フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 試着ダイエット | トップページ | 猫用お散歩ハーネス »

2010年6月29日 (火)

雷こわい

さすがに梅雨らしいジトジトの物凄い湿気と、雨が降ったり
止んだり、それでいて息苦しいような蒸し暑さが続いている。
今日も蒸し暑いことには変わりなく、どうせ汗やら何やらで
ぐじょぐじょになるんなら運動して汗かいたほうがいいし、
雨に濡れても同じだあ!と、いざ乗馬クラブへ。

ここ何回かだいぶ「上体を回す」ことが身に付いてきた。
先週の金曜には「三湾曲」という馬場図形運動にもトライ。
「輪乗りの手前を変え(輪乗りの中でS字を描いて手前を
変える)」がだいぶスムーズにきれいにできるようになって
きたので、すかさず指導員さんが「では次のステップに
移ります」と、レベルアップの指示。はぁぁ、先は長い!

三湾曲とはその名の通り三つの湾曲を描いて進む運動。
蛇乗りとも言い、S字を連続して描いていくような感じ。
右カーブを曲がり終わったらすぐ左カーブ、というのを
馬場を広く使って3連続でやる。バランスやリズムが
崩れるとカーブの半円が大きすぎたり小さすぎたり、
馬が止まってしまったりする。まず事前にコースどりを
確認して頭の中でしっかりイメージしておいて、実際に
走り出したら躊躇することなく馬を誘導していく。
意外にもわりとスムーズにできて、ナザベルもいつもと
違う運動なのでちょっと面白いというか楽しそうだった。

今日は連日の雨で馬場がぐちゃぐちゃなので、しっかり
推進させないと足元をとられてつまづいたり、バランスを
崩してすぐ止まってしまったりするので、一歩一歩より
深くしっかり座るように意識。これが良かったらしく、
ナザベルが変に前にトコトコ行っちゃうのをうまく
戻して調整できた。上体を回すのはまだちょっと肩が
前に出てるとか指摘されることはあるが、以前よりは
すぐ良いバランスに直せるようになり、ここ最近では
駈足の進歩が自分でもめざましく感じる。お尻が鞍に
ピッタリついたまま、深く安定して座れていて、
お腹を動かして坐骨で馬を推進できるようになったので
手を振ったり上半身を変に動かしたりしなくなった。
鞍にちゃんと座れているので駈足でも「上体を回す」
ことができるようになったので、遠心力で体重が外に
落ちることが減り、落ちてもわりとすぐ修正できるように
なってきた。あと、右駈足の発進のコツがつかめた。
以前はナザベルの右肩が前に出た反対姿勢の状態のまま
ドンドン行ってしまい、その勢いに負けてしまって
そのまま駈足が出てしまうから逆手前になっていたのだが、
最近は上体をグッと起こしてナザベルを後ろへ戻し、
右姿勢をとらせてから駈足発進の指示を出せるように
なってきた。かなり気合いと力と踏ん張りがいるが。

てなわけでまあまあいい感じのレッスンを終え、
馬も人も汗びっしょりで洗い場へ入って手入れを始めると
何やら西の空が怪しい雲行き。急ぎ気味でナザベルを
拭いたり道具の手入れをしたりしているうちに
どんどん暗くなってきた。するうち、ピカッと閃光が!
物凄い雷鳴。洗い場にいた何頭かと厩舎でも何頭か
いなないたり暴れたりしたが、ナザベルは耳を動かした
くらいで落ち着いていた。

馬場に残っていた障害班はすぐさま下馬。
ナザベルも厩舎へ戻し、大急ぎで帰り支度。
ポツポツと降ってきたが、まだ今なら間に合う!
自転車で急行。またひと運動。雷がまた鳴り出す。
だんだん間隔が短くなってきた。雨はまだなんとか
本降りまでいっていない。家のほうは明るいので
どうやら雲に追いかけられるように進んでいるようだ。

家に着いて2、3分もしないうちに、ザーッと降ってきた。
雷も激しくなってきて、あたりは真っ白に。ひゃぁぁ
危なかった。まさに間一髪のところでした。

それからはもうどしゃぶり。シャワーに入っていても
すごい雷鳴が聞こえてきて、これほんとにあと数分
遅かったら大変なことになってたな...

しかし大変なことになっているのはチェルシーだった。
雷こわい。こわくて最初はリビングの物陰から物陰を
低い変な姿勢でウロウロしていたが、「バキバキッ」
という物凄い雷鳴が轟いたら、逃げるように奥の部屋
(旦那さんの書斎)へ。椅子の下にうずくまって
しばらく出てこなかった。いつもならこの時間には
お腹すいてゴハンくれくれってうるさいのに。

1時間くらいして雷も雨もおさまったのに、まだ奥から
出てこない。「もう大丈夫だよ」と抱っこしても
なんだか体がこわばって緊張している。リビングに
いては落ち着かないようで、やはりゴハンも食べずに
また奥の部屋へ。よっぽど怖かったんだろうなぁ。

と、20分くらいしたらまた雷が鳴り出した。
おお、チェルシーは正しかった!すごいね野生の勘。
それから30分くらいまた雷と雨。

また雷が遠ざかって雨も小降りになってきたところで、
やっとチェルシーがゴハンを食べに出てきた。
ところがしばらくしたら、また激しい雷と雨!
あれ?野生の勘は? 今度はリビングの自分のおうち
(ケージ)の寝床におさまって、不安そうに窓の方を
見つめている。チェルシー3年目の夏でも雷こわい!

そのうちどんどん酷くなってきて、何度も空が一瞬
昼のように明るくなり、稲妻が落ちるのが見えたし、
ズガーン!バリバリッ!ゴゴーン!とまあなんとも
見事な迫力の雷ショー。
チェルシーはまた奥の部屋へ逃げていった。

周りのマンションが一瞬停電してまた電気がついたり
ひっきりなしに空がピカピカ光って、空が青紫色に
なったり赤紫になったり、それがしばらく続いた。
梅雨ってこんなだったっけ?
今からこんなんで、真夏はどうなっちゃうんだ?!

.

.

..

« 試着ダイエット | トップページ | 猫用お散歩ハーネス »

コメント

お帰りになった後、土砂降り。馬場ももうチョトでプール状態。クラブから車までもなかなか行けず、しばし雨宿り。帰り道では、しばらく走ると、「アレ、雨この辺は降っていない」の状態。
でも、21時頃には、この辺も土砂降り、雷、ちょと停電なども。
とはいえ、乗馬中に雨や雷が来なくて良かったです。

いやぁ、絶妙のタイミングだったようですね。
それにしてもすごい雷雨でした。
今やっとおさまって、チェルシーも出てきてゴハン食べてます。
ほんと、乗ってる時じゃなくて良かったです。でもこれからも油断ならないです。雷は見るのは好きですが、乗馬(自転車も)中は勘弁して欲しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217288/35574030

この記事へのトラックバック一覧です: 雷こわい:

« 試着ダイエット | トップページ | 猫用お散歩ハーネス »