フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 早弾き暖房 | トップページ | 春の徴 »

2011年3月 1日 (火)

シビラ受注会後日談

あらっ、もう3月になってしまった... 実は1週間以上前に
2回目のシビラ受注会に行って、ギリシア神話風ドレスワンピを
お持ち帰りしたのでUPしようと思いつつ、ちょうどその頃に
旦那さんのPCがおかしくなって挙句の果てに壊れてしまったので
私のPCを共有したりして、なんだかんだで更新が遅れてしまった。
それにしてもPCってほんとに何の前触れもなく(そう思うだけ?)
ある日突然クラッシュするから恐ろしいよね... 私も前から
やろうやろうと思っていたデータのバックアップの必要性を
にわかに感じて、MACとWIN両方作業完了して一応一安心。
ついでにデータの整理整頓にもなったし、さらについでに
紙資料等の整理もしたりして、本格的な春の前にこういう作業は
必然だったのかも。

さて、なぜまたシビラに行ったかというと、やっぱりずーっと
ブラックシリーズのギリシア神話ワンピが気になっていたのと、
注文済みの受注会ブラウスと一緒に試着したキャミソールが
何気にあれ凝ってて良かったよな..とジワジワ気に入ってきて、
受注会商品のキャミなのか通常の店頭展開のキャミなのかが
ハッキリわからず、もし受注会のキャミなら注文しておかないと!

と、いうことで、受注会最終日に駆け込んだのでした。

今回は広い別室での受注会で、日曜なのに空いていたのでゆったり
たっぷり試着できました。前回合わせたキャミは店頭展開のキャミ
だということが判明したのですが、受注会のキャミも凝っていて、
これまた10色展開でどの色も素敵!その中から注文済みブラウスの
オレンジとネイビー(紺)の両方にそれぞれ独特にマッチする
ブルーとグリーンの中間のようなお色をチョイス。さらに、
せっかくだからと担当さんに言われるままにイエローのショート
パンツ(バックスタイルはミニスカート!)と、グリーンの
サンダルを合わせて試着したら、まさにシビラのカラーマジック!

普通こんなに違う色を4色(オレンジ+ブルーグリーン+イエロー
+グリーン)も合わせたらハチャメチャになりそうなもんだけど、
すべてが絶妙に調和して、見事な色のハーモニーを奏てしまう。
しかも最近は同色系のグラデーションによるコーディネイトが
多かったので、このコーデはとても新鮮で心躍ってしまいました。

さらにブラウスをネイビーに変えて、スカートをふんわり系の
オレンジに変えたら、これはこれでまたまたシビラマジック!
(ネイビー(紺)+ブルーグリーン+オレンジ+グリーン)
もう、無限に色とアイテムの組み合わせが楽しめそうで、キリが
ない感じでした。で、結局ホルターネックタイプのキャミの
ブルーグリーンを追加注文することにしました。

で、次は店舗スペースに戻って問題のブラックです。当初はお色
(チャコールとピンクベージュ)も迷う材料だったのですが、家で
クローゼットのドレス類をチェックするに、黒あるいは白黒模様と
いうものがほとんどなので、やっぱあのピンクベージュというか、
ちょっと薄紫がかったような上品で絶妙な色味とあの素材そして
全体のプリーツによるシルエットだよねぇ...しかも長めの着丈。
無いよねえ。これを逃したら後悔するよねえ。とアタマの中で
ぐるぐる回っていたので、ベージュのほうをまた試着。

110301_036

うーん、やっぱいい。いいよ~。いいよねえ。いいんですよ。
見た目よりゆったりとした着心地で楽なのもいいし、ハイウエスト
の切り替えと素材感によってお腹のあたりが絶妙にごまかされて
美しいシルエットが生み出され、座ってもシワとか気にならない。
これはこの先長く着られるに違いない。ということで、やっぱり
買ってしまったのでした。

110301_060

シビラお得意のデコルテの立体裁断はプリーツ素材によって、より
高級感が増し、高度なテクニックが施されています。

110301_051_3

バックスタイルも同様。このプリーツのドレープ具合というか
ラインが美しい。繊細でありながら大胆なカットが見事です。

110301_055_2

ところで、前回の受注会ブラウスと一緒に合わせて試着した店頭
展開のキャミもあれはあれで良かったんだよね、と、出してきて
もらうと、やはりこれはこれで首胸元のループづかいの凝り方が
受注会のキャミとはまた違った魅力があって捨てがたく、お値段が
わりとお手頃だったので購入してしまいました。

110301_067

前はこういうループテクニックのカットソーやニットが好きで
よく着ていましたが、昨年のあやとりキャミソールあたりから
ループのキャミ+ワンピあるいはブラウスやチュニックという
スタイルに移行してきているようです。今春夏はまさにその傾向
通りのコーディネイトが増えそう。

バックスタイルもこんな感じで凝ってます。

110301_066

« 早弾き暖房 | トップページ | 春の徴 »

コメント

astromediaさん、こんにちは。

ギリシャ神話ワンピがUPされるのを心待ちにしていましたよ。
やっぱり素敵ですねぇぇぇlovely
私も大好きなラインと色で、ドットワンピがなければお持ち帰りしたくなっていたと思いますが、やはりドレスは着る機会が少ないので・・・。

ここ2年ほど春夏はニットワンピ・シルクワンピ・コットンワンピとワンピースばかりを買っていて、収納場所に頭を悩ませてます。
夏の繊細な肩紐だと、長時間ハンガーに掛けるの不安ですが、選びやすい点を優先させれば並べてクローゼットに掛けておくのがベストですよね?
どうされていますか?

ぷりまさん、こんにちは^^

ですよねえ~。私も今回相当悩んだのですが、ドットワンピをあきらめたから代わりにというわけではないけど、とかなんとかいろいろ理由を付けて購入してしまいましたcoldsweats01 
着丈さえ合えばドットワンピにしていたのですが、ここはぷりまさんと私がそれぞれ分担ということで(笑)

私もワンピやチュニックが増えてます^^;
(以前はカットソー+スカートというスタイルが主流だったのですが、数年前から遠ざかったままです)
やはりハンガー掛けでズラリと並べるのがいいですよね。見ているだけでも楽しいですしnote

ニットワンピは素材によっては肩の部分が伸びてしまったりするので、畳んで引き出しにしまっているものもあります。肩紐のものは持っていませんが、シーズン中だけハンガー掛けするか、トルソーに着せる手もありますね。
ちなみに抑止力ドレス http://astromedia.cocolog-nifty.com/photos/dress/905_032.html
はハンガーに掛けられないのでずっとトルソーに着せています。
...そうそう、ギリシア神話ワンピもドレスコレクションに加えなきゃですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217288/39066342

この記事へのトラックバック一覧です: シビラ受注会後日談:

« 早弾き暖房 | トップページ | 春の徴 »