フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« シビラでシビラをカスタマイズ | トップページ | シビラが告げる春 »

2011年2月 4日 (金)

光の変化

ようやく厳しい寒さが和らいできた。日が長くなって日照時間が
増えているということもあるし、何より日差しの角度が違う。
そして大気も緩んで太陽の光がぽわっと広がる感じ。真冬の
キリッと引き締まった澄んだ空気にくっきりと山々が青空に
映える景色が、全体に霞がかかったような白っぽい空に変わり、
山々がぼわっと浮かび上がる。以前はこれがあまり好きでは
なかったのだが、今年はこの光景を見てなんだかほっとして、
自分でも驚いた。今年はよほど寒さがこたえたとみえて、この
ちょっとした春の兆しがありがたく思えたのだ。もしかしたら
2月も好きになれるかもしれない。

そういえば1月後半にちらっと咲き始めていた梅の花が今日は
あちこちでだいぶ咲いているのを見かけた。つい先日まで
寒々しかった風景が、光の変化によりなんだか急に春めいて
見える。もちろんまだ春には程遠く風は冷たいし日陰は寒く
夜も冷え込むし、これから何度も寒の戻りがやってきて、雪も
降るかもしれないけど、桜が咲くまでのこの変化の過程を
じっくり楽しむことにしよう。

さて、先日ちょっと疝痛未遂で休養したナザベルだが、今回は
復帰が早くてあまり間があかなかったのが良かったのか、水曜は
ちょっと暴走しかかった場面もあったけど、ゴネなかったし、
何より集中力がきれなくて休養明けとしては良かった。さらに、
最近寒いせいか平日が空いていて馬場に3人(頭)くらいという
ことが多く、個人レッスン的なみっちりレッスンが続いていた
のだけど、水曜はオーナーH氏夫人のMarchanレッスンとなり、
これがキツイんだけどかなり効くのです。ちょっと気を抜くと
すぐ指摘されてしまうので、一瞬たりとも気が抜けないのだ。
しかもこの日はH氏もいたので下乗りが短く、休養明けという
こともあり、いつもは柔らかいナザベルがかたいうえにパワーは
溜まっているのでまあ丸めるのが大変なこと。翌日は久々に
腕がものすごい筋肉痛に(背中と腹筋も)。でもそれまでとは
筋肉痛になる場所がちょっと違っていて、今まで使っていない
筋肉を使ったんだなーと実感。

そしてその甲斐はあった!今日はなんとまたもや私だけで馬場を
独占し、またみっちりレッスンだったけど、最初の並足の時から
Micaさんに「なんかいいですね。今のバランスいいですよ。
馬もまっすぐだし奈巳さんも鞍の真ん中にちゃんと座れてます。」
と指摘され、軽速足での輪乗り、輪乗りを変え、三湾曲、斜めに
手前を変え、馬場を横断して手前変えなど、馬をまっすぐに
して、内方姿勢をとらせる、つまりMarchan先生の言うところの
「馬の外側の目を見てそれを外方の押し手綱と内方脚で内側に
入れる」その意味がやっとわかってできるようになったらしい。
今まで「両拳と馬の頭で二等辺三角形を作って」とか「馬の
外側の目を中に入れなさい」とか「脇をつかって押し込む」とか
わかっていたようで実はなんとなくわかっていただけというか
わかっていても体が理解していなかったのでちゃんと実践できて
いなかった。でも今日復習を兼ねて実践したら、まあナザベルが
前回よりやわらかいしイケイケパワーもなかったのでそれも
あるけど、駆足でさえ(しかも問題の右手前でさえ)ちゃんと
イメージ通りにできて、Micaさんにも「いやーまたひとつ新しい
段階に入りましたね。」などと言われるし、自分でも明らかに
今までとの違いが認識できた。やっと外方手綱が使えるように
なったのだ...

« シビラでシビラをカスタマイズ | トップページ | シビラが告げる春 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217288/38738726

この記事へのトラックバック一覧です: 光の変化:

« シビラでシビラをカスタマイズ | トップページ | シビラが告げる春 »