フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月27日 (土)

執念のシビラ

今日は夏休み最後の週末ということで、昼間からあちこちで
お祭りやサマーフェスティバルをやっていて、夜にはそこら中で
花火が炸裂。5箇所くらいでやっていて、見るのに忙しかった^^;
今年は震災の影響か夏全体を通しては花火が少なかったけど、
今日はそれを一気に取り返すくらい堪能しちゃいました。
しかし例年に比べてずいぶんと涼しくて、途中で羽織ものが
欲しくなったくらい。一昨年だったか、暑くて外で見ていられ
ないくらいだったのに、今年はすでに夏の終わりを告げる花火。
(でも例によって9月に入ったらまた変に残暑がぶり返しそう。)


というわけで、もうすっかり気分も気候も秋に傾いている今日
この頃ですが、先日ヤフオクをチェックしていたら、なんと
あのスカートを見つけてしまったのです...2月のブラックの
ギリシャ神話ドレスワンピと同じタイミングで出会ったがために
購入をあきらめつつも、ずっと気になりつつ、春夏受注会の
ブラウスを受け取ったら、やっぱりあのスカート買っておけば
よかった...と後悔しつつ、たまたま覗いた池袋シビラの
夏セールで半額品を発見しつつもサイズが微妙なのでまた
あきらめつつも、またまた、今度こそ3度目の正直!と言わん
ばかりに出会ってしまった...

とかなんとかいろいろ言い訳がどっと押し寄せ、さらにお値段が
なんと80%OFFくらい。試着のみの未使用品で。これはもう買えと
いうことよ、ある意味私が執念で呼び寄せてしまったのだわ
などと即決落札してしまいました。

110827_006_3

このブルー、なかなかありそうでないんです。特にドット部分の
お色。ほんの少し紫がかったような。シルクの素材感とバイアス
フレアのシルエットも甘くなりすぎずちょうど良いのです。
これが受注会のブラウスと相性抜群で、このコーディネイトで
ビビッときてしまい、オレンジに加えネイビーも注文して
しまったわけです。ドット部分のお色とブラウスのお色が同じ
ような色味なんですね。夏はなぜかブルー系を多く選んでしまう
私ですが、今年はプラヤのワイドパンツもしかりで特にブルーが
多くなっちゃったような。まあシビラの場合、ブルーと言っても
様々でどれも独特ですからね。

110827_004

ただ... やはりMだとウエストと丈が...^^;
これ同じMでもやっぱちょっと細めみたい(バイアスというせい
もあるかもしれないけど)しかしこうなったらとにかくこっちの
お腹をどうにかせねば。どうもここんところ雨やら右足不全やら
で乗馬回数が減っているのがよくない。しかしもう台風シーズン
突入で秋雨に入ってきちゃってるみたいなので乗馬に頼ってたら
ダメだなこりゃ。なかなか痩せないチェルシーと一緒に頑張って
ダイエットでもするかな... 


2011年8月24日 (水)

馬との絆

右骨盤の不調はだいぶおさまったけど、まだちょっと右膝がある
角度で体重がかかるとビキッと痛みが走る。あとやはり右を
かばって動いているのでだんだんその歪が左に出てきそうな
雰囲気だし、全体に運動不足というか凝り固まってきて特に
肩や首、背中など上半身もバキバキになってきた。なので今日の
乗馬は様子を見ながら並足中心で。行きの自転車もいつもより
だいぶゆっくりにしか漕げない。馬装や手入れは旦那さんが
一緒なのでだいぶ助かった。この激しい気温差なのでナザベルは
大丈夫かとちょっと心配したけど、いたって元気。いつもの
黄金色の輝きに栄養斑点が加わり、美味しそうに焼きあがった
クレープのような色合いに。ブラシをしていて気付いたのだが、
お腹のあたりに栄養斑点とは別の、白いサシのような毛の模様
までいかないけどなんとなく白い毛がところどころ混ざっている
ような感じになってきていて、夏毛にしては初めて見るし、冬毛
にしては部分的すぎる変化なので、これは成長と共に現れる
変化の一環なのかな?ちょっとこの先が楽しみ。

さて今日もナザベルは元気でやる気満々。このところ特に先週の
お盆休みなどは平日でも結構混んでいて、以前だったら馬場に
5頭以上馬がいるだけで盛り上がって、もういつブッ飛ぶか
跳ねるか、あるいは止まってゴネたり蹴ったりしてどっちにしろ
落ち着くまで相当時間かかって大変だったんだけど、それがこの
夏は動きはいいのにブッ飛ばないし、おさまるのが早い。途中で
集中力が切れることもない。こちらの騎座が安定して馬をおさめ
やすくなったこともあるかもしれないけど、やっぱりナザベルが
成長したんだと思う。先日久しぶりにナザベルと同い年の♀の
ビアンカと一緒になり、「ちょっと前までキジが出てきたりして
ナザベルとビアンカが一緒に走り出して止まらなくなっちゃって
大変だったのにね~。やっぱり9歳になると違うものよね~。」
とオーナーさんとお話し、ビアンカも相当なお転婆さんだった
ので、すごく実感があった。大人になったのね~

で、今日は旦那さん騎乗後に私のリハビリということでまず
鐙を外して並足。これが腰や背中が伸びてほぐれて非常に気持ち
良かった。逆に凝り固まっていたのがよくわかった。足には力を
入れず、また自分の体重が下半身にまったくかからないので楽。
ナザベルの並足の動きが自動的に自分の腰ほぐしになっている
感じ。と、突然斜め前で森が嫌いなシャガールスキーが横っ飛び
して方向転換してこっちへ向かってきたので、さすがに驚いて
一瞬ブッ飛ぶ。でもなんかとっさに大丈夫だと思った。慌てる
ことなく上体起こして手綱を引いてわりとすぐ止まったけど、
手綱はゆるゆるに伸ばしてたし、鐙は外してたしで、そばにいた
miccaさんは焦ったらしい。

気を取り直して並足再開。まったく足や膝、腰に痛みはなし。
むしろこっちのほうが楽。だいぶ経ってからちょっと軽速足を
やってみる。痛みがあったらすぐやめるようにということで。
しかし並足が長かったせいか、脚の力がいつもより激弱なためか
何回かすぐ止まってしまい、そのたびに自分が前につんのめって
しまう。ああ、情けなや。しかしだんだん調子を取り戻し、
脚の力加減も復活してきたらなんだか余計な力が入ってない
せいなのかすごくいい感じ。今日もそれなりに混んでいて他の
馬と交錯しそうになりつつ、輪乗りの大きさをビックリするほど
自在に変えられた。むしろ自転車より楽なくらい。ナザベルが
私の不自由な足の代わりをしてくれている感じさえした。
以前も怪我の功名みたいなことはあったけど、たまにこういう
ことがあってもいいかもねえ。

いつも上達することばかり考えがちだけど、今日はナザベルとの
絆みたいなものを強く感じたし、とにかくナザベルが愛しくて
たまらない。このままずっとゆっくり成長を見守っていきたい。
ゆっくりでいいのだ。

帰りの自転車はほぼいつも通りのスピードに。今も特にどこも
痛くない。まだ右膝に違和感はあるけど。
明後日は駈足までできるかな?
.

2011年8月21日 (日)

痛たたた

まただよ。地獄の暑さから解放されたと思ったら今度は一気に
涼しくなり過ぎ。数年前から極端になってきてるけど、この
傾向はさらにエスカレートしていくのでしょうか。昨夜ちょっと
だけ窓を開けたままにして寝ていたら、途中で布団掛けても寒く
なってすっかり体が冷えた状態で目が覚めた。しまった!と思い
つつ慌てて窓を閉めようとしたら、痛たたた...起き上がれない。

まただよ。右の足の付け根から尾てい骨、腰にかけて激痛。これ
昨夏もやったし今年も2回くらいちょっとなって気をつけていた
つもりだったんだけど、やってしまった。この気温差も関係ある
かもしれないけど、ちょっとストレッチというか骨盤運動を無理
しすぎちゃったんだな。右の骨盤の歪みはわかってるだけに。

ともかく寒いしトイレにも行きたいしどうにか起き上がらねば。
右に左にどっちに向いても痛くて寝返りもできず。そうっと少し
ずつ様子を見ながら体を動かして起き上がる体勢を整え、よし
ここだという地点で思い切って力を入れてどうにか上体を起こし
そのまま痛いけど立ち上がれたのでまあ最悪の事態は回避。

歩くにもやっぱりちょっと痛い。ああ、しまったなぁ。しかし
こうなったからにはなるべく静かにして回復を待つしかない。
ここで下手にマッサージしたり動かしたりすると余計に悪化する
のは経験済み。寝返りをうてずに眠れぬ夜を過ごす。

しかし今日になって起き上がれるようになったし、痛みもだいぶ
おさまり、寝返りもうてるようになった。まだ歩くとちょっと変だし、
屈んだりするとビキッときそうで怖いが、まあこのまま
おとなしくしてればなんとか回復するかな。どうにか次回の乗馬
までには戻ってほしいな。

2011年8月18日 (木)

ギャラリー OPEN

とは言ってもこのブログ上でのお話であって青山とか麻布に
ギャラリーをオープンしたわけではありません^^;

あんまり暑いのですべてにおいてやる気が失せているのでは
ありますが、突如として「そうだ、CDと詩集をこっちにもって
こよう」と思い立ち、とりあえず詩集のほうを「ギャラリー
として右メニューに加えました。私の曲の中からいくつかの
詩(詞)と、旦那さんが撮った写真を組み合わせてあります。
http://astromedia.cocolog-nifty.com/photos/poet/index.html

あとまだ最近のものが6作品くらいあるのですが、組み合わせる
写真なり絵なりが見つかって(あるいは完成して)おりません。
でもなるべく早くUPしたいなーと思っています。

CDのほうもディスコグラフィー的にまとめようと思ってます。
通販もやりますよ~
.
.
.

2011年8月 6日 (土)

2011シビラ秋冬受注会レポート

今年もやってきました受注会の季節。一番暑い盛りに思いっきり
暖かい冬素材のコートやら何やらを試着して今冬のことを妄想。
毎年受注会のコートが楽しみで、受注会のコートを軸にその年の
秋冬コーディネイトのバリエーションを考えていたのですが、
そのためコートが増えすぎ、さらに今年の春夏は猛ダッシュして
しまったために、今年はできれば鑑賞でスルーしたいところ。
でもなんだかんだで結局たくさん試着させていただきましたcoldsweats01

ウールビエラダウン
刺繍のほうはことごとく似合わず^^;あの*モチーフは同じ柄の
財布も2種類持ってるし、こないだ買ったバッグの裏地も同じ
モチーフで好きなんだけど、いざ着てみたら見事に似合わない。
そうか、小物で楽しめってことか...と、気を取り直して無地の
ほうの黒のロングを試着。

これは文句なしにエレガントなおかつカッコいい!ベルト、襟、
袖などのディテールの凝り方も好きな方向で、全体にゴージャス
&モードな雰囲気がもろに好み。ロングのダウンさらに黒の
コートを持っていなかったら危ないところでした。

ショートのほうはインナーのスポーツカジュアルな雰囲気に、
袖や襟、裾の長め&大きめのリブニットがとってもオシャレで
「これ乗馬の時にいいかも♪」なんてちょっと思ったり。でも
ウールダウンを合体させたら短めのAラインとボリュームが私
には可愛らしすぎちゃってどうも似合わず。むしろあのインナー
だけの感じでお値段お手頃だったら危険だったかも。

それから店長さんがやたら 着てみてください!とお薦めになる
のでお言葉に甘えてケープ(ポンチョ風)付きロングコート
(ウールとモヘヤなどの素材の)も試着させてもらいました。
シンプルな縦長細身Iラインの丈長めで、ケープと合わせると
不思議なシルエットというか、ちょっとSFちっくで全体が細長い
木の葉のような独特のフォルムで、ファッションショーに出て
きそうな存在感があってとても素敵でした。

...いやーでもコートはもういいって...今年はお尻が隠れる丈の
ダウンもしあればの話...

ということで、やっぱり気になる例のブロック柄ワンピース
(赤の入った暖色系のほう)を試着。

これは完成度が一番高いというか、完全完結しているというか、
とても素敵で特に背中の高めの色切り替えや袖の切り替えと長さ
など絶妙に計算された作品性の高い一着。以前だったらこういう
一着でバーン!と存在感のあるものには一目惚れパターンが
多かったけど、着る機会が激減しているのでお値段とのバランス
を考えると試着鑑賞でガマン。むしろ同じシリーズのブロック柄
スカートのほうが何気に活躍しそう。これにカシミヤニットの
水色のようなブルーグリーンのタートルと、RUPAカシミヤという
モヘヤのような毛足が長く柔らかいニットジャケットのパープル
がかった紺色を合わせたら、かなり新鮮で可愛いカッコよくて
一気にheart02となりました。

ブロック柄スカートはトップスに持ってくる色で雰囲気や印象が
変わっていろいろ楽しめそうだし、カシミヤタートルの肌触りと
着心地と色合いと風合いの、なんとまあ繊細で美しいこと。
さらにRUPAカシミヤのジャケットはもうファーですかこれって
感じの柔らかさと軽さに毛足の長さが艶と上品なベルベットの
ような深い光沢を出していて、たっぷりしたパフスリーブが
リッチ感をさらに演出。私が今回一番ぐっときたのはこの3点の
組み合わせでした。

しかしどれもお値段が高め。いつもの30%くらい高いような。
しかもスカート丈がやっぱり短くてどうも落ち着かない。膝上
何cmですかこれは^^; 店員さんたちは全然キレイですよ!とか
タイツとブーツで気にならなくなりますよ!とか言うし、確かに
着用しているうちにだんだん慣れてきたような...それにこの
シルエットのバランスはこの丈だからアリなのかも... いや、
ここは冷静に冬をシュミレーションし、実際何の躊躇もなくこの
スカートじゃんじゃん履きますか?と自分を問い詰めてみる。
...やっぱあと5cmいや3cmでいいから長さが欲しいところ。

そこで圧縮ウールのスカートに変えてみると、丈は落ち着くし
こちらはこちらでフレアのシルエットも綺麗でいいんだけど、
これだったら受注会でなくてもあるかなぁ、という感じで、
やっぱりブロック柄のほうが自分にはしっくりくる感じ。

でもやはりお値段が!何しろワンピやジャケット、下手したら
コートも買えそうなお値段なので、いくら凝っているお品だとは
いえ、スカートにこのお値段というのはやはり高く感じちゃう。
カシミヤタートルも同じく品質が抜群に良いのはわかるけど、
このお値段は贅沢。そういう意味ではRUPAカシミヤのニット
ジャケットが一番納得のいくお値段ではあるけど、とはいえ
ニットジャケットを着慣れないし活用法やバリエーションが
ぱっと浮かばないので、それにしちゃやはり贅沢な一着。
まあ高くても本当にビビビッとハマッてしまったら決めてしまう
ものなので、今回はいろいろ微妙なところなんだよねきっと。

3点でいつもの受注会のコートくらいのお値段だったら即決して
いたことでありましょう。実際にはブロック柄スカートと
カシミヤタートルの2点でそんな感じのお値段になるんだけど、
やはりスカートの丈が気になるのと、贅沢な普段着かむしろ
もったいなくて着られないパターンになる可能性が高いので、
ここはぐっとこらえてガマンして、実際の季節の進行と共に
今後の店頭展開を楽しみにしよう!と心に決めてはいるものの、
試着した数々の名品の余韻を思い出しては溜息をついてしまう
のでありました。


« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »