フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月16日 (木)

シビラ'12春夏受注会レポート

とても2月中旬とは思えない寒さの中、シビラ受注会へ
いよいよ出陣。しかし先週末からどうも体調がイマイチで
昨日なんか乗馬休んだくせにシビラには行くんだなこれが。

まず昨年にも増してそのバラエティーに富んだというか
すべてを把握するのに何日もかかりそうなラインナップに
唖然。DMには載っていないブラウス(半袖、七分袖)や
ケミカルレースのキュロット、ワンピの別柄や素材違い、
さらに技ありキャミの新しいシリーズも...ということで、
まず試着するものをチョイスするのに一苦労でした。
(そこがまた楽しいんだけどネ)

■技あり(あやとり)キャミ
DMにはノースリーブのループカットソーが掲載されて
いたけど、昨年に続きキャミも新しいタイプが出現。
カラーバリエーションも微妙に変化。私はプラムの
ような赤紫系をチョイスしました。試着の際に常に
インナーに着用し、活用法や形や色の相性を確認。

■半袖ブラウス
麻が入ってるのかな?と思わせるようなシャリ感が
ありつつシースルー気味のコットン主体の着丈長めで
ふわりとしたシルエットと深みのある紺が気に入って
試着したのですが、昨年のシルクコットンボイルの
ブラウス
とあまりにも路線が同じなのでイエローを
試着したらかなり新鮮でいい感じ。


■七分袖ブラウス
上記のブラウスと同じ素材で、こちらはパフスリーブと
胸元のプリーツが特徴的。チュニック丈で便利そう。


■手描きフラワープリントワンピース
DM右上のシリーズです。丈が短いと思っていたら
そうでもなく、似合わないと思っていたら意外と
そんなこともなく、やっぱりこのモチーフというか
全面が絵画のような世界に魅了されました。
DMに載っていないベージュというか優しい
オレンジ系のお色を試着したのですが、これが
自分には新鮮というか、馴染んでしまいました。
シンプルなデザインですがシルエットはシビラ
独特の美しさで、繊細な素材と共にどこか
ヨーロッパの雰囲気が漂ってとても素敵。


■長方形配色ブロック柄チュニック
DMに掲載されていない、上記のワンピと同じ型で
チュニックがあり、これもかなり好きなタイプです。
この配色の感じがちょっと昔のシビラを彷彿とさせ、
和モダンのようでいてちゃんとモードなシルエットな
ところがさすがはシビラ。


■パッチワークニットワンピ
私は完全にノーマークだったのですが、担当さんが
ひょっこり出してきてくれたのがDM左下のニットワンピ。
黒地に赤紫系の縁取りやパッチワークがアクセントで
これがキャミと絶妙のコンビネーション。ワンピですが
短いのでチュニックとして着てみたら、その軽くて
着心地良い素材とその素材ならではのシルエットが
とても新鮮。完全に死角を突かれました。


ということで全部良かったんですが、2時間悩みまくり
予算と実用性を考えて結局チョイスしたのはキャミと
ニットワンピです。ニットワンピはこれまでの自分に
ない傾向だったのでテンション上がりました。

いやーほんと全部良かったんですけどね~

しかし、2時間が私の耐久限界のようで、かなり
ヘロヘロになり、ブラックとか通常コレクションのほうは
さぁ~っとひとまわり閲覧して終わりです。ああ年だ。

う~ん、やっぱ秋冬に続いて何も注文せずの快挙は
続きませんでしたわ。でもあのニットワンピ楽しみです!
まさかあれをチョイスすることになるとは思わなんだ。
これだからシビラはやめられないのです。

.
.
.
.
.

2012年2月 8日 (水)

半自習乗馬

最近の乗馬は毎回レッスン後半にはハミをとって
まとまったいい動き=馬を丸めることができ、
marchan先生にも「あそこまで馬をもってこられたら
楽しいでしょう!」と言われるほど、かなりいい感じ
だったのに、前回はなんだかダメだった。下乗りの
時もすっごい丸まって軽やかで、旦那さんのときにも
真面目に図形運動に励み、これは今日はいいぞ、
と思いながら私が乗り代わった途端に豹変して
(確かに旦那さんの時は1頭だけで集中力あったけど
私のときだって3頭だけだったのに)落ち着きなく
ハミがはずれようものならすぐさま跳ねるかブッ飛ぶか
背中つっぱらせて前足だけで急いでいっちゃう感じで
久々にヒヤヒヤ乗馬。

まあどうにか暴発せずにおさまらせたものの、
いつものまとまりまでもっていけずイマイチのまま。
まあ例えば半年前のイマイチよりはいいんだけど、
やっぱ一度良い状態を知ってしまうとね...
とはいえ駆足はわりといい感じだったので、まあ
こういう日もあるさ、ということで、次回に期待。

で、今日。案の定、というか、下乗りの時すごい元気。
なんつー迫力。あんなふうに走られても笑って乗って
いられたらカッコいいんだけどなあ...しっかしナザベルは
なんとも動きに重量感がある。あの全力で疾走する
姿を見るたびに感嘆すると共に、乗りこなせる日が
果たしてくるのか...とも思ってしまうのよね。

さてさて。今日はH氏レッスンでついてないな、なんて
思ったけど、終わってみたら意外と良かった。
というのは、H氏レッスンの時はいつものように複数の
指導員さんがついて細かくチェックしてくれないので
半自習みたいになるのだが、今日は初めて誰かに
何か言われることなく自分だけで最近の「いい感じ」
にまでもっていけたから。

最初のほうはちょっとテンション高めで「またかよ」と
思いつつ、前回の教訓を生かしてわりとすぐおさまり、
途中からハミをとってきたのがわかり、そこからは
積極的にどんどんまとめて丸めていくようにした。
でもいつものように誰か指導員さんが見てくれて
いたら、きっともっと内方姿勢とか言われたと思う
けど、まあ半自習状態としては今までの中では
かなり良い実感。

そして3頭がテイセキを軽速足で回る中をなぜか
私だけ輪乗りで駆足。げげ、左駆足の輪乗りは
ちょっとまだ自信が...なんてH氏に言おうものなら
面倒くさいことになるのでダメもとでやってみる。

う~ん、やっぱ難しい。左はばらけやすいのよ。
何度か軽速足に落ちてしまうが、場所を見て
ちょっと円を大きめにしたりして、まあなんとか。
以前のようなドツボに戻ることもなく一安心。

それから右手前に変わって軽速足を何周かする
うちに「おっ!きたきた!」とさらに丸まっていい
感触。それを維持したまま、また私だけ輪乗りの
右駆足。最近右駆足が逆手前で発進してしまう
傾向にあるので、それも課題の一つだったけど、
ハミとって丸まってたせいか、発進は成功。
しかも、なんという柔らかさ、しなやかさ。右の
ほうが得意ではあるけど、こんな輪乗り駆足は
初めてじゃないかしら。ハミに何の引っ掛かりも
感じない。でも手の中にナザベルとのコンタクトを
しっかりと感じる。駆足でこんなにハミを受けて
丸まった感触は初めて。すごい、何これ。まるで
一人メリーゴーランドのようにいくらでもくるくる
小さく回れてしまえそう。全然疲れない。うひゃ~

な~んて思ったのも束の間、やっぱ疲れるよ。
でもいつもの駆足とは違い、軽速足に落ちて
また発進で逆手前で出ちゃうかと思ったら、
やっぱ状態が良いからかちゃんと発進もクリア。
しかしずっと輪乗りの駆足って...まあたまには
こういうのも勉強になりますわな。

それにしても、あの感覚、忘れませんように。
いや忘れませんよ。忘れられませんって。
たまらんですよ。も~ ナザベル最高!

.
.
.
.
.

2012年2月 5日 (日)

だから2月は悩ましい

ええ~、来ました。来ちゃいました。2月のシビラDMいろいろ
今回はA4サイズの封筒でバーン!と来たので気合入ってるなぁ...
それもそのはず。受注会にBLACKに、盛りだくさんです!

まずは受注会!

1


2


きゃぁ~ この絵画タッチのお花モチーフ、たまりません!
1枚目上段と2枚目の上段左側。このテイストのテーブルクロスや
ソファーカバーとかあったら買っちゃいますね~絶対。
10色のカラーセレクトと数種のプリントのバリエーション、ぜひ
実物が見たいです。バッグもいいですね~

2枚目下段左のカラーブロッキングニットも存在感あって素敵。
右のアンティークなレースもシビラらしいテクニックですね。

本当に受注会が楽しみになってきました。


そして、たたみかけるようにBLACKシリーズ!

Black1


Black2


Black3


Black4


Black5


はぁぁ~ ...溜息 ですね~
1枚目のドレスは以前だったら飛びついてましたが、
最近はもうこういうの着る機会が滅多にありませんし、
今年のテーマは実用性!なので(毎年そのつもり)
まあじっくり実物を鑑賞してBLACKワールドを堪能したい
と思います。いや~どれも素敵ですね~。

そして通常のコレクションもすっかり春!

Dmfeb1


Dmfeb2

ええ、ええ、春です。もうすっかり春なんです。
お花が咲いちゃってるんです。
5のバッグなんかチューリップみたいでキュート!
7のプルオーバーは着丈長めで実用性高そうで
かえって危険です。なにかと重宝するタイプでね。
13のワンピが気になります。でも着丈短いかな。
10,12,14のちょっと変わったブルーの色合いも
目を引きます。実物を見るのが楽しみです。

しかし、実際まだまだ寒いのです。
寒さが緩むっていってもまだ春には程遠いのです。
でももう冬物に飽きてきてるんです。
だから2月は悩ましいのです。
でも、だからこそ、かなり寒いこの冬だからこそ、
気分だけでも春を楽しみに早くシビラに行きたいな
などと思うんですよねえ。

.
.
.
.
.


2012年2月 2日 (木)

気になる海外ドラマ

最近の気になっている海外ドラマについて。
(現在放送中あるいはつい最近まで放送していたもの)

■フリンジ FRINGE
ラヴクラフトにX-Fileに都市伝説に...とにかく大好きなネタが満載の
ブッ飛び科学捜査班!みたいな。この手のジャンルはやりすぎて
収拾つかなくなるケースが多い中、謎めかし具合と、そのまとめ
上げ方がお見事。映像のセンスも抜群だしね。


■ウォーキング・デッド THE WALKING DEAD
ゾンビものと思いきや、まさかの濃厚ヒューマンドラマ。善悪とか
道徳とか人道とか、考えてしまう。これこそ究極のサバイバル
でしょう。また音楽がいいんだよねオープニングテーマ曲が。


■スーパーナチュラル SUPER NATURAL
実にユニークな魔物ハンター系ホラー。クールでオシャレで笑えて
泣ける、ロックなエクソシストていうか。このジャンルをこのセンスと
テイストで貫き通すってスゴイ。シーズン3あたりから失速する
ものが多い中、これはどんどん壮大に複雑にさらに面白くなって
まだまだ進化中。シーズン6、7も楽しみ。


■V(ビジター)
Vが人間の皮を被った爬虫類型エイリアンなら、このドラマ自体は
SFの形をとった社会派陰謀サスペンスかも。正義とは何か?
偽善を暴くには?とか考えてしまう。でもあんまり実社会の暗喩
みたいにしないで、もうちょっとこの物語独自の世界観を構築・
追求してほしいなとシーズン2に期待するけど、どうなることやら。


■テラノバ Terra Nova
宇宙家族ロビンソンのタイムトラベル版みたいだけど、ちょっと
スターゲイト・SG-1のテイストもあって恐竜も出てくるし、
未来なんだけど過去、という新しいファミリーSFアドベンチャー
として楽しめます。


■メンタリスト THE MENTALIST
私の中では 名探偵モンク(Mr.MONK)に続く犯罪捜査ジャンルの
大ヒット。パトリックの強烈なキャラと捜査&解決方法が痛快。
音楽や吹き替えのセンスもGOOD。


■ホワイトカラー WHITE COLLAR
西海岸にパトリックがいるなら東海岸にはニールあり。パトリックの
スタイリッシュ対決が見たい!(あるいはこの2人が組んだら最強
でしょう。)地味だけと切れ者で奥さん一筋のピーターとのコンビが
稀有。ニールのファッションも見ものです。


■リスナー THE LISTENER
さわやか青年サイキック救命士みたいな。捜査にどうやって絡んで
解決していくのか、なかなか見ごたえがあります。カナダが舞台
というのもちょっと変わってていい。


■デクスター DEXTER
これ見たらマイアミってかなりヤバイところだし警察の内情って
あんななの?って思っちゃうけど、いろんな人の思惑や勘違いが
面白いように絡まりあってストーリーが紡がれていくところがスゴイ。
デクスターの独り言が最高。


■ミディアム MEDIUM
シーズン3あたりまでは最後の5分であざやかに事件解決する
ところが気持ち良かったんだけど、最近どうもな...でもやっぱり
見始めると最後まで見てしまう卓越した脚本センスと、アリソン役の
パトリシア・アークエットの個性が光ってます。
でも吹き替えのセンスは好きじゃないな。


■ゴースト GHOST
癒し系ホラー、みたいな。こういうスピリチュアルならこっちも素直に
なれるよねえ。ダークな部分も残しつつ、のバランスが絶妙。
メリンダみたいな友達がいたら全面協力しますよ。


■トゥルーブラッド TRUE BLOOD
今流行の青春ヴァンパイアものとは違い、シェイプシフターやら
変な古代神やら人間以外の存在がやたら普通に混じってて、
ヴァイパイアと共存してる社会設定が面白い。エログロ度も
アンナ・パキンのキャラでだいぶ緩和。シーズン3、4を早く見たい!


他にも、続きあるの?打ち切り?ぽくて気になっているのが
THE EVENTとか4400とか。サラ・コナー・クロニクルズは打ち切りに
なったようで残念ですが。まあギャラクティカのように続けるうちに
グダグダになって挙句の果てに..って終わり方するよりはいいかも。
最近は宇宙が舞台のSFらしいSFがめっきり減っちゃって、逆に
現社会の設定が多いのでギャラクティカには期待してたんだけどね...
やっぱリメイクって難しいのかな。
あと魔術系だと魔術師マーリンもシーズン3、4が早く見たい。
ドレスデンファイルはもう終わりなのかなあ。
...と海外ドラマ一人談義は続くのでありました。
.
.
.

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »