フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月29日 (木)

忍耐と寛容

「忍耐と寛容は、宇宙艦隊の理念の基本ではないのですか?」
スタートレック・ヴォイジャーのジェインウエイン艦長が
そんなふうに異星人に問われるシーンがある。

私は今まで特に20代は世にいうシンガーソングライターとして
自分の中から生まれたヴィジョンとイメージをもとに
作り出した曲を他人に伝えるという作業をしてきた。
その際にまずバンドのメンバーにそれをいかに伝え、どれだけ
共有できるかというのが重要であったが、音楽という共通の
言語のおかげか、あまりそこで苦労することはなかった。

自分の作品はもちろんのこと、仕事でクライアントからテーマ
条件などを限定・提示されたとしても、自分が作り出したものを
具体化・現実化するうえで必要な他者とのコミュニケーションは
とれていた。自分がゼロから作り出したものに関しては、
すべてコントロールしていたからだ。

しかし今は、友人K氏のアニメ作品に関り、その原作となる
物語や脚本なども共同制作という状況になっており、いわば
自分のものであって自分のものではない作品に深く関っている。

K氏は日本映画界においてVFXやマットペインターとして多大に
関与しており、独特の才能あふれる芸術家であるが、すべてに
おいて「絵画的」な気質があり、物語を全体的な流れとして
表現できないのである。それでも初めて見せられた絵コンテは
強烈なインパクトがあり、言い知れぬ魅力を感じた。
明確なストーリーなしに奇妙奇天烈なキャラクターが登場する。
世界観はすぐに私に伝わったのだ。

だがそれを現実問題として作品化するのは容易ではない。
共通の友人であるI氏を交え、映画化へ向けて企画としての
立ち上げ作業に入り早数ヶ月...。ようやく企画意図やあらすじ
など、物語の骨子ができあがってきた。次は脚本化へ向けて
ストーリーをきちんと整理していく作業である。

ところがこれがK氏にとっては無理な作業で、サブストーリーが
どんどん派生していっこうに物語がまとまらない。要するに、
K氏は登場キャラやシーンごとのイメージはあるものの、
それらの要素を一貫した物語に入れ込んでストーリーを
成立させることができないのだ。

あまりにも話のつじつまが合っていないストーリーがいくつも
派生して、何度投げ出したくなったことか。「企画が通ったら
私は音楽やるからよろしくね」と言って預けてもいいものだが、
なぜか不思議とそのつじつまを合わせるストーリーの展開が
頭に浮かび、そうやってK氏とやりとりしているうちにだんだん
K氏の意図するところが理解できるようになってきた。

こちらが先にある程度の話の流れを作ってそれを絵コンテの
もととなる字コンテのような文章化したもので提示し、そこに
K氏がキャラやシーンの要素を付け加えて自分の意図を示す。
そう、K氏は絵画的な表現しかできないので、コンテ状の会話
しか成立しないのである。絵画的な、枠が決められたシーンの
中で表現していく人なのである。だから話が前後したり、
シーンごとに設定が違っていたりする。こちらがその意図を
汲み取って解読・翻訳し、物語として成立するように話の
つじつまを合わせていく。二度手間どころの作業ではない。
まさに、忍耐と寛容のなせるわざだ。

他人の意志や意図を理解しようとする努力、それを受け入れる
寛容さ、そして作品を完成させようとする根気強さと忍耐。
今私はこれまでに体験したことのない試練に遭遇しているが、
同時に自分のヴィジョンやイメージだけからではとうてい
想像もしなかった思いもよらない展開や相乗効果などの
新たな発見の連続であり、物語を創造する喜びに満ちた
魂の躍動を体験している。

.

.

.

2010年4月25日 (日)

デス ソーラン

昨日に引き続き、おとうろう祭り。

うわやっぱり2日目のほうが断然盛り上がってますな。
ほら貝を吹き鳴らす修験道、続いてお遍路子供部隊がシャンシャン
鳴らしながら、外国人部隊も参加してお囃子と狐おどりや獅子舞を
乗せた山車が3台繰り出している。

10_007

10_001

10_018

10_010

B級グルメ 宮崎名物 肉巻きおにぎり焼き

10_006

道のそこかしこでいきなり始まる出し物各種。今回は乱舞と書いて
ラブと読ませるおばさんダンス部隊に遭遇。黒と赤を基調に、紫が
刺し色になった昔のタケノコ族風の衣装をまとい、スピーカーの
出力を無視して無理やりボリューム最大にしたためにブリブリに
音が割れたデス・ソーラン節に合わせてまさに乱舞していた。
その数ざっと50人。普段は普通のおばさん達なんだろうか...

しばらく行くと今度はわりと古典的なハッピを着たおばさん達が
踊っていたが、やはり音楽がハードにアレンジされた民謡ロック
みたいな感じでドン引き。面白いんだけどね。

次はBGMに合わせて太鼓と歌をLIVEでやってる。歌ってるおばさん
ハスキーでこぶしが利いててすごい。今度こそ典型的な民謡で
盆踊りちっくでノスタルジーだった。

10_008

愛宕神社への参道。奥に見える緑は鎮守の森。

10_002

そして梯子乗り。これはすごかった。
もともとこの「おとうろう祭り」は近所の愛宕神社の例祭で、
地元の消防会や保存会の有志が奉納はしご乗りを披露するため、
愛宕神社の方角を正面にはしごを向けて演技する。
今年は坂戸・鶴ヶ島のほうからも応援部隊がやってきて
ベテランから若者(15歳!)まで7人による迫力の演技でした。

はしごを横にした状態で入場。

10_012

あ、奥に不評のB級グルメ「ラーメンバーガー」が...

数人で周りを支えてはしごを立てる

10_013

緊張感と迫力ある技の数々。

10_014

10_015

10_016

なんだかすべてが地元の人による地元の人が楽しむための
って感じで、変に観光化されてなくていいんだよね。

.

.

.

2010年4月24日 (土)

お祭りB級グルメ

毎年楽しみにしている「おとうろう祭り」。今日は晴れたけど
まだ風が冷たいので、明日の下見程度にちょっと偵察..と
言いつつやっぱり賑わっていてお囃子とか山車の雰囲気につられ
結局ひとまわりしてしまった。

お祭りでも最近はB級グルメが流行っているらしく、やたら
「B級グルメ」という前書きがついている出店が多かった。
で、物は試しに「ラーメンバーガー」を食べてみたんだけど、
うーん、ちょっと期待はずれ。アイディアはいいんだけどねえ。
ラーメンの麺を大判焼き状に圧縮したものをバンズに見立て、
チャーシュー、ねぎ、メンマなどの具をはさんで、ソース状に
濃縮したスープで味付けしたものなんだけど、なんだか冷たくて
味が薄くてガッカリ。これで500円は損したなあ。
これ、もっと麺をカリッとさせて熱々のまま、ソースをもっと
たっぷりつけたら結構美味しいと思うんだけど。
作り方が下手っていうかいい加減だっただけかもな。

お腹は結構いっぱいになったのに、何か口直しがほしくなって
お肉屋さんが店先で出してた1本150円のヒレ肉串揚げのほうが
全然美味しかった。お祭りでは見て楽しむのと実際に食べる
ものを冷静に判断していかないとね。でもおかげで明日は
無駄なく楽しめそう。生ビールの安い店の場所も覚えたし。

5月3日は「いるま茶祭り」もあるし、これからGWにかけて
またまたポンポン大魔王の襲来が...2月くらいからずっと
天候不順や気温変動によって乗馬に行ける機会が激減している
というのに...んー、まあ、仕方ないな。もっと暑くなって
汗かくようになれば大魔王も退散するであろう。...って
なんだか晴れや暖かい日が続かないんだよねー。今年は特に
暖かい(暑い)日と寒い日の差が激しすぎ。夜はまだレッグ
ウオーマーしてるし。いい加減、冬物しまいたいんですけど。

でも桜のピンクから新緑の眩しい緑へ景色が変わっていくこの
季節はやっぱり好きだなあ。たけのこご飯もう1回作ろう。

.

.

.

2010年4月 4日 (日)

スパルタ炸裂乗馬

都心や都内では桜が満開でお花見日和などと言っているが、
こちらはまだ6~7分咲きで曇ってて寒い。金曜日の乗馬レッスン
では前回(水曜日)よりは頑張って座れるようになってなんとか
駈足までできたが、でもまだ乗り切れないというか自信はない。
日曜はオーナーH氏のテンションが高いので避けてきたのだが、
いつまでもそうするわけにもいかないし、来週の日曜は友達が
5回コースに入会して一緒に馬場に出るので、今のうちに日曜の
乗馬レッスンにも慣れておかないと...と不安なままクラブへ。

前回(金曜)はあまり深刻にならないように、ナザベルと楽しく
乗馬するということを第一に、まず座ることを基本で、駈足は
無理にやらないと決めていたのだが、今回(日曜)はそういう
わけにもいかず、案の定H氏が下乗りを早々に「もういいだろ」と
切り上げた。担当さんもさすがに「気をつけてください」と言うし
いつもの半分も下乗りしてなくて明らかに暴走あるいは跳ねそう
だったのでH氏に「最近ナザベルの力がすごくついてきたので、
もうちょっと下乗りしてもらっていいですか」と言ったら、最初は
「えぇ?そお?」と言っていたのが途中から急に「俺がいいって
言ったら大丈夫なんだから乗れ!」と怒鳴りだしてもう大変。
ああ始まった。はいはい。わかりましたよ。乗りゃいいんでしょ。
でも絶対に跳ねるよこれ。と覚悟を決めて乗り始めると...

ほーらもうイケイケでナザベルはエンジン全開モードでブリブリ。
軽速足でもダーーーーッとすごい勢い。担当さんがついてくれて
「起こして!もっとぐっと引っ張っちゃっていいです。もっと!」
と指示を出してたのでなんとか乗っていられたが、いつ暴走しても
おかしくない雰囲気。「はい、そこのラインは気をつけて!」と
声がかかり、自分でもちょっとわかっていたが、やっぱりきた。
ボフボフッ!ボン!と跳ねる跳ねる。ほら見ろ。ええい!だから
言ったのに!と怒りながらそれを踏ん張る力に変えて耐える。
耐えろ、踏ん張れ、起こせ、もうひと頑張り!3,4回連続で跳ねて
柵ギリギリのところで止まった。おお、止まった。落ちなかった!

うおー、耐えた。今まではあれで落馬してたんだけど、遂に回避。
担当さんも「すごいすごい!あれができれば大丈夫です。自信を
持ってください」と言いつつまた続行。やっぱり勢いはおさまらず
3周くらいしたらまた同じポイントで今度はブッ!とおなら付きの
すごい跳ね。しかも今度は4,5回くらい連続でまるでロデオショー。
さすがに今度はダメかと思ったけどその時ちょうど「起こして!」
と声がかかり、ええい、こなくそ!とほとんどヤケというかもう
ちくしょうコノヤロー的に踏ん張り直って自分でも驚いたけど、
これまた落ちなかった。ええー、耐えたよ。落ちなかったよ。

2回もすごい跳ねたので、さすがにH氏が「よし、ナザベルは
馬場の中央で並足」と指示し、結局やっぱりH氏が乗り代わった。
ほら見れ!だから言ったんだよ!最初っからもっとちゃんと下乗り
してくれりゃいいのによ。跳ねても落ちないか試してたのかよ!
といろいろ思いが駆け巡るが、ともかくH氏が乗ってくれるのは
ありがたい。「近くで見てなさい」と、馬場の中央で調教見学。
最初はおっかないくらいナザベルが抵抗して、部班レッスンの
指示を出している指導員さんと逃げながら(笑)見ていたが、
そのうち高速メリーゴーランドのような動きになってきて、
見ていて目が回りそうになったが、どんどんナザベルの首が
弓なりにアーチを描くように丸まって、力強く柔らかくまとまった
動きになった。そのうちH氏がちょっと笑いながら「こいつ、
確かに力ついてきてるな。前乗ったときより全然すごいわ。」と
言うので「そうでしょ!そうでしょ!」と連呼してしまった。

その後はH氏レッスンでスパルタ続行。でももう跳ねる雰囲気は
なく、でも動きとパワーはすごいので、やっぱりかなり一生懸命
座ることを意識して前のめりにならないように肩をうしろ、
お腹を前、と頑張らないと、勢いに負けて放り出されそうになる。
手綱を両方同時にガッと引っ張るのではなく、片方ずつ交互に
ぎゅっと絞るように使う、駈足の時はそれをスナップのように
軽く、という指示であったが、座るのが精一杯で手綱のほうは
60~70%くらいしかできなかった。おまけに鐙をはずしての速足は
左右どちらかに体重が傾いて「ありゃりゃ~」って感じでしかも
「踵を下げろ!」と連呼されてしまった。基本なのにできてない!
普段いかに鐙に頼ってるかだよな....でもなんとか上半身をぐっと
起こして踵を下げてバランスをとろうとするうちに、ぐらぐらは
なくなって、このナザベルのスピードにも慣れてきた。駈足も
ものすごい勢いだったけど、だいぶ座れる感じがつかめてきた。

結局、終わりよければすべて良し、というところでしょうかね。
ちょっと荒っぽいけど、年に何度かこういうスパルタレッスンを
受けるはめになり、でもそのおかげでぐっと進歩するんだよね。
このタイミングでH氏の調教が入ったのはナザベルにも良かった
のかもしれない。後半に駈足をしていたサラブレッドのアロー
ちゃんがものすごい勢いで暴走し(まるで競馬のスタートダッシュ
のようだった...普段は全然そんな雰囲気じゃないのに、やっぱり
アローちゃんもサラブレッドなのね)、何頭かつられて暴走しそう
になったが、ナザベルはすぐに私の指示通りに停止してそのまま
全く動じることなくじっとしていた。そう、ナザベルはとても
素直なのだ。だから私がパワーアップしたナザベルのスピードや
推進力やパワーに慣れて、ちょっと暴走しかかっても慌てずに
落ち着いてしっかり座っておさめられるようになるしかないのだ。

今日のスパルタ乗馬で、特に駈足の時にちょっと感覚がつかめて
きた感じがあったことと、それになんといっても、あれだけ跳ねた
のに落ちなかったこと、これは大きい。担当さんも褒めてくれて、
「いや、すごかったですよ。あれができれば大丈夫です。もう
どんな馬でも乗れますよ。それになんかカッコよかったです。
スペイン乗馬学校みたいで。」などと言われてしまった。
ええー?スペイン乗馬学校?!一度は見に行ってみたいあの憧れの!?
そんなカッコよかったぁ?いやぁぁ... っていうかまた股関節が
すごい筋肉痛になってるし、それから腰じゃなくてこれは背筋か、
そしてお尻の上のほうからから太ももの裏側もすごい筋肉痛に
なってるんですけどぉーーー ああ、下馬したらヘロヘロだぁぁぁ

.

.

.

2010年4月 3日 (土)

シビラ2010春夏

なんだかいつまでも寒いしいろいろなんとなく気分がパッとしない
ので、気分転換も兼ねて18年ぶりくらいに縮毛矯正をかけてみた。
90年代前半はストレートロング、90年代後半はスパイラルパーマで
毛量を生かし、99年にバッサリとベリーショートにしてからは、
クセ毛を生かしたショートを基本にいろいろとバリエーションで
楽しんできたが、何度か飽きてまた伸ばしてみようと試みるも、
強力なクセ毛と硬い髪質に阻まれ、途中で断念してきた。そこで
今回はハイブリッドKIRARAという高濃度ミネラルトリートメントも
併用したところ、自分の髪とは思えない変身ぶり。なんだかまだ
慣れない。まあこれでどれくらい伸ばせるか様子を見てみよう。

桜もやっとそれらしくなってきたことだし、さらなる気分転換を、
ということで先日駆け込んだシビラでの春夏アイテムのご報告。
普段もイセタンアイカードで8%offになるのだが、2日間だけプラス
10%offがついて、合計18%offになるというので行ってきました。
でも1月末からのナザベルの病気にかかった出費がもの凄いことに
なっているので、せっかくの20周年記念なのだけど、今回は大幅に
予算削減。それも踏まえていろいろと試着し検討に検討を重ねた。

まずDMで気になっていたブラックシリーズ。ノーチェのような
ドレスを期待していたのだけど、近年の傾向からか皆丈が短い!
それならチュニック風にレギンスとかパギンスとかを念頭において
ということで、まず何枚もの生地を重ねたモザイクグラデーションのようなコレ。
100203_002_2
色彩といい、シルエットといい、とても好みなのだけど、なにしろ
丈が...短い!レギンスとか合わせても、ありはありなんだけど、
でもやはりこれはワンピースとして着たほうが素敵。あと素材が
繊細で、実は同じようなヒラヒラ系で意外にもシワになりにくく
重宝している08年のモザイクチュニックのような素材を期待して
いたのだが、今回のほうが繊細というか、私だとシワをたくさん
作ってしまいそうだったので、それをあきらめる理由にした。
でももうちょっと丈が長かったら(あと5cm欲しかった!)それも
承知の上で購入したであろう素敵なお品でした。

ちなみに隣のドレープの素敵なワンピは、似たデザインのものを
持っているし、丈も短いので即あきらめ。

次は大胆だけどシビラらしいビーズテクニックが光るこちら。
100203_024
インナーのキャミソールが赤でよりいっそうビーズのモチーフが
際立つ黒いドレスを試着。こちらの丈はギリギリセーフ。しかも
着用するとビーズモチーフが予想以上に素敵。ああ、いいなこれ。
シルエットも綺麗だし...とちょっと購入を視野に入れて考える。
でもどうせならもうちょっとドレスっぽい素材のほうがいいなあ。
と、一旦保留。ちなみに隣のベージュ系のワンピースの丈がもっと
長かったら、それが一番欲しかった。(でも一番高いよ)

さてブラックシリーズは一旦保留して、DMでもちょっと気になって
いたこちらのジャケット。
100203_010
なんとなく今年はサファリジャケットみたいなカジュアルだけど
でも素材に高級感があっておしゃれな軽いジャケットが欲しいな、
と思っていた。こちらはサファリじゃないけど、素材感や雰囲気が
ピンとくるものがあり、でももうちょっと軽い感じがいいんだけど
と思いつつ、でもこれくらいしっかりしているほうがいろいろと
使えるかもなあとか思いつつ、試着したらもう即決状態。

100203_011
シルエットや切替えテクニックはもちろんのこと、シビラには
珍しいボタンと、ちょっとハードというか、リッチカジュアルな
感じが意外にもさっきのモザイクワンピに合ったり、合わせるもの
によっていろいろ楽しめる、これは旬のマストアイテムだなあと
試着するほどに購入度が高まる。これはほぼ決定。

そこで合わせるもの...ということで、同じシリーズのパンツに
飛びつきたかったのに、スカートしかない。色違いのベージュ系
だったらパンツもあるというので、試着するとこれまたひそかに
期待していたセミワイド+カーゴなスタイルで、かなりイメージに
近かったのだが、色は絶対にこのブルーがいいのでパンツは
あきらめ、まあジーンズとか普通に持ってるパンツにも合うだろう
ということで、ちょっと気になっていたワンピースと合わせてみる。
100203_015
全面刺繍で何色もの色彩でシビラらしいモチーフの凝った素材で、
ジャケットに合わせても独特の雰囲気で素敵だったんだけど、
ちょっとウエストからの大きなプリーツとフレアのシルエットが
私にとってはふわっとなりすぎていて可愛らしすぎちゃう感じで、
これもぐっと我慢してあきらめる。丈はちょうどいいだけに残念。

じゃあやっぱりどうせならスーツになるし、同じシリーズの
スカートは?いや、これまた丈が短いのよ。と悩んだけど一応
とりあえず試着してみると、おお!このスーツは新鮮。

100203_021_2

しかし丈が気になる。あと3cm長くして欲しかった。担当さんは
ええー全然大丈夫、っていうかとっても素敵ですよ~ と
おっしゃるけど、自分としてはやはりまだ抵抗が...
でも合わせるカットソーなどを選ぶためにずっと着用したままで
いたらだんだん慣れてきたような...いや、でも例えば座るとさ、
ほら、やっぱり!ああ、でもな~、いいはいいんだよな~、この
麻が入った素材感と色とシルエット... と悩みながらブロック
モチーフのカットソーや、DM掲載のシルク混のチュニックニット等
いろいろと薦められるままに試着してみる。
100203_022

どれもやはりシビラならではの魅力があって捨てがたかったのだが、
コレ!という閃きと新鮮さを感じたのが意外にもPLAYAシリーズの
マリン風ボーダーであった。これ、シンプルだけど首から肩まで
大胆に上品に露出しちゃう絶妙のカットで着心地も抜群に良い。

100203_001

自分でも意外だったんだけど、この色合いが例の麻混のブルーに
合う!これは新鮮。ということで、最後まで悩んだけど、結局
スカートも購入することにした。
100203_034

ところでPLAYAって、昨年の夏に出たときはプライヤって言ってた
のに今年はなぜかプラヤって言ってるんだよね。店員さんに聞いて
みたんだけど、どっちでもいいんだそうで、まあ日本語にするのに
微妙な発音なんでしょうね。

あと実は黒いバッグを持っていなくて、今回いろいろなデザインが
出て、持っていてお気に入りのラグビーボールのような形の赤の
バッグ
にちょっと似た形の黒があったので、それも購入しようと
思っていたんだけど、検討に検討を重ねた結果、今回は見送る
ことにした。

ということで、今回もやっぱり2時間かかったのだった。どうも
これより短い時間じゃ落ち着いて選べないし、これ以上長いと
疲れちゃって飽和状態になって選べなくなる。まあ、今回はかなり
我慢して節約(?)できたかな。ワンピの丈が短いのが幸いした。

さて帰宅後さっそく例のジャケットにいろいろ合わせてみると、
ほんとこれ万能というか、いろんな色に意外に合う!ちょうど
昨年11月に購入したラムレザージャケットのように、これは春から
初夏にかけて大活躍の予感。
100203_042
100203_041

今後の夏物展開も楽しみ!

.

.

.

.

.

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »