フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月27日 (火)

裏タロット

それにしても春が本格化せず地震は頻発。

昨晩というか今朝?の夢の一部ですが
あまりに印象的でした。

どこかヨーロッパかアメリカの
大きな邸宅のサロン的なお部屋で
数人が集まって語らっている。

その中で70代くらいの叔母らしき
気品ある老女が私に尋ねる。

「タロットカード持ってこなかったの?」

「ああ!すっかり忘れていました。」

「ふむ。そうね。でもひとつずつ思い出して
ここで新しく作ればいいわ。」と言って、

従姉妹らしき中学生くらいの女の子と
私とその老女の3人でテーブルに座り、
一人ずつ順番にカードの名前と意味を
言っていくのです。

「最初は0の愚者ね。これはいいわ。」
と軽くスルー。

老女が「1。すべて。宇宙。愛。」

次に女の子が「2。知恵。」と言う。

私が「知恵? ああ、火のことね。」と頷く。

そして私の順番。3。
ちょっとはっきりとは思い出せないのだが、
目隠しした巫女のような女性が
聖杯のようなカップを手にし、
そのカップの中に大きな金貨(コイン)が
たくさん入っているという絵が浮かび、
意味は「じゅうぶんにある。」
「三位一体」「完全なもの」とか何とか...

で、このへんで「これは普通のタロットではない」
と悟って、そうか叔母は私たちに裏タロットを
伝えようとしているのだ、と気づく。

他にも「イチジクをくわえた蛇」とか
「三角形を成す3匹の魚」とか

あとなんか木がでてきた。やっぱり。

しかしもう思い出せない。

カップとかコインは小アルカナカードだから
関連性はありそうだけど、
0の寓者はそのままなのに、
1は魔術師、2は女教皇、3は女帝、と
全然違うじゃない...と夢の中で思いつつ、
でも魔術師は錬金術と考えれば
「すべて。宇宙。愛」っていうのも合ってるような。
あと2の知恵っていうのも
女教皇は知性とか賢い女性とかだし、
(火はあんまり関係ないか)
3の「じゅうぶんにある」は豊かさとすれば
女帝に通じるところもある。
と考えるとあながちメチャクチャでもない。

なんだろねえ。

たぶん今エリアーデの本(論文系)を
読んでるからでしょう。

知恵=火というのは
プロメテウスの神話からでしょうか。

イチジクをくわえた蛇は「誘惑」で、
15の悪魔かな。

この、タロットカードの番号の数も
深い意味があるらしく... なんだか
詳しくは忘れましたが。

その後しばらくして、鼻ズルとくしゃみで
目が覚めたのでした。

裏タロットってのがあるのかわかりませんが。

* * *

明日は午後から天気が急変するというので
乗馬は午前中に変更することにしました。
早起きしなきゃ...(たまにはしないとね)

.
.
.


2012年3月24日 (土)

春の気分

ああ、ようやく、ようやく春らしさを感じましたね~今日は。
雨上がりの日差しが完全に春でした。
そして気づくと山々や丘陵の木々の色合いが明るく濃く、
新しき芽吹きを思わせる輝きに満ちておりました。

そして、さらに素晴らしいことに、
今年は花粉が少なくて楽!ホントに楽!

毎朝日の出と共に鼻グズグズとくしゃみで目覚め
酷いときは鼻が完全に詰まって口呼吸になり
そのせいで咽喉が荒れて風邪をひき...
みたいな悪循環というかほとんど悪夢のような、
かといって薬で症状が緩和されても
目鼻の不自然な乾燥状態と
憂鬱なだるさに支配される日々...

それがどうです今年の春は。

ま多少の目のかゆみやら鼻ズルや
くしゃみなんかもありますけど
薬飲まなくても平気だったりね、
圧倒的に開放感がありますのよ。

この調子で桜を満喫するぞ~

...とあまり調子に乗らないようにします。

ところで、春といえば...
...まあいろいろありますよね。

入学、就職、新生活、とかね。

不思議と「何か新しく始めてみよう」っていう
気分になれますよね。

今月初旬に始めたTwitterですが、
ようやくちょっと慣れてきたかな?
と思っていたら友達からGoogle+に招待されて
まあせっかくだからと始めてみたら
これまたTwitterというかFacebookみたいなのかな?
画像をUPする人が多いんだけど、
いまいち使い方がよくわからん感じ。
どなたか詳しい方いないかしら?

なんだかネットでやることが増えちゃったな...


ところで、うちの旦那さんは雅楽・笙演奏家なのですが、
当時の歌(古代歌謡)を歌ったり教えたりもしています。

古代歌謡って? と思いますよね...

そこで、「古代歌謡とは?~入門編~」のようなものを
作ってみました。もとは生徒さん集めに役立てようと
始めたのですが、生徒さんに直接つながらなくても、
雅楽にはこういうものもある、ということを多くの方に
知っていただける機会になればと思い、誰でも無料で
簡単にダウンロードできる E-Bookにしてみました。

雅楽や日本の伝統文化に興味のある方、ない方も、
無料ですので、ぜひどんなものか見てみてください!

古代歌謡の世界
https://info-zero.jp/ebookdtl.php?ecd=54696&kcd=17465


源氏物語にも登場する平安時代の文化を彩る歌の数々。
読まれることはあっても実際にどんな響きなのかは
意外と知られていない「古代歌謡」についての
入門ガイドです。どんなふうに歌われていたのか、
また関係する雅楽などについて、実際に体験することが
できる場についても解説しています。

Photo_2

2012年3月17日 (土)

偶然=必然のシビラ

さて今回こそ万全の体調でシビラへ!
(前回の受注回のときは体調がイマイチで
途中で力尽きてヘロヘロになってしまったので)

日差しは春だけど意外と寒いこの時期にピッタリなのが
09年受注会ツイードコートワンピです。
これに赤いショートブーツラグビーボール型赤バッグ
コートの中はミニマルパターンチュニックワンピで、
インナーはボルドー系ハイネックカットソー
(カスタマイズ)
にしましたが、風が冷たかったので
赤いカシミアニットにすればよかったと少し後悔。

しかしお店はすっかり春!
今回はとにかくDMの時点ですっかり魅了されてしまった
MIYASHINの特殊糸繁ぎ機によるワンピシリーズがもう
気になって気になってしょーがないので、まずチェック。

おや、イメージと違う素材感。
もうちょっと厚手のしっかりした感じの生地を
イメージしていたのだけど、実物はとても繊細な
ある種シルクのような上質なコットンで、
色の感じも一色一色が、例えば一般的な赤、橙、
青、緑、といった色そのものではなく、
すべて微妙な色合いがさらに多配色されており、
全体には洗練された柔らかな優しい印象。

ただ、三越伊勢丹限定のワンピは対照的な素材感で、
光沢とハリ感のあるしっかりめの生地。
色合いも全体的に華やかな印象。

ふむふむ。予想以上にどれも良いですなぁ。

と、次に目に飛び込んできたのがインド刺繍ワンピ。

DM1枚目左のワンピの実物はとても豪華な全面刺繍で、
エスニックすぎず派手になりすぎずの絶妙さが見事。
着丈さえ短くなければこちらも試着してみたかったです。

同じ刺繍モチーフのバッグも可愛かったです。

また、DM右のワンピもレース刺繍のテクニックが
見事で、色合いも独特で素敵でした。

しかしとにかくMIYASHINシリーズが気になるので
試着タイムスタート。

まずは、限定ワンピ。
最初試しにインナーのカットソーを着たまま
上から重ね着してみたら、まあアリはアリだけど
やっぱ1枚でノースリーブで着るほうが綺麗。

いやもう何も文句のつけようがありません。
ちょっと立体感のあるフレア具合がどこか
50年代ぽい雰囲気が漂い、ジャストな着丈に
一気にテンションUPしちゃいました。

さらに、同じく限定のストールもMIYASHIN織りで、
これがまたブルー系とオレンジ系どっちも良くて
どっちもそれぞれ違った雰囲気で合ってしまうので
じゃあ別のワンピに合わせてみましょう!、と、

DM3枚目の右の襟付きワンピを試着。

この多色カラーボーダーといい、襟付きで
長めの半袖というこのスタイル、ちょっと
昔のシビラを彷彿とさせ、待ってました!の
ワンピなのです。

こちらも50年代というか、むしろもうちょっと
クラシカルな感じでしょうか。
ウエスト切り替えから下のプリーツの具合が
素晴らしい。こちらも文句のつけようがなく、
ディスプレイされていた小さめのバッグを
一緒に合わせて持ったらハマッてしまい、
これまたテンションUPしてしまいました。

で、試着したのはブルー系だったのですが、
ストールを合わせると意外にもオレンジ系が
いい感じ。これが多配色シビラマジック効果です。

ただ、人によってはブルー系のほうが合うかも
しれませんし、アウターに合わせるものでまた
違ってくるかも。それがシビラの配色の法則です。
ん?法則っていうかパラドックスですなむしろ。

ということで、結局どれもいい、という感じで
飽和状態になってきたところで別のワンピを試着。

DM2枚目の右のお色のほうです。

これが一番実物を試着して驚きました。
DMの写真だと、幾何学模様と色合いがもっとシャープな
印象なのですが、実物は素材感と微妙な多色効果により
やわらかく上品かつ独特な主張を放っており、
見ていると目が回るというか、目眩のするような
色の魔法に魅了されてしまうのです。

そして、基本的にシルエットが美しいシビラ
ではありますが、これはもうその中でも特に
シンプルなだけに突出してます。

やはり、立体織・無縫製という特殊性と
希少性がなせる技でしょうか。

ほんと、ムチャクチャ高い完成度です。
抜群に着心地もいいし、着て・見て・溜息、でした。

珍しく私にとっては本当にトータルでジャストの
着丈だったのも印象的でした。(最近のシビラの
中では長めの着丈でした)

と、ワンピ3着を見比べているときに、
偶然(というか必然?)に並んでいた
鮮やかなマスタードイエローのコートが
気になって手に取ったら担当さんがすかさず
「今朝入荷したばかりなんです~♪」
と早速ワンピの上から着てみたら...

偶然=必然

麻だからこその上品なイエローと独特の
シルエット、裏地なしでハーフ丈の着丈、
長めのジャケットみたいな感じで着回し度
高そうで、パンツとも相性良さそう。

ワンピ3着があまりにもどれもハマッて
頭がグルグルしてきたので、ここらで
ちょっと気分転換してみましょう、と
このイエローの麻コートと実用性高い
組み合わせのシミュレーションとして
太筆書きお花モチーフのチュニックと
ベージュ系クロップドパンツを合わせて
試着してみました。

うわ、これ、カッコいい!

ベージュがこんなに合うって新鮮。
もちろん黒やブルーなんかもOK。
手持ちのアイテムがすぐイメージできたので
一挙にこの麻コートが浮上してしまい、
つられて前から気になっていた
太筆書きお花モチーフのチュニックまで
購入を考えてしまいましたが、いやいや
ちょっと待てよ、チュニックはあるし、
ワンピ問題が解決してないでしょ、と
クールダウン。

これまたストールがブルーもオレンジも
やっぱりどっちもアリで、担当さんも
遠くから見てチェックしてみたりして、
それでもどっちと決められず、3着の
ワンピそれぞれにイエローの麻コートと
ストールのブルーとオレンジを組み合わせて
(いったい何回着替えたんかい!)
さんざん悩んでどうにか選びました。
.
.
.

120316_006

限定ワンピ、ストールブルー系、麻コート
の3点購入です。
.

ところで限定ワンピはDMの時点でなぜか
オレンジ系とブルー系の2色あると
思い込んでいて、実物も店員さんが着用して
いるものとハンガーに掛かっているものが
それぞれオレンジ系とブルー系に見えた
のですが、実際には1色展開だったのです。
.

というのも、写真も実物も光の当たり具合や
見る角度によって、ちょっと全体の色が
違って見えるんですよこのワンピ。
.


正面からだとオレンジ系の印象ですが、
120316_004


.

ちょっと斜め横からだとブルー系な感じ。
120316_002


.
.

それもやはりMIYASHIN織りの複雑な
色糸使いと、ウエストから上は斜めチェック、
下は縦横チェックという切り替えと、
120316_010


.

スカートのフレアがたっぷりめなので
サイドの切り替えで斜めになっていき、
様々な目の錯覚を誘発するトリック
アートのような一着です。
120316_003

.
.

とはいえ、このようにベージュ系の
ジャケットやカーデで正統派フェニミンな
着こなしはもちろん、

120316_005


.

昨春の受注会ブラウスとの相性もバッチリ。

120316_011


.

合わせるものでワンピの色合いが
変わってみえるのも魅力的。

120316_012


.

限定ストールも、MIYASHIN×シビラの
多色トリックが施されつつ実用的。

120316_017


薄くて軽くたっぷり幅なので
このようにショールやボレロのように
使うこともできます。夏の冷房や紫外線
対策に大活躍しそうです♪

120316_008

.
.

そして、ひときわ目を引くシビラのイエローが
圧倒的な存在感の麻100%のコート。
120316_021


この大き目のボタン、'10年のノーカラー
ジャケット
と同じなのです。


切り替えと一体化した大きなポケットも
付いていて実用性高いです。
暖かくなってきたら、袖を折り返して7分袖に
してもカッコいいし、このちょうどお尻が隠れる
くらいの着丈が絶妙です。

手持ちのチュニックやパンツとはどれも
相性が良くて、こういうタイプのコートは
持っていなかったので、コーディネイトの
バリエーションが一挙に増えそうです。
シビラ名鑑・春夏にUPします)


それにしても、MIYASHINシリーズのワンピは
どれを選んでも、選ばなかったものに悔いが
残るというか、「やっぱりあっちにすれば
良かったかなぁ」といつまでも気になって、
かといって「もしあっちを選んだとしたら
きっとこっちにすればよかった」って
思うに違いない、などと堂々巡りでいまだに
頭の中グルグル状態です。

それはそうと早くもっと春らしく暖かくなって~
.
.
.
.
.

2012年3月16日 (金)

Only MI のシビラ

イセタン限定商品(正しくは三越伊勢丹限定=Only MI)の
特集パンフをいただいたので、掲載しちゃいます。

例の、MIYASHINシリーズのワンピースですね。

Dmmi1

Dmmi2

かなりプッシュされているようですが、
それもそのはず...という感じでした。

ということで、3月のシビラ店頭レポートを
明日中にはUPする予定です。

いや~、例によってですが、いつにも増して
感嘆と苦悶に満ちた2時間でした。

選べませんて。何を選んでも後悔が残るという、
世にも美しき拷問という感じでしたcoldsweats01
.
.

.

2012年3月13日 (火)

ナザベル10歳の馬の気持ち

今冬がいかに寒いかを語る秩父連山の雪。
こんな時期まで雪で白くなった山々を見る
ことができたのは初めてじゃないだろうか。

写真だとイマイチなんだけど、一応UP。

120313_004b


さて、北風さえなければ乗馬日和なんだが、
何しろ雪だ雨だ体調不良だ何だで圧倒的に
行けないことが多かったので、今日こそ乗馬!

ところで、ナザベルが10歳になりましたcrown

乗馬クラブへ来る直前の、たぶん2歳頃で
あろう写真がこちら。

2

かわいい~~~~~heart01heart04heart02

こんなちっちゃかったんだから!
(といってもポニーくらいか)

6歳になる前に死にかかって
奇跡の復活の後はぐんぐん成長して、
今や長さと太さと馬力は最大級。
(背は高くないの。足も長くないの。)

元気なのが一番ありがたいです。

さて、毎年この季節は馬(猫も)の換毛期と
花粉が重なって大変なのですが、
今年は寒いせいかまだどっちもチラホラ。

ナザベルの自慢のたてがみですが、
冬は防寒のネックカバーで擦れるので
半分以上が自然にカットされてしまう。

でも、おかげでこんな現象が。

120313_006

短くなった部分が根元からカールしてます。

櫛で解いてもこんな感じ。

120313_008


さて、今日はなんだか混雑しておりまして、
案の定、変に張り切ってブンブン行ったり、
あるいは馬に近づいて止まってゴネたりで、
最初のうちはこちらも久しぶりで体が硬い
せいもあり、なかなかリズムに乗れず。

ちょっといい感じになってきたかな?と
油断したとたんに、パタッと止まっちゃう。

120313_016_2


「こりゃぁ。」と脚入れてもダメ。
連続脚でもダメ。鞭でもダメ。
動かない。というか、後ろに下がる。
「あぁ~もぉぉぉ~!」

120313_017

他の馬に迷惑でしょ!
というか、わかってやってるのね。
馬に近いと気を遣って強い鞭入れられないのを。

何度かゴネゴネしたけど、途中からはわりと
リズムに乗ってきた。ようやくという感じで。

120313_039

全身が太陽の光を反射して黄金色に輝くんだけど
写真になかなかうまく撮れません

120313_041

.

立派な尻尾とお尻でしょ~

120313_027


これは右駆足で輪乗りに入るところ。

120313_019

まあ、今日もリハビリ的な感じだったけど、
後半ちょっとハミとって丸まったのでまあまあ。

こんなにちゃんとできるのに、なんでああゴネるかな。
うーむナザベルとしては、まあできるんだけどね、
ちょっとゴネてみたいの、みたいな感じなのかしら。
10歳にもなると、サボるポイントわかってるからね。

私も久々続きでちょっと自信喪失して硬かったから
それを敏感にくみとって反応してたのもあるな。

今度からはもっと積極的に、かつナザベルの
ダイナミックな動きと一体化できるよう、
今週来週は週2ペースに戻して挽回するぞ!
.
.
.
.
.


2012年3月11日 (日)

何も触れないまま通り過ごせない

大地震が大津波を呼んで大勢をさらい
ルシファーの偽りの光を解き放った


今日は各地で追悼の祈りが捧げられています。
やはりこの日何も触れずにやり過ごすことはできませんね。
TVで被災地の様子を見ていると雪で寒そうです。
やはり去年より寒いし遅い春の訪れです。
1年前のあの時私は旦那さんとナザベルと一緒で、
やはり何か運命的なものを感じました。


いつも弱いものが犠牲になるのは
人間に共感性があるからこそなのだろうか?


笑いが伝染するように、
強い感情や思いは力を持つ。
小さな音でも何かに共振すると
何倍もの音量になって聞こえるように。

だから一斉に黙祷して祈りを捧げるのは
確かに意味があることだと思う。
具体的に何とわかっていなくても、
このままではいけないと誰もが思っているはず。

そしてそれが常に一人一人の心の中に
深く刻まれていって
無意識のうちに行動や考えが変わっていったとき
ようやく社会も変わるのだと思う。

"There is always hope."

「ロード・オブ・ザ・リング」(しつこく出します)にも
この台詞は何度も出てきます。


希望の光をイメージして祈るだけでも
多くの人の祈りの思いが共振すれば
それはエネルギーとなって
一人一人の心(潜在意識)に刻まれていき、
具体的なアイディアや行動をもたらすことにつながる。

思考が現実を作っているのだから。

絵を描いたり、曲を作ったりするのなんか
まさにその通りでしょ。
頭の中に浮かんだ映像やイメージを
絵という具体的な形にして現実の存在にする。

頭の中で鳴っている音を
実際の楽器を使って現実で音楽という存在にする。
物理的現象と言ってもいいでしょうが。

まあ一番身近な例としては、料理。
レシピどおりにやってもいいけど、
イメージができてないとうまくいかないですよね。
美味しい味や見た目なんかを想像できないと。

私はレシピどおりに作ることはほとんどないんだけど、
(レシピどおりにできない、と言ったほうが正解)
頭の中で「あれとあれをこうしてああしたら美味しそう」
といろいろ想像してから作ります。
そのとき手順なんかもシミュレーションしておいて。

このように、思考から現実が生まれるのですよ。

まあ、そんなすぐに変わるのは無理だけど、
でも少なくとも毎日を、一瞬一瞬を
変化と進化の過程としてとらえて過ごすだけでも
ただ日常生活の繰り返しの一部として過ごすより
よっぽど充実した人生と感じられるはず。

要するに、感謝して楽しむことが一番大事!
という結論に達したのでした。

今さらながら、「ありがとう」っていい言葉だよな、と。


.

.
.
.
.
.


2012年3月10日 (土)

夢の中のあの大きな木は何の木だったのか

なんでなんでTwitter凍結されちゃったのかしら~
いっぺんにいろいろやりすぎちゃったかな...
私せっかちだからな。しまったな。

乗馬の筋肉痛の話に乗ってくれた方に
お返事書きたかったのに...

まあおとなしく凍結解除を待つしかないんだけど、
こういうときに限っていろいろつぶやきたいことが
思い浮かんだりして~ 消化不良なので
いっそここに書いてしまおう。
まあ、いつもの短いバージョンということで...

一昨日だか見た夢に出てきた
あの大きな木は、あれは生命の木だったのかも。
あの巨大な縦長の六角形のような
枝の配置と幹とのバランス...
暗い夜空の中に、半分透けているような
輪郭だけがおぼろげに光を放っているような
そこに見えているのに実在はしていないような
しかし圧倒的な存在感と異様な形状。

見えるときと見えなくなるときがある。
そして見えなくなったときに、
あれはもしかしてユグドラシルだったのか?
と疑問が湧いてくる。

ユグドラシル...北欧神話のね。
でもあれは、なんとなく根も枝も横長で幅広の
そんなイメージがあるのでやっぱ違うか。

そして思い出す、やはりあれは生命の木だ。
こういうのはたいてい直感が正しい。

どれくらい巨大かというと、
おそらく6階建てくらいのビルくらいは余裕。
いや、もっと大きかったかも。

あの有名な映画「アバター」にも巨木が登場し、
それが生命と深くつながっているという設定で、
古来より日本でもご神木として巨木を祀るし、
やはり木には神聖な力と存在を感じる。

で、夢の中で生命の木、と認識して、
ああ、これがこういうことで...とか何とか
何か今まで知りたかった謎を解明したらしいけど、
その感動の余韻みたいなものだけが残っていて
具体的には何も思い出せないんだなこれが。

まあでも、あの木の印象は強烈に残っている。
頑張って思い出しながら絵に描いてみようかな。

てな具合に、全然つぶやきじゃ足りませんでした。
なんだろ、私はつぶやきより文章というか
散文体質なんだろうか。

あ~ あと近所の老猫のお散歩のこととか
来週中にはシビラに行くゾの意気込みとか
そんなことブツブツ言ってないで、
早く確定申告をやっちゃいなさいよって。

.
.
.
.
.

Turn of the tide

今さらですが、Twitterデビューしました。

そして3日経たないうちに凍結されてしまいました。
フォローとかアンフォローとかフォロー返しとか
なんだか面倒くさいというかややこしくて
何かルール違反してしまったらしいのです。

でもせっかく
LET THERE BE LIGHTのCD持ってます」
という方からメッセージもらえたりして、
楽しくなってきたところだったので、
なんとか凍結解除してもらって
早く復活したいです。
今度は焦らず慎重にしないとな^^;

ところでなんで今さら?という
アンチタイムリーな参加タイミングですが、
おかげさまでこのブログも最近では
1日のアクセスが1000を超えるようになり、
(ほとんどシビラネタと思われますが^^;)
まあこのままでもいいんけど
このままでは何かもったいないというか、
このブログも開設して3年になるし、
そろそろ新たなる展開というか、
実は飽きっぽい自分を飽きさせないため
というのが一番の理由だったりしますが、
一般的にブログとTwitterやFacebook等を
連動させているケースが多いので、
私もちょっと試してみようかなと思いまして。

元来私は人が大勢集まる場所が好きではなく、
それはネットの世界でも変わることなく、
mixiやfacebookなども関わりたくないスタンスでした。

でも何か自分と共通点があったり、
趣味や価値観が似ている人と交流するのは大好き
という矛盾した傾向を抱えていたのですが、
まあTwitterだったら気軽に始められるかな...
みたいなすごく適当な理由です^^;

あと、ブログに書くほどでもない
というか、ちょっと思ったこと、
まさに「ちょっとしたこと」ですね、
これ結構いろいろあって、
Twitterならピッタリだなと思いまして。

で、それをあとから整理してブログにUPしたり。
そうすればもうちょっと更新頻度も上がるかなと。

というわけで、一昨日始めたばかりですが、
まだ不慣れでよくわからない感じですが、
ま~ なんというか、皆さんいろいろ勝手に
無関係に言いたいこと言ってて
ある意味自分がテレパスになったような
そんな勝手な錯覚を楽しんだりして。
でもこれって、もう腐れきったTV番組とかより
全然面白いかも。壮大な井戸端会議みたいな。

まあでも、意味不明というか、しょうもない
ど~でもいいような呟きがほとんどだけど、
中には「あらま これは得したわ」
というのもあるんですね。
特に「無料で」ってやつ。

あんまりいろいろ無料でもらえるから
本とか買うの馬鹿らしくなっちゃいますね。
(もちろん、無料だからしょーがないか、
っていう程度のものが多いけど)
まあ怪しいものも多いですけど、
一つだけ参考になるものがありました。

私は英語の本を読むのは好きなのですが
(くどいようですが、トールキンと
ラヴクラフトですね。一人芝居風に音読して、
チェルシーに読み聞かせてますが迷惑そうです)
英会話は流暢というわけにはいかないんですよね。

旦那さんのお仕事の関係で
たまに海外から電話がかかってきたり、
海外ドラマや映画を英語のままで楽しみたい
ということもあって、
スピードラーニングとか試しましたが
(うちの母がこういうの好きですぐ買うんです)
まあ確かに勉強にはなるけど
(何気に毎晩寝る前にちょっと聞く)
さすがに聞き流すだけじゃ
しゃべれるようにはなれませんって。

で、どうして聴くだけじゃダメなのか、とか
じゃあどうしたらいいか、とか書いてあるので、
英語に興味ある人は読んで損はないと思います。
なにしろ、タダなんで。
http://www.cs-mts.jp/items/go/epyt?afid=5097
ちなみに3月15日までです。
あと、ダウンロード申し込みの際に
普段使っているメールアドレスではなく、
yahooとかgooとかのフリーメールアドレスにしたほうが
後々宣伝のメールとか来た場合、鬱陶しくないです。
(ちなみに私のところへは今のところ
「いかがでしたか?」というメール1通しかきてません)

で、こういう無料でダウンロードできるっていうの
いいよね、と旦那さんと話していて、
何か作ってやってみよう!ということになりました。

具体的には、旦那さんの絵画作品を画集にしたり、
私の詩集とか、チェルシー&ナザベル写真集、
あと、トールキン作品とラヴクラフト世界の
相関性についてカダスの地図入りで解説、
とか、まあまだ構想というか妄想段階ですが、
とにかく無料で気軽に多くの人に見てもらえる
こんな手段があったんだ!という感じで、
ちょっと楽しみになってきました。

というわけで、なんとなく春なんで、
なんとなく新しく始まる感じで、
Turn of the tide なのでした。

ガンダルフがWhite Riderとなって
アラゴルンたちに再会したときに
こう言いましたが、まさに今がその時です。

" We meet again.At the turn of the tide.
The grate storm is coming,
but the tide has turned. "

J.R.R. TOLKIEN
THE LORD OF THE RINGS より
.
.
.
.
.


2012年3月 3日 (土)

SYBILLA 2012 SPRING & SUMMER

ようやく春らしさを感じられる日が増えてきたな
と思いきや、いきなり雪とか雨続きとか、
まあこれが春っちゃ春なんだけど、
今年は花粉がまだやってこないので
嬉しいし助かるけどいまいち春を実感できないのかも。
いや、花粉はこなくていいです。
でもさすがに今日あたりちょっと始まったかも。
だってもう3月ですよ。
しかも今日は雛祭りじゃないですか!
って、うちはチェルシーの関係でお雛様はずっと
押入れにしまったままなんだよねえ。
申し訳ないけど、もうちょっと我慢してくだされ。
今出して飾ると誰かが、何かが行方不明になります。
あと2,3年したらチェルシーもお雛パニックにならず
一緒に眺めて楽しめるようになるような気がしますので。

そして完全に油断しておりました。
もっと中旬頃になってから来ると思ってたんですけど。

Dmmar1

Dmmar2


Dmmar3_2


Dmmar4


レースに刺繍に幾何学模様に編みニットに... 
最初気になったのは3枚目の襟付きワンピです。
この型とデザイン、ちょっと昔のシビラを彷彿とさせて、
好きなタイプなんです。しかも、配色ストライプが美しい!
ニットも刺繍もいいな~という感じで、
2枚目の幾何学模様はちょっと似た感じのシリーズが
毎年展開されているので、そのバリエーションかな
と思いきや、何やらシビラらしからぬ縦書きの文面が...

Dmmar5_2

これを読んで衝撃を受けました。

ええ?アレンジワインダー?多色感効果?
立体織?無縫製???

なになに~ コレちょっとすごいんじゃない?
立体裁断じゃなくて、立体織ですよ。
しかも配色糸で配色ホールガーメントってこと?
やば...ヤバイですってば~。

シャットル...これを見て思い出すのは、そう、
映画「WANTED(ウォンテッド)」です。
織り機が動く中、左右に高速で移動する
シャットルを手で掴むあのシーンが...

ってシビラとはあんまし関係ないけど

とにかく、これ読んでから2枚目のワンピを見たら、
ああ、これ、ただの幾何学模様なんかじゃない!
すごい。すごすぎるよ~ シビラ~ (~雄叫び)

さらに、このシリーズでイセタン限定があるという...


Onlymi1_2


Onlymi2

え、なに、どうしろっていうの、こんな、こんなもの見せられたら

.....どうなってしまうかわかってやってるんですね。
.
.
.
.
.

【英語短期間マスターメソッド】
英語をマスターするための秘訣が今なら無料で入手できます。
!!! 3月15日まで !!!

.
.
.


« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »