フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 本日は乗馬日和 | トップページ | まだ5月なのに »

2011年5月19日 (木)

シビラ狂騒曲 PLAYA編

ああ、今日はまさに日差しと風が気持ちよい5月本来の爽やかな
1日だったなぁ。いつもこんなだといいのに... きっと地中海の
島々なんかこんな感じなんだろうな...今日はダンガリーのワイド
パンツ
技ありキャミソール、そして受注会ブラウスのネイビー
というコーディネイトがピッタリでした。

というわけで、前回のシビラの続きです。
どうもアラフォーも中盤を越えると普段のちょっとした外出でも
手を抜けないというか、今まではユニクロとかベルメゾンとかでも
ごまかせていたんだけど、なんか違和感というか逆にオバサンぽく
なってしまうというか、どうもしっくりこない微妙なお年頃なのよ
とか言いながらやっぱり納得がいかない感じになってきちゃってて
こう、いかにもの「お出かけ着」ではない、普段にも着れる実用性も
ありつつちょっとおしゃれスパイスの効いた日常着が欲しいな
と思っていたところへ、今年のPLAYAが見事にハマりました。

まず思い描いていた通りのスタイルがこれ。

110516_014_2

ワイドパンツはリネン(麻)100%で軽くてサラッとした着心地の
リゾートな雰囲気で、シビラならではの深いブルーが印象的。
一目見て「これだよ!」と即決。シルエットは4月のダンガリーの
ワイドパンツよりも細めでどちらかというと普通のパンツをワイド
パンツっぽくした程度のあくまで「きれいめ」路線。もはや
ダンガリーのボリューム感に慣れてしまった私としては、膝下の
ワイド感が物足りないようにも思えたけど、MサイズとLサイズを
さんざん試着していろんなトップスに合わせて検討した結果、
ボリューム系はダンガリーがあるんだから、こっちはMサイズの
きれいめでいこう、という結論に。

ところで、このお色が受注会キャミとほとんど同じでビックリ!

110516_018

これもかなりカッコいいよね~。まあこのままではちょっと
セクシーすぎる(?)ので上にブラウスとか絶対羽織るけど^^;
そうそう、受注会ブラウスのオレンジがピッタリ!

それから、グリーン系と迷ったけどやっぱり自分に似合うのは
こっちだった..というオレンジとイエローのボーダーカットソーは
麻混でちょっとシャリっとした着心地が快適でボーダーの雰囲気と
素材感がマッチして、そのへんの普通のボーダーTシャツとは
一線を画す仕上がりになってます。

110516_012_2

なんかこれ妙に高校生の頃思い出す...ヒステリックグラマーとか
着てたよ、とか担当さんと話していて、しまった年齢がバレる、
っていうかもうバラしてたよね、はい大丈夫です、私も着てました
みたいな変な会話になってしまった^^;

ちなみに一番上のコーディネイトのグリーンのバッグは02年頃?の
布素材のショルダーです。この色のバランスはシビラだからこそ
あり得る組み合わせ。

この2点だけにするつもりだったのに、担当さんにすすめられた
シンプルなカットソーを試着したら、まんまと罠にはまりました。
一見、なんていうことはないちょっと広めのボートネックの7部袖
なのですが、背中の開きが大胆!しかも受注会キャミとのコンビ
ネーションで絶妙な色と形のバランスに。

110516_007

110516_008

こちらはレーヨン混で柔らかくちょっとクタッとしたリラックス感に
あふれつつしなやかで上品な素材がこのパープルと相まって大人の
おしゃれ普段着を演出。この襟ぐりと背中の開きのバランスは日本
ではなかなかないよな..むしろヨーロッパっぽいよね、とすっかり
気に入ってしまいました。

不思議なのが、受注会キャミと合うんだからリネンワイドパンツと
バッチリ合うかと思いきや、それだとちょっと深ブルーが強すぎて
このパープルが生かされないというか、どっちも殺し合っちゃう
みたいな感じでイマイチで、むしろダンガリーのワイドパンツとの
ほうが色と素材の相性が良くてしっくりきたのが意外でした。

以上の3点はすべてPLAYAで、お値段が比較的お手頃だったので
購入してしまったのでした。機関銃で撃たれたとはこのことです。

さらにトドメをさされたのがテルアビブのシビラセレクトのお皿。
昨年はマヨルカ島のお皿でどれもガラス製の高級なものだったので
鑑賞しておしまいだったのですが、今回はバリエーションが増えて
実用的なものもあり、ちょうど欲しかったような形状のもので、
それがよりによって比較的お手頃なお値段で、しかも一緒に見に
来た旦那さんも気に入ったのでやはり購入してしまったのでした

110516_001_2

すべて一点ものの手作りなので、大きさも色合いも個々に異なり、
在庫の中から気に入ったものを選ぶことができました。

110516_003_2

ちょっとだけ深さがあって大きすぎず小さすぎずのサイズで、
サラダの取り皿や冷奴などいろいろな用途に使っています。
ちなみに、2枚目のテーブルクロスはシビラの風呂敷です。

ということで、シビラ名鑑もぼちぼち更新していきます。

.

« 本日は乗馬日和 | トップページ | まだ5月なのに »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217288/40051718

この記事へのトラックバック一覧です: シビラ狂騒曲 PLAYA編:

« 本日は乗馬日和 | トップページ | まだ5月なのに »