フォト

ギャラリー

  • Ring of life
    詩:宝達奈巳 photo:石川高

音の軌跡

  • 16 years later
    宝達奈巳ディスコグラフィー CDのご注文はコチラ↓からどうぞ! http://radiant6393.cart.fc2.com/

トールキン コレクション

  • SAURON DEFEATED
    映画「ロードオブザリング」をきっかけに 原作に挑戦してトールキン世界にすっかりハマッた私ですが 気づいたら結構なトールキンコレクションができておりました。 これからトールキン世界に挑戦する方の 参考になれば幸いです。

シビラ名鑑(春夏)

  • サマーサン&ムーン
    厳選したシビラアイテムのみによる春夏コーディネイト集です。

シビラ・ヴィンテージ

  • 92-3年頃イエローカットソー&マキシスカート
    1990年代の初期のシビラ作品や限定商品、希少アイテムなど

シビラ ドレスコレクション

  • 元祖マジックドレス
    私の20年以上のシビラコレクションから厳選したドレス集です

シビラ名鑑(秋冬)

  • ふわ軽モードカジュアル
    私のシビラコレクションから厳選した秋冬のベストコーディネイト集です。季節の進行と共に更新していきます。

シビラ・コートの館

  • '14年菱形モチーフダウンコート
    冬のコーディネイトはコートから! それぞれの物語(ストーリー)を持った私のシビラ・コートコレクションです。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

トールキン上級編

090704_013_2

.

.

.

.

.

.

Christopher Tolkien 編集による「The History of MIDDLE-EARTH」
シリーズ。息子のクリストファーが父の残した膨大な数の原稿を
整理・編集・統括し、全12巻から成る「中つ国(Middle-Earth)」
の歴史を物語と補足解説で辿るシリーズ。これはもはや学問研究の
粋に達しています。シルマリルや指輪物語が完成する前の、原型や
バリエーションなので、登場人物の名前が違っていたり、かなり
ややこしく、英語も難しいです。
全12巻は気長に気が向いたら集めるつもりで、まずは前から読みた
かった詳しいベレンとルシアンの物語と、ゴンドリンの没落が
入っている「The Book of Lost Tales part2」。

Lost_tales2 .

.

.

.

.

.

.

.

他にもエルフとドワーフが仲たがいする原因となったNauglafring
(「シルマリルの物語」では"ナウグラミア")という宝石の話など
6つの短編から成っていますが、物語の部分と補足解説の部分が
半々くらいで、研究書という印象が強いです。でもやはり物語は
それぞれ面白いです。

「Morgoth's Ring」

Morgoths_ring.

.

.

.

.

.

.

.

「シルマリルの物語」の原型というか前身となる短編集と、ある
エルフ王がある人間の女性に質問し、それにその女性が答えながら
エルフと人間の性質や運命の違いを訴えていく形で展開される
「生と死」についての哲学的議論(「エルフ問答」と私は名付け
ました)が、「シルマリルの物語」のサイドストーリー的な面も
あって、面白かったです。

「The History of Middle-Earth Index」

Index_2.

.

.

.

.

.

.

.

これは索引のスペシャル版という感じで、あらゆるトールキン作品
に出てくる人物や地名などの単語がアルファベット順に並び、それ
ぞれどの巻のどのページに出てくるかすべて網羅されています。
まだ2巻しか持っていませんが、例えば同じ話でも登場人物の名前
がバージョンごと違っていたりするので、これを使って把握する
機会が何回もありました。「ああ、これが後の誰々になるわけだ」
みたいな感じで。奥が深すぎます、トールキン。

.

.

.

.

.

2009年7月28日 (火)

花火こわい

毎年恒例の夏の花火見放題!
うちから約270度のあらゆる方角・場所で、毎週末どこかしらの
花火大会が楽しめるのだ。ピーク時には3箇所同時とか。
そして今日は一番近くで開催される迫力満点の花火!!!
なにしろ本当に目の前でそれだけ音も物凄い。音というか音圧が。
耳で聴くというよりは、空気の振動・波動がそのまま身体に伝わる
感じ。ほんといいところに引越してきたものだわ。しかしこれを
体験してしまったら普通の花火見物じゃ物足りなくなっちゃって。
贅沢だ...。ともかくとっても満足の数十分後、家の中へ戻ると、
チェルシーが見当たらない。あれー?...たまにこういうことが
あるんだけど、だいたい検討がつく場所があって、たいていわりと
すぐに見つかるんだけど、旦那さんといろいろ探し回っても、どこ
にもいない。チェルシーは呼んでもすぐに返事をして出てくる
タイプではないので、余計に見つからないし。ヤダー、どこに
行っちゃったの?!...そうこうしているうちに、ひょっこりと
不思議そうな顔をして出てきた。一体どこにいたのか不明だけど、
どうやら花火の音があまりにも迫力ありすぎて怖かったらしく、
どこかに隠れていたようだ。出てきたと思ったら、自分のおうち
(夜寝るときに入るケージ)にそそくさと入って、そのまま寝て
しまった。やっぱり自分のおうちが一番安心するのね...。

090711_003

2009年7月26日 (日)

夏のナザベルおだんごヘア

090711_001 .

.

.

.

.

.

.

.

梅雨に戻ったかあるいは秋雨か?なんて天気が続いていたけど、
今日は真夏の日差しと暑さが戻ってきて、も~とにかく暑い!
ナザベルも少しでも涼しくするために、夏恒例の前髪編みで
サッパリスッキリ。皆に「おだんご?可愛い~!」と言われ
本人もゴキゲン。まず前髪を三つ編みにしてからクルクルっと
おだんごにするのだが、なかなかじっとしててくれないので
三つ編みができるまでが大変。でもナザベルはタテガミが多くて
長いので編みやすいほうなんだけどね。

090711_002.

.

.

.

.

.

.

.

タテガミも全部こういうふうに編んでまとめてあげたいけど
あんまし全部やっちゃうと虫除けの役割を果たさなくるし、
かなり時間がかかる作業なので、普段そこまではやらないけど、
競技会のときなんかは皆そうするようです。尻尾も編み込みを
入れたりして、皆かなりオシャレに仕上げてくるそうです。
別に競技会じゃなくても今度ちょっと早めに行って、やって
みようかな...いや、暑くて途中で断念するなきっと。

090711_004 .

.

.

.

.

.

今日は夏休みと日曜日が重なったせいか、初心者さんや子供たち
でかなり馬場が混みあって、動きが読めない中を臨機応変に対処
していくよい勉強になった。ナザベルも以前だったら一緒に
おさぼりモードになってダラダラしたり、集中力なくなっていた
けど、今日は自分のペースを崩すことなく輪乗りや巻乗りも
テキパキこなして駈足も速すぎず重すぎず、最後までとっても
良い子だった。やっぱり獣医さんの集中お薬治療とお酢と油が
利いているみたいで、体調が良いので動きも良いし精神的にも
安定してるみたい。がんばってこの夏を乗り切れますように!

.

.

.

.

.

2009年7月25日 (土)

オスロ土産の"トールキン図鑑"

CHARACTERS FROM TOLKIEN

Photo .

.

.

.

.

.

.

.

旦那さんが仕事でオスロに行ったときに買ってきてくれたお土産。
この本自体はイギリスのものみたいで、裏に£12.99とあります。
そう難しくない英語と独特のイラストによって構成されています。
まず第一紀の世界創造からから第四紀のフロドが旅立つまでの
時間的な流れを、主要な出来事と絵で表のようにまとめてあり、
次にアルファベット順にトールキン世界に登場する様々な種族や
生き物や魔物たち、地名や建物などが歴史的エピソードと共に
イラスト付きで解説されている図鑑といったところです。
とても簡潔かつ的確な解説文で、各時代の重要な出来事と名場面、
また登場するキャラクターたちの特徴をうまくイラストで描いて
いて、壮大な世界をよくこの一冊にまとめることができたなぁと
感心する「掘り出しもの」です。

月と太陽が昇る前に、世界を照らしていた2本の木。

Tow_trees_2 .

.

.

.

.

.

.

さらにその前に世界を照らしていた2つの灯台がメルコール(モル
ゴス)によって破壊されるシーン。

Towers .

.

.

.

.

.

驚くべきは、まとまった形の本が出されていない第二紀についても
詳しく的確に解説されているところで、これを読んで「なるほど」
と理解できたことがたくさんあります。また、物語を読むだけでは
詳しく知ることのできないトリビア的なマメ知識も書かれており、
この作編者は相当トールキン研究を深めている人物と思われます。
トールキン世界のすべてが網羅されていると言ってもよい一冊で、
旦那さんのお土産の中でもかなり上位にランクされています。

.

.

.

.

.

2009年7月23日 (木)

建築物が意志を持つ

私の見る夢は何種類かあって、ある場所というか地域
あるいは街、建物の中を、何かに追われたりあるいは
どこか目的地があるのだけどなかなか辿り着けないとか、
とにかくそこをぐるぐる歩き回るというシリーズがあり、
何度も「ああ、またここか..」という同じところが出て
くることがある。昨日のもそうだった。

かなり大規模な大学のような建物。6階建てくらいで、
いくつかの棟に分かれているが、それぞれが渡り廊下の
ようなもので部分的につながっている。この棟からあの
棟へ行くには4階からしか渡り廊下がつながっていない
とか、この階段からしか行けないとか、そういうかなり
ややこしいつくりになっていて、どんどん変なほうに
迷っていってしまう。

建物自体は新しくきれいで立派で、中央正面に大きな
時計塔のようなものが堂々と構え、3階部分に広場の
ようなスペースがあって、多くの人が行き交っている。
ちょっとした街の一角といった感じ。

しかし奥のほうの棟に行けば行くほど人がまばらになり、
建物の雰囲気もだんだん怪しくなっていく。
どこに何があるのかすべてを把握している人はおそらく
もはやいない。人知れず研究を続けながら、ほとんど
棲みついている教授や得体の知れない者たちもいる。

ある意味、建物自体が生き物というか意志を持っている
というような感じもあって、昔のホラー映画を彷彿と
させるものがあった。家に何かとり憑いているという
よりは、家がそこに棲むものを支配していくような...

夢で私はその建物内のある場所(教室?)へ急いでいる
のだが、ややこしいつくりなので遠回りしてしまったり、
違う棟に行ってしまったりで全然辿り着けず、本来の
目的地からどんどん遠ざかってしまう。あげくの果てに
下の階に「まだ人間になりきっていないものたち」が
集まっている場所に来てしまった。青い肌の長い尾を
持つ何か動物とも違う人間の女の子のようなのが数匹
「ビタミン..?×?..が足りない!」「もっとこの栄養素を
摂取しないと人間になれないわよ!」とか言いながら
走り回っている。本能的に、あそこに行ってはいけない、
あの中に自分が入っていったら大変なことになる、
餌食にされる、と思い、別の棟に渡る道を探すのだが、
どうやらその問題の階を経由しないと行けないようで、
来た道は戻ることができない仕組みになっているらしい。

この建物は前にも来たことがある。もちろん夢で。

.

.

.

.

.

2009年7月19日 (日)

見て楽しむトールキン世界

Atlas_2

.

.

.

.

.

.

.

.

「中つ国」歴史地図

「トールキン世界のすべて」というサブタイトルだけあって、
世界の始まりの部分から文章だけでは具体的にイメージしにくい
地名や建物などの位置関係が大きな地図で示され、それと共に
各時代の主要な出来事が解説され、本を読むのが10倍楽しくなる
資料です。

最初は世界の成り立ちや全体像もよくわからなかったのですが、
これを見ながら読んでいくうちに、なるほど!と把握できたことが
たくさんあります。特に「指輪物語」と「シルマリルの物語」では
時代も大きく違うし世界の地形や地名も全然違う(ちょうど地球で
いうと恐竜の時代と人類の時代では大陸が移動しているように)の
ですが、それがこの本を見ると一目瞭然で比較もできるので、とても
わかりやすくて、いろいろなシーンも想像しやすく、トールキンの
世界をさらに深く理解・堪能できるようになりました。

また「シルマリル」(第一紀)と「指輪物語」(第三紀)をつなぐ
第二紀に関してはまとまった本がでておらず、断片的にいくつかの
エピソードや短編が「Unfinished Tales(終わらざりし物語)」や
「Lost Tales」などに分散して編集されているので、時間軸を
辿って歴史的に理解するのが難しかったのですが、この本により
それらがきちんとひとつの時間の流れの中で整理され、様々な民族
や国、登場人物などの歴史的背景や関連性、因縁などがより明確に
理解できました。

「指輪物語」の部分では、途中から別行動になった旅の仲間たちの
それぞれの足どりが詳細に地図上で日付と共に解説され、フロドが
ここでこうなっていた頃に、アラゴルンたちはこうだったとか物語
の進行を本を読むのとは別の着眼点から楽しむことができます。

さらにこちらのようなイラスト集(ポストカードタイプ)で
名場面を視覚的に楽しむのもおススメです。

PhotoPostcards .

.

.

.

.

.

.

.

何人かの画家・イラストレーターによるものなので、いろいろな
テイストが楽しめて面白いです。

.

Postcards1.

.

.

.

.

.

これは映画「ロードオブザリング」ではアルウェンがフロドを
乗せたまま黒の乗り手たちを追い払うシーンですが、原作では
このイラストのようにフロドが一人で立ち向かうのです。
エルロンドの力によって川の濁流が白馬となるのは同じです。

.

Postcards2_4.

.

.

.

.

.

こちらは第一紀から第三紀までの「Middle-Earth(中つ国)」の
各時代の物語の舞台となる主要な土地の風景や建物が美しく
描かれているだけでなく、破壊や悲壮なシーン、ドラゴンや
バルログなどの禍々しい生き物たちもたくさん出てきて、
トールキン世界の奥深さ、幅広さ、豊かさが存分に楽しめます。

.

.

.

.

.

2009年7月16日 (木)

「指輪物語」以外のトールキン

「The Lord of the Rings(指輪物語)」の数十年前の設定である
「The Hobbit(ホビットの冒険)」。

The_hobbit .

.

.

.

.

.

.

.

これを読むと、ビルボがどうして指輪を手にするに至ったのか、
またゴラムとの因縁も明らかになります。ビルボとガンダルフと
ドワーフたちの珍道中ですが、決して子供向けの楽しいお話という
わけではなく、ドラゴン相手の絶望的な旅で「指輪物語」同様に
様々な種族と人物による複雑なヒューマンドラマが展開されます。
短編なのと指輪物語ほどの複雑な言い回しがないので、日本語訳
なしでも楽しく読めました。ちょっと意地悪なエルフの王様や
お菓子作りが上手なビヨルン(熊人)族とか出てきて面白い。
ドラゴンとビルボの会話のやりとり等、指輪物語では描かれない
ビルボの賢さや魅力が光っています。
そうえいば「ロードオブザリング」と同じニューラインシネマ&
同じ監督で映画化が決まったということだったけど、その後
どうなっちゃったんだろう...

トールキン世界の時間軸として、古い時代順にいうと、
第一紀「The Silmarillion(シルマリルの物語)」
第二紀 ヌメノールの盛衰、さらにゴンドールの盛衰など
第三紀「The Hobbit(ホビットの冒険)」、さらに
「The Lord of the Rings(指輪物語)」となっていますが、
いずれの時代もサイドストーリーというか、いろいろな
エピソードが書かれていて、すべてを網羅するのは困難極まりない
と、だんだんわかってきました。そこでまずは自分が好きな時代や
人物にフォーカスして読み集めていくことにしました。

「Unfinished Tales(終わらざりし物語)」

Unfinished_tales .

.

.

.

.

.

.

.

これは第一紀の後半のほうに登場する重要人物トゥオルと
トゥーリンの話がより詳しく書かれているエピソードと、
第二紀のヌメノールの盛衰に関する詳しいエピソード、
また第三紀のイシルドゥアが指輪を手にして結局死に至り、
ゴンドールの王が不在となるくだりや、ローハンの王エオルの
エピソード、さらにガンダルフやサルマンなど魔法使いと呼ばれた
賢者ISTARIについての記述など、興味深い内容が多かったです。
ただ、いきなりこれを読んでも意味不明だと思いますので、
先述のトールキン作品(「The Silmarillion(シルマリルの物語)」、
「The Hobbit(ホビットの冒険)」、「The Lord of the Rings
(指輪物語)」を一通り読み、時間軸に沿って把握した後で
さらに詳しく知りたい場合に読むのに適していると思います。
特に第二紀に関してはまとまって物語になっているものがないので
こちらでヌメノールの基礎を把握しておくと良いかと思います。

「The Children of Hurin(フーリンの子供たち)」

Hurin .

.

.

.

.

.

.

.

これは一番最近に出版されたトールキン本です。上記の「Unfinished
Tales(終わらざりし物語)」でもフーリンの息子トゥーリンを主に
一番まとまった形で書かれていますが、さらに詳しい描写を加え、
イラスト入りでひとつの独立した物語に完成させたもの。
この物語だけでも映画にしたら大作巨編になりそうです。
人間の弱い部分が浮き彫りにされ、何が善で何が悪なのか、
運命とは何なのか、悩み苦しむ主人公が正統的英雄ではない、
あるいはそうなれないところに他にはない魅力を感じます。
アラン・リーのイラストがまた素敵です。

.

.

.

.

.

2009年7月15日 (水)

セールに行くか行くまいか

シビラのセール、ここ7年くらい行ってません。なぜかというと
セール時期の前の段階でだいぶ買っちゃってるっていうのと
私の場合は普段はそんなにシビラを着ないので、数としては
必要ないから「これもいいな」は我慢して、「どーしても欲しい」
「買わなかったら後で後悔する」ものしか買わないことにして、
秋冬や来春夏を楽しみにしてそれに備えるというふうにしてきました。
しかも今年は受注会がすごいことになってしまったので...。
しかし暑い夏はこれから!さて何を着る?

デザインカットソー+スカートは気軽で定番です。
090711_026 090711_027

.

.

.

.

.

.

01年頃のループモチーフのカットソー。細身でシルエットが
綺麗です。しっかりめの生地なので初夏にジャケットイン
するほうが向いています。

.

090711_025 .

.

.

.

.

.

.

.

03年頃のサラサラ素材のカットソー。これもすごく細身。
涼しげで着心地良いです。首から胸元にかけて大きく開いた
ラウンドネックと、ウエストマークのティアードが
シンプルながらクールなドレッシーさを演出しています。

.

03年頃の軽くて夏も快適なスカート。090711_031 .

.

.

.

.

.

.

.

.

上記のカットソーと意外に合います。ちょっとリゾートな感じにもなります。
最近は、ウエストから腰にかけてちょっとタイトで膝から
フレアになっているこのシルエットや、この長さの丈は
あまりないのですが、久々に着用してみたらやはり良い!

090711_030090711_028 .

.

.

.

.

.

8枚はぎ?くらいで生地が凝っています。

.

こちらも贅沢に生地を使った06年頃の黒のフレアスカート。090711_032090711_034 .

.

.

.

.

.

.

.

.

こちらのほうがフレアがたっぷりしています。シビラの
カットソーなら何でも合う感じ。

そして、やっぱりワンピースは楽です。特にこの2着は
シルエットやデコルテの立体裁断、素材やモチーフが
気に入っています。

07年ガーベラワンピ07.

.

.

.

.

.

.

.

.

06年立体プリントモチーフ.06
.

.

.

.

.

.

.

.

今年のワンピは丈が短いのと全体にふんわり系シルエットで
素材やモチーフなど私にはしっくりくるものがなかったので、
今年ははじめてワンピースを買いませんでした。

同じふんわり系でもこの08年のニット×シフォンの
二重ワンピースは、アンダーのニットが少しストレッチが
効いているのと、外側のシフォンもダーツが絶妙なので、
ふんわり系だけど立体的で美しいシルエットになり、
ニットのストレッチ具合が絶妙でとても楽な着心地なので
夏に重宝する一着となっています。

021121_027

.

.

.

.

.

.

.

.

最近はチュニック+パンツというスタイルが多かったけど
こうしてみるといろんなアイテムがあってコーディネイト
しがいがあるというもの。やっぱりセールは行かなくていいや!

09年春のグラデーションシルクブラウス

09

09年春夏のチュニックワンピ

09_2.

.

.

.

.

.

2009年7月13日 (月)

シビラで冷房対策その2

ぐえ~暑い。今日はかなり暑くて、そのぶん冷房もキツかった。
30分以上冷房がきいてる所で過ごさなきゃならない場合は
やはり羽織ものが手放せないのでした。

.

090711_016_2 .

090711_023_3 .

.

.

..

.

.

こちらは裏地なしの軽いシャツジャケットで、98~01年頃か
ちょっと忘れてしまいましたが、立体裁断が少し前のシビラ
らしくボタンも凝っていて、カジュアルすぎず、きちんと感
のあるシルエットと素材なので、やはり手放せない一品です。

.

090711_015 .

.

.

.

.

08年の春のジャケットですが、こちらも裏地なしで
素材、色、ボタン、変形ベルスリーブなど、個性的な
羽織もので、7月はじめ頃まで冷房対策で活躍します。

.

090711_011 .

.

.

.

.

.

.

.

96年頃のカーディガンで、ずっと大事にとってあります。
襟とかだいぶくたびれているのですが、引っ掛け傷などなく
まだ大丈夫です。レーヨン中心の素材でサラッとテロッと
していて春から初夏にかけての羽織ものとして活躍。
織り方が袖の肘下、ウエストから下で切り替えになっていて
全体のシルエットやお色も、13年経っても新鮮で素敵です。

.

090711_006_2 .

.

.

.

.

.

.

09年春のフード付きロングニットカーディガン。
見た目より軽くてサラッとしていて着心地が良いです。
以前は夏といえばノースリーブワンピにボレロカーデという
スタイルが多かったのですが、去年からチュニック+パンツ
というスタイルが多くなったので、このくらいの長めの丈の
羽織ものが必要になりました。7月はじめまで、また9月中旬
から秋口にかけても活躍しそうです。

090711_008 .

.

.

.

.

2009年7月12日 (日)

駈足で抜かしまくり

こないだの連続跳ね飛び&落馬以来、引き続きナザベルは
元気モード。とはいえ最近は暑くなってきたので、
さすがにこないだのようなぶっちぎりはないにしても、
明らかに全身のバネというか身体のキレが
前は良くて80%ぐらいだったのが、最近は平均95%くらい
という感じで一歩一歩にすごいパワーを感じる。

今日は暑かったので下乗りが軽めで、旦那さんが乗りだして
ちょっとしたらブッと急に暴走。かなりパワフルですごい
スピードだったけど、なんとかおさまって大丈夫だった。
ひゃー危ない危ない。その後は暴走することもなくだいぶ
汗かいてきたところで私に交代。以前だったら動きが重くなって
こちらが一生懸命動かす感じだったけど、最近は全然そんなこと
なく動きは快調そのもの。さすがに軽速足で駆け出しそうな勢いは
なかったけど、なんとまた駈足の途中で急に暴走。うぉぉ~。
4頭で駈足してたからナザベルの気分が盛り上がっちゃったのか、
とにかく馬場が混んでて危ないのにこんな時に暴走なんて!
跳ねなかったので、なんとか抑えて普通の駈足に戻しつつ輪乗り。
一緒に駈足していた馬が3頭ともナザベルにつられることなく
パニックにならず良かった...。その後も暴走はしないですんだけど、
どんどん行っちゃうので他の馬を抜かしまくりで大変だった。
決してきれいな駈足ではなかったけど、ナザベルをコントロール
できたのでまあ良しとしよう。
しかし旦那さんのとき暴走して私のときにも暴走するなんて、
はじめて!それだけ元気があるということで、
こっちもパワーアップしないとね。.

090711_003 .

.

.

.

2009年7月11日 (土)

シビラで冷房対策

いよいよ日本の蒸し暑い夏がやってきた...
普段のちょっとした外出には今年の「おウチ洗濯可能シビラ」
シリーズやPLAYA(プライヤ)シリーズなどが大活躍中。
私は冷房(特に電車)が苦手で、ちゃんとした外出の時は
常に冷房対策の羽織ものが手放せない。外はもちろん暑いので、
ワンピース、チュニック、カットソー、だいたいが
ノースリーブで、電車に乗ったら羽織もの!というスタイル。

090711_017_2 .

.

.

.

.

06年頃のボレロカーディガン。コットン100%で小さく畳んでも
シワが気にならず、さっと羽織れてとても重宝しています。
何にでも合うベージュで、特にワンピースとの相性抜群です。
細部もシビラらしいこだわりが見られます。

090711_018 090711_019

.

.

.

.

.

.

.

03年頃の高級ラインのボレロカーディガン。
090711_012_4 090711_013_2 .

.

.

.

.

短めの丈でウエストにかけてバルーンシルエットで、
袖は長めのパフスリーブ7分袖。首元は大きく開いていて
リボンで結べるようになっています。全体がクールな感じの
鉤編みで、とても特徴的で存在感のある羽織ものなので
合わせるものも限られるのがちょっと難。でも他にはない
ドレッシーさとエレガントさ、流行に関係ない魅力があって、
手放せない一品です。

.

こちらは04年頃の定番デザインの黒のカーディンガン.

090711_020090711_021  .

.

.

.

.

.

冷房対策には最適な素材。ただ黒の場合は私は何か特徴が
ないと満足できません。これは全体が丸いモチーフの刺繍
というか編込みのようになっているところが素敵です。

.

.

.

.

2009年7月 9日 (木)

「ロードオブザリング」コレクション

Photo_4

Photo_2 .

.

.

.

.

.

トールキンのコレクションはざっとこんな感じ。
シビラのドレスと同じで、いつの間にかこんなに
増えていた...。英語のもののほうが多いです。

.

.

Photo_3
.

.

.

.

.

.

こちらは日本語訳の「指輪物語」など。

.

.

Dvd .

.

.

.

.

.

DVDは映画3部作のコレクターズ・エディションと、
「二つの塔」「王の帰還」のスペシャル・エディション。

.

Dvd_sp .

.

.

.

.

.

スペシャルの装丁は気に入ってます。
内容も原作により近いのでこっちのほうが好き。

.

Lotr_2 ..

.

.

.

.

.

.

.

.

原作「The Lord of the Rings」。
左はいわゆる「赤表紙」。右の黒いのは50周年記念版。.

.

Photo_5 50th_anv .

.

.

.

.

.

.

.

赤表紙は物語に出てくる「赤表紙本」そのものを
想像させる豪華な装丁だし、50周年版は付属資料など
特典が魅力的で、読みやすいです。

.

.

Lotr_cd
.

.

.

.

.

.

こちらはラジオドラマ仕立てのCD。
原作通りではなく、脚本化されているので
話が前後したりカットされている部分も多々。
でも映画とはまた違った面白みもあります。
フロドの声は映画でビルボを演じたイアン・ホルム。

.

.

.

Alan_lee .

.

.

.

.

.

.

.

.

これは映画で建物やクリーチャーなどのヴィジュアル
デザインを手がけたコンセプチュアル・アーティストの
一人であるアラン・リーによるイラスト集。
The Lord of the Rings の世界の随所がスケッチされ、
ここから映画の様々な名シーンが生まれたようなもの。
原作でよく地形の説明や、砦やお城の詳細な描写が
出てきますが、このスケッチブックを見ながら読むと
とてもよく理解できるし(英語だけだとちょっと
想像しずらい部分もあるので;)、アラン・リーの
繊細なタッチが押しつけがましくなく、読者側の
想像力に委ねる部分もあったり、さらに想像をかきたてたり、
「ロードオブザリング」をまさに「10倍楽しむ」本です。

.

.

.

2009年7月 7日 (火)

ゆらぎ/ズレ/歪み

ホーキング博士に「完璧な球体は存在するの」と尋ねる夢。
円周率のあの延々と続く小数点以下の数字とか、
うるう年とか、グリニッジ標準時間のズレをなおしたりとか
地球の地軸が傾いていってるとか、そういう自然界に存在する
ズレと、音楽との関係がどうだとか...
ピタゴラス音律、純正律がそうであるように...。
十二平均律はそのズレや歪みを無理やり均一に伸ばした
ようなもので、それはデジタル化したときにアナログ情報が
失われるのと同じで、でも高度な数学や物理学の数式で
それは解決できるはずだとか、そうすると相対性理論とか
ひも宇宙理論とかの話になるとか、
そんなようなことを話していた。
ポイントは前頭上部ではなく、後頭部を働かせること。

.

.

.

.

.

2009年7月 5日 (日)

落馬も進歩?

このところ涼しい日が続いているせいか、馬場は悪いけど
ナザベルの動きはよく、 むしろ元気でイケイケな雰囲気で
かなり怪しい動きなので、輪乗りや 速足やらでなんとかおさめて
暴走はくいとめていたのだが、今日はそうは いかなかった。
下乗りがやけに短いなー大丈夫かなとか思いつつ
軽速足しだしたらブンブン行く行く!
ちょっと待ってナザベル落ち着いて!
いつもなら輪乗りをしているうちに落ち着いてくるのに、
今日は全然ダメ。 何周かしてちょっと落ち着いてきたかな?
と思った頃、手前が変わったら またブンブンが始まって、
あーだめだこりゃと輪乗りをしようと思った瞬間、
ボン!といきなり跳ねた。わちゃー!とその最初の一発は
耐えたものの、 たて続けにまた跳ねた!バランスを崩して
前にのめりかけてたところへ、 ナザベルの頭がゴッツン!
と私の顎に激突!!!痛い~っ!と、痛さに気をとられている時に
3発目の跳ね!これがトドメとなってあえなく落馬。
しかし今回はじめて手綱を放さずに持ったままクルリと
回転しながら落ちた。 そのせいか、ドサッと落ちたわりには
意外にダメージは軽く、大事にならなかったけど、
ナザベルの頭とぶつかった顎が痛い~!!!

担当さんに乗り代わってもらうと、もうすごい勢いで
ブッ飛びまくりで 落ちそうになってた。こりゃあ無理だよ。
どうやら獣医さんのお薬やら お酢や油がかなり効いてきたようで、
本来の元気なナザベルが復活したようだ。
で、ナザベルは中間種なので、サラブレッドと違って
スロースターターというか エンジンが温まるまで時間が
かかるので、軽めの下乗りだと私に乗り代わって走り始めた頃に
ちょうどエンジン全開になっちゃうのだ。
春先に体調崩して以来、軽めの下乗りでちょうどよかった感じ
だったけど、今後はそうもいかないようだ。まあ暑くなったら
また違うだろうけど。

元気なのに越したことはないけど、跳ねるのはやめて~
しかも連続で~ って感じ。
ただの暴走っていうか、ダーッと速くなるぶんにはなんとか
乗ってられるけど跳ねられるとなぁ...1回ならまだしも、
連続で跳ねられると体勢たて直す暇 ないからなー。あー。
それにしても悔しい。
こんなんじゃ下乗りなしで直接乗るなんてまだまだ先の話だよー。

まあでもその後はいい感じで乗れたし、駈足ものびのびできたし、
体重が左に 落ちないようにするのと、右の鐙をちゃんと踏むのと、
手を振らない、の 課題がクリアできたのと、手綱を放さず落馬した
っていうのが進歩(?)

しかし顎が痛いよぅ。「ゴツン!」て音がしたって皆言ってたし。

ナザベルも頭痛かったかな。

.

.

.

.

.

2009年7月 4日 (土)

DUNEとトールキンを交互に

09.6.4.at LOOP-LINEを軸とした一連の創作モードがバーストし、
「16 years later」という形で新たな扉を開けたところで
一段落と思いきや、9月上旬にちと気合のいるお仕事が入り、
それに向けての準備もじわじわと進めつつ、という感じで
このところ滞っていた英語音読書を再開。
これは私にとって楽器や歌の練習曲みたいなもので、
主にJRRトールキン作品を音読しているが、
最近Frank Herbertの「DUNE」を読み始めた。

Dune .

.

.

.

.

.

.

.

言わずと知れたSF傑作映画のひとつである、
デヴィッド・リンチ監督、カイル・マクラクラン主演、
衣装がゴルチェの「DUNE 砂の惑星」の原作を英語で。
ちょっと前にTVシリーズを見て、英語原作に挑戦する
ことを思いつき...映画は何回も見ているし、
トールキンもいっぱい読んだし、大丈夫だろうと思って
読み始めたら、...やっぱ大変。

登場人物の心の中の台詞が多くて、実際の会話との
区別がややこしかったり、それによって話が展開して
いくのでなかなか難しいけど、やはり読み応えがある!
小説でしか楽しめない、映画とは違った魅力にあふれている。
主人公以外の登場人物の描写や掘り下げ方が面白い。
ガーニーをパトリック・スチュワートが演じた理由が
わかったり。でもなかなか進まないのよね...。

で、本来飽きっぽい私なので、1つのチャプターを
読み終えると、トールキン作品に移ったりして、
余計に進まない。まあでも急ぐこともないしね。.

Silmarillion_2 .

.

.

.

.

.

トールキンは今5回目くらいの「SILMARILLION」
(シルマリルの物語)。映画「ロードオブザリング」より
もっとずっと昔の設定で、天地創造から始まる壮大な物語。
なんていうか、聖書や古事記を思い起こさせる。
音楽によってこの世界のヴィジョンが作られた
っていうのが素晴らしく感動的。
最初は神々の話で、そのうちエルフと人間が生まれ、
シルマリルという宝石をめぐって堕落して悪となった神
との間で戦争になり、それによってエルフ、人間、
ドワーフ、そして世界の歴史と運命が複雑に絡み合って
展開していく。神話そのものです。
最後はアラゴルンの先祖のヌメノールの話で終わり、
指輪物語の時代へとつながっていく。

.

Photo .

.

.

.

.

.

さすがに最初は日本語訳の「シルマリルの物語」
(上下巻)を読み、それでも最初のほうは難しかった;

.

Silmarillioncd .

.

.

.

.

.

全文を朗読しているCD。ラジオドラマみたいで
面白い。これを聴きながら読んでいくことで、
内容も英語の響きも、かなり心身に刻み込まれた。
単語の発音だけじゃなく、フレーズや文章全体で
読んだときのイントネーションやリズムが重要
なんだよね。ああ、これが英語教材だったら
もっと楽しく勉強できたのに!と何度思ったことか。

.

.

.

2009年7月 1日 (水)

シビラで寛ぐ猫

シビラの玄関マットの上で寛ぐチェルシー.

090630_006 .

.

.

.

.

.

.

シビラのバスマットの上で寛ぐチェルシー.

090630_011 .

.

.

.

.

.

.

引越したときに不要になり、保管してあったシビラのカーテン。
チェルシーが来てから、ソファーに毛がこびりつくのと、
ソファーが猫が爪とぎしたくなるような素材なので、
とりあえずのつもりでシビラのカーテンをカバー代わりに
したらそのまま馴染んでしまった。ま、いいか。.

090630_003 .

.

.

.

.

.

.

バスマットは色違いでこういうのもあります。.

A.

.

.

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »