フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« すべては暑さのせい | トップページ | シビラはもう秋 »

2010年7月23日 (金)

人馬転

今日も各地で40度近い酷暑。これはラヴクラフト的に言えば
異常きわまりない、胸の悪くなるような、およそ冒涜的な、
地球上のあらゆる生命への悪意に満ちた、名状しがたい暑さだ。
...いっそ地下世界へ逃げたくなる。

しかし今日あたりやっと体がどうにか順応してきたようだし、
ナザベルの夏バテ対策のための天然塩やお酢やら持っていき
馬着を引き取ったりもあるし、約2週間ぶりに乗馬クラブへ。

スタッフさんや馬達、他の会員さんたちは皆元気で、やはり
私だけがヒーヒー言ってるのかと自信を喪失...しかも昨日
都心にいくつか用事があって出歩いたせいか、久しぶりに
自転車で走り回ったり馬の手入れや馬装をしたり、馬房の
掃除をしたりしていたら、じわじわと右腰のあたりが
痛くなってきたような...

まあ暑いし騎乗は短いだろうから、と先に騎乗している
旦那さんを見ていたらなんだかナザベルはこの暑いのに
やたら張り切ってキビキビ動いているのはいいんだけど、
駈足のときにビュンビュン前に行き過ぎて、前のめりに
なってつまづいて両前足をズズズッと地面についてしまい、
そのまま人馬転してしまった!うわぁぁ大変だ!

ゆっくり倒れたので旦那さんは下敷きにはならず、すぐに
立ち上がったものの、ナザベルは向こうをむいて横に
なったまま起き上がらない。え?動かない。どうしたの?
まさか骨折して起き上がれないとか?えええ?やだぁ!

駆け寄ると、スタッフさんがナザベルに声をかけて
ちょっとしたらヨイショ!と立ち上がり、ケロッとした
様子で、足に傷もなく歩き方も異常はなく大丈夫そう。
ああ、もう!ナザベルは心配させるのが上手なんだから!
顔まで泥だらけで、ちょっとビックリしたような表情。
とにかくナザベルも旦那さんも何ともなくて良かった!

すぐに起き上がらなかったのは、騎乗者の安全のためで、
人馬転の後すぐに馬が起き上がると、下敷きになった
騎乗者が怪我をしてしまうので、そのままじっとしている
ように訓練されているからだそうだ。騎乗者の安全が
確認され、起き上がってよしという指示が出てから
馬は起き上がる。それを聞いて旦那さんと共に感動!!!
すぐ起き上がらないから心配したけどそういうこと
だったのね。じっとしてたナザベル偉い!
馬ってほんとになんてけなげなんでしょう...。
ますます可愛くなるねえ。

というわけで、私は騎乗せずにそのまま洗い場へ直行。
腰が気になっていたのでちょうど良かった。手入れで
汗かいていい運動。ナザベルの泥だらけの顔を洗うと
なんと目の上にバッチリ擦り傷が。痛々しい。でもまあ
これくらいですんでよかった。

帰宅するとやはり腰が怪しい。例の坐骨神経痛の痛みの
予兆のような、ちょっとピリピリッとした痛みが、例の
右足の付けねから右膝にかけて走ることがあり、これは
マズイ。と小さいカイロを右腰へあてる。この暑いのに
なんでこれ以上暖めなきゃならんのだと思うが仕方ない。

.

.

.

« すべては暑さのせい | トップページ | シビラはもう秋 »

コメント

ビデオをコマドリで見るとみると
外方脚が、ちょと前に出すぎていて、内方脚が着地する時に、内方脚の蹄の先が土に刺さるように着地して、そのまま膝(正確には手首)が挫屈するように曲り、バランスを崩して内方側に倒れています。

いずれにせよ、人馬ともに無事で良かった。
右目の上の擦り傷は、どうしてでしょうね?
内方に倒れた時に、顔を擦ったのでしょうか?それにしても妙な傷の位置ですよね。

ナザベルは右前足の膝がカクンとなりやすく、普段でもバランスが悪いとつまづきます。私も軽速足の時に両膝をついてしまったことがありますが、その時はそのまま踏ん張って起き上がりました。今回は駈足だったんで勢いが止まらずハデに転んじゃったんですね。右目の上の擦り傷は地面に倒れこんだときについたのでしょう。ちょうど出っ張ってるところです。
4,5年前、下乗りの時に人馬転しましたが、その時はもっと擦り傷だらけで酷かったし、足も怪我しました。自分でも「やりすぎた」と反省したようで、その後しばらくおとなしかったです。なので、まあこれでナザベルも張り切り方を加減するようになるでしょう^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217288/35867867

この記事へのトラックバック一覧です: 人馬転:

« すべては暑さのせい | トップページ | シビラはもう秋 »