フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 駈足楽しい! | トップページ | 苦悩は続くよどこまでも »

2010年11月26日 (金)

必死さが足りない

さあ今日は大草原をイメージした駈足を目指すゾ!とクラブへ
行くと、なんと3人キャンセルで私だけという貸切状態。
こういう場合は自動的に個人レッスンになって¥が加算される
ので、どうせなら図形運動か横木通過とかそういうちょっと
スペシャルなテクニカル系がいいなと思っていたら、担当の
micaさんが「今日は馬場状態もいいし広く使えるしナザベルの
足の状態も良いので、久しぶりに横木をやりましょう。」と
希望通りのレッスンに。ナザベルが今年の春先に体調を崩し、
復活後夏場にかけて元気すぎて跳ね飛び暴走が凄かったのと、
魔夏がおさまってからは左前足の関節がカクッとなりやすく
人馬転などもあり、また馬場混雑もあり、なんだかんだで
横木は1年ぶりくらい。普通ならあまり普段やらないことを
やらせようとすると躊躇して嫌がったり怖がったりするのに
多少慎重にはなるけど真面目にトライするのがナザベルの
良いところ。むしろ楽しんでいるようだった。

私も前はもっと横木を通過するときにグラついて自分の
バランスを保つのに大変だったような気がするのだが、
特に頑張って何かするということなく、無意識的にバランスが
とれて思ったよりスムーズにできた。やはり日頃の地道で
地味なレッスンの積み重ねの成果がちゃんとでているのね。

最初は2本の横木をちょっと間を空けて。まず並足で馬に
横木の間隔を認識させ、次に軽速足でリズムを整え、通過。
何周かして三湾曲をやりながら手前を変えて通過。左手前の
ほうがよれやすいので横木手前直前にちょっと外方手綱で
修正し、真っ直ぐ通過させるようにする。何回かちょっと
木に足が当たってしまったりもしたが、全体的にはなかなか
いい感じ。次に横木の間隔を狭めて難易度アップ。さすがに
最初は木を踏んづけそうになって途中で止まってしまったが、
ナザベルの良いところはそこで慌てて走り出したりせず、また
次に横木に向かったときに嫌がって横に避けたりしないで
ちゃんと落ち着いて再トライするところ。馬場には他に馬が
いないし穏やかな天気だったので私も適度にリラックスして
いたのも良かったのかも。上手に通過できたらその都度よく
褒めて愛撫。だんだん調子が出てきてナザベルも楽しそう。

手前を変えるときに図形運動も組み込んだりして、今日は
やっぱりなかなか濃密なレッスンだわと、結構みっちり
横木と図形運動をやって、ちょっと並足を入れ、その後駈足。

まさに大草原をイメージして積極的に動かして脚と坐骨で
推進させ、かなりいい感じの駈足。いやー 爽快だわー と
油断したわけではないのだが、すかさず出た輪乗りの号令に
ちょっと「しまった」という感じで、最初の3周はなんとか
できたけど、疲れが出てちょっと集中力が切れたら軽速足に
なってしまった。ハァハァ言いながらまた駈足を出し、すぐ
輪乗り。やはり3周くらいで軽速足になってしまう。あ~
一昨日はできたのに... 駈足自体はまとまっているし、
姿勢もバランスもいいんだけど、推進力が足りなくなって
しまう、ということでちょっと休憩(並足)を入れて、次は
右手前で。今日も逆手前発進を阻止。もうコツは掴んだ。
で、右手前のほうが前に出やすいので推進を頑張らなくて
いい分ちょっと楽。しかし輪乗りの号令とテイセキに戻れの
号令が椅子取りゲームのようにかかるので、途中からさすがに
疲れと集中力が落ちて大変になってきた。一昨日はできたのに、
これはもしかして他の馬がいないからちょっと気持ちにスキ
というか、いい意味の緊張感が足りなくて、そういう微妙な
ところがナザベルにも伝わって軽速足に落ちやすくなって
しまったのかもなあ。要するに、必死さが足りないとか?
micaさんにも途中から「他の馬を抜かすようなつもりで
輪乗りに入ってみてください。」と言われたし。

でもゆくゆくは必死じゃなくても駈足で自由に輪乗りとか
できるようになりたい。軽速足でならだいぶできているが、
それを駈足で。そういえば途中で「あれっ?」というくらい
ピタッと内方脚(ふくらはぎ全体)が馬体に一体化して、
ああ、内方脚を中心に馬を回すっていうのはこういうことか、
と妙に実感できた瞬間があり、新鮮な感覚でもあった。
あの感じが常にあるといいんだなきっと。

.

« 駈足楽しい! | トップページ | 苦悩は続くよどこまでも »

コメント

いやー、うらやましい。とても良い条件ですねー。こんな時は、ご一緒したい。
駈足輪乗りで、後脚を抑え気味にして、内方で推進が出来ると、とても上手くなった気分になりますよね。そういう時は、ほんとに至福の時。
(私には、まだ時々しか、そんなときはないけれど。)

あと、手綱。はっと気が付くと、手綱と脚がバラバラ。それで、馬が迷ってしまう。何とかならないものかと、悩みます。

しかし、ナザベルが好調で良かったです。この前は、馬房の入り口を通りがてら声をかけたら、チラ見されてお尻を向けられました。いつもなら、チョト来い合図が始まるのですが。。。
なにやら考え事をしていたようです。

いやーこんなこと滅多にないでしょうね。でも最近は木・金は空いていることが多く、特に木曜は2人とか1人だけとか。冬休みが始まるとまた違った状況になると思いますが、季節も良いし今こそ乗馬の楽しみ時ですよね^^

私も駈足で推進を頑張ろうとするとつい力が入ってしまって手が上がってしまう(特に左手)のを早く何とかしたいですbearing

それにしてもナザベルがお尻で挨拶なんて失礼いたしましたsweat02 
私たちが行ってもチラ見だけで振り向かないときもありますので、やっぱりそういう時は考え事をしてるか半分寝ているんでしょうね。(でもビニール袋のガサガサいう音で反応が急変しますがcoldsweats01
まあとにかく好調をキープしてくれるよう願っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217288/37854120

この記事へのトラックバック一覧です: 必死さが足りない:

« 駈足楽しい! | トップページ | 苦悩は続くよどこまでも »