フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月24日 (日)

季節がようわからん

煉獄のような暑さからいきなり秋のような涼しさに転換し、
風や雲の感じからしてもこれは8月終わりの頃あるいは9月の
トンボが飛んでる頃..なんて錯覚に陥るのだが、まだ7月が1週間
ほどあり、8月は、夏はこれからだった...と愕然。

そこへシビラから秋冬受注会を始めとした一連の秋モードのDMが
届いたもんだから、さらに季節がよくわからなくなってきた^^;

Junedm1

だぁ~~~っ!!! カラーブロック!!!
これを見たときは「ヤバい」と思いました。この配色とバランス
昔のシビラにもこういうブロックものがあって、ニットと傘を
買ったんだけど、ニットは着古して縮んでもう手元にはなく、
傘は、ああ、忘れもしない...レコーデイングだかリハーサルの
ときにスタジオに置き忘れてしまい、そのまま紛失してしまった
という苦~い記憶(17年くらい前)と因縁が。(ちなみにその後
もうひとつ傘を同じように置き忘れて紛失しているので自分が
悪いんですが^^; それ以来折り畳みばかり愛用しています)

コメントを寄せてくださった方々からの情報などからして、
大体の想像はついてはいるものの、興奮気味でラインナップを
開いてみると...(クリックで大きくなります↓)

Junedm2_6

これはこれはまた豪勢な。というか実に受注会らしいというか
なんというか服というか作品とも言うべき佇まい。
上段右側の「ウールビエラ刺繍ダウン」はかなり好きなタイプ。
しかも2WAYときた。それだけにお値段がすごいことに...
でもね、大丈夫。昨年の3WAYコートクロコダイル風があるから
(こうしてみると、やはり3WAYは買ってよかった!)
これは試着して鑑賞してスルーできそう。

ダウンはコクーンシルエットっぽい感じでお尻が隠れるくらいの
丈の黒か光沢のあるグレーかなんかが欲しいのです。っていうか
コートはもう収納限界に達しているほど充分ありますから。

下段左側の圧縮ウールのシリーズはシビラテクニックが満載。
左端の風景画アートには不思議な魅力を感じます。着るよりも
見ていたいタイプ。2番目のブロックワンピも見事。これは試着
したらハマりそうだけど、ブロックの大きさや配置バランスが
もう少し大き目のほうが好きかも。袖の感じみたいに。いやいや
でも実物は違うし試着するとこれがジャストだったりするから
油断なりません。3番目のボーダー&ブロックのカーデイガンも
危険です。受注会のカシミヤは格段に質が高く、肌触りや色合い
風合いが独特だからね。しかしお値段が^^;なんか今年は春夏の
受注会がお手頃価格な印象があったので今回ちょっと高く感じる
っていうか実際高いよ。しかしこれであきらめがつきやすくなる
かも、という変なポジティヴ志向にもっていきつつ、あれっ、
何気にこの圧縮ウールスカートいいな...おやこれはお値段も
通常商品と同じレベルというか、隣の4番目のワンピも同じく、
これ実物と色の雰囲気によっては一番危険な候補かも。でも
圧縮ウールってそんなに長い期間着られない感じなんだよね。
とかなんとか今度はネガティヴ志向をもってきてどうにか逃れ
ようとしてみたり。これは試着が楽しみ。

下段右側のカシミヤシリーズも実物を見たり試着したら危険が
増すことは言うまでもありません。09年の受注会の赤いタートル
でそれは実証済み。しかも今回春夏に続いてのカラーパレット
展開なので圧縮ウールのスカートと合わせて試着したりしたら
大変なことになるかも^^; でも今回いつもよりお値段が高めな
感じがするので、勢いを打ち消してくれることと願います。

.

と、受注会の心の準備ができたところで、今月の新作のDMも。

Junedm4_5

下段左のワンピ、なんてユニークなんでしょう!これは書斎の
様子をモチーフにした絵のような...絵ですね。しかも、この
タッチがなんとも可愛らしい。これも実物をじっくり鑑賞して
楽しませてもらいましょう。ちょっと気になっているのがその
隣の、下段真ん中のワンピです。小さき神々に続きまた小花柄?
と思いきや、このどことなくアンティークちっくな色合いと
雰囲気がそそられるのです。でも見るからに丈が短そうなので
チュニックとしてバランスがハマるかどうか、が問題です。
というわけで新作にも警戒を怠ってはいけません。

さらに今回は COLOR FORMAL DRESS COLLECTION も展開。

Junedm3_4

ああ、もう秋よね。とまた錯覚が深まります。この色、素材、
シルエット、フォルム...。シビラです。でもドレスもコートに
負けないくらいコレクションが充実しているし、このラインの
シャンタンワンピなども持っているので、これも鑑賞のみで
スルー希望。

それにしてもなんなんでしょうかねこの極端な気候。ちょっと
前は1ヶ月前と後を行ったり来たりする感じでそれでも十分異常
だったのに、最近は2ヶ月前とかになってますよ。先日の台風の
ときは涼しすぎて5月並みの気温とか言ってたし実際最低気温が
20度以下とかで、寒いくらいだったからナザベルもほんとは
洗濯に持って帰るはずだったのを忘れて置いていったフリース
馬着を急遽着たりして対応しているくらいですから。まああの
暑さから解放されてチェルシーもすっかり元気になったのは
いいけど、これでまた38度とかの獄暑が復活してうえ~~~って
なったと思ったら今度はいきなり2ヵ月後の寒さになったりとか
このように四季が失われていくのは非常に遺憾でありますよ。

.

2011年7月12日 (火)

これがほんとのGOLDEN HORSE!

今日から乗馬もサマータイムで午後は通常時間より1時間遅い
レッスンスタート。そうすると下馬後のお手入れが慌しくなり、
尻尾を洗ったりするスペシャルケアがあまりできなくなるので、
先週サマータイム前の最後の通常時間レッスン後に、尻尾の
シャンプー&お手入れを施したところ、見事な仕上がりとなった
ので写真撮りまくり。(今回は忘れなかった^^;

ちなみにこれがお手入れ前。まあこの状態でも
じゅうぶんたっぷりゴージャスで美しい尻尾だけどwink

110708_015

そしてシャンプーしてからよーく濯いでタオルドライして、
艶出しトリートメントをつけてさらに乾かしながら丁寧に
絡まった尻尾を解いていき、さらに櫛で一本一本通るまで
丹念にとかしていきます。すると...

110708_017

このボリュームと輝きshine

110708_019

110708_020

今年の夏毛は今までで一番濃い茶色だけど、日光を受けると
光を反射するかの如く、筋肉の動きを反映しながら全身が
ピカピカに光り輝き、この世のものとは思えないほど壮麗です。
しかしこれがなかなかうまく写真に撮れないのよね。光っている
部分がハレーションみたいに白くとんじゃって。でも今回の
尻尾はうまく撮れました^^

.

2011年7月 8日 (金)

チェルシーの異変

うちで一番健康で病気知らずのチェルシーも、さすがにこの暑さ
のせいか最近はあまり遊びたがらない。ぐでーっと長くなって
寝ていることが多いが、まあ昨年の夏もそんな感じだったので、
ブラシは毎日念入りにしてあげつつも特に気にしてはいなかった

ところが昨日の午前中のブラシ(夜のブラシもある)中、左耳に
膿みのようなものを発見。そんなに酷くもないけど、この季節に
これはいかんよ、と午後一番で獣医さんに診てもらうと、まあ
外耳炎だけど、原因として考えられるのがどうも餌の種類を
変えたことらしい。元々あげていたものが値上がりしたので
別のものを試してみようと変えてからちょうど2ヶ月くらい、
チェルシー本人は美味しいと感じているようでよく食べるし、
特に問題ないかと思っていたら、実はちょうど2ヶ月くらいして
体質に合っていない場合はこういうことが出てくるとのこと。

110707_003_4

しかも先生に開口一番「太ったね」と言われ、ショック。。。
これまで年に一度の検診と予防接種だけで特に問題なかったのに
「ほら、去年より0.3kgだけど増えてますから。見た目もおデブ
になったよ。」と言われてしまった。それも餌を変えたことが
関係あるようだし、そう言われてみれば、なんかやたら毛が
抜けるのと、毛並みというか毛の手触りも前のほうが良かった
ような気がする。ウーム、やっぱり高いだけあったのね。

110707_001

とりあえず両耳にお薬治療してもらい、餌は前のに戻したほうが
よいということで近所のドラッグストアなど数箇所探しまわり、
早速与えてみたところ、普通に食べ始めたけど途中で「これ?」
みたいな顔をしてこっちを見るので、「そっちのほうが高くて
いいんだからね。」と言うとまた食べ始めた。

で、今朝の分も普通に食べたけど、まあ今日もかなり暑いので、
乗馬に行っている間チェルシーのために冷房をつけっぱなし
(29度設定)にしておいた。帰ってくると、いつもはすぐに
起きてきて「ゴハン!」と騒ぐのだが、今日は寝っ転がったまま
こっちを見るだけで餌を食べようとしない。まあ、そのうち
食べるでしょう、と自分達の夕食が済んでもまだ食べない。
なんだか元気もない感じで、旦那さんとだんだん心配になって
きて、獣医さんに電話してみると、まあ餌が前のやつのほうが
美味しかったからグズッてるんでしょう、明日まで様子を見て
食べないようだったら明日連れてくるように言われ、ちょっと
安心しつつも、数十分後に今度は獣医さんから電話がかかって
きて、気になるようだったら今からでもいいですよ、というか、
私が気になってきたので連れて来て!と言われ、夜道を自転車で
10分ちょっと、うわ今日は夜も蒸し暑い~と、いざ獣医さんが
熱を計ろうとするとフーフーシャーシャー言って大反抗。なんだ
こんな文句言う元気あるなら大丈夫ね、ほら舌も赤いし、熱も
ないし、ということでだいぶホッとした。

餌を食べないことに関して、熱中症で食べられないということと
(熱はないのでそれはクリア)、急性の貧血でぐったりして
食べられないということがあり、その場合は舌が薄ピンクから
酷い場合は白くなってしまうそうで、それもないので大丈夫。
さらに消炎剤の注射をしてもらって、明日の朝また様子を見て
連れていくことに。時間外診療なので高くついたな~^^;
まったくナザベルが元気になったと思ったら今度はチェルシー
ですか...早く治ってくれるといいんだけど。

昨年より太ったから暑さに対して弱くなってるのもあるかも、
ということで、あまり無理せずクーラーを使うことに。それに
しても暑い!もう梅雨明けしちゃいそうだし、これからずっと
こんなだと思うとへばる~ 

そういえば前はキャリーバッグ見ると面白がって自分から入って
いったのに、今回はさすがにキャリーバッグ=お医者さんという
ふうにおぼえたのか、嫌がって入らないのよね。無理矢理入れて
さっと閉めないと。おや、今になってちょっとゴハンを食べて
いる。...うーん、でも全部は食べないなあ。
早く元気になりますように。

110707_005_2

2011年7月 6日 (水)

悩ましきMac

この暑さのせいなのかもしれない。約9年愛用のMac PowerBook
G4 Titaniumが、何かちょっと変な音がするなと思っていたら、
フリーズ、そして再起動、そして起動途中でカーネルパニック
警告(コンピュータを再起動する必要がありますという表示)、

そして再起動、そしてまた警告表示、の繰り返しでどうにも
進めず...つまり壊れちゃったみたい。

これまで何度か怪しいこともあったけど、一度全部の外部の
コンセントや内部の電池も外してしばらく経ってから入れると
何事も無かったかのように立ち直ってくれていたのだが、
今回はいよいよダメ。

で、修理に出そうと思ったら、取り扱いがない、部品がない、の
ないない攻撃で八方塞り。おいおい、超メジャーブランドの
ちゃんとした商品で当時30万とかしたんだよ、それが10年も
経たずにアフターケア終了ですか?!

新しいの買えってか?!

泣き寝入りしてたまるか!と
ネット検索すると、Macマニアな
小規模修理サービスしてるところを発見。かなり詳しく丁寧に
対応してくれて、ようやく状況が掴めてきた。

もはやヴィンテージのPowerBookG4は部品だけでも高くて、
ロジックボード交換とデータ救出で最低でも6万円はかかる
見込み。ただし、データ救出してもDigitalPerformerなどの
アプリはインストールしなおさなきゃならないし、まあ主要な
作品データは一応バックアップしてあるから、それならいっそ
最新モデルのMacBookを買ってシステム刷新をはかるか?とか
思ったり。

しかしDPやMIDI関係のバージョンがついていけなさそうだし、
持ってるやつが古いのでバージョンアップカバーもされるか不明
だし、どうせ新しくするならDP7にしないと意味なさそうだし、
そうなるとなんだかんだで15万以上かかっちゃうから、それは
あんまりだよなぁ。こういう、デジタルのシステム刷新って、
ある意味引越しより大変かも。

それにこのままPowerBookを永眠させてしまうのもなんだか
もったいない。まだ使えるなら古くたってなんだって、自分の
スタイルで使い続けるというのも、魅力的に思えてきた。ただ、
もうそろそろ新しいシステムに切り替える時期だということも
言えるタイミングではある。そこが悩みどころ。

これはもう、夢のお告げ待ちだな。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »