フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« まだ5月なのに | トップページ | 今年の夏至は猛暑乗馬 »

2011年6月 9日 (木)

いつもと違う乗馬

今日はナザベルが風邪でお休みで代馬になるのと、天気予報で
やたら午後から夕方ににわか雨だ雷だって言うし山のほうは
確かに暗くて怪しい風も吹いてきたので、キャンセルしようか
迷ったけど、代馬だと馬装の準備や下馬後の手入れが楽で時間が
かからないので、電車&送迎で行くことに。これならもし帰りに
雨に降られても安心。ただ着替えとか荷物がちょっと大変。

一駅でも電車に乗って行くとなんだか乗馬のための小旅行気分で
ちょっと面白い。いつものような準備運動にはならないけど。
まあ、たまにはこういうのもいい感じ。

今日はジューンという6歳のサラブレッドで、そのわりには随分
落ち着き払った雰囲気。初めて乗るのでどんなかなぁと担当の
Ayaさんに聞くと、反動もなく柔らかい、馬体が長いので動きが
大きい、とても従順で何か嫌がったりということは特にない、
とのこと。下乗りを見ていると、なるほど確かに一歩一歩の
歩幅が大きい。見た目もちょっとそうだけど、なんとなくキン
ちゃん(錦秋)に似てる感じ。いざ乗って軽速足を始めると、
おっとっと、久々の反動。反動あるじゃん^^; まあナザベルが
全く無いに等しいくらいの反動の無さなので、他の馬に乗ると
反動はいつも感じる。けど結構あるほうだよコレ。でもだんだん
大きなリズムで一歩一歩しっかりかつゆったり乗っていくうちに
慣れてきた。リズムに乗っていれば特に意識的に脚を使うことも
なく(でも推進のための脚は使わないと減速して止まっちゃう。
もちろんそういう指示だと馬が思うから。)まあホイホイと
軽快に動き、何回が輪乗りをするうちにちょっとハミをとって
いい感じにまとまってきた。特に右手前。何もしないと馬が外
(左)を向いてしまうが、左を軽く譲りつつ右の開き手綱を
使いなさいとの指示で、途中から内方姿勢を維持できた。

軽速足でいつものナザベルの脚の半分から4分の3くらいまでの
強さや頻度しか使わなかったので、駈足の発進もどれくらいの
強さが必要かちょっと様子見しながらの発進だったけど、まあ
そんなにてこずる感じでもなく(Morryさんいわく、馬体が長い
のでナザベルと同じように馬をまとめてから発進させること)、
駈足が出てしまえばサラブレッドなのでこれまたホイホイよく
走り、右手前は軽速足での左譲りつつの右開き手綱で途中から
だいぶいい感じ。左手前はまだ完全復活していないのと、
ジューンもナザベルと同じく右肩が外にあふれてきてしまう傾向
にあるので、またちょっと左内方手綱を引っ張りすぎてしまう
悪いクセが出つつも、途中から内方脚と外方手綱で馬も自分も
真っすぐにすることができ、輪乗りで追い抜いたりもできたし、
かなり爽快な駈足を満喫。

終わってみれば、いつもの半分くらいの疲れ方というか、いつも
ナザベルの駈足の後(駈足中も^^;)は、ハァハァぜぇぜぇ
言ってるのに、なんでこんな楽なの?! なんか物足りないくらい
なんて思ってしまった。Miccaさんいわく、そこはやはり中間種
とサラブレッドの違いで、サラはとにかく軽い。乗り手が多少
いい加減(笑)でも勝手に走ってくれる。中間種はいわば後ろの
エンジンの大きさが違って、サラに比べたらもちろん重いけど、
それだけに動いてくると馬力パワー迫力が違うし、乗り心地も◎
もちろんそれぞれに魅力があるわけで、ジューンもとっても
良い子で楽しかった。けどやっぱりナザベルはすごいわと実感。
今日だいぶ左駈足がいい感じにできたので、次回ナザベルでも
うまくできるといいな。っていうかその前に風邪を治してもらわ
ないと。今日も私が行った時は咳はしていなかったし、元気に
にんじん食べて、もっとちょーだい!って言ってたし、来週は
休養明けにつきものの「はしゃぎ&ワガママ」に要注意だな。

それにしても下馬後の手入れも顔拭くくらいで楽でいいけど
なんだか物足りないというか、今となってはテッピして足洗って
全身拭いて空拭きして乾いたらブラシして、足とお尻をジェルで
マッサージして皮膚のブツブツのところに薬塗って等の一連の
大変な手入れも乗馬の一環となっている。こないだも尻尾を
洗って艶出しスプレーかけて1本1本がサラサラとなるまで綺麗に
解いたらまあ美しいこと。今度こそ写真を撮るのを忘れないよう
にしよう。とにかくナザベルがきれいになると心が満たされる。
うまく乗れたときの充実感もいいけど、そういうのも大事だな。

でもまあ今日みたいなお手軽乗馬もたまにはいいし必要。
要はバランスなんだよね。すべて。
.
.
.


« まだ5月なのに | トップページ | 今年の夏至は猛暑乗馬 »

コメント

こんにちはhappy01
先日はお会いできなくて残念でしたsweat01

昨日はジューンに乗られたんですねheart01
私が乗ると(特に障害の時など)、障害手前のカーブでかなり頑張らないとなかなかリズムに乗ってくれなかったりしましたが、そんなジューンで軽々駆け足とはさすがですlovely

あと、MIKAさんより、ナザベルは小さいお子さんが大好きと伺いましたnote
無事生まれたら、ぜひうちの子にナザベルを撫で撫でさせて下さいheart04

ジューンはかなりのお利口さんでした。でも障害飛ぶわけじゃなくて普通に駈足しただけですからcoldsweats01 
確かにサラブレッドのわりには一歩一歩しっかりめの脚での推進が必要なほうかもしれません。馬体が長いので、特に偶角を曲がるときにしっかりまとめないと馬が伸びてしまって軽速足に落ちてしまいやすいそうです。

ナザベルはさらに長くてエンジンがでっかいのでさらにしっかり乗らないと、ってことで大変なんですよねsweat02 でもそれだけにうまくいったときのダイナミックさと迫力と爽快感はピカイチですhappy02

そうそう、ナザベルは小さい子が大好きheart04で小学生より幼稚園生という具合に、より小さいほうが好きみたいです。
ちょっと前掻きしながら鼻先と口をムニュムニュさせて、明らかにテンションUPします。
赤ちゃんは初体験だと思うので、ナザベルがどんな反応をするかも楽しみですheart01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217288/40331913

この記事へのトラックバック一覧です: いつもと違う乗馬:

« まだ5月なのに | トップページ | 今年の夏至は猛暑乗馬 »