フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 四大元素についてのプチ考察 | トップページ | 秋が深まってきたので... »

2010年10月23日 (土)

万燈まつり

春の「おとうろう祭り」と並んで、というか規模でいったら3倍
くらいで年々盛り上がりを見せる「万燈まつり」が、例によって
自宅から徒歩5分もしないで楽しめるので、というか朝からずーっと
お囃子と和太鼓と民謡とラテン音楽などがハイパーMIXウルトラ
コラボレーション状態で聞こえてくるので、行かざるを得ない、
というか行って楽しまなきゃ損でしょこれは。

その力の入れようといったら、入間市の「水道使用量のお知らせ」の
通信欄に「10月23,24日は万燈祭りです。ぜひ皆様お越しください」
と書いてよこすくらい。確かにすごい人手でみんな電車乗ってくる
みたいで、駅から人の列が続いている。3つの大通りと小学校や
高校、文化センターや公民館、彩の国公園なども含んだいわば町の
一部が会場になっていて、通りにはずらりと出店が並んでいるわけ
だが、普通のお祭りでよく見かける出店よりも小学校や少年野球
チーム、ボーイスカウト、各自治会、さらに近隣の飲食店などの
出店のほうが多く、まさに地域密着型のお祭りなのだ。

しかし私と旦那さんはまず文化センター近くの「世界の友達広場」に
向かい、そこでドイツ生ビールをGET。姉妹都市のヴォルフラーツ
ハウゼンからドイツ人がやってきてビールを注いでくれるのだ。
さらにインドネシア、ペルー、ヨルダンなどの民族料理各種を堪能。
特にヨルダンのクスクスと名前は忘れちゃったけどパンケーキと
トルティーヤの中間のような生地に豆などの野菜をサンドして焼いた
ものは普通にお店で食べるクオリティで美味しかった。ステージでは
アンデス音楽のLIVEをやっていた。そこへ狐が踊るお囃子を乗せた
山車が通ってまたハイパーコラボ。すごいカオス感。

そうこうしているうちに「ご来場の皆様へ催し物のお知らせです」と
どこからともなく放送が流れ、ちょっと先の交差点でもうひとつの
姉妹都市である佐渡市からやってきた「佐渡花笠踊り」が始まると
いうので見に行くと、いわゆる花笠踊りとは全く違い、女性に扮した
花笠を被った男性の踊り子と、得体の知れない生き物(海草のような
髪の毛に飛び出した目、そして平たくて大きなくちばしのような口...
動物でも鬼でもない、一体これは何?)が輪になって、竹の一節を
横笛にして2音だけで奏でられるフレーズと太鼓と掛け声のような歌
(途中から呪文に聞こえてきた)に合わせて踊るというか妙な仕草を
繰り返す、実にプリミティブで呪術的な興味深いものだった。
これがちょうど日没の時間と重なって、だんだん薄暗くなっていく
様子は素晴らしく日本の祭りを堪能できた。

002

004

花笠の踊り子が手に持ち途中から演奏していたのはほとんどギロ
そのものだったのも不思議だ。この踊りとは別に、最初と最後に
子供たちが一人ずつソロで低い姿勢のパンクのような舞いを太鼓に
合わせて踊るのだが、これも独特かつ生き生きいしていて良かった。

007

これが終わるともうすっかり暗くなっていて、後ろから前から様々な
山車やお神輿がお囃子と共に迫ってくる。それぞれが独自に演奏を
しているのでこれまたカオス。と、まだちょっと食べたりないので
ナンでタンドリーチキンをくるっと巻いたタンドリーチキンロールを
食べてみたらこれも美味しかった!今回はみんな当たりチョイス!
食べながらお囃子と狐踊りや獅子舞などを見るのもまた良い。

010

009

と、なんか変な人がいるなと思ったら、ケーブルテレビの中継か何か
やっているらしく、地デジカの簡易版というかパロディーなのか
本気なのかわからないが、悲しかった後ろ姿がこれ。

011_3

それから一通り会場となっている通りを山車やお神輿と何度も遭遇
しながら見てまわり、結局うちに帰ってきたのは2時間後。いったい
いくつの山車やお神輿があったことか、まず15以上はあったね。
帰り道にも燈篭がずーっと飾ってあって雰囲気が良かった。
うちに帰ってからもお囃子や和太鼓が聞こえてきて、本当に今日は
お祭り一色の一日だった。

012

って、明日も行くけどね。

ちなみに、結構寒くて、最初は薄手ニットラムレザージャケット
と思ったけど寒く感じたので、3WAYコートのライナーのキルティング
ジャケット
(襟のファーは付けたまま)を羽織ってちょうどよかった。
ジーンズでもいきなりオシャレなお祭り堪能スタイルの完成。

明日も肌寒そうなのでニットワンピにしようかな。

.

.

.

« 四大元素についてのプチ考察 | トップページ | 秋が深まってきたので... »

コメント

今日は万燈祭りだったんですねhappy01
私は実は、まだ一度も行ったことがありませんsweat01
こんなに賑やかなお祭りとは知らなかったので、来年はぜひ行ってみたいですnote

ちなみにヨルダン(というか、アラブ)料理、美味しいですよねheart01
私も以前、ヨルダンetc.の中東に行った際、食事が美味しくてびっくりした記憶がありますhappy02

なんだか年々人出も山車も音も増えて賑やかになってきているみたいですヨ。今もお囃子やら何やら聞こえてきます。来年はぜひ!1日目の夕方4時頃からがおススメです。

ヨルダン料理は全般的に美味しいのですね!他の民族料理もそれぞれ面白かったけど、ヨルダンのは「これは美味しい!」と本当に思いました。味覚が合うのかな?
「世界のともだち広場」ではいろいろな民族料理を楽しめるのでそこもおススメです。

今日もちょっと行ってこようっと。

あのあたりの料理を総称してアラブ料理というみたいsign02で、国によって多少呼び方が違いましたが、私が行ったシリアやヨルダンではほぼ同じような料理が出てきましたよhappy01
基本的に何を食べても美味しかったですし、特にヒツジ料理は絶品heart04でしたlovely
日本にいても、時たまヒツジの塊肉が食べたくなるくらいですcatface


ただ、デザートの類は、イスラム国にありがちな激甘スイーツでちょっと苦手sweat01&メニューは3食毎日ほぼ同じsweat02でさすがにちょっと飽きました(←なので帰国早々、うどん屋へ直行です・笑)

東南アジアやインド料理は日本でも食べられますけど、アラブは珍しいですよねeye トルコや南米も好きですが、ヨルダン料理まで食べられるなんて万燈まつりナイスですscissors

スイーツ類はどこも甘すぎてパスですね~sweat01 甘いもの好きだけど、ベクトルが違うよ~って感じでdown

食べ物はその国の文化を反映してますよね。料理を食べればその国がわかるdelicious なんちて。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217288/37360576

この記事へのトラックバック一覧です: 万燈まつり:

« 四大元素についてのプチ考察 | トップページ | 秋が深まってきたので... »