フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

限定プチ受注会

シビラのカシミヤニットのプチ受注会に行ってきました。いつもの
受注会会場である別室に通されました。まず目に入ってきたのが
春を感じさせるようなパステル系のピンク!シビラにしては珍しい
カラー展開で、ちょっと驚きました。でもニットの質感とあいまって
ビビッドでありながら優しい印象で、フェアリー感がありました。

ハイゲージはタートルとカーディガン、ローゲージはワンピースと
ロングカーディガンという展開でした。それぞれパステルピンク、
ミントブルー、マスタード、ベージュの4色展開で、カーディガンは
4種類のボタンから好きなものを選んでカスタマイズできるという
特典があって、そのボタンも素敵でした。ローゲージは縫い目の無い
ホールガーメントで独特の存在感があり、特にワンピースはちょっと
惹かれるものがありました。が、受注会もニットチュニックだし、
自分に似合うお色がなかったため、わりとすんなりあきらめることが
できました^^; 実はこの受注会は伊勢丹だけで、それぞれ5着だけ
(先着順)だそうです。それを聞いたら、えぇ!!と一瞬心が揺れ動き
ましたが、実はボタンだけの注文もできるというので、大き目の赤い
お花モチーフのもの一つと、小さいアンティーク調のもの3つを注文
しました。どちらもアクセサリーのような感覚で、持っているものに
合いそうだったのです。特に小さいほうは定番の薄手タートルの襟元
に3つ並べてみたら独特の雰囲気になり、すっかり気に入って
しまったのでした。ただ、受け取りが12月20日以降ということで、
写真を載せられないのが残念です。うーん早く欲しいなあ...

店頭のほうは日曜の午後ということもあり、結構混雑していたので
いろいろチェックしたけど試着はしませんでした。まず気になって
いた透け感モヘアチュニックは、チュニックにしては丈が長く、
ワンピにしては短いという例のパターン(私にとっては)で、しかも
お色が3色とも自分に似合わず、これもわりとすぐあきらめがついて
ホッ^^; 他にもいくつか気になるワンピがありましたが、すべて丈が
短くてダメでした。チュニックとしてならいいな、というものも
あったのですが、チュニックばかりになってしまうので保留。また
重宝しそうなカーディガンや、ツイードのワンピやスーツも素敵で、
ポンチョやマントコートなども続々入荷しており、いよいよシビラの
冬が炸裂してきたなぁという感じでした。

体調があまりすぐれないこともあり、11月に受注会の受け取りにまた
来ます~ と言って今日は退散しました。小物たち(マフラー、手袋
バッグいろいろ)が名残惜しかったです...

2010年10月25日 (月)

秋が深まってきたので...

だいぶ秋らしくなってきた(というか、なんかいきなり寒くなって
しまったような...)ので、シビラ名鑑(秋冬)にコーディネイトを
追加しました。

http://astromedia.cocolog-nifty.com/photos/sybillaaw/index.html

今年はコートを整理しようと思っているので、そのついでといっては
なんですが11月中にコートコレクションをUPしようと思っています。
「シビラ・コートの館」とでもしようかな...

2010年10月23日 (土)

万燈まつり

春の「おとうろう祭り」と並んで、というか規模でいったら3倍
くらいで年々盛り上がりを見せる「万燈まつり」が、例によって
自宅から徒歩5分もしないで楽しめるので、というか朝からずーっと
お囃子と和太鼓と民謡とラテン音楽などがハイパーMIXウルトラ
コラボレーション状態で聞こえてくるので、行かざるを得ない、
というか行って楽しまなきゃ損でしょこれは。

その力の入れようといったら、入間市の「水道使用量のお知らせ」の
通信欄に「10月23,24日は万燈祭りです。ぜひ皆様お越しください」
と書いてよこすくらい。確かにすごい人手でみんな電車乗ってくる
みたいで、駅から人の列が続いている。3つの大通りと小学校や
高校、文化センターや公民館、彩の国公園なども含んだいわば町の
一部が会場になっていて、通りにはずらりと出店が並んでいるわけ
だが、普通のお祭りでよく見かける出店よりも小学校や少年野球
チーム、ボーイスカウト、各自治会、さらに近隣の飲食店などの
出店のほうが多く、まさに地域密着型のお祭りなのだ。

しかし私と旦那さんはまず文化センター近くの「世界の友達広場」に
向かい、そこでドイツ生ビールをGET。姉妹都市のヴォルフラーツ
ハウゼンからドイツ人がやってきてビールを注いでくれるのだ。
さらにインドネシア、ペルー、ヨルダンなどの民族料理各種を堪能。
特にヨルダンのクスクスと名前は忘れちゃったけどパンケーキと
トルティーヤの中間のような生地に豆などの野菜をサンドして焼いた
ものは普通にお店で食べるクオリティで美味しかった。ステージでは
アンデス音楽のLIVEをやっていた。そこへ狐が踊るお囃子を乗せた
山車が通ってまたハイパーコラボ。すごいカオス感。

そうこうしているうちに「ご来場の皆様へ催し物のお知らせです」と
どこからともなく放送が流れ、ちょっと先の交差点でもうひとつの
姉妹都市である佐渡市からやってきた「佐渡花笠踊り」が始まると
いうので見に行くと、いわゆる花笠踊りとは全く違い、女性に扮した
花笠を被った男性の踊り子と、得体の知れない生き物(海草のような
髪の毛に飛び出した目、そして平たくて大きなくちばしのような口...
動物でも鬼でもない、一体これは何?)が輪になって、竹の一節を
横笛にして2音だけで奏でられるフレーズと太鼓と掛け声のような歌
(途中から呪文に聞こえてきた)に合わせて踊るというか妙な仕草を
繰り返す、実にプリミティブで呪術的な興味深いものだった。
これがちょうど日没の時間と重なって、だんだん薄暗くなっていく
様子は素晴らしく日本の祭りを堪能できた。

002

004

花笠の踊り子が手に持ち途中から演奏していたのはほとんどギロ
そのものだったのも不思議だ。この踊りとは別に、最初と最後に
子供たちが一人ずつソロで低い姿勢のパンクのような舞いを太鼓に
合わせて踊るのだが、これも独特かつ生き生きいしていて良かった。

007

これが終わるともうすっかり暗くなっていて、後ろから前から様々な
山車やお神輿がお囃子と共に迫ってくる。それぞれが独自に演奏を
しているのでこれまたカオス。と、まだちょっと食べたりないので
ナンでタンドリーチキンをくるっと巻いたタンドリーチキンロールを
食べてみたらこれも美味しかった!今回はみんな当たりチョイス!
食べながらお囃子と狐踊りや獅子舞などを見るのもまた良い。

010

009

と、なんか変な人がいるなと思ったら、ケーブルテレビの中継か何か
やっているらしく、地デジカの簡易版というかパロディーなのか
本気なのかわからないが、悲しかった後ろ姿がこれ。

011_3

それから一通り会場となっている通りを山車やお神輿と何度も遭遇
しながら見てまわり、結局うちに帰ってきたのは2時間後。いったい
いくつの山車やお神輿があったことか、まず15以上はあったね。
帰り道にも燈篭がずーっと飾ってあって雰囲気が良かった。
うちに帰ってからもお囃子や和太鼓が聞こえてきて、本当に今日は
お祭り一色の一日だった。

012

って、明日も行くけどね。

ちなみに、結構寒くて、最初は薄手ニットラムレザージャケット
と思ったけど寒く感じたので、3WAYコートのライナーのキルティング
ジャケット
(襟のファーは付けたまま)を羽織ってちょうどよかった。
ジーンズでもいきなりオシャレなお祭り堪能スタイルの完成。

明日も肌寒そうなのでニットワンピにしようかな。

.

.

.

2010年10月18日 (月)

四大元素についてのプチ考察

星を見ていて思うのは、あの輝きひとつひとつがその星が自らを
燃やすことで放っている光なのだということ...

そして星の核(コア)は我々の心臓と同じだと思った。
そんなふうに考えていたら、ふと人間と四元素の関係について
このような図式が浮かんだ。

風=息(呼吸)
火=熱(体温、心臓)
地=肉
水=血

聖書をはじめいろいろな神話において、最初の人間は土から作られ
死ぬとその肉体は灰になり土に戻るとある。

魂はまた別の要素であるが、星も生き物も同じ生命の輝きを
放っているのだと思う。

.

2010年10月14日 (木)

不意打ちのシビラ (本編)

月曜祝日にちょっと用事が早く済んだので、新宿伊勢丹シビラへ
寄ってみると、お目当ての透け感モヘアニットチュニックはまだ入荷
していなかったけど、もうひとつの気になっていた着丈長めで軽めの
ニットがあり、さらに先月試着して見送ったのに実はずーーーっと
気になっていた'シビラブラック'の例のラズベリーピンクのドレス
ワンピのLサイズがあるというので、まずはそれを試着。

すると腰から下はMサイズよりだいぶ余裕がありつつシルエットも
崩れず丈もバッチリ! ところがウエストから上がダブダブ。お直し
するとしたら...と、脇や背中をピンで留めてだいぶ馴染んではきた
ものの、やはり徹底的に計算され尽した立体裁断と絶妙バランスが
命のシビラしかもドレスというだけあって、Mサイズのデコルテの
美しさとはちょっと違ってくる。あーーー、ウエストから上がMで、
腰から下がLの感じだったら完璧ハマッたんだけどなーーー,,,,,
とりあえず保留にしてもらって、次にパンツやジーンズスタイルにも
便利そうな着丈長め&軽めのニット。同じ薄手でもタートルの定番は
いくつか持ってるけど、こういったタイプで着丈長めのものを探して
いたのでした。

101014_023

軽くて着心地が良く、シンプルだけど素材感とデコルテのデザインや
外側が微妙に長くなった凝ったバルーン袖など、とてもシビラらしい
ベーシックで活躍するアイテムとして、これはほぼ即決。

また、以前はスカート+ニット+カーディガンあるいはワンピース+
羽織ものという傾向だった(その前はツイードのスーツとか)のが、
ここ1,2年はスカートやワンピースよりもついついチュニック+パンツ
スタイルに走ってしまう傾向からちょっと脱却しようと思いながらも、
先月のウエストリブのスカートを断念したこともあり、やはり今回も
チュニックについつい目が行ってしまうのでした。
まず気になったのはDM掲載(13日UPの2枚目の一番左)のこちらの
丈短めのワンピ。

101014_025_4

DMではあまり印象に残らなかったのに、実物はシビラらしい配色と
模様がパッと目を引く素敵なワンピでした。でも丈が短いのと一見
シンプルすぎるシルエットしかも苦手なウエストベルト付きなので、
ちょっと敬遠して、隣に掛かっていたコクーンシルエットのような
裾が微妙にバルーン気味に絞られている新鮮な印象のチュニックを
先に試着。とても楽な着心地で持っていたら重宝しそうだけど、
どうも色合いというか配色と模様の感じがあまりしっくりこなくて、
あーこの形でDM掲載のほうの配色&模様だったらよかったのにー、
などと無理な注文をしつつ、DM掲載のほうを試着してみたら意外にも
こちらのほうが自分にはしっくりきて、シルエットもウエストのベルトを
絞ってもはずしてもどちらでもスッキリした好みのシルエットで、
着丈も最初は中途半端かな?と思いきや、細身のパンツと合わせて
チュニック風でもOKだし、そのままでも素材とシルエットのせいか、
タイツとブーツを履けばなんとか膝上丈も気にならなさそう。

101014_039_3

またインナーにタートルなど重ね着もできるので長いシーズン活躍
しそう。こういう素材とシルエット(実はシンプルと思いきや、
首周りからダーツが入っていて、微妙なコクーンシルエットになって
いる)のワンピ持ってないし。この色合いと模様も新鮮。
ということでこれも決定。

101014_028

そして他にもいろいろ物色していたら、あら?シビラにしては何か
珍しい感じのコートが...って、コートはもうすでに満員だってば! 
でもね、ハーフ丈含めると10着くらい持ってるくせに、実は黒の
コートって持ってなくてずーっと探していたのです。その黒で
気になるコートを発見してしまい、軽い気持ちで「ちょっと羽織って
みていいですか?」なんて試着したら大変なことになりました。

101014_035_2

これ、シビラでは珍しく実用的・機能的(店長さんもそう明言)な
3WAYになっていて、まずそのまま着用してみると昔のシビラ的な
キュッと細めの裁断で、上半身はかなりタイトで腰から下は微妙な
フレア、優雅かつスタイリッシュなシルエット。

さらにこれまた珍しく丈もちょうどいい。黒だけど素材が少し光沢の
ある、ちょっとビロードというかソフトスエードのような風合いの
ナイロン&ポリエステルなので重すぎず、ナイロンといってもそこは
シビラなので安っぽいナイロンとは全く違い、むしろ高級感さえ漂う。
うわー、カッコいい~ このシルエットとバランス好き~ しかもこれ
何かと重宝するタイプだなー などと唸っていたら、担当さんが
すかさず「で、このジップを下に外していきますと..」と、ナイロンの
コート部分をスルスルッと外してライナーの部分だけ残すと、
なんと..!!! これまた美シルエットのキルティングのジャケットが
出てきました。しかも裏地がモザイク模様でカワイイ!

101014_006_2

101014_007

このキルティングジャケットも細身で私の好きなカッコいいかつ上品
系の洗練シルエット。しかも、欲しかった「お尻が隠れる位の着丈」
じゃないですか! 担当さんも受注会の時に私がそう言っていたのを
思い出してプッシュが強くなり(笑)、でも実際このジャケットだけ
でも全然普通に単品で売っていそうな完成度の高さ。そう、よくある
3WAYとはワケが違うのよ。これがシビラのラグジュアリーカジュアル
なのだあ~ と盛り上がるところに担当さんが畳みかけるように
さっき外したコート部分を持ってきて、ジャケットとチェンジ。

101014_010

するとこれはこれでレインコート風や晩秋や春先の寒い時など、
ちょっと羽織るのに最適な軽さで、先ほどのキルティングジャケットと
合体する部分のジップがそのまま使え、ボタン留めとジップアップ
両方が楽しめ、やはりシルエットが素晴らしい。袖を大きく裏返して
8分丈くらいの感じにもできる。

さらに、スタンドカラーにもなるよう襟の部分にもボタンがついていて、
これには「えぇ?もう、ちょっと技ありすぎよぉ~」と興奮のあまり
ボタンが留められなくなってしまったほど。シビラですから当然
ボタンも凝っているのです。

101014_014

これはもうダメ押しのようなもので、これって3着買うのと同じくらい
価値のある1着じゃないですか?! とか自分で言ってるし...

あと、おまけのようになってしまったけど、取り外し可能なタヌキの
ファー(ラビットと違い何かクラシカルな感じで意外に良い)が
襟に付いていて、コートとジャケット両方に付けることができる
というのもすごい。本当に機能的です。これだけハイクオリティな
機能性とハイセンスなファッション性を見事に両立させた商品を
私は見たことがありません。

この衝撃と興奮は昨年のラムレザーのジャケット以来かもしれない。
むしろ上回るかも。ラムレザージャケットは「思い描いていた通り」
のものに出会った衝撃(しかも受注会の受取りの時に。タイミングも
衝撃的)だったけど、今回のこの3WAYコートは、ずっと漠然と思い
続けてきたものを、いきなり「これでどうだ!」的に完璧な形で
突きつけられたような衝撃です(そして今回も不意打ち)。

でもぉ~ もうコートしまう場所ありませんて~~ などと言いつつ
これは買わないと後悔する、むしろこれから大活躍の予感。なので
購入しました。やはり年齢的にこういうタイプが合ってくるのかな、
とか、うーん、こうなってくると着ないコートがいくつか出てくる
だろうな...これは今年は思い切って何着か里子(オークション)に
出すことになるかもな...いや、出さないとダメでしょう。だって
予算計画が見事にメチャクチャになりましたので。

10月にこんなに買ったのははじめて。もう受注会のコートとニット
チュニックでこの冬は終わりにしたい。ところがなんと今月末に
ニットフェアでプチ受注会のようなものがあるというのですよ。
ローゲージとハイゲージのカシミア4型だって...まったく次から
次へと、やめてぇ~と叫びつつ、やっぱちょっと見てみたい...。
見るだけよ。え?ああ、試着するだけよ。それで終わりにしたいわ。
いや、します。するのだ!

.

2010年10月13日 (水)

不意打ちのシビラ (予告編)

とりあえず、10月のDMから。

100925_051_4

100925_028_3

100925_053_2 

イトキン60周年記念の3WAYコートなど、全体に秋冬にしてはシック
というより明るく華やいだ印象のものが多いような気が。いつも
秋冬はついコートや暖かめのニットや圧縮ウールのスカートなど
冬物ばかり買ってしまうので、今年は軽めのニットや最近買って
いないスカート、もしくは暖かすぎないチュニックなど秋ものを
充実させようというテーマで、先日ショップへ行ってきたのですが
...なんだかちょっと大変なことになりました^^;
なるべく早くレポート&実物の写真をUPするつもりです。

100925_052_3

2010年10月 6日 (水)

キンモクセイ香る中

キンモクセイが香り、そこかしこに曼珠沙華(彼岸花)が咲く中、
乗馬クラブへ。今日はまさしく爽やかな乗馬日和。しかも超久々に
空いていて、私を含めて3人だけのレッスン。ラッキー!
また今日は久々に旦那さんが一緒でなく一人だったので、馬装前の
ブラシがちょっと大変だった。でも早めに行ってナザベルが満足
するまでたっぷりやってあげたので、全身ピカピカ。今日みたいな
陽射しに照らされると本当にナザベルは全身が黄金に輝くのだ。

ナザベルの足の腫れは大したことなく、今日も落ち着いていて
最近の中ではちょっと重めだったけど、私は重めの子を動かす方が
得意なので特に難はなし。左手前軽速足で馬の右肩が外にあふれ
左に首が傾くのを、右外方の手綱コンタクトと脚で修正すること、
また右手前での馬の右腰が内に入ってくるのを、右脚によって腰を
外にもっていき、左手綱で馬の肩から首を内へもってくる修正が
うまくできた。前から「馬の左目を内へ入れる」と言われていたのは
こういうことだったのか!という感じ。途中、重いので片手放して
お尻に鞭をバチンと入れたら効きすぎて、パタパタと前にいって
しまい、バランスを後ろに戻すのにちょっと焦ってしまった。
輪乗りで整えて、次に速足。座りはかなりいい感じなのだが、拳が
動きすぎてしまうとの指摘。肩と肘を柔らかくして速足の動きに
合わせるようにして、拳はじっとしている、というのが難しい。
こうかな?とやってみて「そうです、そうです。」と言われても
なんとなくしか把握できていないような...まあ、でも全然できない
よりはいいか。肘を動かすけど拳はじっとしている、というのは
駈足のときにも通じるところがあるのでポイントかも。

で、その駈足。左手前の発進はスイッと出るけど最近の傾向として
ある地点で頭振って暴走しかかる。そこは軽速足でも右肩が外へ
あふれてバランスが崩れやすいので要注意。案の定、最初のほうは
頭振って怪しかったが、今日は軽速足でやったことが駈足でも
スムーズにできて修正に成功。しかし重いので推進が大変。つい
上半身に力が入って肩をゆすってしまう。はぁはぁ言ってるし。

右手前も一発で発進。もう以前のように逆手前に出てやり直して、
というのがこのままなくなるんじゃないかと思えてきた。しかも
体重が左に落ちるのがやっと解消され、やっとまっすぐ座れて
右脚と左手綱コンタクトで修正できるようになってきた。両手前とも
推進がちょっと大変だったけど、ビュンビュン駈足ではなく
こういう一歩一歩丁寧な、ゆっくりだけど力強い駈足というのも
乗り甲斐がある。

去年はちょうど今頃からナザベルは動きの良さに落ち着きが
加わってすっごくいい感じになっていったので、今年もちょっと
期待しちゃおう。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »