フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 奇跡の方程式 | トップページ | 病みあがり »

2009年10月27日 (火)

良すぎてコワイ

10月に入ってからナザベルはさらに進化を遂げ、暴走の気配は
どこへやら。馬場にたくさん馬が出ていても、前に馬が来ても、
急に速くなったりすることもなく、自分のペースをキープしつつ、
集中力を切らさず、最初から最後までとっても真面目にちゃんと
指示通りに動いてくれる。動きが良いのですぐに馬が前に出てきて
ハミ受けがわりとすぐできて、背中を柔らかく使えて、体全体が
しなやか且つパワフル。今までだったらそのパワーに負けて私が
前に持っていかれちゃってバランスを崩してしまったり、お尻が
鞍の上でポンポン浮かされちゃったりしていたのだが、最近やっと
腹筋と背筋によって自分を支えられるようになって、しっかりと
座れるようになって、自分がブレなくなってきたので、だいぶ
ナザベルをコントロールできるようになってきたようだ。
それにより、さらにナザベルも安定してきて、毎回本当に良い!

ここ数回でそれぞれ違う指導員(スタッフ)さんにレッスンをして
もらったのだが、全員から毎回褒められて、なんだか出来すぎ
っていうか、気持ち悪いよ~。もちろん嬉しいけど。

今日はクラブオーナーの奥様で馬場馬術の先生であるMさんに見て
もらったのだが、なかなかあまり褒めない方なのだが、「すごく
いい!」と担当のミカさんにまでわざわざ話してくれたほど。

とは言え、次なる段階にはさらなる課題がたくさん。今までは
駈足で終わり、あるいはその後キレの良い軽速足をやって終わり
だったのだが、最近は駈足の後に速足という流れになってきた。

この速足というのが大変。軽速足は馬の一歩一歩に合わせて
騎乗者は鞍上で「立つ、座る、立つ、座る」という動きなのだが、
速足は一歩ずつ「座る、座る、座る、座る」と、いわば倍の動き。
ちゃんと座れないと鞍の上でただお尻をドンドンついているだけに
なってしまってとても乗っていられない。お腹が痛くなる。その
うち馬が止まってしまう。ちゃんと座りつつ、脚を使いながら、
反動を自分のお腹と背中で吸収して、馬を推進させる。これは
馬場馬術の初歩でもあるが、これが実に難しいのだ。どこにどう
力を入れたらいいのかわからない。手が上がってきてしまう。

以前にも何度かレッスンに速足が入ることがあったが、最近の
ナザベルの動きの良さとパワフルさでは比較にならない。しかも
ハミを受けての速足なので、手、じゃなくて背筋をすごく使う。
手の重みをはずさないで肩甲骨を寄せてその重みをぐっと持って
いること。重いからってそれに負けて手を前に伸ばしてハミを
はずしちゃうと馬が伸びてしまってせっかくのバランスが崩れて
台無しになってしまう。脚で推進させてハミに馬を押し出す。
そうすると手にひっかかるような重みから、ハミ受けができている
適度な重みに変わる。しかし「座る座る」をやりながら、脚を
入れながら、手の力ではなく肩甲骨を寄せて、背中をやわらかく、
というのは、なかなか持続させられない。速足で5周もしたら
もう股関節やら腹筋やらとにかくヘロヘロ。以前だったら駈足を
する前の段階でヘロヘロになっていたのだから私も進歩している
のだけど、まーとにかく駈足とはまた違った筋肉の力と使い方。
いやー速足キツイわ。でもこれがしなやかに今の軽速足みたいに
軽快にできるようになったら、かなり、かなりいいんじゃない?!
さらなる人馬一体感に近づけるであろう。

ところで、今日はちょっと久しぶり(といっても一週間だが)に
クラブへ行ったのだが、いつもならナザベルの厩舎に名前を呼び
ながら近づいても、まあこっちを見る程度なのに、なんと今日は
すぐにクルッと振り向きながら鳴いたのだ!「フヒヒィィ~ン」
みたいな感じで。さらに顔を寄せてきて甘えてきた。しかも
やったら従順でいつもはちょっと嫌がるてっぴ(蹄のウラに
たまった泥やオガ屑をかきだしてきれいにする作業)もじっとして
おとなしくしていて、頭絡をつけるときもハミをちょっと嫌がって
口を開けなかったりするのだが、今日は自分から口を開けて実に
すんなりと頭絡を付けられた。そして運動もバッチリ。あまりの
良さに怖くなる。今までこんなに良い状態が続いたことがなかった
ので、今度はいつ不調になるかと心配してしまうのだ。これって、
あんまり幸せすぎて怖いわ!みたいな感じなのかもねえ。

いや、まだ7歳だから、もっと良くなるよ。乗馬は12歳で成熟する
と言われている。肉体的にも精神的にも。ふっふっふ、これからが
もっと楽しみ!!!

.

.

.

.

.

« 奇跡の方程式 | トップページ | 病みあがり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217288/31965474

この記事へのトラックバック一覧です: 良すぎてコワイ:

« 奇跡の方程式 | トップページ | 病みあがり »