フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月26日 (土)

ルシファーの偽りの光

昨年の今頃はもう桜が咲いていた。ちょっと早すぎると思って
いたけど、今年はなんだか春が遠く感じる。でもモクレンが
咲き始めたので桜の開花もあと少しだろう。
それにしても不思議なのが花粉。今年は強烈だと覚悟して
いたけど、なんだか症状がそんなでもない。むしろ昨年より
楽なほど。もちろん薬は飲んでいるけど、今までだったら
早朝にくしゃみと鼻水等で目が覚めてその後1時間くらい
グジュグジュしているのだが、今年は全然その気配がない。
しかも花粉のピーク時は1日2錠飲まないとダメだった薬も
1日1錠でじゅうぶん。まあ、それなりに症状は出るけど、
今までに比べたらぜ~んぜん楽。今年の花粉ってそんなでも
ないのかな?と思いきや、今年は旦那さんのほうが酷くて
辛そう...天気予報でも花粉は「非常に多い」になってるし、
もしかして私の体質が改善されたのか?

もともと玄米+古代米やヨーグルトを常食としているけど、
思い当たる今年の変化といえば生姜シロップの導入とカイロ。
(あるいは、地震のショックで花粉症もフッ飛んだとか?)
カイロは腰痛の改善が目的だけど、平熱が低いと免疫力が
低下してあらゆる面で健康上よろしくないらしいので、
今年の冬はナザベルと共に常に腰にカイロを貼って、
徹底的に体を温める作戦を展開。結果、ナザベルも普通に
ゴハン後に汗をかいていたりして、今までだったらなかった
ことなので、基礎体温が上がってきたのではないかと
Micaさんも喜んでいた。私も冷え性はだいぶ改善されたし、
風邪をひかなくなった。加えての生姜シロップの導入。
朝の紅茶に加えて生姜はちみつミルクティーにするのだが、
これを続けること1ヶ月でちょうど花粉シーズンに突入し、
タイミング的にもバッチリだったかも。しかも、これも
生姜効果なのか不明ではあるが、理想体重と体脂肪18%台、
筋肉率40%台をキープしている。以前は瓶詰め類のフタは
ことごとく歯が立たなかったが、今ではえいっとひねると
開いてしまう。シビラが着られなくならない程度の筋肉で。

ところで、ここ最近見た変な夢で気になったこと。
なにやらラブラドライトのようなネーミングの、
ルシフェライトだかルシファライトだとか言う、
特殊なエネルギーを生み出す代わりに有害な光も放出する
「ルシファーの偽りの光」という意味の石というか鉱物の
類について、それがドラゴンの誘惑と関係あるか
あるいはそのものかという議論をしている夢。

ちなみに「ルシフェライト」は細菌検査機の名前として
実在し、「ルシファライト」は熱帯魚用品として
ルシファLEDライトというものが実在する。が、夢に
出てきたのは、そのネーミングよりも意味合いのほうが
強烈なイメージとして残った。

SFの見すぎなので変な夢はたくさん見るけど、今回のは
実は現実とのかかわりが強く、要するに特殊なエネルギー
(=原発)と有害な光(=放射能)ってことか...。
後で大きな代償を支払うことになるとわかっていても
手っ取り早い富や利益、名声などを手に入れるほうを
選んで悪魔と契約してしまう人間に対して「ルシファーの
偽りの光」と言っているのだけど、ドラゴンの誘惑に
関しては「怖いけれど惹かれてしまう」「危険だとわかって
いても近づきたい」という少し違った性質のものだ、
と私は誰かに力説していたのだった。

その後はよく覚えていないのだけど、次に気がつくと
「あなたの病名は、突発性天才型分散症です。」と
言われて「ええ?どんな病気なのですか?」と聞くと、
「日常生活において突発的にあらゆる分野での天才の持つ
閃きが分散して症状としてあらわれます。この病気の特長は
分裂症ではなく、分散症だということです。」と淡々と
説明されて、「そう言われましても...何が???」と、
その後は思い出せない夢が続くのであった...

2011年3月18日 (金)

セラピー乗馬

あれからもう一週間とは。混乱はまだまだおさまりそうにない。
日中に計画停電があると食料品店などが休業になってしまうので、
開店前には人が並んで開店と同時にわーっと売り場(特にパン、
牛乳、ヨーグルト、お米など)に人が殺到してちょっと、いや
かなり怖い。日没後の計画停電は侘しいというか思いのほか
憂鬱な気分になる。まあ3時間ほど我慢すれば電気も水も普通に
使えるんだから、被災地で避難生活を余儀なくされている方々の
ことを考えればじゅうぶん贅沢だ。でも困るのは電車。あと
ガソリン。要するに人と物の移動が滞って混乱が生じているわけ
なんだよねえ。文明社会って何なんだろうって思ってしまう。

今日は乗馬クラブへ向かう途中、明らかに自転車に乗り慣れて
いない感じの年配の方のガチガチフラフラ運転に何度も遭遇した。

案の定、私と旦那さんだけ。計画停電が始まってからは、
電車で来る会員さんは来られないし、ガソリン不足で来られない
というマイカー会員さんも多いそうだ。停電に備えてクラブでも
タンクやバケツに水を溜めてあった。下馬後の手入れの時間に
停電が重なると大変だろうな。

ちょうど一週間ぶりだったからか、ナザベルが鳴いてお出迎え。
不安が続いて計画停電パニックもありちょっと気分が憂鬱だった
のだが、自然の中の広い馬場でナザベルに乗っていたらだいぶ
回復した。暗い気持ちで心配ばかりしていても仕方ない、今
自分にできることを前向きな気持ちできちんとひとつずつ
やっていって元気出して頑張ろう!という気持ちになれた。

で、肝心の本日の乗馬は...
今日はmicaさんが装丁作業のため、下乗りとレッスンもkatsuky
さんで、馬場にはナザベルだけということもあったけど、最近の
甘えゴネゴネをすることもなく非常に集中して良い内容でした。
最初に「競技会で点数が取れる」並足を練習(競技会に出る
つもりはないけど(笑)。Katsukyさんいわく「並足だけど馬の
4つの蹄がすべて馬場の土をぐいっぐいっと踏みしめて蹴りだす
ような」並足。いい感じになってきたところで軽速足へ。まず
前へ出して丸めつつ輪乗り、斜めに手前を変え、等々で馬の
姿勢とバランスをさらに整える。katsukyさんに「いやー、
ずいぶんといろいろなことがお分かりになっていますね。」と
言われてかなり嬉しい。やはり外方手綱が使えるようになった
のが大きいのだろう。駈足もいい感じ。でも左手前の駈足の
輪乗りがちょっと難しい。これは左内方手綱がつい強くなって
しまうので軽速足に落ちてしまうせいで、左手綱を我慢して
右外方手綱と左内方脚で馬の左姿勢をとらせ維持することを
心がけてそれが自然にできるようになる努力が必要。軽速足
ではどうにかできるようになってきたけど、駈足だとまだ
力不足。まあでも今日は実りあるレッスンであったと共に、
精神的にも救われたセラピー乗馬でした。


2011年3月15日 (火)

不安

昨日から計画停電の影響で電車が動かないわ日用品や生鮮品は
品切れになるわで、余震はおさまったものの日常生活に大きな
影響がでています。もちろん被災地に比べたらどうということは
ないし、これくらいでこんなに不便で不安になるのだから被災地
はどんなに大変だろうかと想像するに余ります。

それにしても、一昨日に電車が動いているうちに母のところへ
手伝いに行けて良かった。今日はうちのほうは電車がまったく
動いておらず、この分では当分出かけられないなあ、と不安が
増します。不安といえば原発。そして計画停電、それに伴う断水、
そして物資の生産や流通の停滞そして不足。さらに人々のパニック
心理による買い溜め。牛乳とヨーグルトはしばらく我慢。

とにかく電車がいつまでこの調子かっていうのが一番気になる。
私も旦那さんも基本的に毎日通勤が必要な仕事ではないので
まだマシだと思うけど、皆さんはどうしているのかと思います。
都内は本数は少ないけど動いてるようだけど、うちのほうまで
来ないんですよね。途中の駅までしか。歩ける距離じゃないし。

皆そうだと思うけど、この先どうなるのかやっぱり不安だ...

でも被災地はもっともっと大変だし、まだ実際には停電もして
ないし、お風呂にも入れるし、ありがたくご飯を食べて、感謝。

と、今また地震。大きい。しかも震源が静岡...東海、富士山?
...日本はどうなってしまうのだろう...

2011年3月11日 (金)

大地震の日

いまだに余震が続き、電話がずっとつながらない状態。今日がこんな
大変な日になるなんて...

今年は花粉がすごいというわりには意外と大丈夫だな、なんて
思っていたら今日は朝からくしゃみと鼻水がすごい。やっぱり3月
中旬ともなるとそうはいかないか。今年もいよいよ花粉シーズン
到来かあ...と、薬いろいろにマスクなど装備を整えて乗馬クラブへ。

そうなんです、今日は私も旦那さんも外出の用事はなく乗馬クラブへ
行ってちょうど馬装などの準備をしていたところでした。担当のMica
さんはキクちゃんの下乗り中、旦那さんはナザベルに馬装中、私は
ナザベルの馬房のお掃除。ちょうど掃除を終えて道具を片付けようと
した時に、水桶の水が揺れているのが見え、他の馬の水桶も揺れて
いたので「あれ?」と思ったら、馬場のほうで皆が騒ぎ出した。
すると木がワサワサと揺れだし、あらっ、地震だわ、と洗い場の
ほうへ向かううちに揺れがどんどん大きくなって、ちょっと身の
危険を感じ始め、するうちに地鳴りみたいな音も聞こえ、馬たちも
嘶いたりバタバタと暴れだした。居合わせたスタッフや会員さん
合わせて10人くらい、下乗りしていたスタッフ2人も停止し、
ただ驚いて周囲の様子を伺いながらその場に佇むしかなかった。
しかも長い。長く強い揺れが続き、揺れのピークが過ぎたと思った
頃にナザベルと旦那さんのほうへ向かったが、ナザベルはわりと
落ち着いていたし、他の馬も人も厩舎もクラブハウスも特に被害は
なし。すぐに下乗り続行。

今まで体験した中で一番大きな地震だったに違いない。震度5強。
家にいたらもっとすごい揺れに感じただろう。うわー、チェルシー
大丈夫かしら。うちの母に電話してみるも、当然電話はつながらず。
その後何度か大きな余震があったが(今も揺れてる~)、特に
乗馬には影響なく、突風で障害のバーが落ちたのに驚いて
ナザベルが久々に爆走した(かなり焦った^^; )以外は何事もなく
無事に終了。

途中で外に出ていたスタッフさんが帰ってきて、いろいろと情報が
入り、大変なことになっているという実感が湧いてきた。震源に
近い宮城では大津波、都内でも高速は通行止めで電車はすべて
ストップ、にわかに心配になって家に帰ってみると、チェルシーは
ケージの中に入って眠っていた。やはり自分のおうちが一番安全
という認識だろうか。本棚の本や置物は落ちることはなくズレて
いたり、食器棚の一番下の引き出しが飛び出していたり(おお、
また余震だ)、まあそれくらい。ピアノもテレビも大丈夫だった。
スタジオ部屋のスピーカーが心配だったのだが、倒れていなかった
ものの、よく見たら大きくズレて左を向いていた。↓

110311_001_2

それから、立てかけたPolarisⅡの上に置いていた太鼓類が落ちて、
アイリッシュハープは見事に倒れておりました。↓

110311_005

でも全部大丈夫でした。特に実被害はなし。電気・ガス・水道もOK。
電話はつながらないものの、まあ回線がパンクしているんでしょう、と
普通に夕飯の支度をしていたら、大分の従姉妹が心配して電話を
かけてきてくれた。やはりうちの母のところには電話はつながらない
らしい。夕食を食べながらTVでさらに甚大な被害の様子を知り、
うちの母が帰宅困難者になっていないことを願いつつ、でもやはり
電話は通じず。

おっと、今つながりました。母自体は無事だったのですが、家の中が
めちゃくちゃだそうです。やはりマンションの上階なのですが、もう
食器棚から食器が全部飛び出して割れてるわ、冷蔵庫の扉も開いた
ままになってるわ、窓辺のサボテンが全部ひっくり返って砂だらけに
なってるわ、足の踏み場もなかったそうで... ただ地震の時は近所の
銀行にいたので、家にいたらパニックになっていたし物が落ちてきて
怪我をしていたかも、とポジティヴに考えてました。明日電車が動く
ようだったら手伝いに行かねば。ああ、明日はどうなるんだろう。

2011年3月 5日 (土)

春の徴

まさしく三寒四温の如く、暖かくなったと思ったら真冬に逆戻り
したり、冷たい北風に花粉が運ばれてきたり、春分に向かって
日に日に太陽の沈む位置が山の輪郭に沿って西へ移動し、同時に
どんどん日が伸びていく。これが紛れもない春の徴。花粉はまだ
本格化してないけど、春の本格化と共にいずれ爆発的飛散の
日々が訪れるであろう。

などと言っていたらシビラから早くも3月のDMが到着。
今回のはテーマと商品ごとに詳しい解説がついていて、なんだか
ファッション雑誌の特集ページみたいな感じがしました。

クリックすると大きくなります↓

110305_006_4

2のベルギーリネン、気になります。麻は好きな素材なんだけど、
どうしてもシワが気になるんだよね...でもこの感じならシワも
オシャレのうち(よく担当さんがおっしゃるのですが^^;)という
ことで着用するうちに馴染んで味わいに変わるかしら...とか。
2月にもあったけど、このスカート型は好きなタイプなんだよね。
しかもゴールドでしょ..ぜひ実物を見てみたいです。
6のキャミソールはたぶん2月に私が購入したものじゃないかな...

110305_014_3

14のバッグ好き~ でも実際に使わないで観賞用になりそうなので
お店で見て楽しむことにしよう。16のサンダルも同じく...

イセタン限定品(オンリーアイ)もあるみたいです

110305_019_3

2011年3月 1日 (火)

シビラ受注会後日談

あらっ、もう3月になってしまった... 実は1週間以上前に
2回目のシビラ受注会に行って、ギリシア神話風ドレスワンピを
お持ち帰りしたのでUPしようと思いつつ、ちょうどその頃に
旦那さんのPCがおかしくなって挙句の果てに壊れてしまったので
私のPCを共有したりして、なんだかんだで更新が遅れてしまった。
それにしてもPCってほんとに何の前触れもなく(そう思うだけ?)
ある日突然クラッシュするから恐ろしいよね... 私も前から
やろうやろうと思っていたデータのバックアップの必要性を
にわかに感じて、MACとWIN両方作業完了して一応一安心。
ついでにデータの整理整頓にもなったし、さらについでに
紙資料等の整理もしたりして、本格的な春の前にこういう作業は
必然だったのかも。

さて、なぜまたシビラに行ったかというと、やっぱりずーっと
ブラックシリーズのギリシア神話ワンピが気になっていたのと、
注文済みの受注会ブラウスと一緒に試着したキャミソールが
何気にあれ凝ってて良かったよな..とジワジワ気に入ってきて、
受注会商品のキャミなのか通常の店頭展開のキャミなのかが
ハッキリわからず、もし受注会のキャミなら注文しておかないと!

と、いうことで、受注会最終日に駆け込んだのでした。

今回は広い別室での受注会で、日曜なのに空いていたのでゆったり
たっぷり試着できました。前回合わせたキャミは店頭展開のキャミ
だということが判明したのですが、受注会のキャミも凝っていて、
これまた10色展開でどの色も素敵!その中から注文済みブラウスの
オレンジとネイビー(紺)の両方にそれぞれ独特にマッチする
ブルーとグリーンの中間のようなお色をチョイス。さらに、
せっかくだからと担当さんに言われるままにイエローのショート
パンツ(バックスタイルはミニスカート!)と、グリーンの
サンダルを合わせて試着したら、まさにシビラのカラーマジック!

普通こんなに違う色を4色(オレンジ+ブルーグリーン+イエロー
+グリーン)も合わせたらハチャメチャになりそうなもんだけど、
すべてが絶妙に調和して、見事な色のハーモニーを奏てしまう。
しかも最近は同色系のグラデーションによるコーディネイトが
多かったので、このコーデはとても新鮮で心躍ってしまいました。

さらにブラウスをネイビーに変えて、スカートをふんわり系の
オレンジに変えたら、これはこれでまたまたシビラマジック!
(ネイビー(紺)+ブルーグリーン+オレンジ+グリーン)
もう、無限に色とアイテムの組み合わせが楽しめそうで、キリが
ない感じでした。で、結局ホルターネックタイプのキャミの
ブルーグリーンを追加注文することにしました。

で、次は店舗スペースに戻って問題のブラックです。当初はお色
(チャコールとピンクベージュ)も迷う材料だったのですが、家で
クローゼットのドレス類をチェックするに、黒あるいは白黒模様と
いうものがほとんどなので、やっぱあのピンクベージュというか、
ちょっと薄紫がかったような上品で絶妙な色味とあの素材そして
全体のプリーツによるシルエットだよねぇ...しかも長めの着丈。
無いよねえ。これを逃したら後悔するよねえ。とアタマの中で
ぐるぐる回っていたので、ベージュのほうをまた試着。

110301_036

うーん、やっぱいい。いいよ~。いいよねえ。いいんですよ。
見た目よりゆったりとした着心地で楽なのもいいし、ハイウエスト
の切り替えと素材感によってお腹のあたりが絶妙にごまかされて
美しいシルエットが生み出され、座ってもシワとか気にならない。
これはこの先長く着られるに違いない。ということで、やっぱり
買ってしまったのでした。

110301_060

シビラお得意のデコルテの立体裁断はプリーツ素材によって、より
高級感が増し、高度なテクニックが施されています。

110301_051_3

バックスタイルも同様。このプリーツのドレープ具合というか
ラインが美しい。繊細でありながら大胆なカットが見事です。

110301_055_2

ところで、前回の受注会ブラウスと一緒に合わせて試着した店頭
展開のキャミもあれはあれで良かったんだよね、と、出してきて
もらうと、やはりこれはこれで首胸元のループづかいの凝り方が
受注会のキャミとはまた違った魅力があって捨てがたく、お値段が
わりとお手頃だったので購入してしまいました。

110301_067

前はこういうループテクニックのカットソーやニットが好きで
よく着ていましたが、昨年のあやとりキャミソールあたりから
ループのキャミ+ワンピあるいはブラウスやチュニックという
スタイルに移行してきているようです。今春夏はまさにその傾向
通りのコーディネイトが増えそう。

バックスタイルもこんな感じで凝ってます。

110301_066

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »