フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 馬も夢を見る? | トップページ | 休養明け »

2010年2月 4日 (木)

病気も個性

先週末から平熱に戻って、腸の具合も回復してきたナザベル。
一安心していたのだが、月曜には雪が降るしこの冬一番の寒さが
続いているので、また心配になってきた。雪が降るのは嬉しいけど
ナザベルが心配...まったく野生馬だったら早死にしてるよきっと。

で、昨日クラブへ行ってみると、おお!ずいぶん元気そうだ。
こっちをくるっと向く動きにも勢いがある。ああ、これならもう
大丈夫だ、と思えた。それでも馬着を重ね着し、首には毛布を巻き
なんとも重装備。夜にはネックカバーに付け替えて、お腹の辺りに
カイロを貼ってさらに厚手の馬着を重ね着という完全防備に。
口に付けてるのは過食を防ぐために普段から装着している口カゴ。
これがマスクみたいでこれまた病人ぽいな...

100203_003_2

今日の代馬はキンちゃん。錦秋と書いてキンシュウと言うのだが
みんなキンちゃんと呼んでいる。「金太郎」のキンちゃんだと
思っていた人も少なくない。そんな雰囲気の子で、元気な中間種。
何度か乗ったことがあり、私の感覚としては駈足がナザベルに一番
近い感じで乗りやすい。なのでリコちゃんやチャースくんの時より
馬の動きにお腹を合わせることができ、2頭で駈足していたのだが
内側から抜かしたりもできた。自分の無駄な動きも少なくできた。
でも前に乗ったときよりも「あら?こんなもんだったっけ?」と
いう感じが残った。なんかもうちょっと、もっと体全体を使って、
ダイナミックな動きができるんじゃないか...と。これはやはり
ナザベルの駈足が深くてダイナミックで、自分の体ももっと全身を
使うから感じるのかなと思った。だから時間としてナザベルの時
より長く乗っている(旦那さんと交代で乗るので皆より騎乗時間が
短い)のに、あまり疲れないのだ。でもキンちゃんの駈足もラクで
気持ち良かったけどね。それに課題である右鐙をちゃんと踏んで、
右ふくらはぎを中心に馬を右回転させるっていうのがだいぶできる
ようになった。あれをナザベルでちゃんとできたらいいな。リコ
ちゃんもチャースくんもキンちゃんも、ナザベルと同じ中間種
だけど、ちゃんと動かせればわりと軽いと感じた。軽いっていう
のはちょっと語弊があるかもな。サラブレッドなんかの軽種とは
全然違うし。ただなんというか、ナザベルはエンジンがでかい。
というかディーゼルとか蒸気機関車みたいに、ちゃんと動いてくる
までがちょっと大変で、でも動いてくるとすごいパワー!それこそ
馬力が違うって感じ。前にチャースくんの担当のスタッフさんが
初めてチャースくんに乗る緊張気味の私に「ナザベルに比べたら
チャースなんてオモチャみたいなもんですよ!」と冗談交じりに
言ったことがあったけど、ははぁ、なるほどなぁ、と今になって
思うのであった。また逆に、今となってはサラブレッド系の軽種に
苦手意識ができてしまった。もう2年くらい乗ってないしな。まあ
乗ることもそんなにないでしょうけどね。

完璧な人間がいないように、完璧な馬もいない。皮膚が弱いとか、
爪(蹄)が弱いとか、足の関節が弱いとか、その馬によってまあ
どこかしら難点があるものだ。ナザベルは胃腸が弱い。冷えたり、
疲れが溜まったり、不調がまず胃腸にくる。今回もナザベルと
まったく同じタイミングで熱を出して、同じタイミングで平熱に
戻った馬がいるのだが、その子は疝痛にはならなかった。(多少は
腸の動きが悪くなったようだけど)なんでナザベルだけ?とか
思ったけど、これはもう個性だ。受け入れるしかない。その代わり
と言ってはなんだが、ナザベルの駈足は本当に最高だし(軽速足も
いいよ)、従ってこの身体のバランスが独特で素晴らしく、毛色と
いいタテガミといい尻尾といい、とにかく美しくかつ愛嬌のある
可愛さ...いいトコ言い出したら止まらない。それに、思えば私も
決して丈夫なほうではなく、乗馬を始めるまではしょっちゅう
風邪だ頭痛だ腰痛だ胃痛だってどこかしら具合が悪いことが多く、
今でも普通の人よりは睡眠時間をたっぷりとらないとダメだし、
まあ人(馬)それぞれってことなのだ。

.

.

.

.

.

« 馬も夢を見る? | トップページ | 休養明け »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217288/33249785

この記事へのトラックバック一覧です: 病気も個性:

« 馬も夢を見る? | トップページ | 休養明け »