達の悲しみが圧倒的に強かったせいか、あるいは合わせるチャンネル(周波数)を間違えたのか、うわっと涙が出てきそうになり、途中で耐えられなくなって1分もちませんでした。1分間て短いようでいて長いんだなぁ...

良い文章です。
上からものを言うようで申し訳ありませんが、共感をよぶ良い文章です。

「そうですね」と。

いえ「上からものを言う」だなんて、そんなことありませんて。
素直に嬉しいですshine
ありがとうございます。

それはそうと、なかなか乗馬に行けなくて、こないだ2週間ぶりに乗ったら腹筋と背筋がものすごい筋肉痛になりましたsweat02

ナザベルは10歳になりましたheart01
元気でなによりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217288/44450398

この記事へのトラックバック一覧です: 何も触れないまま通り過ごせない:

« 夢の中のあの大きな木は何の木だったのか | トップページ | ナザベル10歳の馬の気持ち »