フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月29日 (月)

苦悩は続くよどこまでも

12月のシビラDM来ました。

101129_015

中段左から2番目のワンピが気になっています。問題は丈だ...
しかもノースリーブだから重ね着必須で、ついでに合わせた
カーディガンも欲しくなりそうで危険だわ...

下段左から2番目のコートって、03年頃の受注会のコートを
彷彿とさせるドットの感じ。その右隣も、昨年の受注会の
アラベスク風刺繍のコートを彷彿とさせます。

イセタン限定品もあるようです。

101129_018

これもノースリーブだけど真ん中左のワンピが気になる...
ああ~ 次回のシビラは覚悟せねば。でもやっぱり楽しみ。

ところで!オークション第2弾出品中です。
http://page16.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/u32446736
ほか、5点出品しております。
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/goldnazabel

.

.

.

2010年11月26日 (金)

必死さが足りない

さあ今日は大草原をイメージした駈足を目指すゾ!とクラブへ
行くと、なんと3人キャンセルで私だけという貸切状態。
こういう場合は自動的に個人レッスンになって¥が加算される
ので、どうせなら図形運動か横木通過とかそういうちょっと
スペシャルなテクニカル系がいいなと思っていたら、担当の
micaさんが「今日は馬場状態もいいし広く使えるしナザベルの
足の状態も良いので、久しぶりに横木をやりましょう。」と
希望通りのレッスンに。ナザベルが今年の春先に体調を崩し、
復活後夏場にかけて元気すぎて跳ね飛び暴走が凄かったのと、
魔夏がおさまってからは左前足の関節がカクッとなりやすく
人馬転などもあり、また馬場混雑もあり、なんだかんだで
横木は1年ぶりくらい。普通ならあまり普段やらないことを
やらせようとすると躊躇して嫌がったり怖がったりするのに
多少慎重にはなるけど真面目にトライするのがナザベルの
良いところ。むしろ楽しんでいるようだった。

私も前はもっと横木を通過するときにグラついて自分の
バランスを保つのに大変だったような気がするのだが、
特に頑張って何かするということなく、無意識的にバランスが
とれて思ったよりスムーズにできた。やはり日頃の地道で
地味なレッスンの積み重ねの成果がちゃんとでているのね。

最初は2本の横木をちょっと間を空けて。まず並足で馬に
横木の間隔を認識させ、次に軽速足でリズムを整え、通過。
何周かして三湾曲をやりながら手前を変えて通過。左手前の
ほうがよれやすいので横木手前直前にちょっと外方手綱で
修正し、真っ直ぐ通過させるようにする。何回かちょっと
木に足が当たってしまったりもしたが、全体的にはなかなか
いい感じ。次に横木の間隔を狭めて難易度アップ。さすがに
最初は木を踏んづけそうになって途中で止まってしまったが、
ナザベルの良いところはそこで慌てて走り出したりせず、また
次に横木に向かったときに嫌がって横に避けたりしないで
ちゃんと落ち着いて再トライするところ。馬場には他に馬が
いないし穏やかな天気だったので私も適度にリラックスして
いたのも良かったのかも。上手に通過できたらその都度よく
褒めて愛撫。だんだん調子が出てきてナザベルも楽しそう。

手前を変えるときに図形運動も組み込んだりして、今日は
やっぱりなかなか濃密なレッスンだわと、結構みっちり
横木と図形運動をやって、ちょっと並足を入れ、その後駈足。

まさに大草原をイメージして積極的に動かして脚と坐骨で
推進させ、かなりいい感じの駈足。いやー 爽快だわー と
油断したわけではないのだが、すかさず出た輪乗りの号令に
ちょっと「しまった」という感じで、最初の3周はなんとか
できたけど、疲れが出てちょっと集中力が切れたら軽速足に
なってしまった。ハァハァ言いながらまた駈足を出し、すぐ
輪乗り。やはり3周くらいで軽速足になってしまう。あ~
一昨日はできたのに... 駈足自体はまとまっているし、
姿勢もバランスもいいんだけど、推進力が足りなくなって
しまう、ということでちょっと休憩(並足)を入れて、次は
右手前で。今日も逆手前発進を阻止。もうコツは掴んだ。
で、右手前のほうが前に出やすいので推進を頑張らなくて
いい分ちょっと楽。しかし輪乗りの号令とテイセキに戻れの
号令が椅子取りゲームのようにかかるので、途中からさすがに
疲れと集中力が落ちて大変になってきた。一昨日はできたのに、
これはもしかして他の馬がいないからちょっと気持ちにスキ
というか、いい意味の緊張感が足りなくて、そういう微妙な
ところがナザベルにも伝わって軽速足に落ちやすくなって
しまったのかもなあ。要するに、必死さが足りないとか?
micaさんにも途中から「他の馬を抜かすようなつもりで
輪乗りに入ってみてください。」と言われたし。

でもゆくゆくは必死じゃなくても駈足で自由に輪乗りとか
できるようになりたい。軽速足でならだいぶできているが、
それを駈足で。そういえば途中で「あれっ?」というくらい
ピタッと内方脚(ふくらはぎ全体)が馬体に一体化して、
ああ、内方脚を中心に馬を回すっていうのはこういうことか、
と妙に実感できた瞬間があり、新鮮な感覚でもあった。
あの感じが常にあるといいんだなきっと。

.

2010年11月24日 (水)

駈足楽しい!

晩秋特有の斜めの陽光に紅葉がますます映える。やっぱり
この季節大好き。山、森、林、1本の木、すべてが光り輝いて
ハーモニーを奏でている。音楽が聴こえてくる。

今年は寒暖の差が特に激しく、皮肉なことに紅葉が一段と
美しい。乗馬クラブへ行く途中も「あれ?ここってこんなに
紅葉するんだ!」という発見が多く、今年は桜の葉の赤さが
目立った。イチョウの黄色も例年よりヴィヴィッドだ。

さて、先週の水曜に大暴れしてだいぶ発散したのか、
それとも「あんまりやりすぎると後が大変だからホドホドに」
と悟ったのか、今日のナザベルはだいぶ落ち着きつつ、
まあまあ動きも良し。今日は私を含めて6人の部班運動。
オーナー夫人のMさん(Mさんばっかりなんだよね..)が
ようやく復活され(腰の不調で入院していたそうで;)、
テイセキや輪乗りで周回する中で3人の指導員さんが立ち、
チェックを入れていくという気が抜けないレッスンだった。
軽速足は左の押し手綱と右内包脚で馬に右姿勢をとらせるのが
ちょっと大変だった。ナザベルは右手前のときに右の腰が内に
入ってきて左姿勢をとってしまう傾向にある。今までは一緒に
バランスを崩していたのだが、最近ようやく修正のコツが
掴めてきた。左手前はスムーズに姿勢を整えまとめられた。

で、駈足。久々に3頭で。なのでちょっと緊張。ナザベルは
どんどん推進して前に出さないと駈足がすぐバラけてしまう
ので、結果わりとすぐ他の馬に追いついてしまう。そこで
輪乗りで追い越したりするのだが、輪乗りだと駈足の維持が
難しくて軽速足になってしまい、そうすると今度は輪乗りの
駈足発進に手間取ったり、というパターンが危惧される。
しかも苦手の右手前からだったので、どうかなーと思いきや
一発発進OK!おお、これはもう苦手を克服したかもね。
そして案の定すぐ前を走る馬に追いつきそうになったので
輪乗り。軽速足になりそうになったけど脚、お腹動かして
脚、でなんとか維持。するとMさんが間合いを見て3頭に
それぞれ輪乗りとテイセキの出入りを指示して、入れ替わり
立ち代りで輪乗りに入ったりテイセキに出たりするという
駈足レッスンに。ひえぇ、まだやるの?というくらい長く
駈足をしつつ、なぜか輪乗りのほうが右手前は駈足がうまく
いって、だんだん調子が乗ってきて軽速足で苦労していた
右姿勢への修正もなぜか輪乗り駈足のほうがうまくいった。
左手前も同様に。左手前のほうが得意なはずなのに、なぜか
輪乗りの途中で何回か軽速足になってしまったが、最後の
ほうは気合で駈足維持。結構長かったけど、乗り切った。
そしてその後は速足で何周か。これも以前は苦手だった
(というか、乗り方がよくわからなかった)速足だが、
軽速足とリズムを変えることなく、キビキビした速足が
できた。手綱は持っているだけでなるべく脚で操作。
ということで、今日はかなり充実したレッスンだった。

ああ、なんだかとっても楽しかったな~ 3頭駈足。
あんな感じで思い通り(ほぼ)に人馬一体で動けると
楽しくてしょうがない。紅葉の中の爽快駈足、これぞ
秋の乗馬の醍醐味ですなあ...

下馬後、Mさんには「長くて難しい馬をよくまとめて
乗ってます。」と言われ、3頭駈足の時に馬場中央で待機して
いたKさんには何度も「駈足迫力あってカッコよかった~」と
褒め殺しにあい、さすがに照れましたわ。

ナザベルも頑張ったので今日はお尻のマッサージをいつも
より多めに。帰る頃には真っ暗。乗馬の後に体重計を
チェックすると体脂肪率は19%台で筋肉率は40%台。いつも
乗馬の後はこんな感じだけど、乗らない日が続くとすぐ
変わる。でも少しずつでも続けることが大切だと思う。
ので、次回も頑張ろっと。

2010年11月20日 (土)

里子に出します

東南の紅葉は終わりに近づき、南西の丘陵の紅葉が始まった。
冬至へまっしぐら。あっという間に日が暮れて暗くなってしまう。
いよいよ冬の到来か...

ということで、「コートの館」のUP完了しました。
http://astromedia.cocolog-nifty.com/photos/sybillacoat/index.html

受注会のコートがやってきて、いよいよ収納場所に困り果て、
コーディネイト傾向の変化や、さらに髪形を変えたせいか
それとも年齢のせいなのか、どうも似合わなくなってしまった
ように感じるアイテムなども見つかってしまい、悩みに
悩んだ挙句、ついに里子に出す子達の決断をいたしまして、
とりあえず以下2点をヤフーオークションに出品しました。

http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h148001645

http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n94670074

まだちょっと(かなり)未練があるのですが、クローゼットで
眠らせておくよりも、どなたかに着ていただいたほうが
この子たちも幸せでしょう。他にもスカートなどあと3点ほど
来週末までには出品する予定です。

「シビラ名鑑」もちょこちょこ更新しております。
いろんなコーディネイトを考えながら、この冬あと何を買う
べきか、あるいは何を衝動買いしないように注意すべきかを
客観的に整理して、次回のシビラへ備えるのでした。

2010年11月17日 (水)

わき見乗馬

いきなり真冬の寒さ。しかも雲ってて微妙に小雨。でも山の
ほうは明るいし本降りにはならなさそうなので、乗馬クラブへ
行こうとすると霧雨がけっこうひどくて傘をささないとダメな
感じ。そこで一駅電車に乗って送迎バスで行くことに。

クラブのほうは雨は降っていなかったけど、天気のせいか
キャンセルがあって私を含めて3人だけ。こういう、急に
寒くなった日は馬が元気で跳ねたりすることが多いのだけど、
案の定、というか予想以上にナザベルは元気で、私が厩舎の
お掃除をしているとクラブオーナーのH氏が「なんかナザベル
すごいぞ。絶好調みたいだな。」とわざわざ言いにきた。
H氏がすごいって言うってどんだけ?と、今日はmichikoさんが
下乗りしてくれたのだが、危うく落馬しそうになるほどの
大跳ね&爆走。ひえ~っ 久々にぶっちぎりナザベル見た~
確かにすごい...カッコいい~ あんなふうに乗りこなせたら
いいのにな~ と、レッスン中のFさん@シャガルスキーも
なんだかテンション高くて、しかも小雨が降ってきた...
うう、やっぱ今日はキャンセルすればよかったかも...

と、私が騎乗する頃にはちょうど雨がやんで、ナザベルも
おさまったようだ。いつもならH氏が「もういいだろ」と途中で
下乗りを切り上げさせたりするのだが、今日はあまりにも
ナザベルがすごかったのでそれは免れたか...いずれにしろ、
気合を入れて騎乗。あんまり緊張しすぎるのもよくないので、
ちょうどシャガルスキーのレッスンが終わったところで馬場には
ナザベルしかいないし大丈夫、とリラックスを心がけ軽速足。
ムム、このままだとH氏レッスンか?と覚悟しつつ、でも
michikoさんも見てくれているし、ナザベルも落ち着いていて
いい感じ。と、思いきや!いきなり様子が急変。何かと思えば
なんとリコちゃんの赤ちゃんアーペがもう子馬ちゃんになって
いて奥の馬場に入ってきて(それだけでもすごく気にするのに)
調馬索で運動させようと2人がかりでムチで追ったりして、
しかもアーペがヒンヒン鳴くもんだから、他の厩舎の馬も鳴い
たりして、ナザベルはもう「えっ、なになに?うわ、なにあの
ちっちゃい子!あ、いいな、あっちで一緒に遊びたいな」てな
感じで、もう気になってしょうがなくてすぐよそ見しそうに
なるし、少しでもハミがはずれたり騎座が甘くなったらすぐ
跳ねてフッ飛んで行きそうで、ちょっともぉー勘弁してよー
と、H氏から喝が飛んでくるかと思ったら軽くジャブ程度で
(アーペの運動のさせ方のほうに気がいってたみたい^^;)、
michikoさんがすかさず「奈巳さんもナザベルと一緒になって
ガチガチになっちゃダメですよ。乗り手がしっかり指示を出さ
ないと!」と言ってくれたので、そっか、そりゃそうだわ、と
3周くらい頑張ったけど、アーペのほうも盛り上がっているので
ちょっと並足で輪乗りしてナザベルを落ち着かせることに。

並足でも最初のほうはまだ気にして落ち着かなかったが、
だんだん事情がのみこめてきたのか慣れてきたのか、3周くらい
したらだいぶ集中力が戻ってきた。私も「あっちはあっちで
ナザベルには関係ないのよ。」などと言い聞かせるようにした。

で、もう大丈夫かな?と軽速足の指示。あら、やっぱりまだ
怪しい? なら速足で調整。以前あれだけ苦労していた速足では
あるが、今ではこういう怪しいときのナザベルには軽速足より
速足のほうがちゃんと座れて楽だし、バランスを戻しやすい。
速足で2周くらいしたらやっと馬の柔軟性が出てきて、様子も
落ち着いて集中してきたので、軽速足でさらに丸める。

その後はずっと大きめの輪乗りで軽速足、駈足となんだか
いい感じであのはしゃぎようが嘘のよう。特に駈足の輪乗りは
最近あまりやっていなかったのでどうかなと思ったけど、
両手前とも滑らかな走りだった。右手前の発進も一発OKで、
2度目の発進も逆手前に出そうになったのをおさえて修正して
発進できたので、もうこの問題は克服できたかも。

というわけで、終わってみればわりと良かった。まあ右手前
駈足のときに左手が上がるクセがまた出てきたりいろいろ
あるけど、速足でおさめてその後の軽速足で丸めて駈足の
輪乗りもまあスムーズだったので収穫とスリルもあった
レッスンでした。(でもあのスリルはもう味わいたくない)

下馬後、いつもは誰かしら足を洗ったりテッピしてくれたり
するんだけど、今日はH氏がいろいろあれやれこれやれって
言うもんだから誰も手伝ってくれなくて、しかも旦那さんも
いないので全部一人でやってちょっと大変だった。でも
ナザベル可愛いから全然苦にならない。以前はテッピの時に
足を動かしたりちょっと厄介だったけど、最近はじっとして
いるようになって、だいぶ手入れもしやすくなったし。

するとシャガルスキーの前に下馬していたNさん@ラポが、
「おつかれ~。いやーあれはないよねぇ~。あれラポだったら
大騒ぎでとても乗ってられないよ。」と話しかけてきてくれて、
うん、あれはないよね。なんでわざわざあの時間帯に...
だってレッスン時間中なのに、なんでだろね?なんて話して
いるうちに、もしかしてH氏がわざと...?と爆笑。まあ、よく
わからんが、こういうこともあるってことで。

ああ、でもアーペの運動してるところ見たかったなあ。

.

2010年11月16日 (火)

苦悩のシビラ

受注会の商品の引き取りに行ってきました。毎年この季節は
一年で最も悩ましく出費がかさむ季節であります。受注会の
商品と一緒にこれでもかこれでもかと言うようにコートだ
ジャケットだニット(カーディガン、ボレロ、タートル、
アンサンブル、それぞれモヘヤ、ウール、厚手薄手等々)だ
ワンピだツイードだスエードだ何だ(おまけに手袋マフラー各種)
ってもうあふれかえるほどバラエティー豊かな(すぎる)店頭の
誘惑についつい買い足しをしてしまい、セール前に今シーズンの
お買い物は終了・撤退! 春までシビラ禁止令が布かれるのです。

結果モコモコの暖かい素材のものが増えてしまったので、今年は
傾向を変えて秋物らしい秋物の充実をはかり、冬物は控える!と
いう戒めのもと、さらにどんどん短くなるスカート、ワンピの丈に
無駄な抵抗はやめ、身長を逆手にとってチュニック+パンツ+
ニーハイブーツinスタイル(受注会の注文商品もそんなイメージ)
に方向転換! というテーマを持って、いざシビラへ。

昨日はすでに大活躍の3WAYコートのキルティングジャケットに、
梨地ウールの軽いニット04年頃のボルドーパンツをニーハイ
ブーツにinしたら、今時のサルエル風になってなんだか意外な
カッコ良さで、シビラの店員さんたちにも好評でした。
平日なのでそんなに混雑しておらず、一通り物色(見て楽しむ
ツイード&コート&スーツ&ワンピ、刺繍ニット、等々)してから
チュニックをメインに試着タイム。DMで気になっていた変形
チェックのボートネック風配色セーターはまだ入荷しておらず、
刺繍のシリーズも実物はどのお色(ベージュ、グリーン、赤)も
それぞれ刺繍の配色が違っていて、とても素敵で見入ってしまい
ましたが、思っていたより着丈が短いのでやはりスカート向き。
そしてスカートは素材が変わっていて良かったのですが、
やはり丈(あと3cmいや4cm欲しい)とシルエットのバランスが
どうもしっくりこなくて、結局チュニック探しになったのでした。

まず、一昨年春くらいからワンピースで展開していると思われる
変形ストライプのような模様(斜めにいろいろな幅、方向で
縞々模様が組み合わされている)の、軽くて薄いニット素材の
ワンピというかチュニックがバランス的にはしっくりきたけど
お色で迷ってしまい(白×黒、パープル×あずき色?)、
さらにDM掲載(一番上の右から2番目)のシャギー配色ワンピが
試着したら意外にもしっくりくるIラインで、え~ でもこういう
暖かいのはあるんだってば~ でもいいなこれ...このシルエット
新鮮~(どうやらAラインやXラインよりIラインな気分なのね)
この短さなら逆にチュニックにできちゃうし、厚手のタイツで
ワンピとしてもいけるかも... いや、でもモヘアのチュニック
あるじゃん、とお悩みタイム開始。さらに「ハマグリミシン」で
編んだという、独特の風合いの、これまた暖かそうで色づかいが
これぞ冬のシビラ!!!って感じのカーディガンが可愛くて...
一般的カーディガンより短く、ボレロよりは長めの着丈で、
形も色合いも新鮮だわ... これならチュニックの上に羽織っても
バランスが変にならないし、なんか個性的なシルエット...
カーディガンといえば、さっきあきらめた刺繍ニットのタートル
じゃなくてカーディガンだったら、昨年の受注会の赤いカシミア
タートルに合わせたらアンサンブルみたいになっていいかも..!
最近ちょっとカッコいい系ばかりなのでたまにはフェミニンに..
あー ほらほら、また何だかわかんなくなってきたぞ...

と、そうだ、肝心の受注会のお品は!!! と、ニットチュニックを
出してきてもらうと「あれ?こんなにゆったりしてたっけ?」
なんて、着てみたら意外にスッキリしていて、やっぱりこれ着ると
全然印象が違うんだよね。シビラのってほんとに着てみないと
わかんないのよね。着心地良い~ しかも軽くて暖か。さすが
タスマニアン子羊ウールよねぇ...
と、どうも平置やトルソー着せだとうまく雰囲気が出ないので、
着てきたキルティングジャケットと合わせて試着したところ

101116_046_3

サングラスと細身パンツとニーハイブーツでうまいこと
ごまかしてますimpact

そしてコート。おおぉ~ いやぁ~ やっぱいいわこれ~!!!
後ろにもこの大きなパッチワークが施されている。
このシンボリックインパクトと絶妙なシルエットですわ。

101116_001

...ってやっぱり平置やトルソー着せだとシルエットや雰囲気が
出ないので、さっきのニットチュニックの上からコートを
羽織ると... これがまたパンツ+ブーツに合うんだわぁ。

101116_065

で。結局店頭商品の悩みどころは解決の糸口が見つからず。
変形ストライプのチュニックワンピは素材の軽さや形は良い
のだけど、お色味がどちらもいまいちバシッと決まらない...
配色ワンピは形やお色味は良いのだけど、素材が暖かすぎる...
(受注会のニットチュニックも暖かい素材だし)
ハマグリミシン編みのカーディガンは単品としてすごく魅力的
なんだけど、合わせるものがパッと思いつかない...
刺繍ニットカーディガンはあったらいいけどなくてもまあ
どうにかなる..と、いずれももうひとつ決め手に欠ける感じで、
この後まだ2型ほどチュニックが入荷するというので、
今日のところは受注会の2着だけにして、月末か12月初めに
また来ます~ と言ってなんと宣言通り買い足しなしで帰宅

うーん、でも楽しかったし、やはりまだ配色ワンピとか迷う...
しかもみんなちょっと想定よりお値段高め  なんだよね
だぁーーー  しばらくバーチャルコーディネイトをいろいろと
妄想して、どーしても欲しくなったらどれか買ってしまうかも。
やっぱり秋冬は苦悩するんだわ。楽しいけど苦悩のシビラ。

.

2010年11月10日 (水)

馬のお洋服についてちょっと

今日は馬のお洋服についてちょっと。
最初にナザベルに馬着を買ってくださいと言われたときは
「えっ?馬に服が必要なの?」と思ったけど、野生馬とは違って
乗用馬としてのより良い健康維持と体調管理のために、気候に
応じて様々な馬着が必要なんだそうです。

とりわけ3年前の冬にナザベルが生死の間をさまよってからは、
特に気を遣っています。担当さんのすすめもあり、なんだかんだで
合計7着もの馬着を季節気候に合わせて使い分けています。

秋口から春先はフリース(洗い替え用に2着)、次にコットンの
薄ラグ、もう少し寒くなったらナイロンの薄ラグ、冷えるなあと
思い始めたらハイネックの中綿入りラグ、冬になったら中綿
たっぷりの厚ラグ、そして一番寒いときは重ね着してさらに
首に中綿入りのネックカバー。それから、ちょっと前までは
下馬後の手入れの時に冷えないようにネット状(メッシュ)の
薄いラグを着せます。(合計8着だ...)今の季節はそれでは
もう寒いので毛布をかけた状態で体を拭いたり手入れをします。
朝晩と日中の気温差が激しいときは、一日のうちで何回も着せ
かえます。真冬の運動後はフリース、手入れが終わった後は
ハイネック中綿ラグで厩舎に帰し、馬具の手入れが終わって
自分が帰る頃に、厩舎に寄って厚ラグに着せ替えてから帰途に
つきます。...でも、馬によっては暑がりで中綿ラグだけとか、
ナザベルはたぶん一番衣装持ちでしょう。
デリケートだからね(親バカ)。

今日は夕方から冷たい木枯らしが吹いてきたのでハイネックの
中綿ラグを着せて厩舎に帰しました。(手入れでバタバタして
いる時に会員さんが携帯で撮ってくれた写真。普段は下馬後は
忙しくて馬着を着ているナザベルを撮る機会が少ないので貴重!)

101110f

そしてこの馬着が結構オシャレで可愛いんだよねまた...
ウールの馬着もあるそうで、いやでもそれって洗濯とか大変そう
とか、ムートンとかあったらすごいよね(いったいいくらmoneybag
するんだ?)とか盛り上がったり...やっぱり秋冬はお洋服で
盛り上がる季節なのだわ。

ということで、ナザベルも私に似て衣装持ちなのであった...。

ちなみに今日の乗馬は、ナザベルが前足だけでトコトコ走っちゃう
ので、後ろにバランスを戻しながら馬を前に出す(馬の後ろ足を
動かしてハミにのせる)のが難しかった。やはり馬体が長いので、
自分では前に持っていかれてるつもりはないんだけど、そうとう
意識して後ろに起こさないとダメ。軽速足は途中からまとまって
良くなったけど、駈足の左手前が「あれ~???」って感じで
すぐ軽速足に落ちてしまって駈足維持が大変だった。まあ右手前が
まあまあうまくいったからいいか。発進もだいぶ安定してきたし。

しかしすでに筋肉痛。前回とは真逆だ。同じ馬でも日によって
こんなに違うんだからねぇ。まあそこが面白いし、奥が深い
ところなんだけどね。

101110b

2010年11月 7日 (日)

冬支度いろいろ

そういえばこないだナザベルの手入れをしていて、ちょっと毛が
モコモコしてきて、冬毛に生え変わってきているような感じがした。
ナザベルは毛足が短くてそんなに毛量が多いほうではないが
(尻尾とタテガミは多いけどね )やはり冬は多少モコモコする。
そして全体が白っぽくなるんだよね。夏は茶色よりになるんだけど。
毛量が多い子は手入れの後なかなか乾かなくて逆に風邪ひいたり
するので、顔と鞍があたる部分と足を残して毛刈りするのだけど、
これがなかなか面白いというか冬の珍風景というか今では見慣れた
けど最初見たときはビックリした。ナザベルは5歳頃に一度だけ
毛刈りしたことがあるけど、毛色と地肌の色があまり変わらないし、
毛も短いのでそんなにギャップはなかったけど、馬によっては
「わぉeye」という変身ぶりになるのだよね... そのうちクラブでも
毛刈りが始まるだろうから、誰か撮ってUPしちゃお。

ハロウィンが終わったら今度はもうクリスマスだおせちだ何だって
デパートやスーパーでは音楽かけたりクリスマスツリーを出したり
なんだかもう12月みたいな雰囲気が漂ってきた。紅葉もだいぶ進行
してきたし、最近はどんどん日没が早くなって、太陽が沈む山の
位置も日ごとに南に寄ってきている。九州に住む従妹が以前この
季節にこちらに遊びに来たときに、暗くなるのが早くてなんだか
寂しいような気持ちになると言っていたっけな。七五三に酉の市、
ああもう秋から冬になるんだなぁ。

と、すかさずシビラからDMが到着。これがまた冬気分を掻き立てる。
今年は小物(特にマフラー)のバラエティも充実してるみたい。

101108_007_5

101108_019_6

一番上の右端のニットいいなぁ... そうだ、先延ばしにしていた
受注会のコートとニットチュニックの受け取りに行かねば。いや、
忘れてたわけじゃないんだけど、ちょっと陶然となっていたわ。
そしてこの受注会受け取りの時に一年で一番店頭商品が
賑やかであろうことも重なり、ワンピやらニットやら何やら
ついつい一緒に購入してしまって合計金額に卒倒する...
っていうのがいつものパターンなんだけど、今年は10月にこれまで
欠損していた「秋物らしい秋物」の充実をはかったので、
もうすでに卒倒状態。だからよほどのことがない限りは買い足しは
しませんからね、と今から自分に言い聞かせ、クローゼットと
にらめっこしながらコーディネイトのシミュレーションを重ねて
「買うべきもの」を熟考。とかなんとか言ったって、
実際にお店で「...これ!!!」というものに出会ってしまったら
全部ブッ飛んでしまうのだけど。ああそうだ、里子に出す
(オークション)準備なんかもそろそろ始めなきゃ。ちょっと
まだ迷ってるけど、コート2着とスカート。体調も戻ったことだし
そろそろ冬支度いろいろ始めませんとねぇ。

.

2010年11月 5日 (金)

リハビリ乗馬

ようやく美しく気持ちの良い秋晴れが続くようになり、体調もほぼ
復活したので乗馬クラブへ。途中ナザベル用にお酢を大量購入し、
遠回りして自転車こいでるうちになんだかちょっとハアハアして
気持ち悪くなってきた...うぅ、思ったよりまだ回復してないのかな。
これじゃ駈足なんか無理かも...速足なんか絶対気持ち悪くなるな..

と、ナザベルも放牧ではしゃぎすぎて爪をぶつけたようで、左足の
状態があまり良くないらしいので、じゃあ今日はみんなリハビリ的に
様子みながら軽めにしましょう、ということになった。ナザベルの
左足はもうだいぶ良いようで、下乗りの時も問題なく、旦那さんが
乗っているときもむしろ快調。ただ、穏やかな日和ということもあり
ちょっとのんびりしているので、油断すると止まってしまうことが
何回かあった。私の時も普段より気合がユルイのが伝わったのか、
最初のうちちょっと気を抜くと止まってしまった。でもダダをこねる
ということはなく、だんだん調子が整ってきて、重すぎずイケイケ
すぎずのちょうどいい軽快な動きでまとまってきた。私のほうも
これなら大丈夫そう、と駈足をやってみると、なんだかいい感じ。
軽速足と同じで気を抜くとバラけてしまうけど、一歩一歩ちゃんと
推進させてバランスをとれば重すぎずイケイケすぎずのちょうどいい
気持ちよい駈足だった。軽速足も駈足もいつもより少なめだけど、
コンパクトにまとまった良いレッスンと適度な運動量だった。下馬
する頃になってちょっと気持ち悪くなったけど、まあ手入れができる
くらいだったし、帰る頃には普通にお腹空いて、夕飯も通常時と同じ
量でワインも復活したのでもう大丈夫でしょう。

ところで今日は他に障害班が2人、馬がどちらも小さめの中間種で、
ポニーが入っているチキータと、道産子が入っているチップという
ちょっと変わった子たちで、ナザベルも馬体はやたら長いけど背は
低いし色が特徴的なので、今日はなんだか個性的な子たちばかりね
(みんな担当がMさんだし)などと皆で笑っておりました。

ナザベルは秋の陽光に映える紅葉樹の如く全身が黄金色に輝いて
おりましたshine

.

2010年11月 3日 (水)

航空祭2010

おぉ、これよ、これ。これぞ秋晴れ。美しき日本の秋ですよ。と、
やはり昨日とはうって変わって体調も気分も一気にup

しかし買い物の途中でなんかグルグル&ヘロヘロになってきて、
さっさと家に帰ってくると、まるひろデパートの屋上に航空ショー
見物客のすごい人だかりというか壁ができていて、そういえば
昨年までは3時からだったのが今年は確か1時半からだったっけ、と
旦那さんと双眼鏡などを持ってバルコニーに出ると、基地や公園の
ほうはさらにまたものすごくたくさんの人でいっぱいなのが見えた。
するとチェルシーが窓にはりついて騒ぐので、転落防止のための
お散歩ハーネスを装着して一緒に見物することに。

005

昨年までは確か5機のブルーインパルスで、4機編隊と1機、3機
編隊と2機、というふうに分かれたりして演技飛行をしていたのが、
今年は1機増えていた!最後の6機編隊飛行はピラミッドみたいで
かっこよかったな~。やっぱりこういうのはマニアの人がすごい
カメラでちゃんと撮ったのを鑑賞すべきところだけど、ちょっと
謎のUFO写真的に素人が偶然撮影したものとして楽しむと
こんな感じ。

007

009

003

006

012

この直後に、散開した5機がまた集まってきて五芒星を描く、あの
宇宙艦隊アカデミーで禁止されているスターバーストをやってくれた
というのに撮りそこなった!しかし実は2006年に撮影されてあった
のを発見したので載せますとこんな感じ。

018

そしてこの五芒星でポータルを開いた後、残りの2機が何やら黒い
怪しい煙で何かを描き始めた...なんだか禍々しいわ...

013

呪術的に見えてしまうわ...召還しちゃうんじゃないのこれ...
何かが出てきちゃいそう...

なんて、そんなこたぁないけど。

でもなんかこれ変...Magical Spiral ???

.

2010年11月 2日 (火)

ただの機能不全

「損傷しているわけではない。ただの機能不全だ。」
セブン・オブ・ナインならそう言ってすませることだろう。

このところの体調不良。どうも調子がよろしくない。だいたいさ、
いきなり寒くなりすぎ(12月並みとか)たり、意外とムンムンして
汗かいたり、湿気寒かったり、季節はずれの台風が来たり、なんか
10月本来の秋晴れってほとんどなかったような。そんなんで、ずっと
旦那さんが風邪気味で、寝込むほどでもなくて治りそうなんだけど
どうもスッキリ治らない、そのうち私にもうつりそうになったけど
どうにか回避して、でもやっぱちょっと変なんだよね、てな具合に
ここ2週間ほどなんとなくやり過ごしていたんだけど、この2,3日は
なんだか本格的におかしかった。こないだは帰りの電車の中で突然
気持ち悪くなって、やっとのことで帰宅したらチェルシーがニャー
ニャーすごい勢いで、すぐゴハンあげたけど「違うの!」て感じで
足に飛びついてヒステリックに甘えてきて、何ちょっと待ってよと
荷物を片付けていると、いつもは見向きもしない不評の大きいねずみ
オモチャを口にくわえて出してきて、私の前に置いてちょっと手で
じゃれたりしては「コレで遊ぼう」と言わんばかりに私の顔を見たり
するのだが、とてもそんな気力はなく、チェルシー助けてよぉ 具合
悪いんだから、と言ってももちろんそんなこと察する様子もなく、
とりあえず楽な格好に着替えて横になったらよりによってお腹の上に
乗ってくるし、ああもう勘弁してよ~ と顔の横に移動させて撫でて
いたらゴロゴロ言いながら人の顔舐めて首元で寝てしまったよ。

不評のねずみオモチャ

101102_001_3

横になってるうちにこっちもどうにか落ち着いてきたけど、どうも
胃が機能停止したような感じで何も受けつけない。どんなに具合が
悪くても食欲だけは衰えない私にしては異常事態。でもたまーに、
年に1,2回偏頭痛が酷すぎてもどしちゃったり、あと単純に外で
飲みすぎ&食べ過ぎでこのような症状になることがあるけど、
今回は特に原因も思い当たらず。まあ間(魔)が悪かったんでしょう。

でもそれ以上は悪化せず、おかゆを作ったりして楽しみながら、もう
普通に食べられるようになってきた(というか、だいたいにおいて
普段から食べ過ぎなんだから、これくらいでちょうどいいのだ)けど、
まだワイン飲みたいと思わないから完全には回復してないってことで
まだなんとなく機能不全な感じがあって、おかげでポンポン大魔王が
だいぶ撤退してこのところの増大傾向を改善できて良かったけど、
やはりどうもお腹に力が入らないので今日の乗馬はキャンセルした。
前回かなり駈足が良い感じでできたので、いい感触があるうちに
続けたかったんだけど、これじゃ無理だわ。うーん、ナザベルも
大丈夫かちょっと心配になるな...。そしてこういう時にヒシヒシと
感じるのが、猫の世話ならまだしも、自分が具合悪くなったら
馬の世話なんてとてもできない。安心して預託できる乗馬クラブで
良かった...

明日は航空祭なので今日は練習飛行が激しかった。もっとスッキリ
晴れれば気分も体調も良くなると思うんだけど、今日も富士山は
見えるけど、なんとなく雲が取れないんだよな...
明日こそ爽やかな秋晴れで航空祭も楽しめるといいなぁ。
と、外を見やると、おおぉ...!!!

うちのデジカメは望遠レンズとか無いので良い写真を撮れないのが
残念だけど、ちょっとだいぶいい感じじゃないの紅葉が。
寒暖の差が激しいので、この辺も例年より早く紅葉し始めたようだ。
あの木々も秋の陽射しを受けるともっと黄金色に輝くはず...
やっぱり秋はいいねぇ。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »